語源・由来から見る「食べ物の難読漢字」一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

机に広げられた分厚い本難読漢字

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

普段、目にすることが多い食べ物の漢字。

その中には、何と読むか分からない難読漢字も存在します。

以下の9つの漢字、皆さんはいくつ読めますか?

正解の読み方も含め、本記事では以下のことをまとめています。

各食べ物の写真と簡単な説明
漢字表記/ひらがな表記/カタカナ表記の由来

『難読漢字』の由来や背景を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。




焼売(シュウマイ)

中華の王道、焼売

豚ひき肉と玉ねぎ・調味料を混ぜ、小麦のうす皮で包んで蒸し上げた料理「焼売(シュウマイ)」

かつての中国では、病害の影響で真っ黒になった麦の穂を、伝染予防のために焼くという風習があり、その焼かれた麦にかたちが似ていることから「焼麦」の名がつき、それが後に「焼売」と呼ばれるようになったと言われています。

■カタカナ表記「シュウマイ」の由来


北京語での焼売の発音が「シャオマイ」で、それが転じて「シュウマイ」になったという説が有力です。

棒々鶏(バンバンジー)

ソースがそそる棒々鶏サラダ

「棒々鶏(バンバンジー)」とは、蒸し鶏に「芝麻醤(チーマージャン)」と呼ばれるごまソースをかけた四川料理のことで、日本では辛みを調整したソースをかけるのが一般的です。

鶏肉は、蒸すと水分が抜けてかたくなる性質があり、これを防ぐために棒で叩いて柔らかくしたことから、「棒々鶏」と呼ばれるようになりました。

■気になるワード『芝麻醤(チーマージャン)』


炒ったゴマを細かくすりつぶし、そこに植物油を加えてペースト状にしたもの。香りが良く、中華料理における代表的な調味料となっている。

米粉(ビーフン)

春雨のような外見のビーフン

中国や台湾で食べられる、うるち米を原料にした「ライスヌードル」の一種である「米粉(ビーフン)」

東アジアの華中以南の地域では小麦の生産が少なく、その代替品として日常的にビーフンがよく食されています。

ちなみに、日本ではそうめんのような細長い形状のものが使われていて、ビーフンと言えば、味付きの「インスタント焼きビーフン」が一般的です。

■カタカナ表記「ビーフン」の由来


中国福建省の言葉であるミンナン語および台湾語の「ビーフン(bi-hún)」が語源とされています。

 八十八を組み合わすと

 「米」なので、8/18は

 ビーフンの日なんだって。




御手洗団子(みたらしだんご)

お茶に添えられた和菓子の定番、みたらし団子

串団子を砂糖醤油だれでからめて食べる、和菓子の「みたらし団子」

その発祥は、御手洗(みたらし)川の近くにある京都の下鴨神社にあります。

――ある時、後醍醐天皇が、下鴨神社の御手洗(みたらし)池の水をすくったところ、まず泡が一つ浮かび、しばらくして4つの泡が浮かび上がりました。

このことに見立てて、串の先端に一つ、あいだを空けて4つの団子を刺して作ったものが、「みたらし団子」の起源と言われています。

ちなみに、団子の数(5つ)は「五体満足」をあらわしていて、厄除けの意味もあったそうです。

その後、江戸時代後期に、5つ刺さって「5銭」で売られていたものが、4文銭の登場で、一つ外して「4銭」で売られるようになり、その名残からか、現代では「4個刺し」と「5個刺し」の2種類のみたらし団子が存在しています。

摘入(つみれ)

すり身で作ったつみれ

「つみれ」は魚のすり身「つくね」は鶏肉や豚ひき肉のことだと思っている人も多いかも知れませんが、実は両者の違いは材料になく、調理法にあります。

「つみれ」とは、「摘み取って入れる」という意味の「摘み入れ」が語源で、「つくね」は「こねて丸める」という意味の「捏(つく)ねる」が語源です。

つまり、材料を混ぜて生地をつくり、手やスプーンで一口大に摘み取って鍋に入れたものを「つみれ」生地を丸めて団子状にしたものを「つくね」と呼ぶわけです。

鶏肉であっても、摘み入れるのであれば、それは「つみれ」になりますので、混同しないようにしてください。

甘蕉、実芭蕉(バナナ)

テーブルに置かれた黄色のバナナ

バショウ科バショウ属の植物のうちで、果実を食用にできるものの総称である「バナナ」

漢字では「甘蕉」と表記し、同じバショウ科バショウ属の植物で果実を食用にできない「芭蕉」とよく似ていることから、別名「実芭蕉」とも呼ばれています。

■カタカナ表記「バナナ」の由来


バナナの房が手を広げたようなかたちをしていることから、「指先」という意味のアラビア語「banan」と、「指」という意味の南アフリカ語「banema」が語源になっています。




鳳梨(パイナップル)

甘酸っぱい南国フルーツ、パイナップル

アナナス科の多年草で、トロピカルフルーツの王者である「パイナップル」

漢字表記の「鳳梨(ほうり)」は、葉の形が、中国の伝説の瑞鳥である「鳳凰」の尾羽に似ていることからついたと言われています。

また、英語で表記すると「pineapple」となり、これは、形状が松ぼっくり(pine)に似ていて、その味がりんご(aplple)のようであることが由来になっています。

牛蒡(ごぼう)

土がついたごぼう

独特の香りと歯ごたえが特徴的な根菜「牛蒡(ごぼう)」

漢字表記の「牛蒡」ですが、中国の四字熟語の「鶏口牛後」(=大きな組織の末端にいるよりは、小さな組織のトップであれ)にあるように、「牛」には大きいという意味合いがあります。

また、「蒡」は中国においてワラビに似た草のことをさします。

「ごぼう」は、この「蒡」よりも大きい植物なので、【蒡】より大きい【牛】という意味で、「牛蒡」と表記されるようになったわけです。

 ごぼうには

 同じキク科の「アザミ」

 のような花が咲くよ。

無花果(いちじく)

実の熟したいちじく

つぶつぶの食感と独特の甘みが特徴のフルーツ「いちじく」

漢字の通り、花の無い果実=花が咲かない植物なのかと思いきや、実はちゃんと花を咲かせます。

花が咲くのは果実の中で、中身を割らないと確認することはできません。つまり、外からは花を見ることができ無い果実なので「無花果」と呼ばれているわけです。

ちなみに「いちじく」は、別表記で「映日果」と書くこともあります。

これは、原産国のイラン(ペルシャ)で「アンジール(anjir)」と呼ばれていた「いちじく」が、中国に伝えらたときに「映日果」と記載されたことに由来します。

■ひらがな表記「いちじく」の由来


以下の3つの説が有力だと言われています。
一日に一個ずつ熟すのことから「いちじゅく」と呼ばれるようになり、それが「いちじく」になった説。
●映日果の音読みである「えいじつか」がなまった説。
●映日果の中国読みである「インジクォ」が変化した説。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

一般的な漢字の勉強法では、一問一答で丸暗記することが多いですが、そうやって覚えたものは長く記憶保持できないと言われています。

なので、多少時間がかかっても、その漢字があてられた由来・背景をきちんと調べて、記憶の定着率を高められるよう工夫して勉強したいところです。

ちなみに、今回の「食べ物編」以外に、「動物編」や「植物編」の記事も投稿しています。興味のある方は合わせてご拝読ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました