【読書】短編小説『せんせい。/重松 清』のあらすじと感想|映画「泣くな赤鬼」原作

机に広げられた分厚い本読書・小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

2008年に新潮社より『気をつけ、礼。』の表題で刊行され、2011年の文庫化に合わせて現在の名に改題された重松清の短編小説『せんせい。』

この本は、2018年に公開された映画「泣くな赤鬼」の原作となったことでも知られています。

記事では以下のことをまとめております。

本の内容紹介と収録作品

収録作品全6編の簡単なあらすじと感想

著者「重松清」の紹介・プロフィール

物語の内容把握や、ストーリーのおさらいとしてお役立てください。




内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】せんせい。/重松 清(新潮文庫)

先生、あのときは、すみませんでした――。授業そっちのけで夢を追いかけた先生。一人の生徒を好きになれなかった先生。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった先生。そして、そんな彼らに反発した生徒たち。けれど、オトナになればきっとわかる。あのとき、先生が教えてくれたこと。ほろ苦さとともに深く胸に染みいる。教師と生徒をめぐる六つの物語。

―――新潮文庫「せんせい。」内容紹介より

この短編集には以下の6編が収録されています。

■収録作品


・白髪のニール
・ドロップスは神さまの涙
・マティスのビンタ
・にんじん
・泣くな赤鬼
・気をつけ、礼。

以下は、収録作品6編の簡単なあらすじと感想になります。




あらすじと感想

白髪のニール

アコースティックギターを弾く男性

■あらすじ


高校生でありながらバンドを組んでいる長谷川。ある日、物理の担当教師の富田から「ニール・ヤングは知ってるか?」と聞かれ、続けて「自分にギターを教えてほしい」と懇願する先生に、いちからギターの手ほどきをすることになります。物語の後半、「ロックとは始めることで、ロールとは続けること、すなわち始めたものを責任持ってし続けることがロックンロールなんだ」と富田の口から聞いた長谷川は、自分は途中で人生を投げ出して立ち止まってしまっているのではないか・・と、強く恥じ入り――。

『ロック』というジャンルを扱ったストーリーであるゆえ、聞き慣れないアーティスト名が連発し、やや読者のことを置き去りにしてるのではないかと懸念するところもありましたが、富田と生徒・長谷川の交流の中で語られるその世界はどこか魅力的で、読めば読むほどに惹かれるものがありました。

人生において、途中で投げ出したり立ち止まってしまうことは多々あります。そんな時にロールし続けること、継続することがいかに大切かを、この物語の主役である富田先生から教わった気がしました。

ドロップスは神さまの涙

瓶に入ったカラフルなドロップス

■あらすじ


クラスのみんなからいじめられていた私。避難所として利用していた保健室で、「たっちゃん」という男の子と保健室の先生の「ヒデおば」と出会うことになります。「ヒデおば」は、ぶっきらぼうでおっかなく、生徒からもあまり好かれていません。でも、子どもたちのことを誰よりも考えてくれている優しい人で、そんな「ヒデおば」に主人公の私は強く惹かれていきます。

いじめの問題がニュースで取り沙汰される度に、学校や担任の先生、もしくは、監査する役目の教育委員会に問題があると批判されますが、そんな世間の実情とは逆に、この作品ではいじめを受けている側の視点での心の葛藤が繊細に描かれていて、二重の意味で考えさせられるものがありました。

保健室で出会った男の子とヒデおばとの交流を、『ドロップス』というアイテムを絡めて紡いだその物語は、読了後にあたたかな気持ちをもたらす、『甘く味わい深い』内容だったように思います。




マティスのビンタ

バレットと色とりどりの絵の具

■あらすじ


中学時代の恩師・白井先生に会うために、グループホームにやって来た私。認知症が進み、年老いてしまった先生の部屋をお邪魔した際、担当ヘルパーの永井さんから「先生は何と呼ばれていたんですか?」と聞かれ、私は思わず「マティスです」と答えます。マティスとはフランスの画家の名前で、先生は、そんな画家になりたくてなれなかった人でした。マティスのように才能があると豪語していた先生。しかし、その作品がコンクールで賞をとることはありませんでした。そう、先生には才能がなかったのです――。

いつまでも未練を捨てきれなかった先生と、過去における選択をずっと後悔する私。

才あるものしか上にいけず、無限の可能性など夢物語だと思い知らされる現実社会で、必死に夢にしがみつこうとする人を愚弄することがどれほど残酷なことか、それが大人になってようやく分かったからこそ、私は先生のもとを訪れたのでしょう。

物語の最後、先生が押した手のひらの絵を見て、私は何を思ったでしょうか――。

かつての苦い思い出への後悔を感じながら「せんせい」と再会し、自身の現在と過去をかえりみて新たな気付きを得る。そんな主人公の心の変化を象徴的に描いたこの作品は、他の物語とはまた違った感慨があったように思います。

にんじん

とれたての葉付きにんじん

■あらすじ


同窓会の案内を見たわたしは、かつての教え子のある生徒を思い出します。それは、何だかよく分からないけど、生理的に受け付けられず嫌悪してしまった、『にんじん』という男子生徒です。以前の先生から担任を引き継ぎ、クラスみんなで三十人三十一脚の練習をすることになったわたしは、記録が伸び悩んだため、にんじんを補欠にして記録を伸ばそうと試みます。その時の罪の意識が、大人になってからも尾を引き、自身が父親になって初めて、にんじんに心から謝罪したいと思うようになります。その後、同窓会でにんじんと再会したわたしは、彼が先生になったと聞くことになって――。

人間である以上、好みというものは当然生じてきます。食べ物の好き嫌いなどがその典型例でしょう。でも、だからといって、誰かを毛嫌いすることを認めてしまえば、それはいじめっこがいじめを正当化する言い訳と同じになってしまいます。

生来的に人間は身勝手で独善的な生き物です。でも、そんな人間の醜い部分を「あって当然だ」という生き方は、やはりすべきではないのでしょう。物語を通じて、そういった人としての正しいあり方について、深く考えさせられた気がしました。




泣くな赤鬼

色えんぴつで描いた赤鬼のイラスト

■あらすじ


大学病院のロビーで偶然出会った教え子の斎藤。部活を辞めて学校を中退し、道を外れてしまった彼が、今では会社員となってまっとうに生きていると聞き、わたしは驚きます。高校で野球部員だった斎藤は、野球のセンスがあり、甲子園に向けての主戦力になるだろうと当時のわたしは強く買っていました。しかし、努力することを怠る性格から、その実力を上手く発揮できず、期待を裏切られる結果になってしまいます。そんなわたしが、斎藤から「実は自分は末期のガンで、余命があといくばくしかない」と明かされることになって――。

作中で気になった言葉が2つあります。

1つ目は『才能か努力か』です。

いくら才能があっても、努力をしないと成果をあげることはできません。逆に、才能がなかったとしても、努力を継続することができれば大きな成果を生み出せます。

2つ目は『ほめるかしかるか』です。

成長のパターンには『ほめて伸びるタイプ』と『しかって伸びるタイプ』の2つがあり、この2パターンの見極めは非常に難しいところです。会社においても、上司が部下を指導する際に『ほめる』か『しかる』かで思い悩むということが多々あります。

死期の間際に斎藤が先生に伝えた「惜しいと言ってほしかった」という言葉。

そこから察しても、やはり彼は『ほめれば伸びるタイプ』だったんだろうと思います。そして、そのことが分かっていたからこそ、先生は、彼にしてしまったことをずっと後悔していたのでしょう。

久しぶりに再会した教え子が闘病生活をおくるという、物語としては少し重い内容でしたが、生徒である斎藤と恩師である赤鬼先生の決して切れることのない繋がり・絆が美しく描かれていて、哀しみもあるけどどこかあたたかみもある、そんな不思議なストーリーだったように思います。

気をつけ、礼

教室の窓際の机

■あらすじ


突然少年の家を訪問してきた中学時代のクラス担任ヤスジ。高校生になった少年は、「何のために家にやって来たのか?」と疑問を抱きます。ヤスジは社会の先生で、規律や礼儀に厳しい人でした。朝の会の挨拶の「起立、礼、着席」に「気をつけ」を追加したのもこのヤスジで、吃音で上手く話せなかった少年を一番気にかけて、面と向かって指導してくれた唯一の先生でもありました。そんなヤスジが、教え子の家を訪れ「金を貸してほしい」と頼んでまわり、金を返すことなく姿を消したという噂を聞いた少年は、また吃音に悩まされることになって――。

教え子の家族から金を奪って逃げたヤスジは、少年にとって許せない存在でしたが、非行に走った自分を諭してくれる唯一の先生でもありました。

学校をサボっても誰も気にかけてくれず、疎外感を覚えていた少年。そんな少年に再会してすぐに咎め立ててくれたヤスジは、憎らしいというよりもありがたい存在だったのかも知れません。




著者「重松清」の紹介

 重松清(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、特に少年少女を主人公にした作品(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)がお気に入りです。

彼の作品には、人の複雑な感情を繊細に描いたものが多く、傷ついたり・悩んだり・立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちの存在も魅力になっています。

作品の一部は学校の教科書にも採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは、小学校の国語の授業で習います。

また、映像化作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」もつい涙してしまうような感動作ぞろいの重松清文学。

興味を持たれた方は、気になる他の作品も読んでみてはいかがでしょうか。

▼重松 清(しげまつきよし)▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました