読み方

難読漢字・旧国名

【食べ物編】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

料理やお菓子など、普段私たちが目にする食べ物の難読漢字を一覧にしてまとめました。それぞれの漢字の由来や背景を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。
花札

【花札11月②】雨に集う柳・蛙(カエル)・燕(ツバメ)の豆知識|脇役たちの大合唱

花札11月札の中でひときわ目立った「小野道風」の存在で、やや印象が薄まってしまっている植物の「柳(やなぎ)」と動物の「蛙(カエル)」「燕(ツバメ)」。記事では、それら動植物の生態や特徴について簡単にまとめています。
暦・年中行事

【昔の暦】「和風月名(旧暦/陰暦の月名)」の読み方と意味・由来 一覧

普段わたしたちが暦として耳にする「1月」「2月」・・という「月名」。昔は数字ではなく「和風月名(わふうげつめい)」という和名を用いていました。記事では、和風月名(=旧暦・陰暦の月名)の読み方・由来と、それぞれの異称を一覧にしてまとめています。
難読漢字・旧国名

【動物編】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

動物の漢字の中には、難しい読みをした難読漢字が数多くあり、それら難読漢字は、漢字検定やクイズ番組などにもよく出題されています。記事では、そんな動物たちの漢字表記の由来を簡単にまとめています。楽しく学びながら難読漢字をマスターしましょう。
花札

【花札9月】「菊に盃(さかずき)」で汲み取る知識の雫|菊花紋章と重陽の節句

花札9月札に描かれている「菊」と「盃(さかずき)」。そのモチーフとなったのは「重陽の節句」の菊酒の風習です。記事では、菊の特徴や由来・花言葉、天皇家の菊花紋章、重陽の節句についてまとめています。菊について詳しく学んで、その恩恵にあずかりましょう。
花札

【花札5月】「菖蒲に八橋」の意味と植物の違い|いずれあやめか杜若(かきつばた)

花札5月札の「菖蒲に八橋(やつはし)」。「菖蒲」の読み方は「しょうぶ」ではなく「あやめ」で、さらに言うと絵柄のモチーフになっているのは、八橋の近くに咲く「かきつばた」です。記事では、そんな植物たちの特徴や見分け方について簡単にまとめています。
花札

【花札7月】「萩(はぎ)と猪(いのしし)」から見る対照美|特徴と由来・秋の七草

花札の7月札には、繊細で可憐な「萩(はぎ)」と荒々しく力強い「猪(いのしし)」という対照的な2つがペアで描かれています。記事では、そんな「萩」の特徴や由来・花言葉、「秋の七草」の覚え方、「猪」の生態と猪肉を用いた料理について簡単にまとめています。
花札

【花札12月】最後を締めくくる「桐に鳳凰(ほうおう)」|梧桐に止まる伝説の霊鳥

花札の最後の月「12月札」の絵柄を飾る「桐に鳳凰(ほうおう)」。絵柄のモチーフとなったのは「梧桐の木に止まり竹の実を食べる鳳凰」という中国の伝説で、記事では「桐」の特徴や生態、桐紋に関すること、さらには中国と「鳳凰」の関係などを紹介しています。
花札

【歴史年表付き】ゲーム会社「任天堂」と花札・トランプの関係|始まりは小さな花札屋

100年前のある小さな「花札屋」から始まった「任天堂」。高度な技術を持っていなかった「任天堂」は、どのようにして世界的大企業へと成長することができたのでしょうか。その源泉を、任天堂が歩んできた歴史をもとにして紐解いていきたいと思います。
花札

【花札辞典】「こいこい・花合わせ」の用語の読み方と意味|出来役・札名など

花札には、普段あまり馴染みのない特殊な言葉がたくさんあり、それら用語をいざ覚えるとなるとかなり大変です。記事ではそんな花札の用語を、各カテゴリーに分けて一覧(五十音順)にしてまとめました。花札用の「逆引き辞典」としてご活用ください。
タイトルとURLをコピーしました