【2020年】秋の恋愛ドラマの名言・名セリフ集|「この恋あたためますか」など

机に広げられた分厚い本ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

樹木(森七菜)と拓実(中村倫也)の甘い恋愛が見られる「この恋あたためますか(通称:恋あた)」や、過去に傷を抱えた真人(林遣人)に桃子(有村架純)が恋をする「姉ちゃんの恋人」など、2020年秋クールのドラマには面白い作品が数多くありました。

特に「恋あた」は、森七菜の人気に火がつくきっかけになった話題のドラマで、4人の四角関係を描いた内容も非常に良かったと思います。

そんなドラマの名場面・名シーンを思い出せるように、以下の内容をまとめました。

紹介するドラマは「この恋あたためますか」「姉ちゃんの恋人」「35歳の少女」の3つ

各話ごとの名言・名セリフとドラマ内で登場する気になる用語の解説

それでは、ドラマの名言・セリフとともに内容を振り返ってみましょう。




TBS 火曜ドラマ「この恋あたためますか」

サンタの乗ったクリスマスケーキ

基本情報

『この恋あたためますか』
―― TBS系 火曜夜10時 2020年10月20日~12月22日まで放送

■公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/
■脚本:神森 万里江、青塚 美穂
■プロデュース:中井 芳彦、黎 景怡
■演出: 岡本 伸吾、坪井 敏雄、大内 舞子
■音楽 :木村 秀彬
■主題歌:「silent/SEKAI NO OWARI」(ユニバーサルミュージック)
⇨【公式MV】https://youtu.be/03Xa38nfhGw

登場人物

井上 樹木(森 七菜)・・ココエブリィ上目黒店でバイトをする元地下アイドル。拓実に見込まれて本社のスイーツ課の社員に。拓実のことが好き。

浅羽 拓実(中村 倫也)・・ネット通販「エクサゾン」から出向してココエブリィの代表取締役社長に。ココエブリィを立て直し、コンビニ業界の改革をねらう。

新谷 誠(仲野 太賀)・・ココエブリィのスイーツを開発する「Dolce Kitchen」のパティシエ。樹木に一目惚れする。拓実とは中学で同じ部活に所属。

北川 里保(石橋 静河)・・拓実の元彼女。樹木がスイーツ課に来たことをきっかけに、スイーツ開発のリーダーを任されることになる。

名言・名セリフ一覧

「頑張ることが大きな一歩となる人もいるんだよ。」(1話)

誠(仲野太賀)が拓実(中村倫也)に言ったセリフ。「頑張っている人」というのは、人生の再起をはかるためにスイーツ開発に必死に取り組む樹木(森七菜)のこと。

▶▶努力することに価値があるとする考え方は、努力よりも結果が大事だと考えるビジネス思考の拓実とはどこか対照的です。

関連記事:「この恋あたためますか」第1話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「信じるものがバカをみる。」(4話)

拓実の裏の策略(ココエブリィの買収計画)を知った神子専務(山本耕史)が、智子(市川実日子)に言ったセリフ。

ドラマでは、北欧の絵本「3匹のやぎのがらがらどん」の教訓として語られます。

▶▶絵本「やぎのがらがらどん」では、言うことを素直に聞きすぎたトロルが最後に八つ裂きにされてしまいます。

「ものづくりはいいな。」(4話)

社長という役職柄、会議やデータ分析・事業計画などに追われ、スイーツ開発部でお客と直につながれる仕事をしている樹木をうらやましく思ってもらした拓実の本音。

▶▶どんな職種においても、「現場の仕事」はやはり大事ですね。

関連記事:「この恋あたためますか」第4話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「最低なクズ野郎は俺です・・。」(5話)

樹木がキスされた相手が誠だとは知らず、里保(石橋静河)が誠の前で「その相手は最低なクズ野郎だ」とけなした時に返した誠のセリフ。

▶▶主役ではないものの、誠のキャラクターの良さはドラマ内でいい味を出しています。

関連記事:「この恋あたためますか」第5話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「自分だってPTAとか言ってたじゃない」

「SDGsじゃない?」(6話)

コンビニの廃棄品を持ち帰ることを拓実に注意されて樹木が言った言葉と、それへの拓実のツッコミ。

▶▶「SDGs(エスディージーズ)」は国連サミットで採択された国や企業が目指すべき持続可能な開発目標のことで、「PTA」でも「チーズ」でもありません。

「付き合うって、嬉しいこと楽しいこと倍に、苦しいこと悲しいこと半分に、そういんもんでしょ。」(6話)

心の全てを見せてくれない拓実に不安を覚える里保の言葉。

▶▶誠は「それは弱さを見せたくないという彼の見栄だ」と言いますが、里保は疑念を隠せません。

「気持ちってさ、動いてないと腐るよ。」(6話)

社長をクビになった拓実が「休暇がとれてよかった」と開き直ったことに対して樹木が言ったお咎めの言葉。

▶▶「○○だから」と自分を正当化してしまうのは、言ってしまえば「現実逃避」のようなもの。そうやって行動しなくなる危険性を、樹木は実体験として痛いほどよく分かっています。

関連記事:「この恋あたためますか」第6話のあらすじと感想(ネタバレあり)




「売れることは大事。でも、これをもっと誰がに食べてもらいたい、そう思う気持ちのほうがもっと大事なんじゃない?」(7話)

一岡が里保に言ったセリフ。

▶▶商品をいかに多く売るかという実利的なことより大切にしなければならないのは、それを食べる人のこと・消費者の気持ちを考えることで、何よりも大事なのは、それを売りたいという自分の熱い思いです。

関連記事:「この恋あたためますか」第7話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「どんな時でも甘いものが人を幸せにする。」(8話)

移動コンビニでスイーツが最も売れたと聞いて、一岡が神子に言ったセリフ。

▶▶このドラマの始まりからずっと語られている大きなテーマとも言える言葉です。コンビニスイーツの必要性やその可能性を強く示しているようにも感じます。

関連記事:「この恋あたためますか」第8話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「拓実って心のドアがオープンじゃないじゃない。回転ドアのように入るのが難しい。でも、樹木ちゃんはそのドアを通り抜けられる。」(9話)

拓実自身が気づいていない樹木への秘めた想いを見抜く、里保の鋭い言葉。

▶▶本音や弱みを自分に少しも見せてくれない拓実への素直な想いが込められているように感じました。

「ちゃんと選んで欲しい。一点のくもりもなく自分のことを。」(9話)

樹木に「迷うことなく自分だけを見て欲しい」と願う、誠の「真っ直ぐさ」と「誠実さ」がにじみ出る言葉。

▶▶今までの選んでもらう立場から選ぶ立場になり、樹木はひどく思い悩みます。

「あったよ、君と一緒にいて良かったこと。あったよ、たくさん。

シュークリームが完成したことも、ものづくりの楽しさも、バイトして気づいたこともたくさんあるし、移動販売車だって今度からは・・いや、そんなことを言いに来たんじゃない。

要は仕事の話をしに来たんじゃなくて、だからその・・、きみと一緒にいるといらつくし、疲れるし、全然自分のペースで進まないし、趣味も好みも価値観もまったく噛み合わない。

だけど楽しい、君がそばいると。

会社で会っているときはわからなかった。でもいなくなってはじめて気づいた。

俺には君が必要だ。」(9話)

クライマックスでの拓実の衝撃のプロポーズシーン。

▶▶1話で彼が樹木を会社に誘うときに言った「俺には君が必要だ」というセリフが伏線的に使われ、さらに、過去のエピソードを想起させるような言葉も使われていて、今までドラマを視聴していた人にとっては2倍3倍感動的な場面でした。

関連記事:「この恋あたためますか」第9話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「樹木ちゃんの幸せがオレの幸せだから。」(最終話)

樹木に別れを告げられた誠の返事となるセリフ。

▶▶彼の強がりかも知れませんが、樹木が自分を責めないようにと気遣う優しさや、彼女の恋を応援する気持ちが内包されていて、別れを告げられた男としてはこれ以上ない言葉に思えました。

関連記事:「この恋あたためますか」最終話のあらすじと感想(ネタバレあり)




ドラマの気になる用語

チンアナゴ 

砂から顔をだす愛らしいチンアナゴ

ドラマ内で、拓実が樹木のことをこれに例えていました。

チンアナゴは体長30cmくらいで体は細長く、群れで生活します。名前の由来は、狆(チン)という犬に似ているから。外観が数字の「1」のように見えるので、11月11日は『チンアナゴの日』に認定されています。

愛嬌たっぷりの顔が可愛いらしいですね。

三匹のやぎのがらがらどん

草を食べるヤギ

ドラマで引用された北欧の絵本。

目の前のやぎを食べようとしたトロルが、相手に「待ってればもっと大きなやぎがくるよ」と言われ、それを信じて待っていると、屈強な大やぎに八つ裂きにされてしまうというちょっと怖い話。

物語の教訓は『信じるものはバカをみる』です。

ヨツユビハリネズミ

ケージに入った愛くるしいハリネズミ

ドラマで樹木が飼っていたハリネズミ(大福)の品種。

別名を「ピグミーヘッジホッグ」といいます。一般的なハリネズミは五本指ですが、この種は四本指(よつゆび)。

アップリン、パンプディング

ココエブリィで開発されたリンゴとカボチャの新作スイーツ。

拓実の社長解任でアップリンは開発中止。パンプディングも、開発方針そのものが変わってしまいます。

全集中

彼女とのデートのことを考えずに仕事に集中すること。

呼吸を整え精神を集中させる某アニメの『全集中』とは異なります。

さきいかタイプ 

マヨネーズをつけて食べるおつまみのさきイカ

噛めば噛むほどじわじわくる女性のタイプのことで、いい女じゃないけど気になっている拓実の相手(樹木)のことを指します。

短冊 

笹に飾り付けた願い事の短冊

七夕の日に織姫・彦星にお願いをするために飾るもの。

樹木がツリーに飾っていましたが、サンタやキリストは願いを叶えてくれません。

カタログ 

神子が一岡に贈ったクリスマスプレゼント。

プレゼントのことをやたらほのめかしていたので何かと思っていましたが、まさかのこの「オチ」。ムードや乙女心がわからないところが神子らしいです。




関西テレビ 火曜ドラマ「姉ちゃんの恋人」

本とペンと地球儀の置物

■ドラマ情報


―― 関西テレビ系 火曜夜9時 2020年10月27日~12月22日まで放送

公式サイト:https://www.ktv.jp/anekoi/

脚本:岡田 惠和

登場人物:安達 桃子(有村 架純)、吉岡 真人(林 遣都)、高田 悟志(藤木 直人)、市原 日南子(小池 栄子) ほか

主題歌:Mr.Children「Brand new planet」(トイズ・ファクトリー)

【公式MV】https://youtu.be/pczkqXFlwWc

名言・名セリフ一覧

「生き方や考え方は顔に出る。優しい人でいてください。」(3話)

桃子(有村 架純)が弟たち3人に贈った言葉。

▶▶ハンサムな弟たちの顔は、両親が遺してくれた大切なもの。そんな顔に、その人の人間性が思った以上に現れるようです。確かに、相手の顔をひと目見ただけで「自分には合わないな」と思うことがありますよね。

返事は「はい・わかりました・OK」の3つの中から選んでちょ。(3話)

桃子が真人(林 遣都)にメールで送ったデートの誘い文。

▶▶「NO」の選択肢がはじめから存在しない、いわゆる心理学でいうダブルバインド(二重拘束)です。桃子の抜け目のなさには感心してしまいます。

「起きてしまったことはしょうがない。大事なのはそのあとどう生きるかだから。」(4話)

両親を早くに亡くすという辛い過去をかかえながらも、弟たちと一緒に前向きに生きる桃子の気持ちが伝わるセリフ。

▶▶肝っ玉姉さんのポジティブシンキングには恐れ入ります。過去の傷害事件のことをひきずる真人に、この言葉はどう響いたでしょうか。

「いろいろいろいろいろいろいろいろあって今日は無理」。(4話)

みゆき(奈緒)が桃子に送った断りのメールで、実際は桃子の弟の和輝(高橋海人)と一緒の場所にいて、告白されテンパっている状況。

▶▶連続した文字を字面(じづら)で見るとちょっと笑えます。

「桃子。それもまた、恋だ。」(5話)

普段前向きな桃子が、真人のことでネガティブな発言をするようになったので、思わずみゆきがこう発言。

▶▶告白したけど思った返事が得られなかったからと、あれこれ悪い想像をするのは桃子らしくないですね。

「恋するとその人のオタクになる。」(5話)

悟志(藤木直人)と同じアルマーニのグッズばかり集める日南子(小池栄子)を見て、沙織(紺野まひる)が言った言葉。

▶▶同じ現象が桃子にも起こり、彼女のほうは真人が着ていたパリ・サンジェルマンの服を着るようになります。

「人は2種類の仲間がいると幸せ。」(6話)

日南子が桃子に言った言葉で、2種類の仲間とは

①つらいことを何でも相談にのってくれる人
②何も聞かずにバカやって一緒に笑ってくれる人

のこと。

▶▶ちなみに、日南子は「バカ担当」でみゆきは「相談役」だそうです。

「必要なんだよ。あんたには反対する人が。」(6話)

恋の相談を持ちかけてきた桃子に対してみゆきが言った言葉。

▶▶みゆきが桃子の恋を応援せずにこう言ったのは、自分のことを本当に思ってくれてる人(つまり親)ならきっと反対するだろうと考えたからです。両親がいない桃子にとって、自分に賛同せずに反対してくれるみゆきのような存在は、貴重で大切なものなのでしょう。

「世界って、世の中ってそんなに優しくないと思うんだ。残念なことに・・。」(7話)

真人と付き合えたことは嬉しいけれど、前科の人間と付き合うことによって生じる世の中の厳しい風評が怖いという、桃子の内心が見える言葉。

▶▶どうか、逆境に負けずに2人には幸せになってほしいですね。

「もし、あなたが姉を傷つけるなら、ぼくはあなたを許さない。」(7話)

とても厳しい言葉であるとともに、姉のことを大切に想う和輝の優しさと人間性が見える言葉。

▶▶「2人のことを応援したいけれど、姉が傷つくような姿は絶対に見たくない」という彼の強い思いが込もっているセリフでした。




ドラマの気になる用語

パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain)

桃子と真人が偶然にもペアルックで着ることになった服のブランド。

「パリ・サンジェルマン」はフランス(パリ)に本拠地を置くサッカークラブのことで、エンブレムの中央にはエッフェル塔が描かれています。

桃子が言うようなパン屋の名前ではありません。

がんもどき 

つぶした豆腐に人参・ごぼう・レンコンなどを混ぜて揚げた料理で、漢字では『雁擬き』と書きます。あっつあつのがんもを頬張るみゆきを、和輝はステキだと思ったみたいです。

衣食住兄弟

これからの日本の未来を担う、安達家の弟たちの進路のこと。

和輝:機能性【食】品の研究。

優輝:【住】宅デザインの仕事

朝輝:たぶん【衣】関係。




日本テレビ 土曜ドラマ「35歳の少女」

地面を這う亀の写真

■ドラマ情報


――日本テレビ系 土曜夜10時 2020年10月10日~12月12日まで放送
○公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/

脚本:遊川 和彦
(代表作:家政婦のミタ、過保護のカホコ、同期のサクラなど)

○登場人物時岡 望美(柴崎 コウ)、広瀬 結人(坂口 健太郎)、時岡 愛美(橋本 愛)、時岡 多恵(鈴木 保奈美)、今村 進次(田中 哲司) ほか

○主題歌:「三文小説/King Gnu」

【公式MV】https://youtu.be/Y8HeOA95UzQ

名言・名セリフ一覧

「話す言葉は聞こえるのに、心の声は聞こえない。」(4話)

結人(坂口健太郎)の本音を聞きたくて、電話越しに望美(柴咲コウ)が言ったセリフ。

▶▶「モモの物語」から引用しているところが興味深いです。

「本当は私がみんなの時間を盗んでたんだね。」(6話)

「自分が事故に遭ったせいで家族の大切な時間を奪い、関係までも壊してしまった」と嘆く望美の言葉。

▶▶こちらも、物語モモの「時間どろぼう」の言葉を引用をしています。事故で時間を奪われたのは自分であるのに、こう考える逆転の発想はどこか独創的です。

「私がついている。」――亀のカシオペア(6話)

家族の関係を壊してしまったことに苦悩する望美をなぐさめるために結人が引用した「モモの物語」のセリフ。

▶▶好きな相手にこう言われるとドキッとしますね。ちなみに、実際の物語では亀がしゃべるのではなく、甲羅に文字が浮き出ます。

望美『私って若奥様みたいじゃない?』
亀のデデ『35歳だから若奥様じゃないぞ。』
(7話)

結人とのラブラブ生活に浮かれた望美が、亀のぬいぐるみ(デデ)に言った言葉。

▶▶ぬいぐるみ(デデ)と会話する望美の姿が無邪気でかわいらしかったです。言ってしまえば「ひとりツッコミ」。

「この頃みんながオレの前でドアを閉めるんだ。それを開けたいのにどうしたらいいかわからないんだ。」(8話)

息子の達也(竜星涼)に続いて、妻の加奈(富田靖子)までもが引きこもってしまい、家族とどう向き合っていいかわからなくなってしまった進次(田中哲司)の苦悩の言葉。

結果進次は、自分の本心(本当は前の家族と寄りを戻したいという気持ち)をすべて加奈に打ち明け、そのことで彼女は引きこもるのをやめてくれることになります。

▶▶もしかしたら彼女が夫に腹を立てた本当の理由は、夫が前の家族を忘れてくれないということにあるのではなく、その事実をごまかし、はっきりと自分の気持ちを言わない彼の不断さにあったのかも知れません。

「人を不幸にするのは誰でもできる。でも、たくさんの人を幸せにできる人は少ししかいない。」(8話)

変貌して別人になってしまった望美に対して、母親の多恵(鈴木保奈美)が言ったセリフ。

▶▶人をおとしめること、人を傷つけること、そういった人を不幸にする行為は、誰かを幸せにする行為に比べたらはるかに容易くできてしまいます。だからこそ、世の中から差別や暴力がなくならず、誰もが幸せになれるような理想的な社会が実現しないのでしょう。そういった理想を叶える稀有な存在として望美があり、「彼女にそうあって欲しい」と願う母親の強い想いが、この言葉に込められているように感じました。




ドラマの気になる用語

とんぼ

枝に止まる赤とんぼ

目覚めない望美の看病に諦めかけていた母親(鈴木保奈美)が、偶然止まったトンボを見て前に進む勇気をもらうことになります。

ちなみにトンボは、前にしか進まないことから「勝利の象徴」だと言われています。

キリンの睡眠時間は20分

ものうげな動物園のキリン

寝なくても大丈夫なことを証明するために望美が例えたキリンの雑学。

草食動物の睡眠が短いのは、食事(草の消化)に時間がかかるのと、天敵を常に警戒しなければならないという理由からです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました