【花札】花合わせ(3人)の遊び方(ルール・点数計算)と点数表・役一覧

花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

皆さまは、こんな悩みを抱えていませんか?

「花合わせ」の基本ルールは分かるけど、役や点数計算などの詳しいことが分からない・・。

花札の遊び方の一つである「花合わせ」は、「こいこい」に比べると少しルールが複雑で、それでいて詳しく解説した本やサイトが少ないせいか、間違って覚えてしまっている人も多いようです。

記事では、以下のことをまとめています。

ゲームの流れに沿った遊び方(ルール)の解説と点数計算の方法

種類別(点数別)の札早見表と出来役の一覧表

※本文の内容は、巻末に掲載している書籍『マンガで覚える 図解 花札の基本』を参考にしました。

最後まで読んで、「花合わせ」の正しい知識をしっかり身につけましょう。




遊び方(ルール・3人)

札を手にして場札を狙っている、花札のゲーム場面。
使用札:48枚
人数:3人

■ゲームの流れ


①参加する人を決める。
②親を決める。
③席順を決める。
④札を配る。
⑤手札による特殊な役を確認。
⑥ゲームスタート!
⑦ゲーム終了。点数計算。

▼花札を持ってない!という方はこちらをどうぞ▼
関連記事:花札の種類と選び方のポイント|おすすめ定番・キャラクター花札9選

ゲーム開始前

花合わせにおいて、参加人数の3人よりも多く参加希望者がいる場合は、手札を配った後にゲームに参加する3人を決めます。

決め方は、親の右隣から順に、参加する=「出る」か、参加しない=「下る」を宣言してもらい、それでもまだ参加者が多い場合は親から右に3人目までがゲームに参加して、4人目以降は強制的に「下り」ます。これを「追い込み」と言います。

逆に参加希望者が3人よりも少ない場合「しばり」をおこないます。たとえば3人でおこなうゲームで5人メンバーがいた場合、最初の2人が「下り」を宣言すれば残り3人は強制的に「出る」ことになります。この「下り」を禁止することを「しばり」と言います。

親を決める

札を配ったり、ゲームの進行を担当する親を「めくり札」で決めます。めくり札では、山札から1人1枚ずつめくり、めくった札の月の数字が最も少ない人が親になります。

※めくった札が同じ月の場合は札の点数が高い人が親です。

■豆知識①「月札の覚え方」


「札の絵柄を見ても何月の札かわからない」という花札初心者のために、月札の語呂合わせを考えました。私が勝手に作ったものなので、もしかしたら、もっといい覚え方があるかもしれません・・。
1月札「松に鶴」

・・門松といえば、正月(1)。
2月札「梅に鶯(うぐいす)」

・・バイバイ(梅×2)と手を振って。
3月札「桜と幕」

・・そのまま、さ(3)くら。
4月札「藤に不如帰(ほととぎす)」

・・こちらもそのまま、ふじ(4)。
5月札「菖蒲(しょうぶ)に八橋」

・・5番勝負(菖蒲)。
6月札「牡丹(ぼたん)に蝶」

・・6←ここがボタン(牡丹)みたいに見える!?
7月札「萩(はぎ)に猪」

・・萩は秋の7草です。
8月札「芒(すすき)に雁」

・・8←山と月に見えなくもない!?
9月札「菊に盃(さかづき)」

・・そのまま、きく(9)。
10月札「紅葉(もみじ)に鹿」

・・もみじまんじゅう(10)!
11月札「柳に小野道風(おののみちかぜ)」

・・雨→||→(11)??
12月札「桐に鳳凰(ほうおう)」

・・最後(12)なので「きり」がよいですね。




席順を決める

親の次に、月の数字の少ない札をめくった人が「胴二」となり、残りの1人が「ビキ」となります。席順は、親の右隣が「胴二」、左隣が「ビキ」です。 また、進行方向は親 ⇨ 胴二 ⇨ ビキの順で、時計の針とは「逆周り」になります。

ゲームの進行方向は親→胴二→ビキの順になる。

札を配る

まず「ビキ」が花札をすべてまとめて切り、次に「胴二」がまとめた束を2つに分けて上下を入れ替えます(=のぞみ)。その後、親が手札各7枚、場札6枚の「手七場六」を配ります。

手札による特殊な役の確認

ゲーム開始前に、「手札に特殊な役」がある場合は役を公開して役代をもらえます。公開された札は、他の2人にとっては場札となり、公開した人にとっては手札なので場札として使えません。

また、公開した札が他の2人に合わせ取られた場合は、手札が減ることになり、手札がなくなれば山札を場札と合わせていきます。

手札による特殊な役▼


七カス(30点
※手札がすべて1点札。他の2人から30点ずつもらい、7枚は公開する。
手札が7枚ともカス札
六カス(20点
※手札7枚のうち6枚が1点札。1点札の6枚を公開して、残り1枚は手札として持つ。
手札の6枚がカス札

ゲーム開始

ゲームは、親 ⇨ 胴二 ⇨ ビキの順番でおこないます。自分の番になったら、手札を1枚出し、場札の同じ月札と合わせます。その後、さらに山札から1枚めくり、場札に同じ月札があればまた合わせとります。

もし、合わせる札がない場合はそのまま場におきます。これを順に手札の7枚がなくなるまで繰り返していきます。

手札と場札と山札のイラスト。

ゲーム終了後

親から順に7巡して手札がすべてなくなり、場札もなくなった時点でゲームは終了です。ゲームが終了したら、「取り札による特殊な役」「出来役」があるかどうかを確認して点数計算に移ります。

▼取り札による特殊な役▼


雨シマ役流し
※柳札を4枚集めると、その人のすべての出来役が無効になります。この場合の点数は取り札の点のみです。
手札と場札と山札
フケ
※取り札の合計が20点以下の役のことで、誰かが「フケ」になるとゲームは引き分けとなります。下の図では、合計点は18点です。
取り札の合計が20点以下の役のことで、誰かが「フケ」になるとゲームは引き分けとなります。図では、合計点は18点です。

■豆知識②「花合わせの戦略法」


ここで豆知識として、花合わせで勝つための基本的な戦略法を3つあげておきます。
その①「手札と相談する」
自分の手札の中に、場と合う札が2枚以上ある場合、早く役が作れるものから合わせていきます。また、どれか捨てなければいけないときは、一番役と関係がない札を捨てましょう。
その②「相手の取り札を確認する」
相手が集めている札は何かを確認し、役成立を邪魔できる手札を持っているなら、自分の役作りよりもそちらを優先させましょう。
その③「ビキは勝ちやすい!?」
ビキは順番が最後にまわってくるので、ほしい札が取れず不利だと思われがちですが、実はそれは逆で、ビキが役札を持っていれば最後まで捨てなくていいので、確実に自分の札にすることができます。




点数計算

取り札の合計点に出来役の役代の支払いを換算した得点から、基準点である88点を引いたものがそれぞれの点数になります。

点数計算が終われば次のゲームを始め、12回戦したら合計点数を出して試合の勝敗を決めます。

計算方法 合計点数 = 取り札の合計点 ※1+ 出来役の支払い※2 -基準点(88点)
※1、取り札の合計点は、札の点数(点数別の札早見表を参照)の合計。
※2、出来役の支払いは、出来役(出来役一覧表を参照)から役代差の支払いを換算したもの。
■実際の計算例
実際の点数計算例です。Aさんの取り札の合計点は90点、出来役は赤短で40点。Bさんの取り札の合計点は70点で、出来役はなし。Cさんの取り札の合計点は104点で、出来役は四光で60点。
AさんはCさんに、出来役の役代差(60点ー40点)の20点を支払い、Bさんは、Aさんには40点・Cさんには60点の、計100点を支払います。 結果、Aさんは(40点ー20点)で20点、Bさんは(ー40ー60点)でー100点、Cさんは(20点+60点)で80点の出来役の役代点を支払い換算します。

この場合、AさんはCさんに、出来役の役代差(60点ー40点)の20点を支払い、Bさんは、Aさんには40点・Cさんには60点の、計100点を支払います。

結果、Aさんは(40点ー20点)で20点、Bさんは(ー40ー60点)でー100点、Cさんは(20点+60点)で80点の出来役の役代点を支払い換算します。

Aさんは、取り札の合計点が90点で出来役の支払いが+20点、それから基準点(88点)を引いて、結果+22点。Bさんは、取り札の合計点が70点で出来役の支払いが-100点、それから基準点(88点)を引いて、結果-110点。Cさんは、取り札の合計点が104点で出来役の支払いが+80点、それから基準点(88点)を引いて、結果+96点。




種類別(点数別)の札早見表

花札においての「札の点数」は、どのゲームでも同じです。ここでは、種類別(点数別)に札を紹介します。


光札(20点札)
最も点数の高い札。集めた枚数により、五光、四光、雨四光、三光などの役があります。


種札(10点札)
有名な「猪鹿蝶」を含む9枚。「光札以外で、生き物が描かれているもの」と覚えると簡単です。


短冊札(5点札)
文字が入った「赤い短冊札」3枚と「青い短冊札」3枚、文字が入っていない「赤い短冊札」4枚と覚えましょう。
「赤い短冊札」3枚 「青い短冊札」3枚 文字が入っていない「赤い短冊札」4枚


カス札(1点札)
最も点数の低い札。桐は3枚、柳は1枚、それ以外は2枚ずつあります。
最も点数の低い札。桐は3枚、柳は1枚、それ以外は2枚ずつあります。 最も点数の低い札。桐は3枚、柳は1枚、それ以外は2枚ずつあります。




出来役一覧・点数表

五光(ごこう) 200点
※20点札5枚
20点札5枚

四光(しこう)  60点
※「柳に小野道風」以外の20点札4枚
「柳に小野道風」以外の20点札4枚

赤短(あかたん) 40点
※「松に赤短」「梅に赤短」「桜に赤短」の3枚
「松に赤短」「梅に赤短」「桜に赤短」の3枚

青短(あおたん) 40点
※「牡丹に青短」「菊に青短」「紅葉に青短」の3枚
「牡丹に青短」「菊に青短」「紅葉に青短」の3枚

七短(ななたん) 40点
※「柳に短冊」以外の5点札7枚
「柳に短冊」以外の5点札7枚

六短(ろくたん) 30点
※「柳に短冊」以外の5点札6枚
「柳に短冊」以外の5点札6枚

表菅原(おもてすがわら)30点
※「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚
「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚

のみ  30点
※「桜に幕」「芒に月」「菊に盃」の3枚
「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚

猪鹿蝶(いのしかちょう) 20点
※「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚
「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚

松桐坊主(まつきりぼうず)20点
※「松に鶴」「桐に鳳凰」「芒に月」の3枚
「松に鶴」「桐に鳳凰」「芒に月」の3枚

くさ  20点
※「藤に短冊」「菖蒲に短冊」「萩に短冊」の3枚
「藤に短冊」「菖蒲に短冊」「萩に短冊」の3枚

月見で一杯 20点
※「芒に月」「菊に盃」の2枚
「菊に盃」「芒に月」の2枚

花見で一杯 20点
※「桜に幕」「菊に盃」の2枚
「桜に幕」「菊に盃」の2枚

藤シマ  20点
※藤の札を4枚
藤の札を4枚
桐シマ
  20点
※桐の札を4枚
桐の札を4枚




おわりに

いかがでしたでしょうか。

最近では、介護の現場で高齢者と一緒にすることになったり、日本文化に関心のある外国人にすすめてみたりと、あらためて「花札」の需要が高まってきています。

もし、記事を読んで「花札についてもっとたくさん知りたい」と思った方は、他の記事「花札の歴史」や「花札の絵柄の由来」などもご参照ください。

 最後までお読みいただき
 ありがとうございました 

▼花札の歴史や絵柄の意味・由来などの雑学に興味のある方はこちら▼
花札の絵柄の意味と由来 |札の名前からみる日本の風物詩
花札の歴史|日本の伝統的「かるた」の繁栄と衰退の足あと
任天堂と花札の関係|歴史と企業哲学からみる成功のルーツ

 

▼「こいこい」の詳しい遊び方や役を知りたい方はこちら▼
「こいこい」の遊び方(ルール)と役・点数一覧

 

▼花札の基礎用語辞典はこちら▼
花札の基礎知識|花札用語の読み方と意味を知ろう

 

▼おすすめ無料花札アプリについての記事はこちら▼
【2020年】無料花札アプリおすすめ5選|iPhone・Android対応


今回紹介した内容は、下の書籍「マンガで覚える 図解 花札の基本」を参考にしてまとめました。

ゲームをする上で、やはりルールについてはしっかり理解する必要があり、その点、この本は図解やマンガ入りでわかりやすく解説されていて、遊び方の参考書として最適だと思います。

「こいこい・はちはち」などの「花合わせ」以外の遊び方も一緒に掲載されている点も良いですよね。

▼商品リンクを貼っておきますので、よろしければどうぞ▼

【Amazon.co.jp】マンガで覚える 図解 花札の基本 




コメント

タイトルとURLをコピーしました