【小説・本】「カレーライス/重松清」のあらすじと感想|国語教科書掲載作品

机に広げられた分厚い本小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日書店に行くと、新潮文庫から重松清の新作短編精選集「カレーライス」が発売されていたので、早速購入して読んでみることにしました。

本記事では以下のことをまとめています。

本の内容紹介と収録作品

収録作品9編のあらすじと感想

著者「重松清」の紹介・プロフィール

すでに読まれた方は、内容のおさらいとしてお役立てください。




本の内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】カレーライス 教室で出会った重松清 (新潮文庫)

教科書で読んだ物語は、あの日の学校にタイムスリップさせてくれる。給食の味が、放課後の空気が、先生や友だちの声が、よみがえってくる。学習教材にたびたび登場する著者の作品のなかから、「カレーライス」「あいつの年賀状」「もうひとつのゲルマ」の文庫初登場三作を含む9つの短編を収録。おとなになっても決して忘れることはない、子どもたちの心とことばを育ててくれた名作集。

―――新潮文庫「カレーライス」内容紹介より

この短編集では以下の9編が収録されています。

■収録作品


カレーライス(文藝春秋「はじめての文学」より)
千代に八千代に(中公文庫「リビング」より)
ドロップスは神さまの涙(新潮文庫「せんせい」より)
あいつの年賀状(文藝春秋「はじめての文学」より)
北風ぴゅう太(新潮文庫「きよしこ」より)
もうひとつのゲルマ(「小説新潮」2002年2月号より)
にゃんこの目(新潮文庫「きみの友だち」より)
バスに乗って(文春文庫「小学五年生」より)
卒業ホームラン(新潮文庫「日曜日の夕刊より」)

どれも名作ばかりで、まさに重松清作品の精選という感じでした。

特に、最初の「カレーライス」は、小学校6年生の国語の教科書に掲載されているくらい人気があるみたいです。

以下、収録9編の簡単なあらすじと感想になります。




あらすじと感想

カレーライス

食欲をそそる野菜たっぷりのカレーライス

■あらすじ


僕は悪くない――。そういって父親に絶対に謝らないことを宣言する少年。ことのきっかけは、約束の時間以上にゲームをしていた少年を父親が注意し、本体の電源を抜いてしまったことにあって、それに腹を立てた少年は、父親から謝るべきだと片意地を張ってしまいます。そんな中、父親が夕食に早く帰ってくる『父親ウィーク』が開始することになり・・。

『父親ウィーク』開始早々、父親がゲームの件を謝ってくれますが、少年はだまったままです。悪いところは自分にもあって、当然自分も謝るべきなのにそれができません。

素直になれない感情と、同性であるがゆえに生じる反抗心、そんなもやもやした気持ちに思い悩むことになります。結局、謝る機会を逃し、父親はついには怒り出してしまいます。

仲直りをするきっかけづくりのため、風邪をひいてしまった父親と一緒にカレーを作ることにした少年。すると、お気に入りのカレーが作れたことで父親はとても上機嫌になります。

謝ることはできなかったけど、カレー作りを通して気まずくなった関係が修復でき、満足顔の少年――。

辛いはずのカレーがちょっぴり甘かったのは、父親と仲直りできたことへの安堵と、喜びの心情を象徴していたのかもしれませんね。

誰しもが経験する、親に素直になれない子どもの頃のある時期。同じ年代の子どもにとっても、親世代の大人にとっても、じんわり心があたたまる素敵な物語だったと思います。

千代に八千代に

雅な和柄の千代紙で折った青い折り鶴

■あらすじ


私のひいおばあちゃんの千代さんとその友人の八千代さんは、きんさん・ぎんさんに匹敵するくらいのご長寿コンビ。でも一つ欠点があって、それは2人が精神的にS・Mの関係だということ。千代さんにいつも注意されている八千代さんが可哀想に思えて仕方がない私は、「なぜいつも二人は一緒にいるのか?」と不思議さを感じはじめます。そして、それには私が親友のトモちゃんと絶交したことが関係していて・・。

トモちゃんは頭がよくスポーツができ見た目も綺麗で、それとは対照的に私は勉強ができず運動音痴、顔も可愛くない。そんな私と一緒にトモちゃんがいるのは、私を引き立て役にしているから、そう考えます。

だけど、そんな風に相手にいいように利用されているのに、私はそのままの関係を続けたいと思ってしまい、その自分でもよくわからない感情が、千代さん八千代さんの二人の関係にリンクすることになります。

ある日、熱を出し寝込んでしまった八千代さん。そんなときでもひいおばあちゃんの千代さんは平然としていて、私は何だか嫌な気分になります。

そして、「二人は友だちなんかじゃないんだよ」と、まるで千代さん・八千代さんの関係を自分とトモちゃんとの関係に重ね合わせるようにして、強く言い捨てます。

そんな私に父親は言います。「そういう友だちもいるんだよ。」と。

私は何だか分からなくなります。

そんな中、母親から「八千代さんのところにひいおばあちゃんが行った」という話を聞き、八千代さんのほうから千代さんに来てほしいと言ったのだと私は知ります。

長い間おなじ時間を過ごしたからこそ分かるもの――。

長く連れ添った夫婦でよく言われるように、端から見たら「なんでそんな?」と思える行動も実は大きな意味があったりします。

実際、「弱っている自分を見てほしくない」と八千代さんが考えているだろうと千代さんは察していたから、相手が望むまで見舞いに行こうとしなかったのです。

世の中には、『喧嘩するほど仲が良い』の故事に代表されるように、いろんな人間関係のかたちが存在します。

そして、その人間関係の機微は、総じて一様に表すことができないものです。

物語では、その主たる象徴として、『千代さん・八千代さん』という、より身近に感じ取りやすい人物を登場させ、誰が読んでも心の奥からそれを実感できるように工夫されていたように感じました。

ちなみに、話の途中に出てくる「歩けるうちはどんどん歩かなきゃだめ」という千代さんの言葉。

これを私は『お年寄りをたいせつに』より重い標語だと表現するのですが、要するに、余計な親切は相手にとって逆に迷惑になりかねないということを言いたいのだと思います。

歩くのが大変そうだからと車で送迎したり、車椅子を勧めたりすると、相手は寝たきりになって歩けなくなってしまう。本当の気遣いは、もしかしたら厳しさの中にあるのかもしれませんね。




ドロップスは神さまの涙

瓶に入ったドロップスとゼリービーンズ

■あらすじ


保健室で出会った「たっちゃん」という男の子。その保健室には「ヒデおば」と呼ばれる厳しくておっかない先生がいて、私はある理由でそこにお世話になることになります。その原因となったのが、自分が描いた母親の似顔絵への落書きで、それはいじめのはじまりでもありました――。

いじめられていることを大げさにしないでほしいと願う私。

授業中に、「どうかいじめに気付かないで・・」と考えていたら気分が悪くなり、避難所としてやって来ることになった保健室。そこで出会ったのがたっちゃんでした。

そのたっちゃんと私に、ドロップスをくれた保健室の先生「ヒデおば」。

舌で転がすドロップスはとても甘く、後でその味を思い出すたびに私は元気な気分になります。

たっちゃんはある時こんなことを言います。

「ドロップスは神さまの涙なんだよ。」

どうもこれは、『ドロップスのうた』をもとネタにして「ヒデおば」がたっちゃんに言ったことみたいで、神さまが流した涙が結晶となってドロップスが生まれたのだそうです。

でも私は、それが悲し涙ならたっちゃんの病気を憐れんでいるみたいなので、嬉し涙のほうがいいなと思います。

■気になるワード『ドロップスのうた』


NHK『みんなのうた』『おかあさんといっしょ』で放送された童謡で、皆が食べているドロップスを、太古の昔の神様の涙に例えた歌。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【歌詞】
むかし 泣き虫かみさまが 朝やけ見て 泣いて 夕やけ見て 泣いて
真っ赤な涙が ポロン ポロン 黄色い涙が ポロン ポロン
それが世界中に 散らばって 今では ドロップス
子どもがなめます ペロン ペロン おとながなめます ペロン ペロン

(作詞:まど・みちお/作曲:大中恩)

放課後――。

細川先生が、クラスみんなに反省文を書いてもらったと言ってきます。
「なんでそんなことするんですか――」と驚く私。

先生はわかっていない。

いじめはいけないものだと考えて、その対応として正しいことをしようとする細川先生。しかしそこには、いじめられている当事者の気持ちが置き去りにされていると、私は当惑します。

逆に「ヒデおば」は、保健室にいたいという私の気持ちを尊重してくれて、無闇に干渉もしない――、そんなところに安心感を抱きます。

いじめられている子がその事を言えないのには、その当人にしから分からない理由があって、正義感や下手な思い遣りでいじめを大ごとにすると、逆効果になってしまうのかも知れません。

「ヒデおば」は一見すると、恐くておっかない人物だけど、そんな生徒の痛みが全部分かっている頼れる存在で――、きっと「ヒデおば」は私にとって『大切なせんせい。』だったのでしょう。




あいつの年賀状

赤ポストと年賀状

■あらすじ


友だちの裕太は気の合うヤツで、時折りケンカしては仲直りする――、そんな関係。僕はその裕太と通算12回目のケンカをするのですが、相手が北海道に行ってしまったせいで、仲直りしないままになってしまいます。そんな裕太に年賀状を出すかどうか迷っていたある日、彼が転校するということをふと耳にして・・。

時間が経つにつれて謝りにくくなり、お互い意地を張って「自分から謝ったら負け」と勝手に決めこむ2人。

やがて年末を迎え、年賀状を書く時期になるのですが、僕は絶交中の裕太に書くことにためらいを覚え、結局書かずじまいになります。

ある日、裕太が転校するという話を同級生から聞き、動揺する僕。

正月が明けても気が気でない状態が続き、しまいには、もしかしてもう会えないの?と仲直りしなかったことを後悔しはじめます。

そんな折、裕太からの年賀状が届き、なんとそこには「ごめん。」の文字が――。

僕はあわてて「こっちこそ、ごめん。」の年賀状を送り返します。それも、玄関のポストに直接投函して。

仲の良い友だちとケンカして、つまらない意地でなかなか仲直りすることができない――、誰しもが子どもの時に経験したようなあるある話です。

この作品では、それを表現豊かな物語仕立てにしていて、特に、相手が転校してもう会えなくなるとわかり、自分のとった行動に僕が強く後悔するという後半の展開が、とても趣深かったように思います。

大切な存在は、それがなくなってしまうときになってはじめて気づくもの。

家族や恋人・親友が、もしかしたら突然、目の前からいなくなるかも知れない、だからこそ今を大切にしなければならない――、そんなことを考えさせられるストーリーでした。

北風ぴゅう太

学校の舞台

■あらすじ


小学校のお別れ会の最後の演目として行われることになった劇――。その書き手役に少年は選ばれます。指名したのは担任の石橋先生で、先生はこんなことを言います。

「悲しい結末にはせんでおけよ。」

実は先生の娘のゆかりちゃんは心臓の病気で、もうすぐ手術があるのです。その晩、少年は推敲の上、『マッチ売りの少女』をもとにした物語にしようと思い立ちます。

劇のストーリーは、ヒロインの少女がマッチに火をつけるたびに、小学校時代の思い出が一つずつよみがえるというもので、少年は自分の役に、「ひゅー」と言いながら舞台上を駆け抜ける『北風』を割り当てます。

実は少年は吃音症があり、つっかえる言葉がたくさんあったのです。だから、どもる心配のないセリフの北風役を自分にあてたというわけです。

しかし少年のそんな思いとは裏腹に、石橋先生はこんな名前を彼にプレゼントします。

北風ぴゅう太──。

少年は嬉しかったけど、セリフを「ぴゅー」にしないといけないと思うと何だか悲しくもありました。

お別れ会の前日。

ゆかりちゃんの手術日が過ぎても先生が教室にあらわれず、クラスの皆はそれを悪い方へと考えてしまいます。

そして当日――。

先生が来ないことが気にかかってか、あれだけ練習したのに劇はさんざんな出来になってしまいます。セリフは間違えるし、動きはぎこちないし、少年も「ぴゅー」と言うことができません・・。

劇の終幕の直前、生徒の一人が突然「せんせーい!」と大声で叫びます。

何かと思って目をやると、なんとそこに石橋先生の姿が──。

「今日という日は一生で一回の今日、明日は取り替えっこのきかない明日。」

物語の途中で石橋先生が言ったこの言葉が特に印象的で、今を大事にすること、かけがえのない時間を無駄にしないこと、分かりきっていることなのに誰もが忘れている、そんなことを強く示されたような気がしました。

きっと、少年たちが経験した小学校最後の『今日』は、大人になっても残り続ける大切な思い出になったのだと思います。




もうひとつのゲルマ

古ぼけた真空管ラジオ

■あらすじ


中学に入って、いきなり自分にあだ名をつけてきた同級生の藤野(ゲルマ)。しかもそのあだ名は『ども』で、吃音という特徴をそのまま名前にするという安直なものでした。一見すると悪意のある言葉ですが、彼にはその気がなく、ただそういったことに鈍感なだけで――。少年は、そんな彼の鈍さに心地良さを覚えていきます。

藤野のあだ名の『ゲルマ』は、親友の吉田と一緒に作ったラジオの名前が『ケルマ』で、そこからとったとのことです。

一方の吉田は、いわゆる盗みの常習犯で、給食費をくすねたり、店で万引きをしたりして警察に補導。施設に送られていました。

ゲルマは、その吉田と共同して作ったラジオを勝手に応募し、制作者を吉田一人にしてしまいます。さらに、銀賞をとったことから、彼に『ギンショウ』というあだ名までつけます。

人の気持ちを推し量ることが苦手で、世話焼き心と同情から相手を立てようとする藤野。その行為に吉田は困惑と苛立ちを覚え、ストレスから窃盗に手を出し、結果補導されて施設に入ることになります。

吉田が施設から出て学校に登校したある日――。

藤野は彼に対して「盗みをしたことをみんなに謝れ」と大声で怒鳴りたてます。

誰のせいで吉田がこうなったのか――、何も分かっていない藤野の無神経さに、僕は怒りを覚えて殴りかかります。

「単純で鈍感なところが心地良い」と思っていた僕の気持ちが、嫌悪へと変わった瞬間でした。

障がい者が特別扱いされるのを嫌がるように、相手を気遣いすぎて心理的壁を作ってしまうのはよくないことです。

でもだからといって、物語のゲルマのように無神経すぎるのも、逆に困りものです。要は、度を超えすぎないように程度をわきまえることが大事なのでしょう。

ちなみに、最近の学校ではあだ名が禁止されているそうです。私たちの世代からすると考えられないことですが、いじめに繋がってしまうというのが一番の要因だとか。

確かに、悪意のこもったひどいあだ名も中にはあったように思いますが、その大半が親しみを込めたもので、大人になっても当時のあだ名をニックネームとして使っている人がたくさんいます。

大人の価値観による過剰な制限で、子どもたちに思わぬ悪影響が出なければいいのですが・・。




にゃんこの目

目を細めて眠そうな猫

■あらすじ


遠くの景色がにじみ、厚みを失う──、そんな症状に悩まされて、きみは眼科を受診するが、異常はないと言われます。先生は、「とりあえずどういうときに起こるかメモっておいて」と言うけど、思い当たるふしなんてない。でも一つだけ気にかかることがあって・・。

実は、親友の志保ちゃんがクラスの戸川くんと付き合いはじめて、毎回のように約束をキャンセル。それできみは気を悪くしていたのです。

そんなある日、病院で由香ちゃんと恵美ちゃんの2人を見かけ、きみは、彼らの堅く結ばれた関係をどこか羨ましく感じてしまいます。そして、またあの視覚の変化が起きて――。

きみが病院を再度訪れると、先生に「近視だね」と言われメガネを処方されます。かけてみると発作が止まって見えるようになり、きみは喜びます。

実は、先生がくれたメガネは「プラシーボ」。心理的なことで症状を起こしてると考えた先生が、こころの壁を取っ払うために使った偽薬だったのです。

病は気からと言うように、こころの状態は身体と深く関わってくるもの。主人公のそれは一種の心因性視力障害で、親友の突然の変化にこころが追い付かない、まさに思春期の子どもならではの症状だったです。

ちなみに、物語のなかで印象的に登場する「もこもこ雲」の話。それが何なのかは詳しくは語られませんが、恵美ちゃんが由香ちゃんのために探していたことや、親友の志保ちゃんとずっと一緒にいれないきみに、恵美ちゃんがプレゼントしたということから想像するに、それは、大切な人と近くにいなくても繋がっていられることを象徴するもの(その人の代わりになるもの)だったのかも知れません。

バスに乗って

バスの運転手の手元

■あらすじ


母親が入院することになり、お見舞いをするため一人でバスに乗る少年。普段は母親と一緒だったので、慣れない乗車につい緊張してしまいます。2冊目の回数券がなくなってもまだ退院できない母親・・。ある日、回数券を買うためにバスの前方へと向かった少年は、ぶっきらぼうでムスっとした運転手を、なんだか嫌だなと感じてしまいます。さらに、もたもたしながら購入する少年を、運転手は「他のお客さんに迷惑だから」と咎めたて――。そんな出会いではじまる、運転手・河野さんと少年のひとときの物語。

母親のために──。そう自分を奮い立たせて、必死に頑張ろうとする少年の姿には、「はじめてのおつかい」を思わせるような、子どもらしい健気さを感じてしまいました。とはいえ、少年は小学校高学年なので、これくらいのことは出来て当然なのもまた事実。

そんな中、少年は、回数券が残り少なくなるのを見るたびに、母親の退院が遠ざかるような気持ちになって、どんどん悲しみを膨らませていきます。

そしてとうとう、3冊目の回数券が最後の1枚となり──。

バスで涙を流す少年に「どうしたの?」と事情を聞く運転手・河野さん。病気の母親への彼のつらい心情を聞いた河野さんは、何も言わずに運賃のお金を代わりに入れて少年を降ろします。

翌日、母親の退院が決まったと父親から聞いた少年は、嬉しさのあまりもう一度バスに乗り、お礼のメッセージを書いた最後の回数券を入れて下車します。

実際にはこころ優しい人間だった河野さん。少年を手厳しく注意したのは、まわりに迷惑をかけてはいけないという、社会で守るべきルールや常識を教えるためだったみたいです。

そんな河野さんとのつかの間の交流と、大人へと成長していく少年の姿を描いたこの作品は、重松文学らしい、やさしさとあたたかさのにじみ出る素敵な内容だったと思います。




卒業ホームラン

野球のグローブとボール

■あらすじ


息子・智の入学祝いに、グローブを買ってあげた父・徹夫。ある日、息子が「自分の父親は甲子園出場経験がある」と友だちに言いふらしたことで、徹夫は不本意ながら少年野球の監督を引き受けることになります。はじめは遊び半分でつとめた監督業でしたが、ユニフォームだのメンバー募集だのと次第に話が多くなって・・。「少年野球」という、父親と息子のいわば王道設定を、家族を絡めた重松清らしい切り口で描いた本短編最後の作品。

「楽しむ」ではなくて「勝つか負けるか」──、任された監督としてそんな厳しさを追求する徹夫。

ある日、受験勉強をせずに遊んでばかりいる娘・典子を叱りつけた際に、こう返されます。

「頑張ったってしょうがないじゃん。」

徹夫は「頑張れば、努力すればいいことある」と言い切ることはできませんでした。

成果主義の世の中では、才能ある人ばかりが上へ行き、努力ではどうにもならないということがあります。頑張ったのにリストラされたりと、現実はとても厳しいもの。そんな思いがあるから徹夫は娘の主張を否定できなかったのでしょう。

試合当日――。

徹夫は、観客席にいる親たちに後で文句を言われないように配慮しながら作戦を立て、スタメンと控え選手について誰を選ぶか思い悩みます。

息子の智を入れようとも考えますが、「他の親の手前やはり・・」と考え直し、結局、彼のベンチ入りを見送ることに――。

しかし、当の智はそのことをまったく気にせず、不満ひとつもらさず選手に声援を送り続けます。徹夫は、そんな彼の「いいことがないのに頑張る」という気持ちがよく分からなくなります。

物語の最後――。

徹夫は、智が「報われないのに頑張り続ける」理由を知ることになります。

それは『野球が好きだから』で──。

当然のことなのに、忘れてしまっていた、誰もが本来持っているはずの感情を示す言葉に、徹夫は思わずはっとします。

結果いかんに関わらず、好きなことはどれだけでも頑張り続けられます。

それは勉強でもスポーツでも同じこと。

「報われないことを頑張っても意味がない」ともし言われたら、「なら、頑張れるように好きになろう――」。そう言ってあげるべきなのかも知れません。




本の作者「重松清」の紹介

 重松清(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、特に少年少女を主人公にした作品(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)がお気に入りです。

彼の作品には、人の複雑な感情を繊細に描いたものが多く、傷ついたり・悩んだり・立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちの存在も魅力になっています。

ちなみに、作品の一部は学校の教科書に採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは、小学校の国語の授業でも習います。

また、映像化作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」もつい涙してしまうような感動作ぞろいの重松清文学。

興味を持たれた方は、気になる作品を読んでみてはいかがでしょうか。

▼重松 清(しげまつきよし)▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました