【2月行事】『節分の日』の由来と歴史|豆まき・恵方巻きのマメ知識

福豆と赤鬼暦・年中行事

 こんちにちは、

 りんとちゃーです。

来月「2/3(木)」は節分の日。今年(2022年・令和4年)の恵方は「北北西」です。

「節分」とは、季節の分かれ目を表す言葉で、「立春(一年の始まり、新暦の2/4頃)」の前日の「雑節」の一つでもあります。この日はちょうど旧暦における「大晦日(おおみそか)」にあたり、新年の邪気を払うために、古くから宮中では「追儺式(ついなしき)」と呼ばれる年中行事が行われていました。

その「追儺式」を起源にして、現在でも「節分」の日に豆をまいたり、柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾ったりしています。

記事では、以下のことをまとめています。

節分の由来と歴史
豆まき・恵方巻き・柊鰯(ひいらぎいわし)について

来月に向けて、節分に関する『マメ』知識を学んでいきましょう。




節分の由来・歴史

お盆の上の福豆と赤い鬼のマスコット

「節分」とは文字通り『季節を分ける』という意味で、語意から見ると本来は「二十四節気」(※1)で「季節の始まり」を示す「立春」「立夏」「立秋」「立冬」全ての前日のことを指します。

その中でも「立春」は『一年のはじまり』かつ『旧暦のお正月に当たる日』であることから重要視され、現在ではとりわけ「立春」の前日だけを「節分」と呼んでいます。

(※1)二十四節気(にじゅうしせっき)・・古代中国で考案された暦のことで、一年を「春」「夏」「秋」「冬」の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つの「節気」に分けたもの。各節気の期間は15日で、日付は年によって変化する。

「節分」の始まりは平安時代にまでさかのぼり、当時の世では、季節の変わり目(新年)に疫病や災いが邪気と共にやって来ると考えられていて、その邪気(=鬼)を払うために、大晦日の日に宮中で「追儺式(※2)」と呼ばれる中国由来の年中行事が行われていました。

これが室町時代以降、庶民のあいだにも広まり、現在の「節分」の様式へと変化していったと言われています。

(※2)追儺式(ついなしき)・・大晦日の日(=新暦2/3頃)に宮中で行われた年中行事。身分の高い貴族が、桃の弓や葦(あし)の矢を持って鬼に扮した家来たちを追いかけ、邪や厄を払った。

■豆知識①『鬼のパンツが虎柄の理由』


中国の陰陽道では、鬼が出入りする方角(=北東)「鬼門(きもん)」と呼んでいて、その方角は以下のように十二支で表すことができます。

方角と十二支
北東にあたる干支は「丑寅・艮(うしとら)」であり、イラストなどで描かれる鬼が『頭に角(=丑:うし)』を生やし、『虎柄のパンツ(=寅:とら)』を履いているのは、この「鬼門」の方角(=丑寅:うしとらに由来するものです。

豆まき

枡に入った炒り豆(福豆)

邪気払いの霊力を秘める「豆」で『鬼(=邪)』を払い『福』を呼び込む、節分のメインイベント「豆まき」

「豆」をまく理由としては、「魔()」を「滅(っ)する」という言葉の語呂合わせが関係するとか、身体が丈夫であるという意味の「まめにちなんだものだとか、諸説あるようです。

ちなみに「豆まき」は、以下の順序で行うのが一般的です。来月の節分に向けて確認しておきましょう。

▼豆まきの手順▼


①豆を準備
炒った豆(=火が通っていない豆は、発芽して邪気が育つため縁起が悪い)を用意し、神棚に供えます。

②夜に豆をまく
鬼が訪れると言われる夜(20:00~22:00)に家中の戸を開け放し、奥の部屋から玄関に向かって順に「鬼は外、福は内!」と大きな声で2回唱えながら、家の外と内の両方に豆をまいていきます。

③戸締まり

豆をまいた後は、福が逃げないように戸締まりをし、鬼を締め出します。

④豆を食べる(年取り豆)

年齢の数、もしくは一つ多く豆を食べて無病息災を祈願します。食べきれない場合は「福茶」としていただきます。

■豆知識②『福茶(ふくちゃ)』


「福茶」とは、福豆(=炒った豆を神棚に供えたもの)を入れたお茶のことで、塩昆布・梅干し1個・福豆を湯飲みに入れ、熱湯を注いで飲みます。福豆の数は吉数の「3個」が良いとされ、梅干しは「めでたい花=梅」の、塩昆布は「よろこぶ」の縁起を担いでいます。




恵方巻き

積み重ねった3本の恵方巻き

「恵方(えほう)」とは、その年の福歳(ふくとし)を授けてくれる「歳徳神」(※3)がいる方角のことで、節分の日に、この恵方を向いて太巻き一本を丸ごと無言で食べると、願いが叶うとされています。

 今年(2022年)の

 恵方は『北北西』だよ。

(※3)歳徳神(としとくしん)・・日本神話に登場する穀物神のことで、地域によっては「歳神様(としがみさま)」「恵方神」「とんどさん」とも呼ばれる。

無言で食べるのは、しゃべると福が逃げるからで、太巻きを丸ごと食べるのは、福を「巻き込み」縁を「切らない」ためです。

ちなみに、恵方巻きの具材は、「七福神」「7」にあやかって、7種類(うなぎ・かんぴょう・きゅうり・伊達巻など)にするのが一般的だそうです。

恵方巻きの起源についてはよく分かっていませんが、1970年代に大阪の海苔(のり)問屋組合が販売戦略の一環として節分の日に恵方巻きを販売し、そのことがきっかけで関西全域に流行。その後の1989年にコンビニが恵方巻き販売に力を入れたことから全国的にも行われるようになったと考えられています。

■豆知識③『七福神(しちふくじん)』


金銀財宝を積んだ「宝船」に乗った、七柱(=神様を数える際の呼び方)の神である「七福神(しちふくじん)」は、幸福と富の象徴であり、とても縁起が良い存在です。以下は、そんな「七福神」の特徴の簡単なまとめになります。

 

七福神のイラスト(名前と読み方)

恵比寿(えびす)・・戎、蛭子とも書く。日本の神様(イザナミ・イザナギの子)。商売繁盛の神で、釣り竿と鯛を持つ。
大黒天(だいこくてん)・・もとはインドの神で、日本の大国主と神仏習合する。五穀豊穣・商業の神で、福袋と打ち出の小槌を持つ。
毘沙門天(びしゃもんてん)・・インドの神で、四天王のリーダー格。福徳・厄除けの神で、武将の姿をしている。
弁財天(べんざいてん)・・弁才天とも表記する。インドの神(サラスヴァティー)がモデル。音楽・学問の女神で、琵琶を持つ。
寿老人(じゅろうじん)・・中国・道教の神。長寿の象徴である鹿を従え、手に桃を持つ。不老長寿の神。
福禄寿(ふくろくじゅ)・・寿老人と同じ道教の神がモデルで、幸福(福)・身分(禄)・長寿(寿)を兼ね備える。鶴や亀を従える。
布袋(ほてい)・・中国の実在する禅僧がモデル。堪忍袋と呼ばれる大きな袋を持つ、笑門来福・夫婦円満の神。

柊鰯(ひいらぎいわし)

柊(ひいらぎ)の葉と鰯(いわし)の頭

別名「焼嗅(やいかがし)」「柊刺し(ひいらぎさし)」と呼ばれる「柊鰯(ひいらぎいわし)」は、「柊」の枝と、焼いた「鰯」の頭を玄関先に飾る風習のことで、「鰯」の匂いに誘われてやって来た鬼の目を、「柊」の葉の棘(とげ)で刺して邪を払うという意味合いがあります。

近年では一般家庭で行われることは少なくなっていて、代わりに「節分の日の夜にイワシを食べる」という風習が、西日本の一部地域に残っています。




おわりに

いかがでしたでしょうか。

私が子どもの頃には、節分の日の翌日に、まかれた豆が家の前に散らばっているのをよく目にしましたが、最近では、住宅・道路事情や日本文化そのものの変化のせいか、そういった光景をあまり見かけなくなったような気がします。

やはり、時代とともに「節分」の主となるイベントが、豆まきから恵方巻きへとシフトしつつあるのでしょうか。そうだとすると、どこか寂しくも感じます。

昨年に引き続き、コロナとの闘いに明け暮れることになりそうな2022年。鬼の象徴とも言えるコロナウイルスを追い払うためにも、「節分」の日にしっかり豆まき(+恵方巻きの丸かじり)をしておきたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました