【花札6月②】蝶(チョウ)が舞い寄るトリビアの花|伝統和柄「蝶文様」と完全変態

色彩あふれる花札のイメージ写真花札

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

花札6月札で牡丹(ぼたん)の花のそばをひらひらと舞っている「チョウ(蝶)」

花札6月札/左から順に「牡丹に蝶」「牡丹に青短」「牡丹のカス」「牡丹のカス」
(左から順に「牡丹に蝶」「牡丹に青短」「牡丹のカス」「牡丹のカス」)

童謡の「ちょうちょ」のモチーフにもなっている、日本人にとって馴染み深い「チョウ(蝶)」は、極楽浄土に魂を運んでくれる神聖な生き物で、その姿の美しさから、着物の柄などにも取り入れられています。

記事では、以下のことをまとめています。

チョウにまつわる雑学・トリビア

チョウの表記名の由来・語源

日本の伝統的図柄である「蝶文様」について

昆虫の形態的変化「完全変態」「不完全変態」の解説

「チョウ(蝶)」が見せる知識の花に舞い寄って、学びの蜜を汲み取りましょう。

※蝶と一緒に描かれている植物の「牡丹(ぼたん)」については別記事でまとめています(下記事参照)。




チョウの雑学・トリビア

純白の花にとまる優美なアゲハチョウ(揚羽蝶)

世界一大きなチョウは?

世界一のチョウは、羽根を広げると20cmにもなる「アレクサンドラトリバネアゲハ」のメスです。パプア・ニューギニアのみに生息する絶滅危惧種で、エメラルド色の美しい羽根を持っています。

世界一小さなチョウは?

体長が1.2cmしかない「コビトシジミ」が世界最小の「チョウ」です。北アメリカが主な生息地で、ハワイやサウジアラビア、アラブ地域で見ることができます。

ひらひらと飛ぶのはなぜ?

飛ぶスピードが遅く、鳥などの天敵に襲われやすいので、「ひらひら」と不規則な動きをして天敵から身をかわしていると考えられています。

とまっているチョウはどうして羽を広げているの?

昆虫であるチョウは「変温動物」なので、体が温かくならないと飛ぶことができません。そのため、羽を広げて太陽光を浴び、体温を上げているのです。

「チョウ(蝶)」と「ガ(蛾)」の違いって何なの?

両者の違いを説明する前に、まず「チョウ」とは何かについて確認しておきましょう。

「チョウ」の定義は以下の通りです。

定義

「チョウ」とは、「鱗翅(りんし)目」の中の、アゲハチョウ・シロチョウ・シジミチョウ・タラハチョウ・セセリチョウ科に含まれる昆虫のこと

「チョウ(蝶)」「ガ(蛾)」はどちらもこの「鱗翅(りんし)目」に分類され、分類学上は同じ生き物になります。実際、2つを区別しているのは日本だけで、世界においては区別されていません。

一般的に、美しい姿をしているのが「チョウ」で、地味な色合いをしているのが「ガ」だという認識がありますが、地味な「チョウ」や美しい「ガ」がいたりと、例外も多くあります。

両者の生態・特徴的違いを以下に簡単にまとめましたので、区別する際の参考にしてください。

チョウ(蝶)・・昼行性。先端の膨らんだ細い棍棒状の触覚を持つ。細い体をしていて、派手で美しい外見のものが多い。羽を閉じてとまる習性がある。
ガ(蛾)  ・・夜行性。太い房状の触覚を持つ。太い体をしていて、外見が地味なものが多い。羽を広げてとまる習性がある。




チョウの名前の由来・語源

チョウ(蝶)の羽の拡大写真

一般的な「チョウ(蝶)」の呼び方・表記名をまとめると以下のようになります。

■学名:Lepidoptera
■漢名:
■旧和名:てふてふ
■英名:butterfly(バタフライ)
■西欧名:psyche(プシュケ)

では、それぞれの呼び方の由来について見ていきましょう。

学名「Lepidoptera」の由来

ギリシャ語の「lepis=鱗」「pteron=翼」がその語源で、「鱗」とは「チョウ」や「ガ」の「鱗粉(りんぷん)」(※1)のことを指します。なお、学名の「Lepidoptera」は「鱗翅目(りんしもく)」全般を表す言葉で、単に「チョウ」だけを示す場合は「Rhopalocera」になります。

(※1)鱗粉(りんぷん)・・「チョウ」や「ガ」の羽についている粉のこと。顕微鏡で見ると魚の鱗に似た形をしていることからこう呼ばれる。空気抵抗を大きくして飛ぶ力を増やす働きと、水をはじいて体温低下・窒息死を防ぐ役割がある。

漢名「蝶」の由来

漢字の右側の「葉っぱの草かんむりをとった部分」「薄くて平たい木の葉」を表していて、「チョウ」の羽(翅)を見た昔の人が、その形から枝先についた「薄い葉っぱ」を連想したことが由来になっています。

旧和名「てふてふ」の由来

旧日本語で「て」は「横」「ふ」は「飛ぶ」を意味し、「チョウ」が横向きに飛んでいる姿をそのまま言葉で表して「てふ」と呼んでいます。他にも、羽を広げた姿が、両手首を合わせて指を広げた形(手符=てふ)に見えたからなどの説があります。

英名「butterfly(バタフライ)」の由来

「butter」と「fly」の複合語である「butterfly」の由来には諸説あり、魔女がチョウの姿に変身してバターを盗みにやってくるからというものや、バターのような排泄物を出すからというもの、さらに、キチョウ・キアゲハなどの一部の「チョウ」が黄色いバター色をしているからなど、バラエティに富んでいます。

西欧名「psyche(プシュケ)」の由来

「psyche(プシュケ)」とは、ギリシャ神話に登場するアモルに愛された美少女の名前で、「霊魂(プシュケー)」を人格化した言葉でもあります。「魂・不死」を象徴するこの言葉は、英語の「psycho(サイコ)」の語源にもなっています。




蝶文様

「蝶文様(ちょうもんよう)」は、「吉祥文様(きっしょうもんよう)」(=縁起の良い動植物を描いた図柄)として、古くから着物や帯などの柄に用いられてきました。

その起源は奈良時代にまでさかのぼり、当時中国から日本に伝来した「蝶文様」は、平安時代中期に公家装束の「有職文様(ゆうそくもんよう)」(※2)に取り入れられ、その後、広く普及していくことになります。

(※2)有職文様・・平安時代以降に、公家・貴族の束帯(そくたい)や十二単(じゅうにひとえ)・調度品(ちょうどひん)などの装飾に用いられてきた優美な文様のこと。図案化されているため年間を通して着ることができ、現代でも「和風文様の基調」として広く使用されている。

「卵」▶「幼虫」▶「さなぎ」を経て、美しい「成虫」へと変容する「チョウ」は、古来より「復活・不死不滅」の象徴と考えられていて、死と隣り合わせの武士にとって「長生き」の意味合いを持つ「チョウ」は特別な存在でありました。そのため、「平家の旗印」にも用いられていて、有名なものとしては、平清盛の家紋「丸に揚羽蝶(あげはちょう)」があげられます。

▼丸に揚羽蝶▼

ちなみに「蝶文様」は、地域や時代によって「死霊」「黄泉の使い」といった不吉なモノに捉えられることもあり、ひと昔前までの結婚式では、「蝶文様」の着物・帯を身につけることがタブーとされていました。(※現在ではそういった風習は残っていません)

完全変態と不完全変態

枝の先を這うアゲハチョウの幼虫(青虫)

「チョウ」をはじめとした、ミツバチ・カブトムシ・ハエ・ガなどは、「卵」▶「幼虫」▶「サナギ」▶「成虫」と4つの段階を経て成長することが知られており、このような形態的変化のことを「完全変態」といいます。

一方、バッタやトンボ、セミなどの昆虫は、「卵」▶「幼虫」▶「成虫」と3段階で成長し、こちらは「不完全変態」と呼ばれています。

厳密な定義で言うと、「幼虫から成虫になるまでの過程に『サナギ』があるかないか」で両者は区別され、『サナギ』を経て成長するものを「完全変態」『サナギ』を経ないで成長するもの「不完全変態」と言いかえることができます。

「完全変態」をする昆虫には、成虫になったときに劇的に見た目が変わるという特徴があり、逆に、「不完全変態」をする昆虫には、大きな外見の変化は見られず、幼虫も成虫も同じような見た目をしています。(※セミ・トンボは例外的に見た目が変わります)

ちなみに、「不変態(無変態)」という、幼虫から成虫まで全くかたちを変えない昆虫(シミ・トビムシなど)も、中には存在します。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

では、最後に内容をおさらいしましょう。

「チョウ」と「ガ」は両方とも「鱗翅(りんし)目」に分類され、分類学上は同じ生き物である。ただし、昼夜行性・触覚の形状など生態・外見的特徴に相違点がある。

「蝶文様」は、平安貴族の「有職文様(ゆうそくもんよう)」「平家の旗印」に用いられてきた、由緒ある図柄である。

幼虫から成虫になるまでの過程で『サナギ』を経るものを「完全変態」、経ないものを「不完全変態」といい、「チョウ」は「完全変態」をする昆虫である。

今回紹介した「完全変態」と「不完全変態」は、中学校の理科で習う内容ですが、大半の人が忘れてしまっているのではないでしょうか。子どもにばかにされないためにも、学生時代に学んだことをもう一度復習しないといけませんね。

季節はようやく春。菜の花にとまるチョウが見られる時期になりました。

最近では、自然が少なくなったせいか、都会でその姿を見かけることが少なくなった気がします。私の子どもの頃は、家の外でたくさん目にしたものですが・・。

公園などで見かけたら、その優美な姿をじっくりと観察してみてください。もしかしたら、今までとは違った発見があるかも知れませんよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました