【読書感想文】小説「ビタミンF/重松清」のあらすじと感想|セッちゃんなど

机に広げられた分厚い本読書・小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

直木賞受賞作であり、世間的に重松清の名が知れ渡るきっかけともなった短編小説「ビタミンF」。

表題の「ビタミンF」の「F」は、「Family、Father、Friend、Fight、Fragile、Fortune 」など、各物語のキーワードともなる言葉の頭文字(イニシャル)をとったものです。(――著者あとがきより)

記事では、以下のことをまとめています。

本の内容紹介と収録作品

収録作品7編のあらすじと感想

著者「重松清」の紹介・プロフィール

物語のビタミンによって元気が湧いてくる、そんな不思議な力を持った小説「ビタミンF」。

さっそく、その内容を見ていくことにしましょう。




内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】ビタミンF/重松清(新潮文庫)

38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。「また、がんばってみるか――」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。

―――新潮文庫「ビタミンF」内容紹介より

この短編集に収録されている作品は次の7編です。

■収録作品


・ゲンコツ
・はずれくじ
・パンドラ
・セッちゃん
・なぎさホテルにて
・かさぶたまぶた
・母帰る

以下に、各作品ごとのあらすじと感想を簡単にまとめましたので、内容のおさらいとしてお役立てください。

あらすじと感想

ゲンコツ

仮面ライダーのポーズをとる2人の男性のシルエット

■あらすじ


同期で会社に入社した雅夫と吉岡の2人。そんな彼らも年齢38歳の中年になり、次第に歳のことが気にかかり始めます。「まだまだ38だ」と考えて、飲み会の席で仮面ライダーを演じながら若者みたいにはしゃぐ吉岡と、それとは対照的に「もう38だから・・」と若い頃のようにできない自分を嘆く雅夫。ある日、雅夫が、街でイタズラを繰り返す少年グループを注意するために、勇気を絞って闘いを挑むのですが・・。

物語の最後、少年たちに立ち向かった事実と、洋輔のためにとった自身の勇気ある行動に気持ちの高ぶりを覚え、無意識にヒーローポーズを決めた雅夫。

結局、彼は、握ったゲンコツを相手にぶつけることはできませんでしたが、恐怖の対象でしかなかった少年たちに勇敢に立ち向かえたことで、若い頃の気持ちを取り戻すことに成功します。

最後のシーンのヒーローポーズは、もしかしたら、彼が自信を取り戻し、自らを誇りに思えるようになったことを示す証だったのかも知れませんね。

■「ゲンコツ」の名言・名セリフ


「――いつからだろう、歌詞に『愛』とか『自由』とか『夢』が出てくる歌を歌うのが気恥ずかしくなったのは。」

 

▶▶若いときには「夢」とか「希望」とかいう言葉を惜しげなく使っていたのに、歳をとるとそういったものを使うのが気恥ずかしくなってしまう。また、大風呂敷を広げて何でもできると夢見ていたのに、社会に出て現実世界を見てしまってからは、そんな純粋な気持ちも忘れてしまう――。若さの特権とも言える「野心」や「大志」。できれば、大人になってもずっと持ち続けていたいものです。




はずれくじ

はずれてしまったスクラッチくじ

■あらすじ


妻の淳子が手術で入院し、今まであまり話をしてこなかった息子(勇輝)と2人きりになって不安を覚える父の修一。ある日、道端で「宝くじ売り場」を見かけた修一は、父親との過去に思いをめぐらせます。

父親との思い出を、修一は次のように語ります。

「どこにでもあるような裕福でも貧しくもない平凡な家庭で育った私。

そんな家の主(あるじ)である父親が、趣味の変わりに楽しみにしていたのが宝くじだった。

父親が言っていた『宝くじが当たったらどこにでも行ける』という言葉。

あの頃の父は何を思っていたのだろうか?その日常に本当に満足していたのだろうか?」

物語の後半に修一は、父が宝くじを実際には1枚しか買っていなかったことを聞き、本気で今の日常から逃避しようとは思っていなかったのだと知ります。

そして、そのことをきっかけに、修一の胸に「勇輝ときちんと向き合おう」という気持ちが湧き起こり、息子が通う塾へと足を向けることになります。

「宝くじ」と「はずれくじ」、さらに「2つの父と息子の関係」が対比するように描かれたストーリーは、読み返すたびに新たな発見があり、また、父親の真実に触れて現実に向き合う決心のついた修一が、最終的に勇輝と打ち解け合うという結末も非常に良かったと思います。

パンドラ

床に置かれた木製オルゴール

■あらすじ


優等生の娘・奈穂美が、万引きをしたことで警察に補導され、さらに彼女がヒデという年上の男と一緒にいたと聞き、気が気でなくなる父親の孝夫。そんな娘の知りたくなかった側面、いわゆるパンドラの箱を開けてしまった孝夫は、妻が初めて抱いたのが自分でなかったことや、自分が最初に付き合った忘れられない女性のことなど、開いてはいけない秘密の箱に次々と手を出していきます。

物語で一貫して描かれる、女性に対して純潔性・貞操性を求める父親・孝夫の人物像。

彼ははじめ、未成年の奈穂美が男と関係を持ち処女を失ったことに憤りを覚え、次に妻の陽子に対して、「初めて抱いた男は自分ではなかったのでは?」と疑惑を抱きはじめます。

そういった孝夫の考え方はどこか旧日本的で、「女性はこうあるべきだ」と女らしさを追求する、いわば男尊女卑的な価値観を持つ人間のように思えました。

また孝夫は、娘のパンドラの箱を開けてしまったことを皮切りに、妻⇨自分⇨息子と、連鎖的に秘密の箱を開けていくのですが、それはまるで、ギリシャ神話のパンドラの災いの象徴のようでもありました。

誰しもが、生きていく上で何かしらの秘密を抱えています。

そんな秘密の箱を開けたことで始まる、一人の男の心の葛藤を描いたストーリーは、身に詰まるリアリティさがあり、どこか他人事にできないものがあります。

最後に父親の孝夫が、オルゴールとともに過去の秘密を封印したことで得られたものは、はたして希望だったのでしょうか?

ほのかな余韻を残す結びがとても印象深かったです。

■気になるワード『パンドラの箱』


――ギリシャ神話のパンドラの説話がその語源。

 

【ストーリー】
ある日、最高神ゼウスが不幸や災いの詰まった箱を、「絶対に開けてはならないぞ」と言って、地上界最初の女性パンドラに渡します。しかし、パンドラは好奇心からその約束を破って箱を開けてしまい、中に入っていた不幸や災いが飛び出してしまいます。大慌てでパンドラが蓋をすると、箱には「希望」だけが残り・・。

 

▶▶この「希望」については様々な解釈があり、人が絶望的な状況に追いやられたとき、この「希望」があるからこそ未来を信じて生きていけると捉えることもできますし、箱の側の視点で見て、マイナスの要素(不幸・災い)がすべて外に出ていったのだから、残るのはプラスのもの(希望・幸福)だと考えることもできます。




セッちゃん

赤絨毯に乗ったひな人形たち

■あらすじ


娘の加奈子が突然話し始めた、クラスのみんなにいじめられている「セッちゃん」という女の子。実は、そんな人間は存在せず、いじめられているのは加奈子自身で、彼女が自ら「いじめられっこ」を作り出し、他人のように語っているのだと父親の雄介は知ることになります。いじめの事実がなかったかのように気丈にふるまう加奈子と、それを見て複雑な気持ちになる両親。「娘のために何をしてあげることが正解なのだろう」と思い悩んでいた父親・雄介は、「流し雛」という、不幸を背負ってくれる力のある「ひな人形」に思いを託すことにして・・。

波風なく幸せな日常が続いていた家族に起きた突然の災い。

本当のことを問いただすべきなのか、嘘を守ってあげるべきなのか――。

加奈子のためにとるべき行動に思い悩んでいた雄介は、クラス担任の先生からこんな話を聞きます。

「学校で生徒会長に立候補したのは、自分の居場所を失いたくなかったからではないでしょうか。そして、それと同様に、家庭でも自分の居場所を失うまいとしたのではないでしょうか。」

人一倍プライドが高く、みんなのリーダーとしての『自分』を捨ててしまったら居場所がなくなると考えて、必死に今まで通りの『自分』を見せようとしていた加奈子。

そのことを知った雄介は、「気づかなかった自分は本当に馬鹿だったな」と自分を嘲ります。

ある日、彼は、商店街で「身代わり雛」というひな人形を見つけ、店の亭主から「これは『流し雛』と言われるもので、川に流せばすべての不幸を代わりに背負ってくれるんだ」と説明を受けます。

それを聞き、加奈子と一緒に「流し雛」を川に流そうと決意した雄介。

「流し雛」を川に流したからといって現実が大きく変わるわけではありません。でも、儀式と呼ばれるものは元来そういうもので、自分の気持ちに区切りをつけること、前を向いてもう一度歩けるようになること、それが本来の役割なのでしょう。

はたして加奈子は、ずっと堪えていた涙とともに、心の傷を癒やすことができたのでしょうか。

■「セッちゃん」の名言・名セリフ


「いじめることは悪いことだけと、誰かを嫌いになるのは個人の自由じゃん。『いじめはしてはだめ』とは言えても、『あの子は嫌いになるな』とは言えないでしょ。」

――いじめの事実を自分に納得させしようとして持ち出した加奈子の言葉。

 

▶▶確かに、人の好み・好き嫌いというのは個人の自由かも知れません。でも、それは心の中で思うことに限るのであって、実際のかたち・行動を伴うものは、許されるべきではないと私は思います。

なぎさホテルにて

ホテルのグラスに注がれるシャンパン

■あらすじ


17年ぶりに家族とともに訪れた海辺のホテル『なぎさホテル』。そこは、父・達也が20歳の誕生日を祝ったホテルで、かつての恋人・有希枝と一緒に泊まった思い出の場所でもありました。当時、ホテルでは、未来の指定した日に手紙が届く『未来ポスト』というサービスが行なわれていて、達也と有希枝はそれを使って17年後の自分たちに向けて手紙を書いていました。あれから月日が経ち――、手紙を受け取った達也が再び『なぎさホテル』を訪れると・・。

かつての恋人との再会をひそかに期待して、家族とともにホテルにやって来た達也。

実はこれが最後の家族旅行で、妻の久美子とはすでに心が離れていました。

彼は、「妻に悪いところがあるのではなく、自分が今の人生に不満を覚えるようになったから」と内情を語り、さらに、「もしも結婚しなかったら別の人生があったかも知れない」と、今とは違う世界に淡い期待を抱きます。

ディナーが終わってから、部屋でかつての恋人からの二度目の手紙を読んだ達也。

その時になってようやく彼は、自分のとった行動がとても身勝手なことで、妻と子ども2人といる今の家庭がどれだけ幸せなものであるかということに気付かされます。

家族最後の思い出ではなく、新たな出発点となった『なぎさホテル』。

物語の結びに描かれた、思わず笑みがこぼれるような家族4人の幸せなひとコマがとても印象的でした。

■気になるワード『もしもゲーム』


「もしもライオンさんが白かったら?⇨しろくまさんと友だちになる。」と言うように、動物を『もしも』でつないで、友だちを増やしていく子どもの遊び。

 

娘の麻美と妻がこの遊びをしているのをそばで見ていた達也は、こんなことを考えます。

 

「子どもの世界で『もしも』という概念がなくなったらつまらなくなるんだろうなぁ・・、でも、大人になってからの『もしも』は、ろくなものが続かない・・。」

 

▶▶子どもの時の『もしも』は、未来に向けての期待を込めた「仮定」でしたが、大人の『もしも』は、これから起こるであろう未来への「不安」や「恐れ」が現れてしまうことが多いようです。具体例で言えば、「もしも病気に・・」「もしも事故に・・」「もしもリストラに・・」などでしょうか。




かさぶたまぶた

手当てのための絆創膏と綿棒

■あらすじ


落ち込んだ様子を見せる娘の優香に心配を抱く父・政彦と母・綾子。ある日、優香が、学校から課題として出されていた自画像に、自身の心の闇を象徴するかのような邪悪な仮面の顔と、雪だるまみたいなからっぽな顔を描きはじめて・・。

完璧主義で体面を重視し、強さを求め続ける父親に、息苦しさを感じ始めた子どもたち。

大人になると世間体を繕うために、虚勢を張って強い自分を演じなければなりません。でも、本当は誰しもが弱い部分を持っていて、そんな『弱さ』を子どもたちの前にさらけ出すことで、父親の政彦は、傷が入った親子の関係を修復していきます。

優香が最後に完成させた、自画像の『目を閉じて笑う顔』。

その絵のことを、父親の政彦はこう表現します。

「もしかしたら、閉じられたまぶたは『かさぶた』なのかもしれない・・」

ふとしたきっかけで壊れ傷ついてしまった家族の絆。

父親の機転によって応急手当てはできましたが、まだそれは『かさぶた』の状態。完全に治るまでは時間がかかりそうです。

その傷が治る『いつか』に向けて、家族がこのまま前を向いて歩んでいってくれることを願うばかりです。

母帰る

実家の和室に差し込む外の光

■あらすじ


妻の百合と娘2人の家族4人で暮らす主人公の僕。ある日、姉から電話があり、父親のことで相談を受けます。実は、僕と姉の2人が家庭を持った頃に両親は離婚。母親のほうが家を出ていってしまったのです。その後、一人取り残された父親が、姉に「母親にもう一度会って暮らしてみたい」とお願いをしてきて・・。

この物語では、次の3つの家族の姿が描かれます。

●長年連れ添った伴侶に出ていかれ、もう一度一緒に暮らしたいと考える父親。

●優しくいい人だっと思っていた夫が不倫をして離婚し、女手ひとりで子育てする姉。

●夫婦仲睦まじく、子どもたちとともに理想的な家庭生活を送る僕。

そんな三者三様の、全く異なる家族の『かたち』です。

その中で、主人公である僕は、父や姉の現在の状況を『壊れた家族』と例え、一方で姉の元夫の浜野は、幸せになるための一つの方法として別れる選択肢もあるのではないかと持論を主張します。

確かに、離婚しては絶対だめだとか、家族がずっと一緒にいることこそ幸せであるというのは、単なる価値観・考え方の押しつけなのかも知れません。

何が幸せかの定義が曖昧になり、多様性がどんどん意識されはじめてきた現代。

私たちは、あらためて「幸せ」や「家族」とは何かについて考える必要があるようです。




著者「重松清」紹介

 重松清

(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、特に少年少女を主人公にした作品(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)が大のお気に入りです。

彼の作品には、人の複雑な感情を繊細に描いたものが多く、傷ついたり・悩んだり・立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちの存在も魅力になっています。

ちなみに、作品の一部は学校の教科書に採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは、小学校の国語の授業でも習います。

また、映像化作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」もつい涙してしまうような感動作ぞろいの重松清文学。

興味を持たれた方は、気になる作品を読んでみてはいかがでしょうか。

▼重松 清(しげまつきよし)▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました