花札の基礎知識 |花札用語の読み方と意味を知ろう

花札

花札には日常的に馴染みのないような特殊な言葉がたくさんあり、それらの用語をいざ覚えるとなるとかなり大変です。

 

でも、実際のゲームをする際には、ある程度これらの言葉の意味を知っておいたほうが便利です。

 

本記事では、そんな花札用語を一覧にして簡単にまとめましたので、辞書がわりに使って活用してみてください。よりゲームが楽しめること間違いなしです。




あ行

上がり
手札がすべてなくなるか、もしくは各ゲームで決められた役が出来上がることを「上がり」といいます。なお、「上がり」に対して、支払われる点数を「上がり賃」といいます。
あずける
ゲーム中、親や胴二が出来役を作っているのがわかった時、ビキやほかの参加者が、その役に必要となる札を取って、相手の役成立を邪魔することを「あずける」といいます。
打ち上げ
ゲームの順番が最後の「ビキ」の人は、最後の1枚の手札は自分のものにできます。しかし、出来役などのルールによっては、自分のものになるはずの札が他の人のものになる場合があります。これを「打ち上げ」といいます。
打ち当て
次のめくり札がどんな札なのかを予想して札を出し、見事当てることを「打ち当て」といいます。偶然のようにみえますが、慣れてくれば札から予想して当てることも可能になります。
打ち分かれ
お互いに出来役を邪魔しあった結果、参加者全員が役を作れなかった場合は「打ち分かれ」になります。
追い込み
ゲームで決められた人数よりも多くの参加希望者がいた場合、「出る」「下る」の宣言によって参加者を決めますが、それでも決まらない場合は強制的に下ろされる人が出てきます。これを「追い込み」といいます。
王手
あと1枚の札で出来役ができる状態のことを「王手」といいます。

 あと1枚で

 出来役ができるときは

「王手」と言おう!

起こす
自分が次にほしいと思っていた札が、めくり札によって手に入ることを「起こす」といいます。
押さえ札
相手の出来役を邪魔するために、あえて最後まで場に出さない札のことを「押さえ札」といいます。
落とし札
同じ月の札が3枚、場に出ていて、残りの1枚を自分が持っている。もしくは、同じ月の札が2枚、場に出ていて、残りの2枚を自分が持っている場合の状態を「落とし札」といいます。この時、自分は必ず場札をとることができます。

札を配ったり、ゲームの進行を担当します。ゲームの順番も「親」からです。
親手をもらう
子が自分の手札を親の手札と交換することを「親手をもらう」といいます。親手をもらえるのは、自分の手札を見る前だけです。

か行

影札(かげふだ)
上札と合わせとることができるカス札を「影札」といいます。

かぶり
場札と手札を合わせて、高い得点の札を合わせ取ることをこういいます。
決まり札
確実に自分のものになる札のことを「決まり札」といいます。
下る
ゲームに参加しないことをいいます。

親以外は全員「子」になります。




さ行

下げ
出来役ができた時に、さらに新しい出来役をねらってゲームを続けることをこういいます。「こいこい」では、「こい」といいます。
さらし札
場に表向き(絵札が表)にならべられた札のことをいいます。
死札(しふだ)
48枚の札のうち、その回のゲームに使わない札のことを「死札」といいます。
しばり
ゲームに必要な人数をそろえるために「下る」ことを禁止することをこういいます。
シマ
同じ月の札が4枚そろったときの役の名前に使われます。たとえば、藤の札4枚なら「藤シマ」、「桐の札」4枚ならば桐シマになります。
上札(じょうふだ)
高い得点のついた札のことをいいます。一般的には五光の「松に鶴」「桜に幕」「芒に月」「柳に小野道風」「桐に鳳凰」の5枚のことをさします。(下図参照)

尻(しり)
手札と場札を合わせて、1組の札を取ったあと山札をめくってまた同じ月札がでてくることを「尻」といいます。
捨て札
合わせられる札が場札にないときに、1枚手札を捨てること、もしくは捨てた札そのものことを「捨て札」といいます。

た行

立て札
「萩」「菖蒲」「藤」の各4枚と、「桐」のカス札3枚の計15枚を「立て札」といいます。(※桐に鳳凰は含まれません)


単役(たんやく)
手札が1つだけのことをいいます。
つかみ
配られた手札のなかに、出来役に関係する札が全部そろっていることを「つかみ」といいます。
月(つき)
花札は12か月に由来して12回戦するのが基本です。そこから、一回、二回と呼ばず、1月、2月と呼ぶようになりました。
つぎ見ず
子が自分の手札を見る前に「出る」を宣言することを「つぎ見ず」といいます。
つけ
各ゲームで決められた点数が2倍、3倍になることを「2倍づけ」「3倍づけ」といいます。
つけ打ち
2枚以上の札をまとめて場に出すことを「つけ打ち」といいます。
出来役(できやく)
各ゲームで決められた、一定の組み合わせによって出来る役のことを「出来役」といいます。
出ず入らず(でずいらず)
得点を計算した結果が、プラスマイナスゼロになる状態を「出ず入らず」といいます。
手づまり
場札に合わせることのできる札がなく、捨てる札もない状態を「手づまり」といいます。
手七場六(てしちばろく)
最初の手札が7枚で、場札が6枚の状態のことをいいます。
手札
親が各参加者に配った札のことです。
手役
手札だけでできる役のことをいいます。
出る
ゲームに参加することを「出る」といいます。また、ゲームへの参加希望の宣言としても使います。
胴二(どうじ)
親の右隣の人。「仲」とも呼ばれます。
飛び込み
場に同じ月の札が3枚あった場合は、山札をめくって残りの1枚が出ればすべて取れます。4枚そろうことを「飛び込み」といいます。
取り出し
ゲームが始まって一番最初に出る札を取ることです。
取り札
ゲームの中で合わせ取った札のことです。(取り札の並べ方は下図参照)

 相手に見えるように

 札の点数ごとに

 表向きに並べてね。





な行

中なめ
山札の下から2番目の札のことを「中なめ」といいます。
流れ
手役の発表を忘れたり、わざと宣言しなかったときにその手役が無効になることを「流れ」といいます。
七割れ(ななわれ)
7枚の手札すべてが違う月札の状態であることをいいます。別名「七手変わり」。
なめ
山札の一番下の札のことを「なめ」といいます。
のぞみ
ビキが切った札を胴二が上下に分けて入れ替えることを「のぞみ」といいます。トランプの「切る」と同じ意味です。

は行

化け札(ばけふだ)
別名「鬼札(おにふだ)」ともいい、ほかの札の代わりになる札のことをさします。
法度札(はっとふだ)
基本的に、どのゲームでも何の札を捨てるかは参加者の自由ですが、その札を捨てると相手が特定の出来役を完成させるとわかっている場合は、捨てることは禁止されています。その捨ててはいけない札を「法度札」といいます。
場札(ばふだ)
場に並べられた札のことで、基本的には表向けに並べられます。
半どん
12回戦のうちの半分にあたる6回戦のことを「半どん」といいます。
ビキ
子の中でゲームの順番が一番最後で、親の左側に座る人のことを「ビキ」といいます。
ヒコ札
場に3枚同じ月の札があるとき、残りの4枚目の札を「ヒコ札」といいます。
フケ
取り札の合計が20点以下のことを「フケ」といいます。この場合、その回のゲームをなしとするか、「フケ役代」をつけるか選びます。
二役の手役(ふたやくのてやく)
最初の手札ですでに2種類の手役ができていることを「二役の手役」といいます。
ふむ
場札やほかの参加者の割り出し札をすぐに取ってしまうことを「ふむ」といいます。

ま行

見ず出(みずで)
手札を見る前に親が「出る」を宣言することをいいます。
ミツ
3人でおこなうゲームのことです。
目がち
2回戦が一勝負のゲームで、1回戦目のゲームに勝つことを「目がち」といいます。
めくり札
場の中央に重ねてふせてある札の束のことを「めくり札」といいます。また、めくった札もまた「めくり札」といいます。
持ちなめ
自分の札が「なめ」と合うことを「持ちなめ」といいます。また、「なめ」と合う札を持っている状態も「持ちなめ」といいます。

や行


各ゲームによって決められた一定の組み合わせでつくられた出来役や手役のことをさします。
役札
出来役や手役をつくるための特定の札のことをさします。
役代(やくだい)
それぞれの役に決められた点数のことで、一般的な単位は「点」ですが、「貫」や「文」を使うこともあります。
山札(やまふだ)
手札と場札を配ったあとに残った札を「山札」といいます。山札は場に束にして重ねておきます(=めくり札)。

わ行

割り出す
同じ月の札を2枚持っていて、そのうちの1枚を場に捨てて、次の順番で取ろうとすることを「割り出す」といいます。また、割り出しによって出された札は「割り出し札」といいます。
割る
相手の役作りを邪魔することを「割る」といいます。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した内容は下の書籍「マンガで覚える 図解 花札の基本」を参考にしました。

ゲームをする上で、やはりルールについてはしっかり理解する必要があり、その点、この本は図解やマンガ入りでわかりやすく解説されていて、遊び方の参考書として最適だと思います。

「こいこい・花合わせ・はちはち」などのいろいろな遊び方が一緒に掲載されている点も良いですよね。

リンクを貼っておきますので、ぜひ実際の本を読んで見てください。

【Amazon.co.jp】マンガで覚える 図解 花札の基本 


花札の競技である「こいこい・花合わせ」の遊び方や、花札の絵柄にまつわる雑学をまとめた記事のリンクも貼っておきます。よろしければ合わせてお読みください。

 最後までお読みいただき
 ありがとうございました 

コメント

タイトルとURLをコピーしました