各月札の雑学・豆知識

花札

【花札11月②】雨に集う柳・蛙(カエル)・燕(ツバメ)の豆知識|脇役たちの大合唱

花札11月札の中でひときわ目立った「小野道風」の存在で、やや印象が薄まってしまっている植物の「柳(やなぎ)」と動物の「蛙(カエル)」「燕(ツバメ)」。記事では、それら動植物の生態や特徴について簡単にまとめています。
花札

【花札4月①】「藤(フジ)」の特徴・種類と花言葉|マメ科植物に学ぶ『マメ』知識

たおやかで良い香りを放ち、木に巻きつく姿から、愛する男性を慕って離れない女性を想起させる「藤(ふじ)」。記事では、藤の生態や特徴、名前の由来や花言葉などを簡単にまとめています。マメ科の「藤」の『マメ』知識を一緒に学んでいきましょう。
花札

【花札6月②】牡丹に舞い寄る「蝶(チョウ)」の雑学|言葉の由来と蝶の和柄

花札6月札で牡丹(ぼたん)の花のそばをひらひらと舞っている「チョウ(蝶)」。記事では、そんな「チョウ」にまつわる雑学や豆知識、表記名の由来、日本の伝統的和柄の「蝶文様」や「形態的変化」などについて簡単にまとめています。
花札

【花札1月②】長寿と縁起を象る「鶴(ツル)」の世界|千羽の鶴に願いを込めて

花札1月札の絵柄に描かれている、長寿を象徴する鳥の「鶴(ツル)」。記事では、そんな「鶴」の生態や種類、千羽鶴の由来や代表種のタンチョウヅルについてまとめています。「鶴」の雑学に触れながら、彼らの住む白銀世界へと舞い降りてみましょう。
花札

【花札10月】「紅葉(もみじ)に鹿」から感じる秋の哀愁美|紅葉のメカニズム

花札10月札に描かれている「紅葉(もみじ)」と「鹿」。本記事では「もみじ」の和名・漢名の由来や「紅葉のメカニズム」、奈良公園の「鹿」や百人一首の和歌⑤番「奥山に紅葉踏み分け~」などについて簡単にまとめています。
花札

【花札8月】十五夜満月に供えしススキ(芒)と団子|中秋の名月と「月うさぎ伝説」

花札8月札に描かれている「ススキ」と「月」。別名「坊主」と呼ばれる8月札のモチーフとなったのは、旧暦8/15(中秋の名月)にススキを供えてお月見をする「十五夜」の行事です。「月うさぎ伝説」の説話とともに、ススキと月について学んでいきましょう。
花札

【花札9月】「菊に盃(さかずき)」で汲み取る知識の雫|菊の御紋と重陽の節句

花札9月札に描かれている「菊」と「盃(さかずき)」。そのモチーフとなったのは「重陽の節句」の菊酒の風習です。記事では、菊の特徴や由来・花言葉、天皇家の菊花紋章、重陽の節句についてまとめています。菊について学んで、その恩恵にあずかりましょう。
花札

【花札2月】「梅に鶯(うぐいす)」が告げる春のおとずれ|絵になる美しき取り合わせ

花札2月の絵柄と言えば「梅に鶯(うぐいす)」。記事では、「梅に鶯」の言葉の由来や、うぐいすの生態、梅の種類・歴史などを簡単にまとめています。季節を彩る日本の美しい風物詩について学んで、春の訪れをその身に感じましょう。
花札

【花札5月】「菖蒲に八橋」の意味と植物の違い|いずれあやめか杜若(かきつばた)

花札5月札の「菖蒲に八橋(やつはし)」。「菖蒲」の読み方は「しょうぶ」ではなく「あやめ」で、さらに言うと絵柄のモチーフになっているのは、八橋の近くに咲く「かきつばた」です。記事では、そんな植物たちの特徴や見分け方について簡単にまとめています。
花札

【花札1月①】「松(マツ)」の種類と縁起物の門松|松コースの知識をご賞味あれ

花札1月札で「鶴」と一緒に描かれる「松(まつ)」は、名前が「祀(まつ)る」に通ずることから、神の宿る木として日本人に尊ばれてきました。記事では「松」の由来・語源や種類、縁起物の「門松」や「マツ枯れ病」「松茸」などについてまとめています。
タイトルとURLをコピーしました