小説「きみの町で/重松 清(新潮文庫)」のあらすじと感想|読書感想文

机に広げられた分厚い本小説(重松清)

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

本屋の夏の新潮文庫100冊の本の中に「少年少女につづる本――」という紹介文があったので、ついつい衝動買いしてしまいました。

この本は、簡単に言うと、多様な登場人物(主に子ども)をまじえながら正解のない哲学問題にせまるという実験小説です。

短編小説の中でもかなりページ数が少なく、一つひとつのエピソードも短いので比較的短時間で読了できました。大人だけでなく、子どもにもおすすめの一冊です。

記事では以下のことをまとめております。

本の内容紹介と収録作品

収録作品11編の簡単なあらすじと感想

著者「重松清」の紹介・プロフィール

夏休みの読書感想文の参考や、内容のおさらいとしてお役立てください。




内容紹介と収録作品


【Amazon.co.jp】きみの町で/重松 清 (新潮文庫)

大切な友だちや家族を、突然失ってしまったきみ。人を好きになる、という初めての気持ちに、とまどっているきみ。「仲良しグループ」の陰口におびえてしまうきみ。「面白い奴」を演じていて、ほんとうの自分がわからなくなったきみ――。正解のない問いや、うまくいかないことにぶつかり、悩むときもある。でも、生きることを好きでいてほしい。作家が少年少女のためにつづった小さな物語集。
―――新潮文庫「きみの町で」内容紹介より

この短編集には以下の11編が収録されています。

■収録作品


・電車は走る
・好き嫌い
・ぼくは知っている
・あの町で春
・あの町で夏
・あの町で秋
・あの町で冬
・誰かとウチらとみんなとわたし
・ある町に、とても……
・のちに作家になったSのお話
・その日、ぼくが考えたこと

以下はそれぞれの簡単なあらすじと感想になります。




あらすじと感想

電車が走る

つり革の並んだ走る電車の車内風景

――よいこととわるいことって、なに?

お年寄りに席を譲れない、それぞれの事情を抱えた子どもたち。

「二人のおばあさんの一人だけに席を譲るのは逆に良くない」と思い悩むカズオ、「席に座っている人にもその権利がある」と言い分を述べるタケシ、「いつもなら譲るが体調が悪くて今日は・・」と申し訳なさげなヒナコ、勇気を出して席を譲ったのに感謝してもらえず、まわりからも冷たい目を向けられ「どうして?」と戸惑うサユリ。

席を譲らないのはわるいこと――、そう子どもの頃に教わりますが、世の中には色んな事情を抱えている人がいて、そういったことを考慮せずただ単純にわるいと決めかかるのはよくないことです。

人の数だけ正しさがあり、自分の正しさが他人の正しさと一致するとは限りません。大多数の正しさ(常識)からはみ出してしまう正しさもあるでしょう。

よいこと・わるいことは明確に決められるものではなく、その境が実は曖昧であることに気付かされるお話でした。

好き嫌い

悩める子猫ちゃん

――きもちって、なに?

好きや嫌いといった『気持ち』について考えるヤスハル。

(大好きなサユリちゃんが他の男子といると気分が悪くなるけど、この気持ちはいったい何なのだろう――。)

ちなみに少年は、自分をいつもからかってくるクラスメイトのコウジのことが嫌いで、何かあったらすぐケンカをします。

好きや嫌いの『きもち』は理屈では説明できません。嫌いなのに好きってこともあるし、好きだけど嫌いってこともあります。

そして、その『きもち』に振り回されて人は思い悩むことになるのです。

分かっているようでいて実はよく分かっていない『きもち』。

あらためてその不思議さを考えさせられました。

僕は知っている

積み重ねられた3色の本

――知るって、なに?

(ボクは何でも知っている。人より物知りで勉強に関する知識なら負けることはない。そんなボクでもカワムラさんのことは分からない。

あと、クラスメイトのスドウがいじめられているのも知っている。いじめがだめなことも知ってるけど、いじめる側のことも知っているから何もできなくて・・。)

人は知りすぎると臆病になります。頭がいい人ほどずる賢く打算的になり、心のおもむくままに行動できません。

知識は生きる知恵になるとか、世渡りのために役立つとか言いますが、何かを知ることは本来、『誰かのため』という純粋な思いからくるべきなのではないでしょうか。

物事を知ることで相手をより理解でき役立つことができる――、そういった動機をもとにした学びこそが、本来のあるべき姿なのだと思います。




あの町で  春

夜に咲く満開の桜

前3編の子ども哲学とはうって変わって震災の話。

未曾有の厄災に見舞われながらも、屈託なく咲きほころぶ桜の花。そんな桜が一夜にして散ってしまったという袖振(そでふり)山。

その山の名前の由来は、「袖振る」という古語にあります。

「袖振る」の意味は次の2つで、袖振山は後者に語源があると言われています。

①大切な人と別れたり送り出したりする際に、服の袖を振って惜別の思いや愛情を示すこと
②死者の魂をこの世界に引き寄せ招き入れること

つまり、袖振山は亡くなった人に出会える場所だったのです。

厄災で家族を失った少年は、それを知ってか知らずが毎日のように山を登ります。

そして、頂上から海に向かって「おーい」と呼び掛けるのです。それは、亡くなった親や兄弟に向けられたものでした。

そんな少年が、親戚に引き取られて街を出なくてはならなくなり、最後の日の夜、また山を登ります。そしていつものように「おーい」と呼び掛けると、桜の花びらが渦巻いて舞い上がり、彼に共鳴するかのように息を合わせます。

翌日、姿が見えなくなった少年――。

彼は街を出たのか、それとも亡くなった家族のいる海へと桜とともに旅立ったのか、それは誰にも分かりません。

語り継がれる説話・物語には伝えたいメッセージがあります。少年のような残酷な運命を子どもたちに二度と起こさないこと。そして、悲劇を起こさないために私たちに何ができるのか。そんなことを考えさせられる物語でした。

あの町で  夏

グラウンドに置き去りにされた野球のボールが西日を受けてる様子

小学校の卒業式の前日に、グラウンドで野球の試合をする子どもたち。

その中で投手をつとめる少年は、今度こそ相手チームの永遠のライバル・大介との決着をつけると意気込みます。

しかし、辺りが暗くなって試合は中断。明日の卒業式の後に続きをすることになります。

「じゃあ、また明日」と手を振って彼と別れた翌日、突然起きた厄災にによって2人は永遠に会えなくなり──。

先の未来に何が起こるかなんて分かりません。もしかしたら大切な人がいなくなるかもしれないし、自分がこの世を去るかもしれません。だからこそ今という瞬間を大切にすべきなのでしょう。

一日一日を無為に過ごすのではなく、あとで悔いることのないよう、日々最良の選択をする。そういったことを心がけたいものです。

あの町で  秋

水しぶきをあげて段々に流れる渓流

娘と一緒に川べりを歩いていて、鮭が川をのぼってきたことに気づく父親。

鮭には、川で生まれて海で育ち、また川に戻るという習性があります。しかし、そんな鮭もこの春に厄災が起きたことなど知るよしもありません。そして、川に帰ってきた鮭はそのまま死んでしまうのです。

ちなみに父親には悩みがあって、「震災で行方不明になった母親はもう帰ってこない」と娘に伝えることがなかなかできません。それは、どこかで淡い期待を感じてしまうからで──。

川に帰ってきて死んでしまう鮭。でも、彼らは産卵して新たな生命を育み、命のバトンを繋いでいきます。

鮭の姿を眺めていた父親は、死という悲しい出来事を受けても、それを乗り越えて気丈に生きなければならないと強く決意します。そして、勇気を振り絞って娘に現実を伝えて・・。

鮭の川のぼりとともに描かれた、父と娘の再出発の物語。哀しくもどこか美しい、そんな内容だったと思います。




あの町で  冬

水辺にたたずむ1羽の水鳥

松の防風林、イチゴのビニルハウス、瀟洒(しょうしゃ)な住宅――。海岸にあったその街並みが、地震による津波で激変してしまいます。

変わり果てたその街に、瓦礫(がれき)処理のアルバイトでやって来た少年。

現地で少年は、先輩からこんな話を聞きます。

雁風呂(がんぶろ)──。

 

雁は海を渡ってくる際に枝を加えてやって来る。その枝は、休むときの止まり木にするためのもので、使い終わったら海岸に落とし、また北へ帰るときに加えて持っていく。しかし死んでしまった雁は枝を持っていけず、海岸には枝だけがとり残されることになる。

そんな雁の遺品でもある枝を、昔の人は雁風呂にして焚きあげ、その命を弔っていたのです。

被災地の瓦礫もその雁の枝のようなもの(遺品)で、本来なら機械的に処理してしまわずに、きちんと鎮魂・供養すべきなのでしょう。でも、あまりにも数が多いため、そういったことがなおざりにされてしまう現実があります。

少年は自身の祖母が亡くなったときにそれを身をもって体験していて、だからこそ被災地の瓦礫処理の仕事に自ら名乗り出たのでしょう。

震災に関する話の最後にふさわしい、被災者に対する哀悼の思いを感じる、そんな物語だったと思います。

誰かとウチらとみんなとわたし

木造の古い学校教室のいち風景

――いっしょに生きるって、なに?

「風邪をひいて声が出なくなった私。でも学校を休むわけにはいかない。なぜって?カゲグチの標的になるのが嫌だから――。」

学校にはいつも仲良しの9人グループがあって、少女はその中の一人です。

みんなと同調して、輪から外れないように気をつけている彼女は、「外れたら標的にされるかも?」といつも不安を感じています。

そんな彼女たちの関係は、本当に『仲良し』と言えるのでしょうか、それとも・・。

日本は和を重んじる国で、他と調子を合わせたり空気を読むことが美徳とされています。でも本来、人間は違っていることが普通であり、無理に相手に合わせて気を遣っていると、息苦しくなって、いつか心を病んでしまいます。

協調性はもちろん大事です。社会生活をおくる上で、空気を読まないことはトラブルのもとになります。でも、だからと言ってそればかりに固執していたら、個やその人らしさが稀薄になってしまいます。やはり、両者のバランスが大切だということでしょう。

ある町に、とても・・

自分らしく生きること

──自分って、なに?

「ある町にとても子ども思いの◯◯がいた」の冒頭ではじまる、異なる人物の視点で描かれたショートストーリー。

「人生は他人との勝負じゃないから、自分らしく頑張れ」と息子にアドバイスする父親――。

でも息子は、頑張らないでぼーっとするのが好きで、そっちのほうが自分らしいのに、頑張らないといけないのは変じゃない?と不満をこぼします。

娘が大人になったときに振り返れるよう、イベントがある度にビデオカメラで撮影する母親――。

でも娘は、自分だけしか映っていないことに文句を言います。

人を笑わせるのが上手くクラスで人気者の少年――。

でも彼は、本当は根暗な性格で、人から好かれるように演じているにすぎません。そして少年は、そんな自分が本当の自分ではないと考えます。

相手のことを思って親切心からしたことが、結局は価値観の押し付けや自己本位な行動になってしまうという前半2人の親の話。

自分らしさとは何か、仮面を被った姿も含めて自分と言えるのか。そんな自分らしさの定義に思い悩む3人目の少年の話。

短いストーリーの中に哲学的要素がぎゅっと詰まった、非常に興味深い内容だったと思います。




のちに作家になったSの話

間接照明の明かりに浮かぶノートパソコンと本

――自由って、なに?

これまでの話が、書籍『子ども哲学』の付録として書かれたものだと作者によってタネ明かしされます。

そして、最後から2番目の物語として、自由・不自由とは何かを考える作家S(おそらく重松清自身)についての話が語られます。

親友の突然の訃報を聞いて戸惑いを隠せないS。彼は、何もできなかった自分のことを責め立てます。

自由を基盤とする社会において、自らの命を断つ「自由」も当然のことながら存在します。しかし、Sはどうしてもそれが納得できません。

人間は不自由な生き物で、食事や睡眠をとらないと生きていけません。また、社会で生きる中で、縛りや窮屈な環境につらくなることもあります。でも、そういった不自由さに負けじと頑張るところにこそ、楽しみや喜び(=自由)があるのではないでしょうか。

死を選ぶことそのものを否定するわけではなく、不自由から解放されるために自由へ逃れる(=死を選ぶ)と言った悲しい選択だけはしてほしくないこと。そんな著者の強い願いを感じる物語でした。

その日、ぼくが考えたこと

暗闇に浮かぶテレビのリモコン

――人生って、なに?

テレビのニュースで小学五年生の男の子が交通事故にあったと報道され、その不運な子どもに思いをはせる少年。そして少年は、自分が今家族とともに何事もなく暮らしていることを幸せに感じます。

次にニュースで流れたのが、飢餓で苦しむアフリカの少女の映像。それを見た少年は日本で生まれたことを幸せだと感じます。だけど、こんなことも考えます。

(本当に自分は幸せなのだろうか──。)

少年は今まで『幸せだ』と思ったことがなかったのです。

ニュースはそのまま流れ続け、今度は「ハッピー大家族物語」というタイトルの番組に変わります。

まるで子どもの多い家族が幸せと言わんばかりの名前に、少年は「自分たち家族は3人だから幸せじゃないのかなぁ」と考えてしまいます。

事故にあった小学生は、もしかしたら短くても幸せな人生を送っていたのかも知れないし、アフリカの少女もいつも笑っていたかも知れません。

幸せは絶対的にそこに存在するものではありません。どんなにつらい境遇でも、そのひとの気持ち次第で幸せに生きることもできます。

逆に、恵まれた環境でも、幸せを感じないことだってあります。まさに、相田みつをの名言「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」のとおりです。

幸せは得るものではなく、いつもそこにあるもの。それに気づかないと、いつまでも満たされない幸福を追い求めることになるのかも知れません。

小説の最後にふさわしく、幸せとは何かについて思いをめぐらせる、読後感の良いラストだったと思います。



著者「重松清」の紹介

 重松清(しげまつきよし)

 はこんな人だよ!

重松清さんは昔から大好きな作家の一人で、特に少年少女を主人公にした作品(「きよしこ」「くちぶえ番長」など)が大のお気に入りです。

彼の作品には人の複雑な感情を繊細に描いたものが多く、読んでいると、心にじんわり染み入ってくるものがあります。

傷ついたり、悩んだり、立ち直ったりと、ありのままの姿を見せる登場人物たちも魅力のひとつですよね。

学校の教科書にも採用されていて、「卒業ホームラン」「カレーライス」などは、小学校の国語の授業で習います。

また、映像化された作品もあって、最近でいうと、2017年にドラマ化された「ブランケット・キャット」や、2018年に映画化された「泣くな赤鬼(短編小説「せんせい。」より)」などが有名です。

感受性の高い「少年少女」はもちろん、傷つきやすい「大人」も、つい涙してしまうような感動作がたくさんある重松文学。

興味を持たれた方は、気になる作品を読んでみてはいかがでしょうか。

▼重松 清(しげまつきよし)▼


■人物・略歴

1963(昭和38)年、岡山県久米郡久米町生まれ。中学・高校時代は山口県で過ごし、18歳で上京、早稲田大学教育学部を卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表する。

■受賞歴

・1991年

『ビフォア・ラン』でデビュー。

・1999年

『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。

・2001年

『ビタミンF』で直木賞受賞。

・2010年

『十字架』で吉川英治文学賞受賞。

・2014年

『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。

■主な作品

『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

コメント

タイトルとURLをコピーしました