【植物・草花編①】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

机に広げられた分厚い本難読漢字・旧国名

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

公園や道端など、街なかで見かけるさまざまな種類の植物・草花。

色鮮やかで美しい花の姿を見ていると、日々の生活で疲れた心もやんわりと和むものです。

さて、そんな植物の中には、難読漢字と呼ばれる難しい読みをしたものが数多くあり、漢字検定やクイズ番組にもよく出題されていますが、以下の植物の難読漢字、皆さんはいくつ読めますか?

植物・草花の難読漢字 一覧

正解の読み方も含め、記事では以下のことをまとめています。

植物の写真と簡単な説明
漢字の読み、和名と洋名の由来

植物に関する雑学・豆知識

四季の風景を彩る、バラエティ豊かな植物たちの『難読漢字』を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。

▼続きの記事『植物・草花編パート②』はこちら▼
【植物・草花編②】由来・語源で覚える難読漢字 一覧




香雪蘭(フリージア)

雪のように白いフリージア(香雪蘭)

アヤメ科フリージア属の「フリージア」は、色味の強い鮮やかな花をつけるのが特徴で、その香りの良さから「バラ」や「キンモクセイ」と同様に人気があります。

和名の「香雪蘭(こうせつらん)」は、「蘭」のような花を細い茎に次々とつけ、「雪」のように白い花から良い「香り」が放たれる、その特徴に由来するものです。

■『フリージア』の由来・語源


南アフリカで初めてこの花を発見したデンマークの植物学者・エクロンが、親友であるドイツ人医師の「フレーゼ」に敬意を込めて「フリージア」と名付けたと言われています。

風信子(ヒヤシンス)

青紫のヒヤシンス(風信子)

チューリップと並ぶ春の花としてお馴染みの、キジカクシ科ヒヤシンス属の「ヒヤシンス」は、ピンクや白・青などの花を茎の先端に咲かせ、穂のような形をつくる特徴があります。

和名「風信子」の「風信(ふうしん)」風の便りのことで、早春に漂う甘い香りを「風からの便り」にたとえた言葉です。他にも、ユリ(百合)に似た花の外観をしていることから「錦百合(にしきゆり)」と呼ぶ場合もあります。

■『ヒヤシンス』の由来・語源


「ヒヤシンス」の名前は、ギリシャ神話に登場する伝説の美少年「ヒュアキントス」の説話(下記参照)に由来するものです。

■豆知識①『ギリシャ神話「ヒュアキントス」』


物語によると、太陽神アポロン西風の神ゼフィロスに寵愛されていたヒュアキントスが、アポロンと円盤投げをして遊んでいたところ、近くで見ていたゼフィロスがそれに嫉妬して突風を巻き起こし、飛ばされた円盤が運悪くヒュアキントスの額に激突。結果、彼は命を落とし、その時に流れた血から咲いた花にヒュアキントスにちなんだ名前(=ヒヤシンス)が付けられたと言われています。




白詰草(クローバー)

四つ葉のクローバー(白詰草)

マメ科シャクジソウ属の「クローバー」は、別名で「白詰草(しろつめぐさ)」と言います。

これは、江戸時代のオランダとの貿易の際に、荷物(=ガラスの器)の破損を防ぐためのクッションとして使う「おがくず」が不足していて、身近にあった「クローバー」を隙間に詰めて代用したというエピソードに由来するものです。

■『クローバー』の由来・語源


ギリシャ神話の「ヘラクレス」が持っていた3つこぶの「棍棒」と「クローバー」の形がよく似ていたことから、ラテン語で「棍棒(こんぼう)」を意味する「clover(クローバー)」の名が付けられています。

■豆知識②『四つ葉のクローバーができる理由』


幸福のシンボルとして有名な四つ葉のクローバー。本来、クローバーは「三つ葉」ですが、遺伝的要因環境要因によって、まれに変異体の「四つ葉」が生まれることがあります。

 

遺伝的要因の突然変異が起きる確率は非常に低く、私たちが公園や河原で見かける四つ葉のクローバーのほとんどが環境要因によるものです。一般的に、クローバーの茎の先端にできた「成長点」を、人が踏んで傷つけることによって「四つ葉」が生まれると言われています。

木春菊(マーガレット)

白いマーガレット(木春菊)の花

キク科キク属の「マーガレット」は、木質化した葉の形が「菊」に似ていることと、年数が経つと緑の茎が茶色のゴツゴツした「木」のようになることから、別名で「木春菊(もくしゅんぎく)」と呼ばれています。

「木春菊」の「春菊」は、野菜でおなじみの「春菊(しゅんぎく)」のことで、関西では「菊菜(きくな)」の名で親しまれています。日本や中国では食用にしていますが、他の国ではもっぱら観賞用だとか。

■『マーガレット』の由来・語源


「真珠」を意味するギリシャ語「Margarites(マルガリテス)」が語源で、これは「マーガレット」の純白の花びらが宝石の「真珠」のように見えたことにちなんだものです。

■豆知識③『マーガレットの恋占い』


マーガレットは、古くから恋を占う時に使われていた花で、皆さんの中にも、子どもの時に「好き、嫌い、好き・・」とマーガレットの花びらを一枚一枚取りながら恋を占った人がいるのではないでしょうか。

 

実は、花びらの数は植物によって決まっていて、マーガレットの花びらは奇数の21枚になります。つまり、「好き」で始めれば必ず「好き」で終わります。恋占いは「好き」から始めるのがルールなので、乙女たちはそのことを知って、あえてマーガレットの花を選んでいたのかも知れません。




篠懸木・鈴懸木(プラタナス)

プラタナス(鈴懸木)の葉

「プラタナス」は、修験者(山伏)が着る法衣の「篠懸衣(すずかけのころも)」についた球状の飾りに似ていることから「篠懸木(すずかけのき)」と呼ばれています。また、実が鈴のようにかかっていることにちなんで「鈴懸木」と表記する場合もあります。

成長が早いため、街路樹や公園樹に広く利用されていて、街路樹としてよく目にするのは「紅葉葉鈴懸木(もみじばすずかけのき)」という品種です。

■『プラタナス』の由来・語源


葉の幅が広く、枝が大きく広がることから、ギリシャ語で「広い」を意味する「Platys(プラティス▶プラタナス)」の名が付きました。

孔雀草(マリーゴールド)

夕映えするマリーゴールド(孔雀草)

キク科タデラス科の「マリーゴールド」は、花びらが八重になって咲くその様子が、羽を広げた孔雀に見えたことから、別名「孔雀草(くじゃくそう)」と呼ばれています。

花壇でよく見かけるのは「フレンチ・マリーゴールド」という品種で、開花期間が長く初心者にも育てやすいことから、ガーデニングの花として人気があります。

■『マリーゴールド』の由来・語源


聖母マリアの祭日にこの花がいつも咲いていることにちなんで、「聖母マリアの黄金の花」を意味する「マリーゴールド」の名が当てられました。




馬酔木(アセビ)

釣鐘状のアセビ(馬酔木)の花

ツツジ科アセビ属の「馬酔木(アせビ)」は、国内にしか生息していない日本固有の植物で、白やピンク色をしたスズランのような釣り鐘型の花を春になると咲かせます。

漢字表記の「馬酔木」は、葉っぱを食べた馬が、毒によって神経が麻痺し、酔ったような状態になることにちなんだものです。

■『アせビ』の由来・語源


「馬酔木(アせビ)」は、野生動物が近づくのを避けるほどの毒性(毒成分:アセボトキシン)を持つ植物で、そこから「毒のある実」と名が付き、それが「悪し実(あしみ)」へと変化して、今の「あせび」になったと考えられています。

■豆知識④『奈良公園に馬酔木(アセビ)が多い理由』


奈良公園で放し飼いにされているたくさんの鹿たち。公園内の草や木の葉を自由に食べている彼らは、実は、毒性のある「馬酔木(アセビ)」だけを避けるようにして食べていて、結果、公園内は「馬酔木」ばかりが育った状態になっているんです。

三味線草(ナズナ)

道端に咲くナズナ(三味線草)の花

アブラナ科ナズナ属の「ナズナ」は、弥生時代に中国経由で日本に渡来した植物で、「春の七草(※1)としても有名です。

(※1)春の七草・・1月7日の人日の節句に摘んで「七草粥(ななくさがゆ)」に入れる、七種の春の若菜のこと。「芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・鈴菜(すずな)・蘿蔔(すずしろ)」の7つ。

葉から伸ばした柄が、三味線のばちに似ていることから「三味線草(しゃみせんそう)」と呼ばれていて、三味線を奏でる音が「ぺんぺん」と聞こえることにちなんで「ぺんぺん草(ぐさ)」と表記する場合もあります。

■『ナズナ』の由来・語源


「なずな」の名前の由来には、「撫でてみたいくらいに可愛らしい草」を意味する「撫で菜(なでな)」が変化したというものや、夏に枯れてしまうことを意味する「夏無(なつな)」から派生したなど、諸説あります。




百日紅(サルスベリ)

蜂を引き寄せるサルスベリ(百日紅)

ミソハギ科サルスベリ属の「サルスベリ」は、白やピンクの小さい花を枝先に穂のように結ぶ特徴があり、紅い花が、初夏から秋までの長い期間(=百日)咲き続けることにちなんで「百日紅」の漢字が当てられています。

■『サルスベリ』の由来・語源


読みの「サルスベリ」は、淡褐色の樹皮のところどころがはげていて、その部分の木肌が猿が滑るくらいにすべすべしていることにちなんだものです。

■豆知識⑤『サルスベリは笑いの木?』


サルスベリの木肌を指先で上下にさすると、枝先の花や葉が揺れ始め、まるで樹がくすぐったくて動いているように見えることがあります。この現象から、一部地域ではサルスベリのことを、「くすぐりの木」「こちょこちょの木」「笑いの木」と呼んでいます。

合歓木(ネムノキ)

トゲトゲした花が特徴的なネムの木(合歓木)

マメ科ネムノキ属の「合歓木(ネムノキ)」は、夏に爽やかな色合いの花を咲かせるのが特徴で、夜に眠ったようにその葉を閉じることから、別名「眠りの木(=ねむのき)」と呼ばれています。

■『合歓木』の由来・語源


漢字表記の「合歓」は、男女が共寝をして喜びを分かち合うことを意味し、男女が共寝するようにぴったりくっついている、ネムノキの葉の特徴にちなんで「合歓木」の漢字が当てられています。




躑躅(ツツジ)

ピンク色のツツジ(躑躅)の花

ツツジ科ツツジ属の「躑躅(ツツジ)」は、ピンク色の花の奥に蜜があるのが特徴で、アジア各地に分布しています。

漢字表記の「躑躅(テキチョク)」は、「足踏みして立ち止まる・躊躇(ちゅうちょ)する」という意味で、一説によると、「ツツジ」の花のあまりの美しさに道行く人が足を止めたことに由来してこの漢字が当てられたと言われています。

■『ツツジ』の由来・語源


「ツツジ」という呼び名は、筒状(つつじょう)になった花の外観にちなんだものです。

■豆知識⑥『ツツジの蜜を吸ってはダメ?』


公園に咲いているツツジの根元にある甘い蜜を吸ったことは皆さんはあるでしょうか。一般的な「ツツジ」には毒性はありませんが、ツツジの仲間で外観がよく似た「レンゲツツジ」には毒性があるので注意が必要です。両者は区別がとても難しく、誤って口にして中毒症状を起こすケースも中にはあるので、公園でツツジらしき花を見かけたら、決して蜜は吸わず、鑑賞するだけにとどめましょう。

木通(アケビ)

小さい花が密集したアケビ(木通)

北海道以外の日本全国に自生し、秋になると卵のような楕円形の実を結ぶ「アケビ」の漢字表記「木通・通草」は、葉を切って吹くと空気が通るその特徴にちなんだものです。

■『アケビ』の由来・語源


熟すと果皮が裂けることから「開け実(あけみ)」と呼ばれ、それが変化して「あけび」になったというものや、実の口を開けた姿が「あくび」をしているように見えるところから「あけび」になったなど、諸説あります。




車前草(オオバコ)

道端に生えた車前草(オオバコ)

「オオバコ」は、道端や公園などによく生える野草の一種で、山菜として食べたり、葉や種皮を漢方薬に利用したりしています。

漢字表記は「車前草」で、これは、車(=馬車や牛車)が通る道端にたくさん生い茂っていたことにちなんだものです。

■『オオバコ』の由来・語源


道端に生える野草の中で、ひときわ大きい葉を付けるこの植物には「大葉子(おおばこ)」の別表記があり、読みの「オオバコ」はそれに由来します。

燕子花/杜若(カキツバタ)

水辺に生える燕子花(カキツバタ)

主に水辺や川辺などの湿地に生え、愛知県の県花にも指定されているアヤメ科の「カキツバタ」

漢字表記は「杜若」「燕子花」の2つで、「杜若」は、中国でツユクサ科のヤブミョウガを意味する「杜若(とちゃく)」に由来したもの、「燕子花」は、花の姿が飛んでいる「燕(つばめ/つばた)」のように見えたことにちなんだものです。

■『カキツバタ』の由来・語源


かつて、この花の汁を使って布を染めていたことから「書き付け花」と呼ばれていて、それが転じて「カキツバタ」になったと言われています。

■豆知識⑦『菖蒲(あやめ)・杜若(かきつばた)・花しょうぶの違い』


「優劣つけられないくらいに似ていて、選択に迷うこと」を意味することわざに「いずれアヤメかカキツバタ」とあるように、同じアヤメ科に属する「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」「花しょうぶ」の3種は非常によく似ています

 

そんな混同されがちな3つの植物は、次のような特徴で見分けることができます。

菖蒲(あやめ)・杜若(かきつばた)・花しょうぶの違い
●アヤメ・・花びらの根元は黄色で、内側に筋が食い込んでいる(=文目模様)。
●カキツバタ・・花びらの根元は白色で、模様は入っていない。
●ハナショウブ・・花びらの根元は黄色で、その外側に筋が入っている。




女郎花(オミナエシ)

女郎花(オミナエシ)の黄色い花

枝の先端部分に粟(あわ)のような黄色い花を密集させて咲かせる、「秋の七草(※2)」の一つ「オミナエシ」の漢字表記は「女郎花」で、「女郎」は「遊女」のことだと思われがちですが、実際は身分の高い女性を指す言葉です。

(※2)秋の七草・・秋を代表する草花7つ「萩(ハギ)・桔梗(キキョウ)・ススキ・葛(クズ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・ナデシコの花」のこと。奈良時代の歌人「山上憶良(やまのうえのおくら)」が万葉集の中で詠んだ和歌がルーツ。

また、同じオミナエシ科の植物の中で白い花を咲かせるものがあって、こちらは「男郎花(オトコエシ)」と呼ばれています。

■『オミナエシ』の由来・語源


「オミナ」「女性」「エシ」は古語の「へし(圧し)」のことで、これは、美女を圧倒するほどの美しい花を咲かせる「女郎花」の特徴にちなんだものです。

百合(ユリ)

魅惑的な白いユリ(百合)

白・ピンク・黄などの色とりどりの花を咲かせ、芳醇な香りを放つユリ科の「百合(ユリ)」

球根である「ユリネ」の皮(=鱗片)は一枚一枚むくことができ、それが何枚も(=枚くらい)わさっていることにちなんで「百合」の漢字が当てられています。

■『ユリ』の由来・語源


そよ風に揺れ動く花の様子(=揺すり)が由来となっています。

■豆知識⑧『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』


「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」は、美しい女性の立居振る舞いを形容することわざで、それぞれ次のような意味を持ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯立てば芍薬(しゃくやく)
・・すらりと伸びた茎の先に美しい花を咲かす様子 =『女性の立ち姿』

◯座れば牡丹(ぼたん)
・・枝分かれした横向きの枝に花をつけるさま 『座っている女性の姿』

◯歩く姿は百合(ゆり)の花
・・しなやかな茎の先に咲いた花が風で揺れる姿 『優雅に歩く女性の姿』




秋桜(コスモス)

天を仰ぐピンク色のコスモス(秋桜)の花

秋空の下、そよそよと風に吹かれながら白やピンクの可愛らしい花を咲かせる「コスモス」の漢字表記「秋桜」は、に咲く植物で、見た目がのように見えることにちなんだものです。

■『コスモス』の由来・語源


「コスモス」の語源は、ギリシャ語で「秩序・調和」を意味する「Kosmos」にあり、これは、規則正しく並ぶ花びらが、秩序立って調和しているように見えたことに由来します。

■豆知識⑨『セプテンバー・バレンタイン』


「コスモスの日」である9月14日は、「バレンタイン」の2月14日、「ホワイトデー」の3月14日に続いて、「セプテンバー・バレンタイン」と呼ばれていて、「ホワイトデー」からちょうど半年経ったこの日に、赤いコスモスを添えて贈り物を交換し、互いの愛を確認し合う風習があります。

 

ちなみに「セプテンバー・バレンタイン」には別の意味もあり、シンガソングライターの佐々木幸男(ささきゆきお)が作った同名の失恋ソングの歌詞を由来にして、女性から男性に別れを切り出しても良い日とすることもあります。

糸瓜(ヘチマ)

ヘチマ(糸瓜)の黄色い花

食用やたわしとして利用されている、ウリ科の植物「糸瓜(ヘチマ)」は、果実に「繊維(糸)」があることから、かつては「糸瓜(イトウリ)」と呼ばれていました。

それが次第に頭の「イ」が省略されて「トウリ」となり、現在では、さらに変化した「ヘチマ」の名で親しまれています。

それにしてもなぜ「トウリ」が、似ても似つかない「ヘチマ」へと変わることになったのでしょうか。これを理解するためには、日本の「いろは歌」を思い出す必要があります。

「いろは歌」の出だしは

いろはにほりぬるをわかよた

です。

ここで注目したいのが、「トウリ」の「ト」の場所。「へ」「ち」のあいだにありますよね。つまり、の間()」だから「ヘチマ」になったというわけです。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

一般的な漢字の勉強法では、一問一答で丸暗記することが多いですが、そうやって覚えたものは長く記憶に残らないと言われています。

なので、多少時間がかかっても、その漢字が当てられた由来・背景をきちんと調べて、記憶の定着率を高められるよう工夫したいところです。

今回の「植物編」以外に、「動物編」や「食べ物編」などの記事も投稿しています。下記にリンクを貼っておきましたので、興味のある方は合わせてご参照ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼続きの記事『植物・草花編パート②』はこちら▼
【植物・草花編②】由来・語源で覚える難読漢字 一覧

▼他の難読漢字の記事はこちら▼
食べ物編】【野菜・果物編】【寿司ネタ編

動物編】【鳥編】【身近なモノ編
宝石・鉱物編】【音楽・芸能編

コメント

タイトルとURLをコピーしました