【野菜・果物編】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

机に広げられた分厚い本難読漢字・旧国名

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

スーパーや八百屋で見かける、色とりどりの野菜・果物。

野菜や果物には、難読漢字と呼ばれる難しい読みをしたものが数多くあり、それら難読漢字は、漢字検定やクイズ番組にもよく出題されています。

以下の野菜・果物に関する難読漢字、皆さんはいくつ答えられますか。

野菜・果物の難読漢字 一覧

正解の読み方を含め、記事では以下のことをまとめています。

野菜・果物の写真と簡単な説明
漢字表記の読みと由来

野菜・果物にまつわる雑学

『野菜・果物の難読漢字』の由来や背景を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。




独活(ウド)

ウド(独活)の天ぷら

シャリシャリとした食感と独特の香りが特徴の春野菜「ウド」は、成長すると2m以上になる大型の草本植物で、風が吹かなくても自ら揺れて動くように見えることから、一人で(=独)動く(=活の意味で、「独活」の漢字が当てられています。

「ウド」の由来・語源


読みの「ウド」は、土の中(ウヅ【埋】・ト【処】)の芽を食用にしていることにちなんだものです。

■豆知識①『ウドの大木(たいぼく)』


育ちすぎたウドは食べることができず、茎が柔らかくて材木としても役立たないことから、「図体ばかり大きくて役に立たない人」とのことを「ウドの大木」と言います。

青梗菜(チンゲン菜)

青々とした青梗菜(チンゲン菜)

シャキシャキとした歯ざわりが特徴の、中華料理に欠かせない食材「チンゲン菜」の漢字表記「青梗菜」は、チンゲン菜の見た目を表したもので、「青」は「緑色」「梗」は「堅い茎」「菜」は「野菜」を意味します。

「チンゲン菜」はもともとは日本に存在しなかった野菜で、栽培されるようになったのは1970年の日中国交正常化以降のことです。ちなみに、茎が白い品種は「白菜(パクチョイ)」と呼ばれています。

「チンゲンサイ」の由来・語源


読みの「チンゲンサイ」は、「青梗菜」の中国読み「チンゴンツァイ」に由来するものです。

菠薐草(ほうれん草)

ザルの上のほうれん草(菠薐草)

ビタミンとミネラルが豊富な、緑黄色野菜の代表格「ほうれん草」の漢字表記「菠薐草」は、原産地ネパール(ペルシャ)の中国表記「菠薐」を語源にしていて、「菠薐」の中国音「ホリン/ポーリン」が日本に伝わった際に変化して「ほうれん」になったと言われています。

■豆知識②『ポパイがほうれん草を好きな理由』


アメリカのアニメヒーロー「ポパイ」の大好物が「ほうれん草」(※正確には缶詰め)であることは有名ですが、その理由を皆さんは知っていますか?

 

実は当時のアメリカでは「ほうれん草」が嫌いな子どもが多く、「栄養豊富なほうれん草を何とか食べさせたい」という保護者の声が多数上がっていました。そこで、話を聞いた米国ベジタリアン協会が中心になって働きかけを行い、ポパイに美味しそうに「ほうれん草」を食べさせて、子どもたちにそれを真似してもらおうと考えたのです。




牛蒡(ごぼう)

土付きごぼう(牛蒡)

独特の香りと歯ごたえが特徴の根菜「ごぼう」

四字熟語の「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」(=大きな組織の末端にいるよりは、小さな組織のトップであれ)で示されるように、中国では草本の大きなもの「牛」と表記していました。

「ごぼう」はキク科の「蒡」に似た植物にあたり、その「蒡」よりも大きい(=牛)植物であったことにちなんで「牛蒡」の漢字が当てられたと言われています。

「ごぼう」の由来・語源


読みの「ごぼう」は、漢字表記の「牛(ご)蒡(ぼう)」をそのまま読んだものです。

■豆知識③『「きんぴらごぼう」の名前の由来』


ごぼうを細切りにして、醤油・砂糖・酒などで味付けし、唐辛子で辛味をつけた「きんぴらごぼう」。その風変わりな名前は、江戸時代に流行した人形浄瑠璃(=金平浄瑠璃)の主人公・坂田金平(さかたきんぴら)の強さを、固くて辛い料理の特徴になぞらえたものとされています。

甘藍(キャベツ)

まな板の上のキャベツ(甘藍)

炒めたり煮たり生で食べたりと、どんな調理の仕方でも美味しく食べられる万能野菜の「キャベツ」は、漢字で「甘藍(かんらん)」と表記し、「甘藍」は中国において「葉牡丹(はぼたん)」の古称を意味します。

江戸時代にオランダから日本に伝わった当時のキャベツは観賞用で、現在のように丸形ではありませんでした。その時の見た目が「葉牡丹」によく似ていて、そこから「甘藍」の漢字が当てられたと言われています。

「キャベツ」の由来・語源


「キャベツ」の読みは、英語の「cabbage(キャベッジ)」を由来にしていて、「cabbage」の語源はラテン語で「頭」を意味する「caput」にあります。

胡瓜(きゅうり)

きゅうり(胡瓜)の乱切り

生でそのまま食べる他、漬物や酢の物にしても美味しい「きゅうり」

中国の西方地域にあった少数民族の国がかつては「胡」と呼ばれていて、その「胡」で採れた瓜であったことにちなんで「胡瓜」の漢字が当てられています。

「キュウリ」の由来・語源


「胡瓜」は中国読みで「クークワ」と発音し、日本に伝わった際に発音しにくい「クワ」の音が「ウリ」に読み変えられた結果、クーウリ▶キュウリになったと言われています。

■豆知識④『きゅうりは世界一栄養が少ない!?』


「きゅうり」は、95%以上が水分でできていて、含まれる栄養分が微量であることから、世界一栄養の少ない(正確には最もカロリーが低い)野菜としてギネス認定されています。ちなみに、世界一栄養のある食品としてギネス認定されているのは、森のバターの異名がある「アボカド」です。




蒟蒻(こんにゃく)

こんにゃく(蒟蒻)の田楽

「こんにゃく」は、こんにゃく芋をすりつぶしたもの、もしくは、こんにゃく精粉(=こんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたもの)を水に溶かし、凝固剤を加えて固めたもののことを指し、白と黒の2種類があります。

「こんにゃく芋」は湿気・日照り・病気に弱く、その特徴にちなんで外部環境に弱いことを示す「蒻」と、根野菜を表す「蒟」の漢字が当てられました。

「こんにゃく」の由来・語源


読みの「こんにゃく」は、中国語の呉音(※1)「コニャク」に由来するものです。

(※1)呉音(ごおん)・・六朝(りくちょう)時代の中国「呉」地方の音。仏教語に多く用いられている。

■豆知識⑤『白と黒のこんにゃく』


こんにゃくの皮を取り除いてできる「白いこんにゃく」は、売り出した当初はその見た目で敬遠され、まったく売れませんでした。そこで、ひじきなどの海藻粉末を混ぜ、昔のこんにゃくの色にわざと似せるようにしたそうです。その名残から、現在では白と黒の2種類のこんにゃくが販売されています。

大角豆(ささげ)

びっしり敷かれたささげ(大角豆)の粒

「小豆(あずき)」によく似た色をした「ささげ」は、「小豆」とは別の植物で、若さやの部分を炒めたり、乾燥させた中の豆を赤飯として炊いたりします。

漢字表記の「大角豆」は、端の部分が四角い形状をしていることにちなんだもので、和名の「ささげ」は、畑になっている時のさやのつき方が手に持ったものを捧げる形に似ていることに由来する(=「捧げる」▶「ささげ」)というものや、「細い牙のような形」を意味する「細々牙(さいさいげ)」が転じたなど、諸説あります。

■豆知識⑥『赤飯に「ささげ」を入れる理由』


赤飯には「小豆」を入れるのが一般的ですが、関東では「小豆」の代わりに「ささげ」が使われています。これは、煮ると割れてしまう「小豆」が切腹を連想させ、武士たちに敬遠されていたという歴史があるからです。

木耳(きくらげ)

コリコリとしたきくらげ(木耳)

コリコリした食感の「きくらげ」の漢字表記「木耳」は、形が人間の耳に似ていることにちなんだものです。

ちなみに、「きくらげ」の英名は「Judas’ear」で、これは、キリストを裏切ったユダが首を吊った木から、耳のようなキノコが生えたという説話を由来にしています。

「きくらげ」の由来・語源


干したクラゲのような味・食感がすることから、樹木に生えるクラゲ(=木・クラゲの意味で「きくらげ」と呼ばれています。




大蒜(にんにく)

ザルの上のにんにく(忍辱)

強烈な匂いが特徴の、強壮・スタミナ増強効果がある「にんにく」は、漢字で表記すると「大蒜」となり、「蒜(ひる)」とは食用で強い香りを放つユリ科の植物の総称のことです。

「にんにく」は、野草の「野蒜(のびる)」と区別するために「大蒜(おおびる)」と呼ばれています。

■豆知識⑦『にんにくと忍辱』


読みの「にんにく」は、仏教用語の「忍辱(にんにく)」が語源になっていて、「忍辱」とは「侮辱や苦しみに耐え忍び心を動かさない」という意味です。僧侶が苦行(忍辱の修行)に耐えるために、かつては体力を養う目的で「にんにく」が食べられていました。

苺(イチゴ)

赤く実ったイチゴ(苺)

クリスマスケーキに欠かせないバラ科の植物「イチゴ」には、一つの株に次々とたくさんの実をつける特性があり、どんどん子株を生み出す(=母)という意味で、草かんむりに母(=苺)が当てられています。

「イチゴ」の由来・語源


読みの「イチゴ」は、大和言葉の「イチビコ(伊致寐姑)」の「ビ」が中略されたものです。

■豆知識⑧『イチゴブランド「博多あまおう」』


粒が大きく、濃厚な味わいが特徴の福岡県のブランドいちご「博多あまおう」。その名前は、「赤い・丸い・大きい・美味い」の頭文字(かい・るい・おきい・まい)からとったもので、他にも、甘いイチゴの王様(=甘王【あまおう】)になるようにとの願いが込められています。

無花果(いちじく)

実が張り裂けたいちじく(無花果)

つぶつぶ食感と独特の甘みが特徴のフルーツ「無花果(いちじく)」

漢字の通り、花の無い果実(=花が咲かない植物)なのかと思いきや、実はちゃんと花を咲かせます。

花が咲くのは果実の内部で、中身を割らないとそれを確認することができません。つまり、外からを見ることができなので「無花果」と呼ばれているわけです。

ちなみに「いちじく」は、別表記で「映日果」と書くこともあり、これは、原産国のイラン(ペルシャ)で「アンジール(anjir)」と称された「いちじく」が、中国に伝わった際に「映日果」と呼ばれていたことに由来します。

「いちじく」の由来・語源


読みの「いちじく」の語源には、次の3つの説があります。
①一日に一個ずつ熟すのことから「いちじゅく」と呼ばれるようになり、それが「いちじく」になった。
②映日果の音読みである「えいじつか」がなまった。
③映日果の中国読みである「インジクォ」が変化した。




甘蕉、実芭蕉(バナナ)

2本のバナナ(甘蕉)

バショウ科バショウ属の植物のうちで、果実を食用にできるものの総称である「バナナ」は、果実を食用にできない同じバショウ科バショウ属の「芭蕉」と見た目がよく似ていることから、「実芭蕉」の漢字で表されています。

他にも、植物の「芭蕉」とバナナの味が「甘い」ことを組み合わせて「甘蕉」と表記する場合もあります。

「バナナ」の由来・語源


読みの「バナナ」は、「手を広げたような房のかたち」を意味するアラビア語「banan」と南アフリカ語「banema」に由来するものです。

李(すもも)

ガラス皿の上のフレッシュなすもも(李)

爽やかな酸味が特徴の「すもも」には、「すももも桃も桃のうち」という有名な早口言葉がありますが、実際は桃の仲間ではなくバラ科の植物で、漢字表記の「李」には、「樹木(=)の枝にたくさんの果実(=)を実らせる果物」という意味があります。

「すもも」の由来・語源


読みの「すもも」「もも」は、果物の「桃」に見た目が似ていることにちなんだもので、「す」は、酸味の強い(=酸っぱい)その特徴に由来します。

■豆知識⑨『プラムとプルーン』


海外において「すもも」は、「プラム」と「プルーン」のどちらで呼んでも良いとされていますが、日本では、丸型の「日本すもも」「プラム」細長い紫色の「西洋すもも」「プルーン」と区別して呼ぶのが一般的です。

鳳梨(パイナップル)

アナナス科の多年草で、トロピカルフルーツの王者である「パイナップル」は、鋭い剣状の葉っぱと、赤身のある果皮が特徴的で、中国の伝説の霊長「鳳凰(ほうおう)」の尾羽に見た目が似ていることにちなんで、「鳳梨(ほうり)」の漢字が当てられています。

「パイナップル」の由来・語源


「りんご」を意味する英語の「apple」が、広義では「木になる果実・果物」を表し、松ぼっくり(pine)のような見た目の果物(appleの意味で「pineapple(パイナップル)」になったと言われています。

■豆知識⑩『パイナップルは土に植えると育つ!?』


パイナップルの果実の上についている葉の部分は「クラウン(冠)」と呼ばれていて、市販のパイナップルでも「クラウン」が傷んでいなければ、土に植えて育てることが可能です。ちなみに、こういった特性を用いてパイナップルを栽培することを「クラウン挿し」と言います。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

普段私たちがスーパーで見かける野菜や果物は、そのほとんどが「ひらがな・カタカナ」表記なので、いざ漢字で書かれると読めないものも多かったのではないでしょうか。

今回ご紹介した漢字は、漢字検定や漢字クイズなどにもよく出題される、いわば定番モノ。教養としてぜひ覚えておきたいところです。

他にも、動物・植物・日用品などの難読漢字を別記事でまとめています。興味のある方は下記リンクも合わせてご参照ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼他の難読漢字の記事はこちら▼
植物・草花編①】【植物・草花編②
食べ物編】【寿司ネタ編】【身近なモノ編

動物編】【鳥編】【宝石・鉱物編

コメント

タイトルとURLをコピーしました