ゲーム会社「任天堂」と花札の関係|歴史と企業哲学からみる成功のルーツ

花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

世界的ゲームブランドとしてゲーム業界のトップを突き進む「任天堂」。

その歴史はとても長く、100年前に作られた、ある小さな「花札屋」から物語は始まります。

ソニーやマイクロソフトのように高度な技術を持っていなかった「任天堂」はどのようにして、世界を席巻する大企業へと成長することができたのでしょうか。

以下に紹介する任天堂の歩んできた歴史をもとに、そのルーツを紐解いていきたいと思います。

花札屋からはじまる任天堂
トランプの発売とタバコ流通網を利用した市場拡大
任天堂の企業哲学・理念は花札販売事業から
株式会社任天堂の誕生とゲーム会社としての躍進(歴史年表付き)




任天堂のはじまり

畳に散りばめられた花札の写真

1889年、京都の平安神宮近くの「京都市下京区正面通り大橋西入る」の地にあった空壕を利用して、山内房治郎(ファミコン発売時の社長「山内溥」の曽祖父)が「任天堂骨牌(カルタ)」を設立し、花札の製造・販売を始めます。

そして、その後に販売された大統領の印を押した花札が関西の賭博場で広く用いられるようになり、「任天堂カルタ」は一躍人気を評します。

※「任天堂」の社名の由来は、「運を天に任せる」という博奕打ちの座右の銘が由来。

トランプ製造とタバコ流通網の利用

床にばらばらに並べられたトランプの写真

1902年に「骨牌(こっぱい)税法」が制定され、同業者が次々と倒産していく中、当時輸入品しかなかったトランプに目をつけ、「任天堂カルタ」は日本で初めてトランプの製造に乗り出します。

この新しいものに目を向けるという「先見性」もさることながら、山内氏の非凡さはこれだけに留まりません。

トランプ・花札のケースがタバコの箱と同サイズだというところに注目し、国営企業の「日本専売公社」に話を持ちかけて、タバコ流通にトランプ・花札を乗せることに成功します。

こうやって、全国の市場に進出した「任天堂カルタ」は、日本一のカードゲーム会社へと成長していくのです。




任天堂の企業哲学・理念

力強いスーツ姿とグラフの合成写真

こうした花札販売での事業成功の中に、今もなお引き継がれている、任天堂の企業哲学・理念が垣間見えてきます。

たとえば「流通網を重視する」という企業スタイルは、後の一次問屋・親睦団体「初心会」を利用したファミコンソフトの流通拡大に繋がり、花札で培われた「製品デザイン意識の高さ」は、工業デザイナー志望だった宮本茂がマリオを生み出す大きな源ともなっています。

こういった「高品質で安価な商品を市場に生み出す」という、当時においては稀有だった考え方の中に、「常識にとらわれず常に他と違うものを求め続け、新しいものを生み出す」という今の任天堂に繋がる熱い信念を読み取ることができるのです。

「株式会社任天堂」の誕生

任天堂のWiiUで遊ぶ少年の写真

1953年に日本で初めて「プラスチック製トランプ」を作った「任天堂」は、その社名を1963年に「株式会社任天堂」に変更します。

そして、1980年の携帯ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」、1983年の「ファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)」のヒットを皮切りに、次々と名ハードを生み出しながら、今もなおゲーム業界のトップを邁進し続けています。

■任天堂の沿革(歴史年表)


▷1889年(明治22年)山内房治郎が、京都市下京区にて花札の製造を開始。
▷1902年(昭和35年)日本初のトランプ製造に着手。
▷1953年(昭和28年)日本初のプラスチック製トランプの製造に成功、量産開始。
▷1963年(昭和38年)任天堂株式会社に社名変更。
▷1980年(昭和55年)携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」発売。
▷1983年(昭和58年)家庭用テレビゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。
▷1989年(平成 元年)携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を発売。
▷1990年(平成02年)家庭用テレビゲーム機「スーパーファミコン」を発売。
▷1996年(平成08年)家庭用テレビゲーム機「NINTENDO64」を発売。
▷2004年(平成16年)携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を発売。
▷2006年(平成18年)家庭用テレビゲーム機「Wii」を発売。
▷2011年(平成23年)携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を発売。
▷2017年(平成29年)家庭用テレビゲーム機「Nintendo Switch」を発売。

 

出典:Nintendo公式HP「会社の沿革」




おわりに

いかがでしたでしょうか。

それでは最後に、内容を簡単におさらいしましょう。

任天堂の創始者は「山内房治郎」で、1889年に「任天堂骨牌(カルタ)」として花札の製造・販売を始めた。
「骨牌税法」の影響で同業者が倒れていくなか、トランプ製造タバコ流通網を利用して大きく市場を拡大した。
「流通網を重視する」「高いデザイン意識をもつ」「創造的に新しいものを生み出す」という考え方に任天堂の企業哲学が垣間見える。
「株式会社任天堂」に社名変更後、ファミコン・Switchなどヒット作を次々に世に生み出した。

小さな花札屋からはじまった「任天堂」がここまで大きく成長できたのは、「人を楽しませたい、他にないものを作りたい」という、「娯楽」を追求し続ける企業としての「熱い想い」が根源にあったからです。

時代が移り変わり、現代になってもなお「Nintendo Switch」や「どうぶつの森」などヒット商品を出し続けている「任天堂」は、これからもゲーム業界をリードする存在となり続けることでしょう。

 最後までお読みいただき
 ありがとうございました 

▼花札の歴史や絵柄の意味・由来などの雑学をもっと知りたい方はこちら▼
花札の歴史|日本の伝統的「かるた」の繁栄と衰退の足あと
花札の絵柄の意味と由来 |札の名前からみる日本の風物詩

タイトルとURLをコピーしました