違い

暦・年中行事

【9月行事】中秋の名月(十五夜)と重陽の節句|お月見団子と菊のお酒

秋のよそおいを感じ始める9月は一年で最も月が美しい時期であり、旧暦8/15(新暦9/15頃)の「中秋の名月」には、お月さまに団子やススキを供えて秋の収穫に感謝する「十五夜お月見」が催されます。記事では、そんな9月の行事について簡単にまとめています。
暦・年中行事

【暦の基礎②】「太陰暦・太陰太陽暦(旧暦)・太陽暦(新暦)」の違いと日本の暦

季節の風物詩を伝えてくれる「暦」には、月の満ち欠けを基準にした「太陰暦」と、太陽と月の動きを組み合わせた「太陰太陽暦」、地球の公転に基づいた「太陽暦」の3つの種類が存在します。記事では、これらの暦の違いと日本の暦について簡単にまとめています。
花札

【花札1月②】長寿と縁起を象る「鶴(ツル)」の世界|千羽の鶴に願いを込めて

花札1月札の絵柄に描かれている、長寿を象徴する鳥の「鶴(ツル)」。記事では、そんな「鶴」の生態や種類、千羽鶴の由来や代表種のタンチョウヅルについてまとめています。「鶴」の雑学に触れながら、彼らの住む白銀世界へと舞い降りてみましょう。
花札

【花札5月】「菖蒲に八橋」の意味と植物の違い|いずれあやめか杜若(かきつばた)

花札5月札の「菖蒲に八橋(やつはし)」。「菖蒲」の読み方は「しょうぶ」ではなく「あやめ」で、さらに言うと絵柄のモチーフになっているのは、八橋の近くに咲く「かきつばた」です。記事では、そんな植物たちの特徴や見分け方について簡単にまとめています。
花札

「おすすめ人気キャラクター花札&任天堂花札」9選|選び方のポイントと値段・特徴

美しい花鳥風月の和柄に日本的な「雅」を感じる『花札』。記事では、これから花札を始めようと思っている人のために、おすすめ人気花札9つを一覧にしてまとめました。選び方のポイントも載せていますので、内容を参考にして自分好みの花札を見つけましょう。
花札

【花札辞典】「こいこい・花合わせ」の用語の読み方と意味|出来役・札名など

花札には、普段あまり馴染みのない特殊な言葉がたくさんあり、それら用語をいざ覚えるとなるとかなり大変です。記事ではそんな花札の用語を、各カテゴリーに分けて一覧(五十音順)にしてまとめました。花札の「逆引き辞典」としてご活用ください。
タイトルとURLをコピーしました