【和風月名】旧暦の月の読み方と由来・意味|昔の暦で知る季節の彩り

机に広げられた分厚い本花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

普段わたしたちが暦として耳にする「1月」「2月」・・という「月名」。

実は、昔は数字ではなく「和風月名」という和名を用いていました。

この「和風月名」は、当時の季節感や行事・風習を表現した趣きある月の呼び名で、現在においても人の名前や競馬のレース名、会計ソフトなどに使われていて、意外と身近な言葉になっています。

本記事では、以下のことをまとめています。

和風月名(旧暦の月名)の読み方と由来・語源

各和風月名の別名・異称

それでは、日本人ならではの美しい月の呼び名を順にたどっていくことにしましょう。




睦月

正月に食べるお雑煮

読み方:むつき  

旧暦の1月(新暦の2月頃)

由来・語源にはいくつかの説がありますが、最も有力なのは「睦み月(むつみづき)」が転じたというものです。

「睦」には、「親しく仲が良い・仲睦まじい」という意味があり、正月に家族や親戚と仲睦まじく過ごすことからこの漢字があてられました。

他にも、「始まる月」という意味の「元つ月」が変化したという説や、「稲の実をはじめて水に浸す月(※)」という意味の「実月」が元になった、などの説があります。

※日本では古来から、苗の発芽を促すために1年のはじまりに実を水に浸す風習がありました。

別名・異称▼

初春月(はつはるつき)・・旧暦における春の季節は1月~3月で、1月はその最初の月
新春(しんしゅん)・・新しい春という意味で、現在においても正月・新年に用いられている
早緑月(さみどりづき)・・旧暦1月になると、木や草の緑色が目につくことから

如月

白のセーターニット

読み方:きさらぎ  

旧暦の2月(新暦の3月頃)

読みの由来・語源として最も有力なのが、「衣更着(きさらぎ)」が転じたという説で、「衣更着」とは、「厳しい寒さにそなえて衣服を重ね着すること」を指します。

ちなみに、漢字で「如月」と書くのは、中国において2月をさす言葉が「如月」だったからです。

他にも、「気候が陽気になる月」という意味の「気更来」や、「春に向けて草木が生え出す」という意味の「生更木」が転じた、などの説があります。

▼別名・異称▼
初花月(はつはなづき)・・「初花」とは、年が明けて最初に咲く梅の花のことで、如月がこの梅の花が咲く時期であるから
仲春(ちゅうしゅん)・・旧暦における春の季節は1月~3月で、2月はその真ん中にあたることから
雁帰月(かりかえりづき)・・冬に日本に渡ってきた雁がこの時期にシベリアに帰るから
草木張月(くさきはりづき)・・この時期になると、草木や花の芽が出始めて、春の訪れが感じられることから

豆知識①『如月(にょげつ)』


日本の「如月(きさらぎ)」を中国読みすると「如月(にょげつ)」になり、漢字の「如(にょ)」には、『一つが動き出せばそれに従って次々と動く』という意味があります。つまり、「如月(にょげつ)」は『自然のすべてが春に向かって動き出す』ことをあらわしています。

弥生

ひなあられと雛人形

読み方:やよい  

旧暦の3月(新暦の4月頃)

「いや(弥)」には「いよいよ、ますます」という意味、「おい(生)」には「草木が芽吹く(生い茂る)」という意味があり、この時期になると、「草木がだんだん(弥)と芽吹いてくる(生)」ので、「弥生」という漢字があてられました。

別名・異称▼

晩春(ばんしゅん、くれのはる)・・旧暦における春の季節は1月~3月で、3月は最後の月にあたるから
花惜月(はなおしみづき)・・春の終わりになって花が散ることを惜しむ月という意味
雛月(ひいなづき)・・3月3日の雛祭りを含む月であるから
花つ月(花続き)・・梅・桜・桃・椿など、3月には数多くの花が咲き、ずっとそういった花を見続けることができることから

 3月産まれの子どもに

『弥生』と名前を

 つけたりするよ




卯月

ウツギの白い花

読み方:うづき
旧暦の4月(新暦の5月頃)

由来・語源としては、「卯の花(ウツギの白い花)が咲く時期だから」という説や、「う」が「初」「産」を意味し、4月が「一年の循環の最初の月にあたるから」という説、「稲を植える」という意味の「植月(うえつき)」が転じて「うづき」となった、など諸説あります。

ちなみに、「十二支の4番目が『卯(うさぎ)』だから」という説もありますが、この月だけに十二支をあてはめるというのは不自然なので、あまり有力ではないとされています。

▼別名・異称▼
夏初月(なつはつづき)・・旧暦における夏の季節は4月~6月で、4月はその最初の月にあたるから
孟夏(もうか)・・「孟」には「はじめ」という意味があり、「夏初月」と同様に、この月が夏のはじめにあたることから
麦秋(ばくしゅう、むぎのあき)・・4月の終わり頃はちょうど麦の収穫時期にあたり、麦が実りの秋を迎えるから
乏月(ぼうげつ)・・この時期になると、秋に収穫した穀物がほとんどなくなり、新たに収穫できるものもなくて食料が不足するから

■豆知識②『ウツギ(空木)と卯の花』


アジサイ科ウツギ属のウツギ(空木)に咲く花のことで、茎が中空なことから、「中が空ろ」という意味の「空木」の漢字があてられています。また、食べ物の「おから」のことを「卯の花」と呼ぶのは、このウツギの白い花に似ているからです。

皐月

紫に染まる菖蒲の花

読み方:さつき
旧暦の5月(新暦の6月頃)

「さ」が古語で「耕作」を意味し、そこから稲作の月として「さつき」と呼ばれるようになったというものや、「早苗を植える月」という意味の「早苗月(さなえづき】」が転じたなど、由来・語源には諸説あります。

※漢字の「皐」は「神に捧げる稲」という意味です。

▼別名・異称▼
仲夏(ちゅうか)・・旧暦における夏の季節は4月~6月で、5月はその真ん中の月にあたることから
雨月(うづき)・・梅雨の時期にあたるから
菖蒲月(あやめつき、しょうぶつき)・・菖蒲が咲く季節だから
月不見月(つきみづき)・・梅雨の時期と重なって月を見ることができないから

■豆知識③『早苗(さなえ)』


「早苗(さなえ)」とは、田植えができるくらいに大きくなった稲の苗のことを指し、成長した苗は、苗床から田んぼへと植え替えられます。

 競馬の皐月賞の 

 由来はもちろん

 この『さつき』! 

水無月

田んぼにとんぼ

読み方:みなづき
旧暦の6月(新暦の7月頃)

「水の無い月」と書きますが、実際に水が無いわけではなく、ここでの『無』は「神無月(かんなづき)」の『無』と同じように、連体助詞の『の』を示します。つまり、「水無月」とは「水の月」という意味です。

旧暦の6月は田んぼに水を引く季節なので、そこから「水の月」⇨「水無月」になったと考えられています。

▼別名・異称▼
晩夏(ばんか)・・旧暦における夏の季節は4月~6月で、6月はその最後の月にあたることから
○季夏(きか)・・「季」は、四季の終わりを意味する漢字で、「晩夏」と同様に夏の終わりにあたるから
水張月(みずはりづき)・・旧暦6月は田んぼに水を張る季節なので
鳴雷月、鳴神月(なるかみづき)・・この時期は雷が多く、雷や稲妻が神の化身だと考えられていたことから




文月

短冊に願いを込めて

読み方:ふみづき
旧暦の7月(新暦の8月頃)

短冊に歌や文字を書いて書道の上達を祈願する「七夕の行事」にちなんだ「文被月(ふみひらづき)」がその名の由来とされています。

他にも、「稲穂が膨らんでくる月」という意味の「穂含月(ほふみづき)」が転じた、などの説があります。

▼別名・異称▼
初秋(しょしゅう、はつあき)・・旧暦における秋の季節は7月~9月で、7月はその最初の月にあたることから
親月(おやづき)・・旧暦7月にはお盆の行事があり、親に墓参りするという意味から
涼月(りょうげつ)・・暑さがやわらいで、涼しい風を感じるから
愛逢月(めであいづき)・・互いに愛し合っていた織姫と彦星が再会する月であるから(七夕伝説)

■豆知識④『文被月(ふみひらづき)』


「文披月」は「文を広げて晒す月」という意味で、七夕の時期に書物を天日干し(虫干し)して湿気や虫害を防ぐ中国の古い風習が由来になっています。

葉月

水辺で戯れるマガン

読み方:はづき
旧暦の8月(新暦の9月頃)

由来・語源としては、「葉の落ちる月」という意味の「葉落ち月(はおちづき)」が転じたという説や、「シベリアから越冬のために雁がやって来る」という意味の「初雁月(はつかりづき)」が変化したというもの、さらには、「稲の穂が張る月」という意味の「穂張月(ほはりづき)」が転じたなど、諸説あります。

▼別名・異称▼
仲秋(ちゅうしゅう)・・旧暦における秋の季節は7月~9月で、8月はその真ん中の月にあたることから
燕去月(つばめさりづき)・・燕が南方へ去っていく月であるから
南風月(はえづき)・・南方から強い風が吹く季節だから(台風のシーズン)
月見月(つきみづき)・・仲秋の名月にお月見をすることから

長月

卵色の小菊の花

読み方:ながつき
旧暦の9月(新暦の10月頃)

秋分を過ぎるとしだいに日が短くなって夜が長くなることから「夜長月(よながづき)」と呼ばれるようになり、これが転じて「長月(ながつき)」となったというのが由来・語源として最も有力です。

他にも、「稲刈月(いねかりづき)」が、「ねかづき」⇨「なかづき」となったというものや、稲穂が成長してくるという意味の「穂長月(ほながづき)」が略されたなどがあります。

▼別名・異称▼
晩秋(ばんしゅう)・・旧暦における秋の季節は7月~9月で、9月はその最後の月にあたることから
長雨月(ながめつき)・・秋に長い雨(秋雨)が降るから
菊月(きくづき)・・9月9日は菊の節句(重用の節句)であり、菊の花が咲く月だから
寝覚月(ねざめつき)・・夜が長くなって目が覚めることが多くなる月だから




神無月

初詣にお参りして祈願

読み方:かんなづき
旧暦の10月(新暦の11月頃)

旧暦の10月は、全国の八百万の神さまが出雲大社に集まる時期で、神さまが出ていってしまった国には神さまがいなくなるので「神無月(かんなづき)」と呼ばれるようになりました。
(※反対に出雲の国では神さまがたくさんいるので「神在月(かみありづき)」と呼びます。)

他にも、「雷が鳴らない月である」という意味の「雷無月(かみなしづき)」が転じたというものや、「お酒を醸(かも)す月」という意味の「醸成月(かみなしづき)」が変化したなどがあります。

▼別名・異称▼
初冬(しょとう)・・旧暦における冬の季節は10月~12月で、10月はその最初の月にあたることから
小春(こはる)・・穏やかであたたかい春のような日が続くから
時雨月(しぐれづき)・・時雨(しぐれ)の時期であることから
初霜月(はつしもづき)・・初霜の降りる時期だから

 初冬の、降ったり

 やんだりする小雨の

 ことを「時雨」と言うよ 

霜月

霜の降りた植物

読み方:しもつき
旧暦の11月(新暦の12月頃)

由来・語源として最も有力なのが、霜の降りるくらい寒い月という意味の「霜降り月(しもふりつき)」が転じたという説で、これ以外にも、「作物の収穫を『もの神』に感謝して食す」という意味の「食物月(おしものつき)」が変化した、などがあります。

▼別名・異称▼
仲冬(ちゅうとう)・・旧暦における冬の季節は10月~12月で、11月はその真ん中の月にあたることから
神来月、神帰月(かみきづき)・・神無月に出雲大社に出向いていた八百万の神さまが、この月に帰ってくるから
神楽月(かぐらづき)・・「神楽」とは、神さまに向けて舞や歌を演じて農作物の収穫を祝う行事のことで、これが旧暦11月の冬至の頃に行われていたことから
凋む月(しぼむつき)・・太陽の光がだんだんと弱くなる(凋む)月だから

師走

石畳を歩くお坊さんの後ろ姿

読み方:しわす
旧暦の12月(新暦の1月頃)

師走(しわす)の由来には諸説があり、この時期に先祖供養のために師(お坊さん)が忙しく走り回っていたからというものや、一年の最後の月として「今年やりとげることを全部する」という意味を持つ「為果(しは)つ」が元となった説、さらには、「四季の終わり」を意味する「四極(しはつ)」が変化したなどがあります。

別名・異称▼
晩冬(ばんとう)・・旧暦における冬の季節は10月~12月で、12月はその最後の月にあたることから
三冬月(みふゆづき)・・冬の三番目の月であるから
梅初月(うめはつづき)・・梅の花が咲き始める月だから
苦寒(くかん)・・立春の手前であるこの時期は一年で最も寒く、その厳しさに苦しく感じることから

■豆知識⑤『師(し)』


「師走」の漢字に使われている「師(し)」の語源には様々なバリエーションがあり、寺社で参拝客のお手伝いをする「御師」が由来だとするものや、「先生・教師」のことを指し示しているなどがあります。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

旧暦の各月の由来・語源を詳しく知ることで、それぞれの月名が以前よりイメージしやすくなったのではないでしょうか。

もちろん、各月の名前の由来が分かっても、それぞれの月名が何月にあたるかまで分からないと意味がありません。

語呂合わせやこじつけ、由来・語源から導くなど、何月がどの月名にあたるかを覚える方法はたくさんあるので、自分に合ったやり方で記憶することに挑戦してみてください。

なお、今回は「和風月名」(旧暦の月名)に関する記事を書きましたが、外にも「二十四節気」に「暦」、「年中行事」や「作法」など、日本の伝統文化として覚えておきたいことがまだまだたくさんあるので、また機を見て記事にしてまとめたいと考えています。

長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました