【花札2月】「梅に鶯(うぐいす)」が告げる春のおとずれ|絵になる美しき取り合わせ

色彩あふれる花札のイメージ写真花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

花札2月といえば、「梅に鶯(うぐいす)」

「梅に鶯(うぐいす)」とは、「美しく調和する、絵になる取り合わせ」という意味の漢詩由来の言葉で、これにちなんで、花札には「梅」と「うぐいす」がペアで描かれています。

花札2月札/左から順に「梅に鶯」「梅に短冊」「梅のカス」「梅のカス」
(左から順に「梅に鶯」「梅に短冊」「梅のカス」「梅のカス」)

ただし、札に描かれている鳥は緑色なので、実際は「うぐいす」ではなく「めじろ」だと考えられます。

「うぐいす」の体色は茶褐色で、普段はやぶの中に隠れているため、梅の木に止まるようなことはありません。おそらく、昔の人が両者を混同してしまったのでしょう。

記事では、以下のことをまとめています。

「梅に鶯(うぐいす)」の意味と関連語
うぐいすの生態と鳴き声
梅の種類と「飛梅(とびうめ)伝説」

「梅」と「うぐいす」から広がる、美しい春の世界へ出発しましょう。




梅に鶯(うぐいす)

梅の枝に止まるめじろ
※写真『梅の木に止まるめじろ』

「梅」春一番に咲く花で、「鶯(うぐいす)」も、「春告鳥(はるつげどり)」という異名があるとおり、春の訪れを真っ先に告げる鳥です。

そんな春を代表する両者から、「取り合わせの良いもの、美しく調和するもの」の形容として、「梅に鶯(うぐいす)」という言葉が生まれました。

ただし、警戒心が強く、普段は藪の中に隠れている「うぐいす」が、実際に梅の木に止まるようなことはなく、あくまでこれは、日本人がイメージとして頭の中で描いた想像上の組み合わせにすぎないと考えられます。

また、「梅に鶯(うぐいす)」と同じ意味を持つ言葉に、次のようなものがあります。

「松に鶴」「牡丹に唐獅子」「竹に虎」「紅葉に鹿」「柳に燕」など

これらのいくつかは花札にも描かれているので、覚えやすいのではないでしょうか。

なお、「梅に鶯(うぐいす)」は、英訳すると「perfect match」「match made in heaven」となり、反対の意味を持つ言葉(対義語)は「水と油」になります。

■豆知識『梅鶯(ばいおう)の候』


「梅鶯の候」は、「梅の花が咲き、うぐいすの鳴きだす季節になりました」という意味を持つ2月の時候の挨拶で、主に公的な手紙やビジネスなどの改まった文体の手紙の書き出しに用いられています。

鶯(うぐいす)

上を見上げる地味な風体の鶯(うぐいす)

■基本情報


○分類:スズメ目ウグイス科

○和名:鶯(うぐいす)

○英名:bush warbler(茂みの中でさえずる鳥)

○分布:東アジア、日本の全域

「鶯(うぐいす)」は「日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)」(※1)の一つに数えられ、早春に他の鳥に先駆けてさえずることから、別名「春告鳥(はるつげどり)」と呼ばれています。

(※1)日本三鳴鳥・・日本に生息するさえずりが美しいスズメ目の3つの種(ウグイス・オオルリ・コマドリ)のこと。「オオルリ」のさえずりは「ピールーリー」、「コマドリ」のさえずりは「ヒンカラララ」

「鶯(うぐいす)」の体色は、背中がオリーブ褐色で、腹側が白の地味な色合い。体長はオス16cm・メス14cmで、他の鳥で例えるなら、だいたいスズメくらいの大きさです。

鳴き声には「ホーホケキョ」「ケキョケキョ」「チッチッチ」の3種類があり、それぞれ次のような意味合いがあります。

「ホーホケキョ」・・低い音の「ホーホケキョ」は、侵入者に縄張りの存在を誇示する時に、高い音の「ホーホケキョ」はオスがメスに安全を伝える時に使う。
「ケキョケキョ」・・侵入者に対して、縄張りに入ってきたことを示す威嚇の声。
「チッチッチ」・・「地鳴き」とも呼ばれる鳴き声で、オスとメスの日常的な会話・コミュニケーションに用いられる。

 うぐいすの鳴き声は 

 こんなのだよ⇩



気品豊かに咲く白い梅の花

梅の種類と歴史

芳しい香りを放つ、春を代表する美しい花の「梅(うめ)」

まずは、「梅」の基本データを確認しましょう。

■基本情報


○分類:バラ科サクラ属の落葉高木

○和名:

○英名:Plum blossom

○原産地:中国

○開花時期:2~3月

日本の梅は、奈良時代に中国から伝わった薬用の「烏梅(うばい)」(※2)が起源とされていて、平安時代には塩漬けの「白干し梅」が数多く生産。その後の戦国時代の武士たちの食欲亢進に大いに役立ちました。

(※2)烏梅(うばい)・・青梅を竈門(かまど)の煙で燻(いぶ)し、乾燥させたもの。カラスのように黒いことから「烏梅」と呼ばれる。熱冷まし・下痢止め・解毒作用があり、現在でも漢方薬として使用されている。

さらに江戸時代に、赤しそと一緒に漬けた「赤梅干し」が登場。味が格段に良く、殺菌効果も高かったことから、梅干しを食べるという習慣がまたたく間に日本中に広まります。

ちなみに梅は、「赤梅/紅梅(こうばい)」「白梅(はくばい)」の2種類に大きく分けられ、さらに園芸学的に分類すると、果実のなる食用の「実梅(みうめ)」観賞用の樹木の「花梅(はなうめ)」の2つに区別されます。

「紅梅」と「白梅」の違いは以下のとおりです。

紅梅・・幹の断面が赤みがかった色。実は小さく堅く、酸味や苦味が強いことから主に木材として利用される。
白梅・・幹の断面が白色。実が大きく食用に向いていることから、梅干し・梅酒などの食品に用いられる。

「飛梅(とびうめ)伝説」

梅好きなことで知られる学問の神様「菅原道真(すがわらのみちざね)」の有名な説話に、「飛梅(とびうめ)伝説」というものがあります。以下はその概略です。

――藤原時平(ふじわらのときひら)の政略によって大宰府に左遷された菅原道真(すがわらのみちざね)。

 

出発の前日、京都の自宅にある梅の花に向けて、次のような和歌を詠じました。

 

「東風(こち)吹かば にほひよこせよ 梅の花 主(あるじ)なしとて 春な忘れそ」

(訳:梅の花たちよ。春風が吹いたら、その匂いを風に託して大宰府まで届けて欲しい。主人である私がいないからと言って春を忘れないでおくれよ。)

 

この歌を聴いた梅の花は、主人のことを哀れに思って、一晩のうちに太宰府まで飛んでいってその花を咲かせたそうです。

 

この「主人に忠義を尽くす」という梅の花の忠誠心の強さから、「約束を守る」「忠実」という意味の花言葉が生まれたとされています。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

では最後に内容をおさらいしましょう。

「梅に鶯(うぐいす)」は、「取り合わせの良いもの、美しく調和するもの」という意味の言葉で、実際に自然で観察されるものではなく、あくまでも想像上の組み合わせにすぎない。
「うぐいす」は日本三鳴鳥の一つで、別名「春告鳥」と呼ばれる。また、鳴き声には3種類あり、それぞれに意味がある。
バラ科サクラ属の「梅」のルーツは中国の「烏梅(うばい)」で、「梅」は木材に用いられる「紅梅(こうばい)」と、食用に使われる「白梅(はくばい)」の2つに分類される。

今回ご紹介した「梅」と「鶯(うぐいす)」は、今の季節にぴったりの日本の風物詩なので、春の雑学知識としてぜひ覚えておいてください。

ちなみに、最後の「飛梅伝説」に登場する「梅」は、現在の福岡太宰府天満宮で実際に見ることができるそうです。行く機会があれば鑑賞してみたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました