【花札11月札】雨札に集うヤナギ・カエル・ツバメの豆知識|脇役たちの大合唱

花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

花札11月札の中でひときわ目立った「小野道風」(傘をさした人間)の存在によって、やや印象が弱まってしまっている植物の「柳(ヤナギ)」と動物の「蛙(カエル)」「燕(ツバメ)」(種札に描かれている鳥)。

花札11月札「柳に小野道風、蛙、燕」4枚

脇役となってしまった彼らにも、小野道風と同様に知らないことがたくさんあります。

記事では、以下のことをまとめています。

ヤナギの種類(シダレヤナギとネコヤナギの2種)とそれぞれの特徴
ヤナギの和名・漢字・学名の由来
カエルの生態と代表的なカエルの種の特徴
ツバメの生態・特徴・鳴き声について

今回は欲張って3つと少し多いですが、頑張って学んでいきましょう。

※小野道風については別記事でまとめています(下記参照)。




柳(ヤナギ)

柳の合い間から見える建物

笹の葉のような細長い葉と、垂れ下がる長い枝が特徴の「柳(ヤナギ)」

「柳(ヤナギ)」とはヤナギ科ヤナギ属の総称で、一般的には「シダレヤナギ」のことを指します。

「シダレヤナギ」は街路樹などでもよく見かける最もポピュラーな「ヤナギ」で、他にも、花穂のかたちが特徴的な「ネコヤナギ」などがあります。

では、それぞれの「ヤナギ」の特徴について詳しく見ていくことにしましょう。

シダレヤナギ

ヤナギの代表種である「シダレヤナギ」の原産地は中国で、日本には奈良時代に渡来しました。

水辺を好むと同時に水害を防ぐことから、川べり・水路・お濠沿いなどに植えられています。

開花時期は3~4月で、枝葉を風にまかせて遊ぶように揺らすことから、別名「あそび草」「風見草」とも呼ばれています。

ネコヤナギ

尾状の花穂がネコの尾のように見えることからその名がついた「ネコヤナギ」は、日本・朝鮮半島・中国が原産地で、山地の渓流や街中の小川など、水辺に広く自生しています。

開花時期は3~4月で、旧名は「川柳(かわやなぎ)」です。




柳(ヤナギ)の名前の由来

穂のついたネコヤナギ

「柳(ヤナギ)」の表記名をまとめると以下のようになります。

■和名・漢字:ヤナギ・柳
■漢名(中国名):
■英名:Willow
■学名:Salicaceae Salix

「ヤナギ」の由来

「ヤナギ」という名前の由来には諸説ありますが、有名なのは、「この植物の木で作った矢」という意味の「矢の木」が転じたという説です。

他にも、中国名の「楊」の発音が「yang(ヤン)」なので、これに「i」が加わって「ヤナギ」となったという説もあります。

「柳」の由来

「ヤナギ」を漢字で表記すると「木」へん「卯」と書きますが、この「卯」という字は象形文字のひとつで、一般的には「左右対称の戸を合わせた門」であると解釈されています。

枝葉をするすると上から下へ垂れ下げるヤナギの姿が、するする滑らせて門を開け閉めする様子に見えたことがその由来です。

学名「Salix」の由来

「ヤナギ」の学名の「Salix」の由来は、ケルト語の「sal=近い」「lis=水」で、水辺に生息する種が多いことにちなんでいます。




蛙(カエル)

上を見上げるアマガエル

生態・特徴

子どもの時と大人の時で大きく姿が異なり、水の中も陸の上もどちらもお手の物の「カエル」

「カエル」が食するのは小さな昆虫やクモなどで、動体視力にすぐれているため、動いているものを素早く長い舌でしとめることができます。しかし、逆に、動いていないものは見ることができず、死んだ虫や止まった虫を食べることができません。

また、食事の仕方が非常に特徴的で、よく見ると、目玉を頭にめり込ませてエサを飲み込んでいます。これは、カエルの口が頭に比べて大きすぎて、舌の動きだけでは飲み込めないからで、飛び出した目玉を下げることで、エサをのどの奥に押し込んでいると考えられます。

他にも、生息する環境に合わせて出産の仕方を変えることが知られており、おたまじゃくしの期間を経ずに、はじめからカエルの姿で産まれる種もなかには存在するそうです。

ニホンアマガエル

日本で最も多く生息するのがこの「ニホンアマガエル」で、大きさは3~4cmくらい、メスはオスより大きく、指先に吸盤があって「水かき」がないのが特徴です。そのため、この種は水に入るということはなく、樹上で生活することが大半です。

また、皮膚から刺激性の毒を分泌することが知られており、この毒が目に入ると失明することもあるので注意が必要です。(※手で触る分には問題ありません)

ちなみに、日本で数が多い理由には以下のことが関係しています。

乾燥に強い特性 ・・乾燥した場所でも生きられることから、生活場所の選択肢が広がり、街中にも順応できる。
発達した吸盤 ・・木によじ登る際に使う他、街中のU字溝やコンクリート水路に誤って落ちたときに、この吸盤を用いて脱出することができる。

豆知識①『アマガエルが鳴くと雨が降るのはなぜ?』


「アマガエル」の皮膚はとても薄く、湿気・気圧の変化に敏感なので、天候の変化に反応して鳴き声をあげます。ちなみに、この鳴き声のことを、別名「雨鳴き」「レインコール」と呼びます。

トノサマガエル

「トノサマガエル」はアカガエル科のカエルで、背中に黒い斑紋があるのが特徴です。

「トノサマ」という名前の由来は、からだが大きくて、天敵にあった時にお腹を膨らませる様子が殿様(トノサマ)の威張っている姿に見えたからだそうです。

ヒキガエル

別名「ガマガエル」とも呼ばれる「ヒキガエル」

「ヒキガエル」と「ガマガエル」を別の種だと思っている人もいますが、実は同じ種です。「ヒキガエル」の分泌液は、やけど・切り傷の治療用の「ガマの油」の原料として使われています。

「おたまじゃくし」の名前の由来

球形の胴体と発達した尾が特徴的なカエルの子ども「おたまじゃくし」の名前の由来は、調理器具の「お玉杓子(おたまじゃくし)」です。

ご飯・味噌汁をよそうときに使われる調理器具のことを一般的に「杓子(しゃくし)」と言い、ご飯用の平らな形状のものを「しゃもじ」、汁用に使う先が皿状のものを「お玉杓子」と呼びます。

この「お玉杓子」がカエルの子ども(幼生)の姿に似ていたことから、「おたまじゃくし」という名前がつけられました。

ちなみに、調理器具の「お玉杓子」の語源は、多賀大社で参拝客用に配られていたお守りの杓子(多賀杓子)です。

まとめると、以下のようになります。

「多賀大社の杓子」▶「多賀杓子(たがじゃくし)」▶「お玉杓子(調理器具)」▶「おたまじゃくし(カエルの幼生)」




燕(ツバメ)

エサを求めるツバメのヒナたち

春先のあたかかい時期に日本にやってきて、秋になると越冬のために東南アジア(台湾・フィリピン・マレーシアなど)に帰っていく「ツバメ」

春に見られることから「春告げ鳥」という異名を持つ「ツバメ」は、体長は15~18cmくらいで、「チュリチュリ、ジーリリ」というように可愛らしい声で鳴きます。

昔の人は、このツバメの鳴き声を「土食て虫食て口渋い」という言葉に置き換えていたらしく(※意味は「土を食べて虫を食べて口が渋くなった」)、こういった動物の鳴き声の置き換えのことを「聞きなし」と言います。

代表的な「聞きなし」には、ホトトギスの「東京許可局」ウグイスの「法華経」などがあげられます。

ツバメのイラスト

 僕(ツバメ)の鳴き声は 

 こんなのだよ⇩ 

 

また、飛ぶのがとても得意なツバメも、実は歩くのが苦手で、巣作りの泥採取のとき以外はほとんど地面に降りることはありません。

他にも、天敵からヒナや卵を守るために、人の出入りが激しくにぎやかな人家の軒先に巣を作ることが知られており、ツバメの巣がある家は縁起が良くて幸せになれると言われています。

■豆知識②『ツバメが低く飛ぶと雨になるのはなぜ?』


雨が降る前は湿度が高くなり、羽に水滴がついた虫たちはその重みで低い場所を飛ぶようになります。ツバメはそういった虫を食べるので、結果的に、雨のときに低い位置を飛ぶツバメの姿を見ることになるのです。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

では、最後に内容をおさらいしましょう。

垂れ下がった姿が特徴的な「ヤナギ」には、街路樹としてよく見かける代表的な「シダレヤナギ」の他に、猫の尾のような花穂を持つ「ネコヤナギ」などがある。
「ヤナギ」の名前は、「この植物の木で作った矢」という意味の「矢の木」が由来になっている。
水の中も陸の上もどちらでも生活できる両生類の「カエル」は、そのすぐれた動体視力で素早く昆虫やクモを捕獲し、目玉を下げて飲み込むという一風変わった食べ方をする。
春の時期にやってくるツバメは「春告げ鳥」とも呼ばれ、その鳴き声は「土食て虫食て口渋い」という言葉に聞きなされる。

花札11月札の絵柄については謎な部分が多く、春から夏にかけてがいわゆる「旬」の「柳・蛙・燕」がなぜ描かれているかは、いまだによく分かっていないそうです。

わたしの考えでは、小野道風が傘をさしていて、この札が「雨札」と呼ばれるように、「雨」に関係する生き物を集めたのではないかと類推しています。

水辺を好む柳は見た目が雨のようですし、アマガエルが鳴くときも雨、燕はその雨の日に低いところを飛ぶ縁起の良い鳥ですしね。(※別記事でまとめた小野道風の逸話も関係してそうです)

皆さまはどう考えますか?あれこれ想像するのも面白いかも知れません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました