【花札5月】「菖蒲に八橋」の意味と植物の知識|いずれあやめか杜若(かきつばた)

花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

花札5月札と言えば「菖蒲に八橋」

実は、花札での「菖蒲」の読み方は「しょうぶ」ではなく「あやめ」で、さらに言うと絵柄のモチーフとなっているのは「あやめ」ではなく、八橋の近くに咲く「かきつばた」なんです。

では、なぜこのような混同が起きてしまっているのでしょうか?

それには、同じアヤメ科である3つの植物の見分けのつきにくさが大きく関係しています。

記事では、以下のことをまとめています。

「菖蒲(しょうぶ)・花菖蒲(はなしょうぶ)・あやめ・杜若(かきつばた)」の特徴と生態、見分け方

「在原業平(ありわらのなりひら)」が八橋の近くに咲く「かきつばた」を見て詠んだ和歌の紹介

「菖蒲(しょうぶ)」について詳しく学んで、花札の知識勝負(しょうぶ)で相手を打ち負かしましょう。




紛らわしい植物たち

花札5月の種札のことを「菖蒲に八橋」と言いますが、そこに描かれている植物は「菖蒲」ではなく、「杜若(かきつばた)」です。

また、漢字表記の「菖蒲」は「あやめ」と読むことができ、さらに言うと、「菖蒲(しょうぶ)」と名の付く植物には「しょうぶ」「はなしょうぶ」の2種類があります。

「しょうぶ」に「はなしょうぶ」に「あやめ」に「かきつばた」―――。

4つの植物の登場に早くも混乱してしまいそうですね。

しかもこのうち、後ろ3つは同じアヤメ科で、外見的特徴が非常に似ていることから、「優劣つけられないくらいに似ていて、選択に迷う」という意味の『いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)』ということわざがあるくらいです。

次項では、そんな混同してしまいがちな4つの植物の特徴・生態と、それぞれの見分け方について紹介します。順を追って学んでいきましょう。

■豆知識①『いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)』


平安時代の源頼政(みなもとのよりまさ)が上皇に奏上したとされる歌をもとに、のちの時代に生まれた故事ことわざが「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」です。

 

「あやめ」と「かきつばた」の花がよく似ていることから、美人が大勢集まっている場面で、「どの人も優劣なく美しい」と形容する際に使います。

 

ちなみに、源頼政が詠んだ和歌は次のようなものです。

//ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「五月雨(さみだれに) 沢辺の真薦(まこも) 水越えて いづれあやめと 引きぞわづらふ」――太平記より

 

(訳)梅雨のせいで沢の水かさが増し、「まこも」も「あやめ」も水没してしまった。いったいどれがあやめの葉なのか・・、引き抜こうにも悩んでしまうな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー//

菖蒲・花菖蒲・あやめ・杜若(かきつばた)の特徴

菖蒲(しょうぶ)

菖蒲湯に入れるしょうぶの根元

4つの植物のうち、唯一「ショウブ科(旧分類:サトイモ科)」に分類される「菖蒲(しょうぶ)」

端午の節句(5月5日)「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に用いられるのがこの「菖蒲(しょうぶ)」で、爽やかな香りで邪気を払い、無病息災を祈願するという意味合いがあります。

華やかな花を咲かせるアヤメ科の「花菖蒲(はなしょうぶ)」とは全く異なる外観をしていて、細く尖った長い葉とガマの穂のような花を咲かせるのが特徴です。




花菖蒲(はなしょうぶ)

艶やかな紫色が美しい花しょうぶの花

アヤメ科アヤメ目の「花菖蒲(はなしょうぶ)」

間違って覚えている人も多いみたいですが、花を咲かせた「菖蒲(しょうぶ)」が「花菖蒲(はなしょうぶ)」になるわけではありません。

「菖蒲(しょうぶ)」と似たような葉っぱをつけることがその名の由来です。

主に水はけの良い湿地に生え、背丈は80~100cm濃淡のある白・紫・桃・青の花を「5月上旬~5月中旬」に咲かせます。

ちなみに、「菖蒲(しょうぶ)」と言えば、一般的にこの「花菖蒲(はなしょうぶ)」のことを指します。

菖蒲/綾目/文目(あやめ)

文目模様が特徴的なあやめの花

アヤメ科アヤメ目の「菖蒲/綾目/文目(あやめ)」

漢字表記で「菖蒲」と書いて「あやめ」と読むこの植物は、主に山野の草地などの乾いた土地に生え、背丈は30~60cm濃い紫色の花を「4月下旬~5月中旬」に咲かせます。

■豆知識②『菖蒲(しょうぶ)をあやめと呼ぶ理由』


「菖蒲(しょうぶ)」を「あやめ」と呼ぶようになった理由には諸説ありますが、飛鳥・奈良時代に、「菖蒲(しょうぶ)」を用いて邪気払いの儀式をしていた女性のことを、「あやめ」と呼んでいたことが主な由来とされています。

杜若(かきつばた)

水辺に咲くかきつばたの花

アヤメ科アヤメ目の「杜若(かきつばた)」は、主に水辺や川辺などの湿地に生え、背丈は50~70cm紫色の花を「5月下旬~6月上旬」に咲かせます。

後述する在原業平(ありわらのなりひら)が、この「かきつばた」を見て和歌を詠んだ場所が三河国(現在の愛知県)の八橋だったことから、愛知県の県花にも指定されています。

 5月の花札に

 描かれている花も

「かきつばた」だよ。

見分け方

「はなしょうぶ・あやめ・かきつばた」は3種とも同じ「アヤメ科」に分類され、外観的特徴が非常によく似ています(葉は真っ直ぐ上にピンと伸び、花びらとがくは同じ色・形)。

そんな混同されがちな3つの植物ですが、以下のように花びらの根元の色・模様を見ることで簡単に見分けることができます。

「はなしょうぶ」

・・花びらの根元は黄色で、その外側に筋が入っている。
「あやめ」   

・・花びらの根元は黄色で、内側に筋が食い込んでいる。(=文目模様)
「かきつばた」 

・・花びらの根元は白色で、模様は入っていない。




八橋と在原業平

三十六歌仙額「在原業平」
出典:三十六歌仙額「在原業平」wikipediaより

花札の5月札の「かきつばた」とともに描かれている「八橋」は、三河(愛知県知立市)にある八橋がモデルで、この地で美しく咲いていた「かきつばた」を見て、在原業平(ありわらのなりひら)が旅の気持ちを和歌にしました。

その時に詠んだのが次の和歌です。

らころも つつなれにし ましあれば るばるきぬる びをしぞおもふ」――『伊勢物語』9段「あづま下り」より

(訳)何度も着て身体になじんだ唐衣(からころも)のように長年なれ親しんだ妻を、都に残したままこの地へはるばる来てしまったからか、旅のつらさが身にしみて感じられてくる。

▼技法・単語解説▼


【枕詞(まくらことば)】
からころも・・「着」にかかる枕詞

(「着」以外にも、「袖」「裾」「紐」などにかかる。)

 

【掛詞(かけことば)】
なれ ・・着慣れるを意味する「慣れ」と、馴れ親しむの「馴れ」
つま ・・都に残してきた「妻」と、衣の裾を意味する「褄」
はるばる ・・着物を張るという意味の「張る張る」と、遠くからの「遥々」
きぬる ・・「来ぬる」「着ぬる」

八橋を流れる沢のほとりに美しく咲く杜若(かきつばた)を見た在原業平が、「か・き・つ・ば・た」の5文字を頭文字において旅の気持ちを詠んだ有名な歌で、このような和歌技法のことを「折り句(おりく)」と言います。

■豆知識③『在原業平(ありわらのなりひら)』


平安時代の貴族で、六歌仙・三十六歌仙の一人。「希代のプレイボーイ」という異名を持つ恋多き男性で、心を奪われた女性は数多くいるそうです。平安時代初期の歌物語である「伊勢物語」は彼がモデル。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

では、最後に内容をおさらいしましょう。

5月の花札に描かれている「菖蒲(読み方:あやめ)」は「かきつばた」で、「八橋(やつはし)」は三河国(愛知県)の八橋のことを指す。

4つの花のうち、「菖蒲(しょうぶ)」だけが、ショウブ科(サトイモ科)の植物で、端午の節句の「菖蒲湯(しょうぶゆ)」などに用いられる。

同じ外観的特徴を持つアヤメ科の「はなしょうぶ・あやめ・かきつばた」は、花びらの根元の色・模様で見分けることができる。

八橋の近くで美しく咲いていた「かきつばた」を見て、在原業平(ありわらのなりひら)が旅の心情を和歌にして詠んだ。

5月は端午の節句なので、てっきり菖蒲湯に用いられる「しょうぶ」が5月の花札に描かれているのかと思いきや、実際は「かきつばた」の花。しかも、「菖蒲」と書いて「あやめ」と呼ぶなど、紛らわしい限りです・・。

そんなややこしい植物4種ですが、記事を最後まで読み終えた皆さまなら、きっとその違いを明確に答えられるはず。

とはいえ、花札のゲーム中にあまりうんちくを披露しすぎると嫌がられるので、知識自慢はほどほどにしてくださいね。

 最後までお読みいただき
 ありがとうございました 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました