【読書・本】『せんせい。/重松 清』のあらすじと感想|映画「泣くな赤鬼」原作本

机に広げられた分厚い本小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

2008年に新潮社より『気をつけ、礼。』で刊行され、2011年の文庫化で改題された重松清の短編小説『せんせい。』

この本は2018年に公開した映画「泣くな赤鬼」の原作になったことでも有名です。

本記事では以下のことをまとめております。

本の内容紹介と収録作品

収録作品のうち4編の簡単なあらすじと感想

著者「重松清」の紹介・プロフィール

すでに読まれた方は内容のおさらいとしてお役立てください。




内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】せんせい。/重松 清(新潮文庫)

先生、あのときは、すみませんでした――。授業そっちのけで夢を追いかけた先生。一人の生徒を好きになれなかった先生。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった先生。そして、そんな彼らに反発した生徒たち。けれど、オトナになればきっとわかる。あのとき、先生が教えてくれたこと。ほろ苦さとともに深く胸に染みいる。教師と生徒をめぐる六つの物語。

―――新潮文庫「せんせい。」内容紹介より

この短編集には以下の6編が収録されています。

■収録作品


・白髪のニール
・ドロップスは神さまの涙
・マティスのビンタ
・にんじん
・泣くな赤鬼
・気をつけ、礼。

このうちの「マティスのビンタ」「気をつけ、礼」以外の4編についての簡単なあらすじと感想を以下にまとめました。




あらすじと感想

白髪のニール

アコースティックギターを弾く男性

高校生でありながらバンドを組んでいる長谷川はある日、物理の担当教師の富田から「ニール・ヤングは知ってるか」と尋ねられ、「自分にギターを教えてほしい」と懇願されます。

そして先生にいちからギターの手ほどきをすることになるのですが・・。

はじめ、ニール・ヤングに対してあまり興味がなかった長谷川ですが、歳をとり大人になっていくにつれてその良さに気付くようになります。

物語の途中、ロックとは「始めること」ロールとは「続けること」、すなわち「始めたものを責任持ってし続けること」がロックンロールなんだと語られます。

そして、生涯ニールを歌い続けた先生に対して、自分は途中で人生を投げ出して立ち止まってしまっていると、長谷川は強く恥じ入ります。

タイトル名の「白髪のニール」が、はじめは何を示しているのか分からなかったのですが、読みすすめるうちに、それがニール・ヤングになりきった白髪姿の富田先生を象徴しているのだということに気づきました。

ロックというジャンルを扱ったストーリーであるがゆえ、聞き慣れないアーティストの名前が連発して、やや読者のことを置き去りにしてるのではないかと懸念するところもありましたが、富田先生と生徒の交流の中で語られるロックの世界はとても魅力的で、読んでいるうちにその言葉に強く惹かれてしまうくらいに興味・関心が高まっていました。

人生において、途中で投げ出したり立ち止まってしまうということは多々あります。そんな時にロールし続けること、継続することの大切さをこの物語の主役である富田先生から教わった気がします。

ドロップスは神さまの涙

瓶に入ったカラフルなドロップス

クラスのみんなからいじめられていた私は、その逃げ場として保健室をいつも利用していて、そこで「たっちゃん」という男の子と、保健室の先生である「ヒデおば」と出会うことになります。

「ヒデおば」は、ぶっきらぼうでおっかなく、生徒からもあまり好かれていないのですが、実はこどもたちのことを考えてくれている優しい人で、そんな先生に主人公の私は強く惹かれていきます。

いじめ問題がニュースで取りざたされるたびに、学校や担任の先生の問題、もしくは、監査する役目の教育委員会に問題があると批判されますが、そんな世間の実情とは正反対の、いじめを受けている当事者の心の悩みを、主人公の繊細な心理描写とともに描いたこの作品は、とても考えさせられる内容になっていました。

保健室で出会った病気の男の子と先生とのふれあいを、ドロップスというどこか馴染み深いアイテムとともに描き、読了後にあたたかな気持ちをもたらしてくれるその不思議な内容に、ドロップスのような「甘み」を感ぜずにはいられませんでした。




にんじん

とれたての葉付きにんじん

同窓会の案内を見たわたしは、かつての教え子たちの中にいたある生徒を思い出します。それは「にんじん」・・。何だかよくわからないけど、ただ生理的に受け付けられないという理由で嫌悪してしまった男子生徒です。

当時わたしは、風間先生からクラス担任を引き継ぐことになっていて、以前の担任に負けまいとする気持ちや、生徒が自分のことを受け入れてくれるだろうかという不安から気負っていました。

また、風間先生の遺産でもあった「友情・協力・団結」という言葉にも、機械的に綺麗事を並べているだけだと言って反発していました。もしかしたらそこには、クラスの中に風間先生の名残があるということへの嫌悪が含まれていたのかもしれません。

さらに言えば、世の中はそんな綺麗なものではなくて、もっとどろどろと醜いものだという現実を知っているからでもありました。

社会においては若い頃に描いていたような理想はことごとく壊されます。裏切り・嫉妬・競争・保身・汚職などが世の中にはあふれかえり、綺麗なものはほとんど幻想にすぎません。

物語の後半、クラスのみんなで三十人三十一脚の大会に出るための練習をすることになるのですが、記録が伸び悩んだため、わたしはにんじんを補欠にして記録を伸ばそうと試みます・・。

わたしの中に常にあったのは、にんじんに対するその時の罪の意識で、それは大人になってからも尾を引き続けます。そして、自分が父親になり娘を授かってはじめて、にんじんに心から謝罪したいと思うようになります。

無慈悲に先生から嫌悪された彼の父親の気持ちを思うと、いてもたってもいられなくなるのです。それは、自分の娘がそんな風に先生に嫌われて欲しくないという思いの裏返しでもありました。

同窓会でにんじんと再会したわたしは、にんじんが先生になったと聞いて驚きます。自分のせいで学校教育や先生を嫌いになったのではないかと心配していたからです。

わたしがにんじんに言った「ありがとう」の言葉は、彼が先生を、教育を嫌わないでいてくれたこと、さらには過去のわたしを許してくれてことへの感謝の気持ちのあらわれだったのではないでしょうか。

人間である以上好みというものが生じるのは当然のことです。食べ物の好き嫌いなどはその典型でしょう。でも、だからといって誰かを毛嫌いするということを認めてしまってもいいのでしょうか。それはいじめっこがいじめを正当化する言い訳のようにも思えてきます。

生来的に人間は身勝手で独善的な生き物です。でも、そんな人間の醜い部分が「あって当然だ」という生き方はやはりするべきではないのでしょう。この物語を通じてそういったことを強く諭されたような気がしました。

泣くな赤鬼

色えんぴつで描いた鬼のイラスト

大学病院のロビーで偶然出会った教え子の斎藤。

部活を辞めて学校を中退し、道を外れてしまった彼が、今は会社員としてまっとうに生きていることをわたしは知ります。

高校で野球部員だった斎藤は野球のセンスがあり、甲子園に向けての主戦力になるだろうと、当時のわたしは強く買っていました。

しかし、努力することを怠る性格からかその実力を上手く発揮することができず、期待を裏切られてしまいます。

その後、監督として部員を勝たせて甲子園に導くために、大切に育ててきた斎藤を切り捨て別の部員を選ぶことを決めます。

そして、そのことをわたしは、生涯にわたってずっと後悔することになるのです。

作中で気になった言葉が2つあります。

1つ目は「才能か努力か」です。

いくら才能があっても、努力しないと決して成果をあげることはできないし、逆に才能がなくても努力を継続することができれば大きく成果を生み出すことができます。それは社会や人生における真理のようなものでしょう。

2つ目は「ほめるかしかるか」です。

成長のパターンには、ほめて延びるタイプとしかって伸びるタイプの2つがあり、この2パターンの見極めは非常に難しいところです。会社においても、上司が部下を指導する際にほめるかしかるかで思い悩んでしまうのが通例になっています。

物語の後半、斎藤が実は末期のガンで、余命あといくばくだと明かされます。

斎藤が死期の間際に先生に伝えた「惜しいと言ってほしかった」という言葉。

それを聞くと、やはり彼は「ほめれば伸びるタイプ」だったのだろうと考えてしまいます。だからこそ、先生は彼にしてしまったことをずっと気に病んで苦しんでいたのでしょう。

久しぶりに再会した教え子が、闘病生活をおくるという、物語としてやや重い内容でしたが、生徒である斎藤と恩師である赤鬼先生の、決して切れることのなかった強いつながりが美しく描かれていて、哀しいけれどどこか心があたたまる、そんな不思議な作品であったと思います。




著者「重松清」の紹介

 重松清(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、特に少年少女を主人公にした作品(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)が大のお気に入りです。

彼の作品は、人の複雑な感情を繊細に描いていて、読んでいるとすごく心が揺さぶられます。

傷ついたり、悩んだり、立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちの存在も魅力のひとつですよね。

学校の教科書にも採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは、小学校の国語の授業でも習います。

また、映像化された作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」も、つい涙してしまうような感動作がたくさんあるので、もっと多くの人に彼の小説を読んでほしいところです。

▼重松 清(しげまつきよし)▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました