【花札6月】牡丹(ぼたん)から広がる世界|あゝ麗しき花の王さま

花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

花札6月札の絵柄として描かれている「牡丹(ぼたん)」の花は、花の王様をあらわす「花王」という名に恥じないくらいに勇ましく堂々とした風体をしています。

▼6月札に描かれている牡丹。バラじゃないです。▼

また、その美しさと高貴さから古来より日本人に愛され続け、「牡丹餅(ぼたもち)」「牡丹鍋(ぼたんなべ)」の言葉の語源になるくらいに庶民に親しまれてきました。

記事では、以下の内容をまとめています。

「牡丹(ぼたん)」の特徴や生態、歴史的背景。

漢字表記「牡丹」の語源や別名、食べ物に用いられている牡丹について。

ことわざ「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の意味。

牡丹から学べる雑学知識。とてもためになる内容なので、ぜひ覚えていってください。




特徴・歴史

美しく微笑むピンクの牡丹

ボタン科の落葉低木である「牡丹(ぼたん)」は、楊貴妃(ようきひ)の美貌(びぼう)の形容に用いられたように、幸福・富貴(ふうき)・高貴を象徴する魅惑的な花です。

4月~5月に、紫・淡紅・白などの色の豪華な大輪の花を咲かし、主に観賞用の花木として庭園で広く栽培されています。

歴史的にみると、原産国の中国(唐)から奈良時代に「空海(弘法大師)」が持ち帰ったものだとされていて、繁栄・富をあらわす花として古くから詩歌・絵画・文学などのモチーフに用いられてきました。

また、江戸時代にドイツ人のケンペルがヨーロッパに紹介し、その後、幕末から明治にかけて日本の牡丹の苗がヨーロッパ各地に輸出されたこともあってか、今では世界中でその姿を見ることができます。

■牡丹(ぼたん)の基本データ


学名:Paeonia suffruticosa

科名:ボタン科
属名:ボタン属
原産地:中国北西部
開花期:4〜5月
花色:赤、淡紅、黄、オレンジ、白、紫
発芽時期:2〜4月ごろ
生育適期:通年(高温多湿に弱い)

表記と語源・由来

咆哮する百獣の王

漢名表記である「牡丹」の語源は、「盛んな、雄々しい」という意味の「牡」と、上乗(仏教の最高の教え)をあらわす「丹色(赤)」の「丹」です。

それぞれ、春に雄々しく芽を出すこと(=牡)と、原種の花の色の濃い赤(=丹)が由来だとされています。

また、あらゆる花の中で美しく華やな花を咲かす牡丹は、中国では最高位(王者)の象徴とみなされていて、「花王」(百華の王)と呼び名がつくほどに尊ばれてきました。

その時の名残が、花言葉の「王者の風格」「風格あるふるまい」という部分に強くあらわれています。

ちなみに、学名で表記すると「Paeonia suffruticosa」となり、牡丹の薬用という特性から、ギリシャ神話における医薬の神である「Paeon(ペオン)」が属名に用いられています。




食べ物

食欲そそる甘いぼたもち

春のお彼岸に食べる「ぼたもち(牡丹餅)」の名前の由来は、同じ春に美しく咲く「牡丹」から来ています。

また、秋のお彼岸には「おはぎ(お萩)」を食べますが、こちらは秋に咲く七草の一つである「萩(はぎ)」が由来になっています。

ちなみに、猪(いのしし)の肉を用いた鍋のことを「牡丹(ぼたん)鍋」と言いますが、これは盛りつけた肉が牡丹の花のように見えるからだそうです。

※百人一首⑤の「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の~」を由来にして鹿肉は「もみじ」、肉の色が鮮やかなピンクであることから馬肉は「さくら」と呼ばれています。

 お肉を

 花にたとえるとは

 風情あっていいね!

■豆知識「百人一首⑤」


『奥山に  紅葉踏みわけ  鳴く鹿の  声きく時ぞ  秋は悲しき』――三十六歌仙「猿丸太夫(さるまるだゆう)」

 

【訳】「人里はなれた奥山で、敷き詰められた紅葉を踏み分けて鳴いている鹿の声を聞くときほど、いっそう秋は悲しいものだと感じられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▶▶百人一首の序盤に登場する和歌なので暗唱している人も多いのではないでしょうか。秋の愁いや物悲しさを感じさせるとともに、色彩豊かな情景を目前に想像させる不思議な歌です。

 

ことわざ

歩く姿は百合の花

有名なことわざに「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というものがありますが、これは美しい女性の立居振る舞いを形容したものです。

簡単に意味をまとめると、

立てば芍薬 ・・すらりと伸びた茎の先に美しい花を咲かす様子 = 女性の立ち姿

座れば牡丹 ・・枝分かれした横向きの枝に花をつけるさま = 座っている女性の姿

歩く姿は百合の花 ・・しなやかな茎の先に咲いた花が風で揺れる姿 = 優雅に歩く女性の姿

となります。

また、詳しく調べてみると、このことわざは本来、「生薬の使い方」をあらわす言葉として広く用いられていたそうです。

つまり、3つの花の生薬としての効能が、症状と見事に対になっているのです。

それぞれの対応をまとめると以下のようになります。

立てば芍薬 ・・気が立ってイライラした時 ⇨ 気を鎮める効用のある「白芍(びゃくしゃく)・赤芍(せきしゃく)」

座れば牡丹 ・・座ってばかりいて血流が悪くなった時 ⇨ 滞った血液の流れを良くするための「牡丹皮(ぼたんぴ)」

歩く姿は百合の花 ・・ゆらゆらと歩いてしまう心身症の人の不安や不眠 ⇨ 精神安定作用のある「百合(びゃくごう)」

※3つの花「芍薬・牡丹・百合」の生薬としての特徴と効能については以下をご参照ください。

■豆知識『生薬としての芍薬・牡丹・百合』


芍薬 ・・皮を乾燥させたものを「白芍(びゃくしゃく)、皮付きのものを「赤芍(せきしゃく)」といいます。「芍」は「薬」という意味で、「芍薬」は「薬の中の薬」という意味になります。

【効能】鎮痛・鎮静・筋弛緩

【配合漢方薬】「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」

——————————————

牡丹 ・・牡丹の根の皮を乾燥させたものを「牡丹皮(ぼたんぴ)」といいます。

【効能】解熱・鎮痛・消炎・婦人科系の症状緩和

【配合漢方薬】「大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴゆ)」「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」

——————————————

百合 ・・百合の鱗茎の鱗片を乾燥させてものを「百合(びゃくごう)」といいます。

【効能】消炎・利尿・精神安定作用

【配合漢方薬】「百合知母湯(びゃくごうちおとう)」「百合地黄湯(びゃくごうちおうとう)」

——————————————




おわりに

いかがでしたでしょうか。

では、最後に内容をおさらいしましょう。

ボタン科の「牡丹(ぼたん)」は、奈良時代に「空海」が持ち帰ったもので、富や高貴を象徴する花として日本人に愛されてきた。
牡丹の語源は、雄々しいという意味の「牡」と、赤色を示す「丹」の組み合わせで、別名「花王」とも呼ばれている。
春に咲く牡丹の名前を由来にして、お彼岸に食べる「あんこもち」のことを「ぼたもち」と言うようになった。
ことわざの「立てば芍薬、座れば牡丹~」は、女性の立ち居振る舞いの形容を示したもので、もともとは生薬の効能をあらわしていた。

華麗な大輪を咲かせる牡丹の花が、生薬としての薬効を秘めているというのは本当に驚きですね。まさに「百華の王」という感じ。

あと、もしかしたら皆さまの中には、「牡丹の花の見頃は4、5月なのに花札の6月の絵札に描かれているのはなぜ?」と疑問に感じている人もいるのではないのでしょうか。

これは推測ですが、次の7月札が萩と猪なので、牡丹を描くことによって「牡丹餅⇨お萩、牡丹鍋⇨猪」というように、次札の絵柄を連想させる役割を担っていたのではないかと私は考えております。

本当のところはどうなんでしょう。あれこれ想像してみるのも面白いかもしれません。

 最後までお読みいただき
 ありがとうございました 

タイトルとURLをコピーしました