【食べ物編】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

机に広げられた分厚い本難読漢字・旧国名

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

毎日の食事やお菓子など、普段何かと目にすることが多い『食べ物』。

その中には、読み方の難しい漢字(難読漢字)が数多く存在し、それら難読漢字は、漢字検定やクイズ番組などにもよく出題されています。

以下の食べ物の難読漢字、皆さんはいくつ読めますか?

食べ物の難読漢字

正解の読み方も含め、記事では以下のことをまとめています。

食べ物の写真と簡単な説明
漢字表記と読み方の由来・語源

『食べ物の難読漢字』の由来や背景を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。




焼売(シュウマイ)

中華の王道、焼売

豚ひき肉と玉ねぎ・調味料を混ぜ、小麦のうす皮で包んで蒸し上げた料理の「焼売(シュウマイ)」

かつての中国に、病害の影響で真っ黒になった麦の穂を伝染予防のために焼くという風習があり、その「焼かれた麦」に見た目が似ていたことから「焼麦」の名が付けられ、後にそれが「焼売」へ変化したと言われています。

■読み「シュウマイ」の由来・語源


北京語での「焼売」の発音が「シャオマイ」で、それが転じて「シュウマイ」になったと考えられています。

棒々鶏(バンバンジー)

ソースがそそる棒々鶏サラダ

「棒々鶏(バンバンジー)」とは、蒸し鶏に「芝麻醤(※1)」と呼ばれるごまソースをかけた四川(しせん)料理のことで、日本では辛みを調整したソースをかけるのが一般的です。

(※1)芝麻醤(チーマージャン)・・炒ったゴマを細かくすりつぶし、そこに植物油を加えてペースト状にしたもの。香りが良く、中華料理における代表的な調味料となっている。

鶏肉は、蒸すと水分が抜けてかたくなる性質があり、これを防ぐために棒で叩いて柔らかくしたことにちなんで「棒々鶏」と呼ばれています。

天麩羅(てんぷら)

揚げたて天ぷら盛り合わせ

「天麩羅(てんぷら)」は、魚介類や野菜等の食材に水溶き小麦粉の衣をつけ、油で揚げて調理したもので、和食に欠かせない存在です。

「てんぷら」という読みは、「油を使用して固くする」という意味のポルトガル語「temperar」を語源にしていて、後に(=天竺)(=小麦粉)(=うすい衣)」の漢字が当てられることになりました。ちなみに、漢字をそのまま和訳すると、「天竺から来た浪人が売る小麦粉の薄衣」という意味になります。

米粉(ビーフン)

春雨のような外見のビーフン

中国や台湾で食べられる、うるち米を原料にした「ライスヌードル」の一種である「米粉(ビーフン)」

東アジアの華中以南の地域は小麦の生産が少なく、その代替品として日常的にビーフンが食されていました。

日本ではそうめんのような細長い形状のものが使われていて、ビーフンと言えば味付きの「インスタント焼きビーフン」のことを指します。

■読み「ビーフン」の由来・語源


中国福建省の言葉であるミンナン語および台湾語の「ビーフン(bi-hún)」が語源だと言われています。




饂飩(うどん)

冷やしざるうどん

ラーメンやそばと並ぶ麺類の定番である「うどん」は、奈良時代に中国から伝わったお菓子の「唐菓子(とうがし)」をルーツにしています。

「唐菓子」は、小麦粉の団子に餡(あん)を入れて煮たもので、形が不安定だったことから「混沌(こんとん)」と呼ばれていました。この漢字の「さんずい」が後に「食へん」へと変わり、現在の「饂飩」になったと考えられています。

■読み「うどん」の由来・語源


「饂飩」は、温かいスープに入れられることにちなんで「温飩」と表記されることあがり、その読みである「おんどん」「うんどん」「うどん」へと変化したと言われています。

善哉(ぜんざい)

お椀に入ったぜんざい

「善哉(ぜんざい)」は、豆(小豆など)を砂糖で甘く煮た食べ物で、一般的に関西では「つぶしあんの汁粉」、関東では「白玉餅に濃いあんをかけたもの」を指します。

「善哉」はサンスクリット語で「善き哉(よきかな)」を意味し、初めてこれを食べた僧侶が、美味しさのあまり「よきかな!」と叫んだことが名前の由来とされています。他にも、出雲の「神在祭」で振る舞われた神在餅(じんざいもち)が訛って「ぜんざい」になったという説もあります。

御新香(おしんこう)

ご飯のお供のお新香

「御新香(おしんこう)」「漬物」は広義では同じ意味の言葉ですが、厳密に言うと、漬物の中で浅く漬けたもののことを「御新香」と言います。なお、「漬物」を上品な言葉に言い換えて「御新香・香の物(こうのもの)・香香(こうこう)」と呼ぶ場合もあります。

「御新香」「漬かりの浅い(=新しい)香の物」という意味で、「香の物」平安時代の貴族の遊びを由来にしています。

当時、香を焚いてその種類を当てる遊びが貴族の間で流行り、これを「聞香(もんこう)・香合わせ(こうあわせ)」と呼んでいました。

この遊びは、何度も繰り返しているうちに香りの違いが分からなくなり、その鈍ってしまった鼻をリセットするために使われていたのが漬物でした。

このことを由来にして「漬物」「香の物」と呼ばれるようになったと考えられています。

栗金団(くりきんとん)

おせちに入った栗きんとん

栗の甘露煮をさつもいもで作られた餡(あん)で和えて作る、ねっとりした粘りと甘みが特徴の「栗きんとん」

漢字表記の「栗金団」の「金団」は「金色の団子・金色の布団」という意味で、「栗」と「さつもいも」のキレイな黄色を「黄金」に見立てたものです。

昔から「金色」のものは金塊や小判にたとえられることが多く、金運上昇の願いを叶える縁起物としておせち料理で食されてきました。




御強(おこわ)

炊き込みおこわ

「御強(おこわ)」とは、もち米を蒸してできたご飯のことです。

かつての日本人が日常的に食べていたのは、弱飯(ひめいい)と呼ばれる柔らかいご飯で、お祝いの時やハレの日には特別に、もち米を使った固いご飯(=強飯【こわいい】が食されていました。この「強飯」を表す女房言葉(※2)「おこわ」で、「御強」という漢字はこれを語源にしています。

(※2)女房言葉(にょうぼうことば)・・宮中に仕えていた女房たちが使用していた隠語(=特定の仲間の間だけに通じる造語)のこと。始まりは室町時代で、江戸時代には将軍に仕える女たちが使用。現代においても世間一般に広く用いられている。おから、きな粉、おかず、しゃもじなど。

摘入(つみれ)

すり身で作ったつみれ

「つみれ」は「魚のすり身」で「つくね」は「鶏肉や豚ひき肉」のことだと思っている人が多いみたいですが、実は両者の違いは材料とまったく関係ありません。

「つみれ」は「摘み取って入れる」という意味の「摘み入れ」を語源にしていて、「つくね」は「こねて丸める」という意味の「捏(つく)ねる」が語源になります。

つまり、材料を混ぜて生地をつくり、手やスプーンで一口大に摘み取って鍋に入れたもの「つみれ」生地を丸めて団子状にしたもの「つくね」と呼んでいるわけです。

鶏肉であっても、摘み入れるのであれば「つみれ」になりますので、間違えないようにしてください。

蒲鉾(かまぼこ)

カットされた紅白かまぼこ

魚肉のすり身を成形して加熱した、練り製品の総称である「蒲鉾(かまぼこ)」は、板つきのものや紅白かまぼこなど、様々な種類のものが販売されています。

「かまぼこ」の形はかつては「ちくわ型」で、植物の蒲(がま)の穂(=鉾のような形状)に似ていたことから、蒲の鉾▶かまぼこと呼ばれるようになったと言われています。

半片(はんぺん)

三角のはんぺん

「半片(はんぺん)」は、魚肉のすり身に山芋などの材料を混ぜて作った「茹でかまぼこ」のことで、「半平」と表記する場合もあります。

名前の由来には、駿河(静岡県)の料理人・半平(はんぺい)がこの料理を考案したことにちなむというものや、お椀のふたにすり身を詰めて作ったものの形が半月型(=半平)であったことによるなど、諸説あります。




乾酪(チーズ)

ハープとカマンベールチーズ

ピザやグラタン、ケーキなど様々な食べ物に使われる乳製品の「チーズ」は、漢字で「乾酪(かんらく)」と表記します。

「乾酪」「乾」「乾燥した」という意味で、「酪」「牛やヤギの乳から精練したねばりのある飲み物」のことを指します。

「チーズ」は、製造の過程で生乳の水分を抜いて栄養分を濃縮させるので、そこから(=水分を抜く)(=生乳)」の漢字が当てられたと言われています。

■読み「チーズ」の由来・語源


「チーズ(cheese)」という言葉はラテン語の「cāseus」に起源を発し、それがドイツ語の「Käse」、オランダ語の「kaas」へと派生して、英語の「cheese」になったと考えられています。

御手洗団子(みたらしだんご)

お茶に添えられた和菓子の定番、みたらし団子

串団子を砂糖醤油だれでからめて食べる、和菓子の「御手洗団子(みたらしだんご)」

その発祥は、御手洗(みたらし)川の近くにある京都の下鴨神社にあります。

――ある時、後醍醐天皇が、下鴨神社の御手洗(みたらし)池の水をすくったところ、まず泡が一つ浮かび、しばらくして4つの泡が浮かび上がりました。

この説話に見立てて、串の先端に一つ、あいだを空けて4つの団子を刺して作ったもの「みたらし団子」のルーツだと言われています。

ちなみに、5つの団子「五体満足」を表していて、厄除けの意味もあるそうです。

その後、江戸時代に5つ刺して「5銭」で売られていたものが、4文銭の登場で一つ外して「4銭」で売られるようになり、その名残で現代では「4個刺し」と「5個刺し」の2種類のみたらし団子が混ざって存在しているのです。

銅鑼焼き(どら焼き)

お茶とどら焼きで休憩

ドラえもんの大好物で、和菓子の代表格でもある「どら焼き」

いつどこで発祥したかは分かっていませんが、現在の2枚の生地にあんこをはさんだ形になったのは、大正時代からと言われています。

漢字表記の「銅鑼焼き」の語源については、以下の説があります。

●金属打楽器の銅鑼の形状によく似ているから
●かつて、鉄板の代わりに熱した銅鑼を使って生地を焼いていたから

ちなみに「どら焼き」には「三笠(みかさ)」という異名があり、これは、ふっくら焼けた生地に似た形をした奈良県の「三笠山」にちなんだものです。




煎餅(せんべい)

パリパリの醤油せんべい

小麦粉や米粉などを練り、薄く伸ばして鉄板で焼き上げた米菓「煎餅(せんべい)」の語源は次の説話にあります。

――日光街道の宿場町の草加宿(そうかやど)で団子を販売していた老婆「おせん」。ある日、売れ残った団子を川に捨てようとしたら、通りかかった侍に「その団子を平らにして焼いて売ったらどうだ?」と話しかけられます。

 

その後、老婆は言われた通りに「つぶした団子」を販売。それが「煎餅」の原型となり、老婆の名前「おせん」にちなんで「せんべい」と名付けられるようになったのです。

雪花菜(おから)

豆腐から取れたおから(雪花菜)

クッキーやケーキなど様々な料理で利用されているヘルシー食材「おから」の漢字表記は「雪花菜」で、これは中国での呼び名「名雪花(シュエホワ)」に由来するものです。

「おから」は、豆腐を作る際に出る搾りかす(=大豆の殻)の残りであることから、「殻(から)」に丁寧語の「御()」をつけて「おから」と呼ばれるようになったと言われています。

他にも「おから」には、「卯の花」「きらず」といった異称があり、それぞれの由来は以下の通りです。

●卯の花・・おからの「から」が「空っぽ」につながって縁起が悪いことから、おからによく似たウツギの花から名を取ってこう呼んでいる。
●きらず・・調理時に包丁で切る必要がないこと(=切らず)にちなんだもの。

山葵(わさび)

ざるの上のわさび(山葵)

刺身や寿司に欠かせない香辛薬草の「わさび」の漢字表記は「山葵」で、これはの清流に自生し、心臓形の葉がに似ているその特徴にちなんだものです。

なお、読みの「わさび」は、鼻にツンとくる特徴を表現した「悪障疼(=るい・わる・びく)」の頭文字をとったものになります。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

一般的な漢字の勉強法では、一問一答で丸暗記することが多いですが、そうやって覚えたものは長く記憶に保持できないと言われています。

なので、多少時間がかかっても、漢字の由来・語源をきちんと調べて、記憶の定着率を高められるよう工夫したいところです。

今回ご紹介した「食べ物編」以外にも、いくつか記事を投稿しています。下記に関連リンクを貼っておきましたので、興味のある方は合わせてご拝読ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました