読書・小説(重松清)

【読書】短編小説『せんせい。/重松 清』のあらすじと感想|映画「泣くな赤鬼」原作

映画「泣くな赤鬼」の原作でもあり、生徒と教師をめぐる様々な物語が詰め込まれた、重松清の人気短編小説『せんせい。』。記事では、そんな短編集の収録作品全6編のあらすじと感想をまとめています。
読書・小説(重松清)

【本・読書】小説「ビタミンF/重松清」のあらすじと感想|セッちゃんなど

直木賞受賞作である、重松清の名作短編小説「ビタミンF」全7編のあらすじと感想をまとめました。表題の「ビタミンF」の「F」は、物語のキーワード「Family、Father、Friend、Fight、Fragile、Fortune 」の頭文字をとったものです。
花札

【花札2人】「こいこい」のルールと役一覧・点数表|月札の覚え方・PDF付き

記事では、2人用の定番花札ゲーム「こいこい」の基本的な遊び方(ルール)をイラストつきで分かりやすく解説しています。また、後半には札の一覧や出来役・点数表などを載せています。「こいこい」の初心者でルールを詳しく知りたい人におすすめです。
花札

【花札一覧】各月に描かれた絵柄の意味|季節を彩る動物・植物の名前と種類

花札の絵札に描かれている動物や植物には、いったいどんな意味や由来があるのでしょうか?記事では、花札の絵柄に関する雑学と、旧暦の月名(和風月名)の読み方・語源について、月ごとにまとめて紹介しています。
読書・小説(重松清)

【短編小説】「きみの町で/重松 清(新潮文庫)」のあらすじと感想|読書感想文

夏の新潮文庫100冊の一つ「きみの町で/重松清」のあらすじ・感想記事です。この本は端的に言うと、多様な登場人物(主に子ども)をまじえて正解のない哲学問題にせまる実験小説です。夏休みの読書感想文の参考にお役立てください。
読書・小説(重松清)

【読書感想文】「また次の春へ/重松 清(文春文庫)」のあらすじと感想

東日本大震災をモチーフにした連作短編小説「また次の春へ/重松清」(文春文庫)の収録作品7編のあらすじと感想をまとめました。物語のおさらいや内容把握にお役立てください。著者「重松清」の紹介・プロフィール付きです。