【2022冬ドラマ】『ミステリと言う勿れ』名言集|セリフで振り返る名シーン

机に広げられた分厚い本2022年冬ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

田村由美の同名漫画を原作とする新感覚ミステリドラマ「ミステリと言う勿れ」。

物語では、人気俳優・菅田将暉が演じる、アフロヘアーの風変わりな大学生・久能整(くのうととのう)が、卓越した観察眼と、既成概念にとらわれない推理力を武器に淡々と持論を展開し、事件の謎だけでなく悩める人の心をも解きほぐしていきます

記事では、そんなドラマの名場面・名シーンを思い出せるように、以下のことをまとめました。

ドラマ情報(基本情報と登場人物)

各話ごとの名言・名セリフと気になる用語解説

なお、掲載した内容は、本ブログでメインとして投稿している「ドラマのあらすじと感想記事」からの抜粋になります。

詳しいストーリ―が気になる方は、各話の関連記事リンクから本編をご参照ください。

それでは、ドラマの名言・名セリフとともに内容を振り返ってみましょう。




ドラマ情報

基本情報

『ミステリと言う勿れ』

――関西テレビ 毎週月曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/mystery/
原作:『ミステリと言う勿れ/田村由美』(小学館『月刊フラワーズ』連載中)

【Amazon.co.jp】ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα)
脚本:相沢友子
音楽:Ken Arai
主題歌:King Gnu 『カメレオン』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
プロデュース:熊谷理恵、草ヶ谷大輔
演出:相沢秀幸、品田俊介、松山博昭

登場人物(キャスト)

久能 整【くのうととのう】(菅田 将暉)・・天然パーマのアフロヘアーが特徴の風変わりな大学生。趣味はカレー作り。卓越した観察眼と既成概念にとらわれない推理力で持論をあざやかに展開、1話で事件を見事解決する。2話では、美術館に向かう途中で不運にもバスジャック犯のバスに乗車。事件に巻き込まれる。
風呂光 聖子【ふろみつせいこ】(伊藤 沙莉)・・大隣警察署の新人刑事。男社会の警察組織の中で、女だからと甘く見られたりバカにされることに思い悩み、一時は辞職も考えるが、整と出会いをきっかけに自身の存在意義を見出だす。2話では今までの自分を変えるため、自らの足で懸命に聞き込み調査。連続殺人事件とバスジャック事件の関連性を見つけ出す。
池本 優人【いけもとゆうと】(尾上 松也)・・大隣警察署・巡査。お調子者でひょうきんな性格。妊娠中でナーバスになっている妻との関係に思い悩んでいたところ、整が的確な助言をしてくれたことで夫婦生活は円満に。その後は何かに付けて整にアドバイスを求めるようになる。
青砥 成昭【あおとなりあき】(筒井 道隆)・・大隣警察署・警部。もとは警視庁捜査一課のポストにいたが、無実の人間を逮捕するというえん罪事件を起こし、飛ばされることに。整の「真実は一つではなく、人の数だけ存在する」という言葉に影響を受け、もう一度新たな視点で過去の事件へ向き合おうとする。

薮 鑑造【やぶかんぞう】(遠藤 憲一)・・大隣警察署・警部補。署内では「仕事の鬼」「刑事の鑑」と呼ばれる。仕事優先の生き方をしてきて、家庭のことはほとんど顧みなかった。1話の事件で、刑事の勘から犯人は整に違いないと断定。執拗に彼を追求する。
犬堂我路【いぬどうがろ】(永山瑛太)・・金髪直毛の美青年。妹の愛珠を殺害した犯人を見つけ出すために、いとこのハヤ・オトヤとともにバスジャック事件(2・3話)を企てる。事件後、整と再会する約束をし、行方をくらます。




名言・名セリフ一覧

カレーライス日和

第1話(変わり者の大学生が殺人容疑、真実は人の数だけある)

「真実は一つなんかじゃないですよ。真実は人の数だけあるんです。――人は主観でしか物を見れない。自分が正しいとしか言えない。真実とかあやふやなことにとらわれているから、えん罪事件が起きるんじゃないですか?」

自身が起こしたえん罪事件を振り返り、「真実は一つなんだから」と言って、当時裁けなかった犯人をいつか捕まえてやると豪語した青砥(筒井道隆)。それに対して言った整(菅田将暉)の反論。

▶▶人は主観的な生き物であり、自分の主観の世界から抜け出すことはできません。いくら相手を理解しようとしても、相手そのものになることはできないし、まったく同じ境遇に立つことでもない限り、その気持ちを全て慮ることはできません。主観にとらわれない第三者的視点に立てるのは、神のような存在だけでしょう。物事は一側面から見るだけでは何も分かりません。一部の情報だけで全てを理解したような気になることで偏見や先入観が生まれ、結果、取り返しのつかない悲劇やえん罪が引き起こされてしまいます。整が発する言葉には、既成概念にとらわれた私たちに新たな気付き・視点を与えてくれる強い力があり、そんな彼の不思議な話術に魅了されて、作中の登場人物たちは知らずに知らずに心を解きほぐされてしまうみたいです。

第2話(奇妙なバスジャック!その目的は・・)

「人を殺したらいけないってことはないですよ。別に法律で決まっていることでもないですし。罰金はありますけど、人を殺しちゃいけないっていう法律はないです――」

「バスの運転手は殺さないで」と訴える乗客のめぐみ(佐津川愛美)に対し、「どうして人を殺したらいけないんだ?」とナイフを突き立ててすごむバスジャック犯の犬堂オトヤ(阿部亮平)。そんな彼に言った整のセリフ。

▶▶法律とは、国家の秩序を守るために便宜上作られたものであり、必ずしもそれが絶対的な正しさ・正義とは限りません。たとえば、日本で禁止されている大麻や安楽死は海外で合法だったりするし、逆に、日本で認められている死刑制度は海外で禁じられていたりします。また、時代背景というパラメーターも人々の価値観に大きな影響を与えていて、戦時中は殺人こそが正義とされ、むしろ奨励されたりもしていました。そんなふうに、物事の良し悪し、正義・悪は常に移り変わっていくもので、絶対などは決してないこと、また、それぞれの境界は非常にあいまいで明確に線引きすることはできないこと、そんなことを深く考えさせられました。

第3話(遂にバスジャック解決編!犯人は誰だ?哀しき復讐)

「制服を着ている人は一人の人間として認識しづらいから、盲点になりがちなんです。」

事件後、連続殺人事件の真相になぜもっと早く気付けなかったんだろうと悔いる犬堂ガロ(永山瑛太)に対して、整が言ったセリフ。

▶▶1話の事件でもそうでしたが、人は職業・外見・人となりなどで先入観を抱いてしまい、それが思わぬミスリードを引き起こすことがあります。今回の連続殺人事件も、その概要から、猟奇的な殺人犯・ストーリーを想像してしまいそうですが、実際は、幼少期の行動の癖が大人になっても抜けない人間が、狂気とともに起こしたという悲劇の物語にすぎませんでした。




気になる用語

猫の習性 (1話)

窓辺のネコ

愛猫が目を離したすきに死んでしまい落ち込む風呂光。猫は昔から自分の死期を悟ったら、そっと姿を消すと言われている。この習性を、整は、大好きだった飼い主に死ぬところを見せたくないという猫の思いやりとプライドの現れであると考えた。

見えない家事 (1話)

一般的に家事と言われたら「料理」「洗濯」「掃除」「ゴミ捨て」などを思い浮かべるが、実際の家事はとても幅が広く、目に見えるものだけが家事ではない。作中で引き合いに出された「ゴミ捨て」をとっても、ゴミ出し以外に、分別・取り替え・掃除・在庫確認・一つにまとめるなど、明確な名前のない面倒な作業がたくさんある。こういった家事に対する夫婦の認識の違いが、いさかいの大きな原因となっている。

トパーズ (1話)

11月の誕生石(=自分が生まれた月を象徴する宝石)で、和名は「黄玉(おうぎょく)」。無色・水色・黄色・オレンジなど様々な色がある。「探し求める」を意味するギリシャ語「topazos(トパゾス)」に由来するなど、その語源には諸説あり。作中では、藪の妻が、夫の幸運を願ってこのトパーズのネクタイピンをプレゼントしていた。

いじめ問題への対応の違い (2話)

日本ではいじめ問題への対応として被害者救済を主としているのに対し、欧米ではいじめをした加害者の指導やカウンセリングに重きをおいている。これは、欧米では、いじめた側の方が病んでいて、治療が必要だと考えられているからだ。また、日本では、いじめを見て見ぬふりをする「傍観者」が多いのに対し、欧米では、いじめが起こった時に間に入る「仲裁者」となる子どもが多いという特徴がある。

エンジェライト(Angelite)(3話)

犬堂ガロが右腕にしていたブレスレットの天然石。和名は「硬石膏(こうせっこう)」。ストロンチウムの発色による柔らかい青色が特徴。語源はギリシャ語の「angelos(天使)」。「許し」を意味する石でもあり、ネガティブな感情の浄化や、心を落ち着かせる効果がある。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました