【ピアノ無料楽譜】著作権フリーのクラシック曲 一覧|クラシック音楽史付き

無料楽譜(童謡曲・クラシック)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

モーツァルト、ショパン、ベートーヴェンなど、ピアノを始めた人なら一度は弾いてみたいクラシック曲。

パブリックドメイン(著作権フリー)にあたるクラシック曲は、誰でも自由に使用することができ、日々の練習素材としても最適です。

記事では、以下のことをまとめています。

クラシック曲・ピアノ初心者向け無料楽譜  一覧 ※随時追加予定

音源【mp3】と楽譜【PDF】のダウンロード

作曲家紹介とクラシック音楽史【付録】

ピアノの練習に励みながら、偉人たちが作った曲の世界をその身で体感しましょう。

▼童謡・世界の民謡の無料楽譜はこちら▼
【ピアノ無料楽譜】著作権フリーの童謡曲 一覧|歌詞・コード付き




クラシック曲・ピアノ初心者向け無料楽譜 一覧【作曲家別】

ピアノの鍵盤のアップ画像

ヴィヴァルディ

春 ~「四季」より

※再生ボタンを押すと音源が試聴できます。

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介①『アントニオ・ルーチェ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi)【1678-1741】』


バロック時代に活躍したイタリアの作曲家・ヴァイオリニスト。父は理髪師。代表作は、季節それぞれの様子を色彩豊かに描いたバイオリン協奏曲「四季」。

エルガー

愛の挨拶

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

威風堂々

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介②『エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar)【1857-1934】』


イギリスの作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト。父はピアノ調律師・楽器商。代表作は「エニグマ変奏曲」「行進曲『威風堂々』」「愛の挨拶」。

ショパン

別れの曲

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介③『フレデリック・フランソワ・ショパン(Frederic Francois Chopin)【1810-1849】』


前期ロマン派音楽を代表するポーランド出身の作曲家。作品のほとんどはピアノ協奏曲。情熱的でロマンチックな作風から『ピアノの詩人』と呼ばれている。代表作は「英雄ポロネーズ」「子犬のワルツ」「別れの曲」。

ドヴォルザーク

家路 ~交響曲「新世界」より(遠き山に日は落ちて)

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介④『アントニオ・レオポルト・ドヴォルザーク(Antonín Leopold Dvořák)【1841-1918】』


チェコの作曲家で、チェコ国民音楽を代表する1人。ブラームスに才能を見い出され、スラブ舞曲集で一躍有名に。代表作は「交響曲第5番『新世界より』」「モラヴィア二重唱曲集」。




バッハ

メヌエット

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

G線上のアリア

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介⑤『ヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach)【1685-1750】』


バロック時代を代表するドイツの作曲家で『音楽の父』と呼ばれている。宗教音楽や協奏曲、オルガン曲など優れた作品を数多く残した。代表作は「トッカータとフーガニ短調」「主よ人の望みの喜びに」。

パッヘルベル

カノン

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介⑥『ヨハン・パッヘルベル(Johann Pahelbel)【1653-1706】』


バロック時代中期のドイツの作曲家・オルガン奏者。オルガン曲や宗教声楽曲を中心とした作品を多く残す。コラール前奏曲やフーガの発展に大きく貢献した。代表作は「パッヘルベルのカノン」。

ベートーヴェン

エリーゼのために

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介⑦『ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)【1770-1827】』


ドイツの作曲家・ピアニスト。古典派を代表する作曲家でロマン派音楽の先駆者。難聴に悩まされながら、交響曲・ピアノソナタなど数多くの傑作を世に生み出した。代表作は「交響曲第3番(英雄)」「交響曲第5番(運命)」「交響曲第9番(合唱)」。

ホルスト

ジュピター ~組曲「惑星」より

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介⑧『グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst)【1874-1934】』


19世紀末から20世紀初めに活躍したイギリスの作曲家。父は音楽教師、母はピアニスト。組曲「惑星」は、クラシック音楽の枠を越えて全世界に愛されている。

モーツァルト

アイネ・クライネ・ナハトムジーク

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

トルコ行進曲

▼音源と楽譜のダウンロードはこちら▼

■作曲家紹介⑨『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)【1756-1791】』


オーストリアの作曲家。幼い頃から音楽の才能を発揮し『神童』と呼ばれている。交響曲・協奏曲・オペラ・宗教曲など様々なジャンルの傑作を世に生み出し、古典派音楽の頂点を築いた。代表作は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「トルコ行進曲」。




クラッシク音楽史【付録】

クラシックとは「古典的」という意味で、一般的にクラシック音楽17~20世紀前半までのヨーロッパを中心とした西欧音楽のことを指します。

クラシック音楽は「バロック」「古典派」「ロマン派」の3つの時代に区分され、それぞれ次のような特徴があります。

バロック音楽(1600~1750年)

器楽の発達により、教会で歌われることの多かった音楽が貴族のものへと変化した時代です。「バロック」とは「歪んだ真珠」の意味で、この時代が正当に評価されていなかったことを揶揄したものだと言われています。

オペラ・室内楽・協奏曲などが発達した時代でもあり、弦楽器を用いた端正かつ華やかなメロディーの音楽が多いのが特徴です。

■バロック音楽の作曲家


バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディなど

古典派音楽(1750~1820年)

産業革命・フランス革命が起こり、貴族だけでなく一般市民もコンサートで音楽鑑賞をするようになった時代です。交響曲や新しい雰囲気のオペラが誕生し、ピアノの基本形が完成しました。

バロック時代では貴族から依頼を受けて作曲するのが通例でしたが、この時代では作曲家が貴族のもとを離れ、自己表現のために作曲活動を行うようになります。

■古典派音楽の作曲家


ベートーヴェン、ハイドン、モーツァルト、シューベルトなど

ロマン派音楽(1820~1900年)

音楽家が芸術家としての地位を高め、人の感情を主題にした音楽や民族音楽など、百花繚乱の様相を呈した時代です。創造性・思想・演奏技術などが重視され、芸術そのもののための音楽が作られました。

ロマン派の後期には「印象主義音楽」と呼ばれる絵画的・映像的音楽が登場します。

■ロマン派音楽の作曲家


ショパン、ブラームス、リスト、チャイコフスキー、ドビュッシー、ラヴェル、エルガーなど




利用規約

●公開中の参考音源・楽譜は、商用・非商用・営利・非営利問わず利用できます。(加工、編集、二次利用、再配布などについても自由です)
●使用報告・リンク・クレジット表記(著作権表示)は必要ありません。
●当ブログの音源・楽譜をご利用の際に生じた損害損失に対しての責任は負いかねますので、その点はご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました