【読書感想文】「また次の春へ/重松 清(文春文庫)」のあらすじと感想

机に広げられた分厚い本小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

心に響く感動的な作品の多い重松清さんの作品の中で、今回は東日本大震災をモチーフにした連作短編小説「また次の春へ」(文春文庫)を読んでみることにしました。

記事では以下のことをまとめております。

本の内容紹介と収録作品

収録作品のうち4編のあらすじと感想(ネタバレあり)

著者「重松清」の紹介・プロフィール

大まかなあらすじの把握や、物語の内容のおさらいとしてお役立てください。




内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】また次の春へ/重松 清 (文春文庫)

小学3年生、母を亡くした夜に父がつくってくれた”わが家” のトン汁を、避難所の炊き出しでつくった僕。東京でもどかしい思いを抱え、2カ月後に縁のあった被災地を訪れた主婦マチ子さん。あの日に同級生を喪った高校1年生の早苗さん…。厄災で断ち切られたもの。それでもまた巡り来るもの―。未曽有の被害をもたらした大震災を巡り、それぞれの位置から、再生への光と家族を描いた短篇集。

―――文春文庫「また次の春へ」内容紹介より

この短編集には以下の7編が収録されています。

■収録作品


・トン汁
・おまじない
・しおり
・記念日
・帰郷
・五百羅漢
・また次の春へ

このうちの4編「トン汁」「おまじない」「しおり」「記念日」のあらすじと感想を以下にまとめました。

あらすじと感想

トン汁

野菜がたっぷり入った食卓の豚汁

■あらすじ


母が突然の病気で他界し、兄弟3人と父親で新たな生活を送ることになった家族。葬儀か終わり、母の欠けた居間で、沈鬱な面持ちで家族4人が座っていると、突然「父がなにか食べるか?」と言い出します。どうやら、みんなのために「トン汁」を作ってくれるそうで──。

出来上がった父の「トン汁」はもやし入りのオリジナルで、温かくて体が温まるものでした。でも、味はお世辞にも良いと言えるものではなく・・。

だしはとっていないし、豚肉は固いし、もやしの水分で水っぽい。そんなだめな部分を、姉は容赦なく指摘します。

その後、私たち家族にとって「トン汁」は特別な料理となり、姉は失恋したその日に唐辛子をかけたもやし入りの「トン汁」を食べ、兄は大学時代に「スタミナをつけるために」と卵入りの「トン汁」を食べました。

そんな2人も、父親と一緒に食べるときには唐辛子や卵を入れたりしません。思い出の中の「トン汁」は、やはり父親オリジナルのものだったからです。

ちなみに私は、ボランティア活動の一環で、震災の避難者のために炊き出しの「トン汁」を振る舞っています。

どんな家族にもその家庭ならではのオリジナルのメニュー・素材があります。物語の登場人物が「トン汁」に唐辛子・卵を入れたように、料理にはそれぞれの特別な想いが込められるものです。皆さんの家庭では「トン汁」に何を入れていますか?

思い出の味が懐かしくなってお腹が空いてくる、そんな味わい深いストーリーでした。

おまじない

公園の遊具の定番ブランコ

■あらすじ


東京のマンションで、体験したことのない揺れの地震を経験するマチコ。テレビをつけると津波警報が発令されていて、警報区域に小学生時代に暮らした町の名前が映し出されます。マチコは、被災した町のために自分は何もしないでいいのかと落ち着かなくなり、町に行ってみようと決意します。

東北のその町に転校したばかりの頃、クラスの子と親しくなるために、マチコは東京の遊びといって、みんなに「おまじない」を教えてあげていました。そして、その中には彼女が創作したオリジナルの「おまじない」もありました。

仕事をやり繰りして休みをとり、泊まりがけで町を訪れたマチコ。避難所となった母校を訪れた彼女は、伝言板にメッセージを残します。

クラスの集合写真を持ってきたこと、自分の名前や、今は結婚して東京で住んでいること、被災したと聞いてやって来たこと、そしてよければ連絡してほしいこと。

しかし、誰からも電話はかかってこず、被災した町を車で周りながら、彼女はこんな事を考えます。

小さな親切、大きなお世話――。

東京に帰ってから子どもたちにも指摘されるのですが、どうも彼女のしたことは無神経だったみたいです・・。

どんな親切も一つ間違えれば相手にとって迷惑になり、偽善とか自己満足と思われかねない――、そんなことを考え、マチコは「自分はいったい何をしているのだろう」と自嘲しはじめます。

かつて遊んだことのある公園を見つけたマチコ。ブランコに近寄ったとたん、頭の中に思い出の友だちの姿がよみがえります。

仲良しの友だちのケイコと、公園のブランコで遊んでいたマチコ。彼女のリクエストに応えて、『お別れになってもまた会える』というオリジナルのおまじないを考案し、そして・・。

当時を思い出しながらブランコに近づくと、小学生たちが身に覚えのある合図をしてブランコをこいでいます。それは自分が考えたあの『おまじない』で――。

子どもたちから「学校の伝統なんだ」と教えてもらったマチコ。

自分がつくった「おまじない」が代々受け継がれてきたという事実に、思わず涙が込み上げます。そして、涙の後に見た町は、もうよそよそしいものではなく、自分がかつて暮らしたなつかしい町となっていました。

小学生の一時期を過ごしただけという思いで、町に来ても自分がよそ者のように思えて仕方なかったマチコ。そんな彼女が、自分の作った「おまじない」を目にし、ここに存在していた証を見つけて涙する最後は、とても感銘深いものがありました。

「おまじない」という子どもの遊びと結びつけて、被災地に関わる人の心情を上手く描いていたところも、面白みがあってよかったと思います。




しおり

カエデの葉が挟まれた見開きの英書

■あらすじ


高校の入学試験の最中に地震を経験した早苗。その時の揺れは大したことなく、試験はそのまま実施され、試験後の帰り道、親友の慎也と試験内容の話をすることになります。そして時は過ぎ、中学から高校へとバトンが渡される3月、すべてを飲み込む厄災が起きて──。

入学試験時に国語で出題された、『相田みつをの詩「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」について考えたことを書け』という問題。慎也はその問題に対して、「解答するのが地震後だったらもっといろいろ書けたのに」と早苗に愚痴ります。

また彼は、同じ国語の試験に出題された小説が気になり、「持っているなら貸してほしい」と早苗に頼んできます。

結局、その本を仕方なく貸す約束をする早苗。

3月11日――。

未曾有の地震が町を襲い、不運にも慎也はその時に海に釣りに出ていて、津波とともに行方不明になってしまいます。

早苗は思います。

「自分たちの家は高台にあり、耐震工事もされていたから家にいれば命を落とすこともなかった。あの日、彼が海にさえ行っていなければ・・。」

運命のいたずらを憎らしく感じる早苗。

月日が経って復興が進み、避難者の数が減っても慎也は見つかりません。そんな中でも母親の由美は、「息子がいつか帰ってくる」と信じ続けようとします。

それからしばらくして、母親の由美が「慎也があなたから借りてたものみたい」と言って早苗のところに一冊の本を持ってきます。それは、入試の時に彼女が貸した小説で、中には葉っぱの『しおり』が挟まれていました。

津波による被災者には行方不明者が多く、遺体が見つからなくてその死を認めることができない、という家族がたくさんいます。

亡くなったと分かれば心から悲しんで泣けるのに、わずかな希望が残されるがゆえに、その気持ちに踏ん切りをつけらないでいる――、そんな被災者の割りきれない気持ちを、しおりの挟まった本の存在を交えて美しく描いた物語。

「また、明日──。」

そんな、「小さな未来がやって来ること」の証ともなる『しおり』の存在が、どこか切なく印象的でした。

誰だって将来に大きな災いが起こるなんて思ってもみません。しかし、来るべき未来が無慈悲に壊されるくらい、現実というのはとても残酷なものです。

物語を読んで、今私たちが何の問題もなく生きていることが幸せであること、また現実世界の理不尽さや割り切れなさに対して、時に踏ん切りをつけなければいけないということ、そういったことを考えさせられました。

記念日

二人の結婚記念日に印をつけたカレンダー

■あらすじ


担任の先生の発案で、被災者のためにカレンダーを送ることになった、と母親に話す舞衣。家には新しいカレンダーがなく、仕方なく今使っているものを送ることになるのですが、家族の記念日が書き込まれていて、「さすがにこれはまずいのでは?」と頭を悩ませます。結局、マークを全て消して送ることになって――。

翌日、学校に集まったたくさんのカレンダー。被災者のことを気遣って、震災の起きた3月以前の部分は切り取り、年間カレンダー以外を送ることになるのですが、そのことが大きな問題をまねきます。

被災者からの感想を聞いた先生は、「自分の配慮が足りなかった」と生徒や保護者に語ります。

「震災を乗り越え、未来を向いて進んでほしい――、その意を込めて4月以降のカレンダーを送ってくれた、という気持ちは被災者に伝わりました。でも彼らにとって一番つらいのは過去がなかったことにされることで、3月以前のないカレンダーは、そういった点で相応しくありませんでした。

もちろんカレンダーを喜んで受け取ってくれた人も多くいました。だから、全てが間違っていたわけではありません。でも同時に全てが正しくもないんです・・。 」

先生の言っていたことを家で両親に話した舞衣は、「親切というのは難しく、全員を納得させることなんてできないんだね」と現実の厳しさを実感します。

そんな中で、彼女は「自分たちが送ったカレンダーはいったいどんな人がもらったのだろう・・」と気にかかってきます。

カレンダーの行方は避難所からの連絡ですぐに分かることになります。しかも意外なことに、受け取った佐藤さんというおばあさんは、「消していた部分に何が書き込まれていたのか教えてほしい」とお願いしてきたのだそうです。

家族を津波で失ったという佐藤さんに申し訳なく感じつつも、正直に記念日を教えることにした舞衣。

そして月日が流れ、8月の舞衣の誕生日に、見知らぬ相手から宅急便が届きます。差出人は、なんとあの佐藤さんで──。

中には貝殻のネックレスが入っていて、添えられた手紙には、「舞衣さんの誕生日を祝わさせてください」と書いてありました。

その後、お礼の電話をかける母親。舞衣は佐藤さんと話を交わし、会う約束をすることになります。

それはまさに『新たな記念日』となるものでした。

誰かの記念日が別の誰かの記念日になることがあります。震災で娘を失った佐藤さんにとって、舞衣やその家族は心の支えともなる存在で、そんな両者がカレンダーを通じて繋がり合うストーリーはどこか美しく、心あたたまるものがありました。

新しく作られた『記念日』が、素敵な日になることを願うばかりです。




著者「重松清」の紹介

 重松清(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、作品の中では、特に少年少女を主人公にしたもの(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)がお気に入りです。

彼の作品には、人の複雑な感情を繊細に描いたものが多く、読んでいると胸にじんわりと響きます。

傷ついたり、悩んだり、立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちも魅力のひとつですよね。

学校の教科書にも採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは小学校の国語の授業でも習います。

また、映像化された作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」もつい涙してしまう感動作ぞろいの重松清文学。興味を持たれた方は、ぜひ他の作品も読んでみてください。

▼重松 清のプロフィール▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました