語源

難読漢字(由来・語源)

【昆虫・小動物編】語源・由来で覚える難読漢字 |読み方の難しい小さな虫たち

空を飛んだり、風情ある声で鳴いたりと、様々な特徴を持つ昆虫たち。昆虫の漢字は、漢検一級に出題されるほどに読みのレベルが高く、ひと目見ただけでは何の昆虫か分からないものが多数存在します。記事ではそんな昆虫・小動物の難読漢字の由来について紹介しています。
難読漢字(由来・語源)

【漢字検定対策】難読漢字のテーマ別 問題一覧|クイズで学ぶ難しい読み方の漢字

記事では、漢字検定や漢字クイズで出題される難読漢字を、実践的に学べるようにテーマごとの問題に分けてまとめています。各編の最後に、漢字の由来・語源を解説した関連記事リンクも貼っていますので、気になった漢字はそちらで復習しましょう。
難読漢字(由来・語源)

【自然・天気編】語源・由来で覚える難読漢字 |読み方の難しい気象用語・自然現象

自然現象の蜃気楼(しんきろう)や旋風(つむじかぜ)、気象用語の霰(あられ)・霙(みぞれ)など、自然・天気に関する漢字には難しい読み方をするものが数多くあります。記事ではそんな「自然・天気の難読漢字」の由来についてまとめています。
難読漢字(由来・語源)

【音楽・芸能編】語源・由来で覚える難読漢字 |読み方の難しい楽器・伝統芸能

ピアノ、バイオリン、ギターなど、美しい音色で私たちの心を癒やしてくれる楽器たち。普段カタカナで表されているそれら楽器は、実は漢字だけで表記することもできます。記事ではそんな「楽器」を含めた「音楽・芸能」に関する漢字表記の由来について紹介しています。
暦・年中行事

【世界の暦】ギリシャ・ローマ神話で学ぶ「英語の月名」の由来一覧|週と曜日名の語源

小学校の英語の授業で習う「January」「February」といった月の英名は、ギリシャ神話やローマ神話、皇帝の名前・ラテン語の接頭辞などに由来があります。記事では、そんな月の英名や週の概念・曜日名の語源についてまとめています。
暦・年中行事

【7月行事】七夕の節句と土用の丑の日|織姫・彦星伝説とうなぎの風習

本格的な夏の7月には、願い事を書いた短冊を笹に飾って星を愛でる「七夕行事」の他、体調を崩しやすい土用にうなぎを食べて暑さをしのぐ「土用の丑の日」などが催されます。記事では、そんな7月の行事について簡単にまとめています。
難読漢字(由来・語源)

【野菜・果物編】由来・語源で覚える難読漢字 一覧|難しい漢字の成り立ちを知ろう

スーパーや八百屋で見かける、色彩豊かな野菜と果物の難読漢字を一覧にしてまとめました。それぞれの由来や語源・豆知識を学びながら、楽しく漢字をマスターしていきましょう。
花札

【花札6月②】牡丹に舞い寄る「蝶(チョウ)」の雑学|言葉の由来と蝶の和柄

花札6月札で牡丹(ぼたん)の花のそばをひらひらと舞う「チョウ(蝶)」。記事では、そんな「チョウ」の雑学や豆知識、表記名の由来、日本の伝統的和柄の「蝶文様」や「形態的変化」についてまとめています。
花札

【花札10月】「紅葉(もみじ)に鹿」から感じる秋の哀愁美|紅葉のメカニズム

花札10月札に描かれている「紅葉(もみじ)」と「鹿」。記事では「もみじ」の和名・漢名の由来や「紅葉のメカニズム」、奈良公園の「鹿」や百人一首の和歌⑤番「奥山に紅葉踏み分け~」についてまとめています。
花札

【花札1月①】「松(マツ)」の種類と縁起物の門松|松コースの知識をご賞味あれ

花札1月札で「鶴」と一緒に描かれている「松(まつ)」は、名前が「祀(まつ)る」に通ずることから、神の宿る木として日本人に尊ばれてきました。記事ではそんな「松」の語源や種類、縁起物の「門松」や「マツ枯れ病」「松茸」などについてまとめています。