季節

暦・年中行事

【令和6年版】2024年の日本の年中行事カレンダー|伝統行事とイベント一覧

国民の祝日、二十四節気、年中行事などが記された「暦」は、季節の変化に合わせて生活を営んできた人々の知恵の結晶でもあります。記事では、そんな「暦」の祝祭日・節日・イベントがひと目で分かる「2024年(令和6年)カレンダー」を月別に分けて掲載しています。
暦・年中行事

【6月行事】衣替えと夏越の祓(なごしのはらえ)|梅雨の季節に備えあれ

色鮮やかなアジサイの花が目にとまる梅雨入りの時節・6月には、衣替えや夏越の祓(なごしのはらえ)など本格的な夏に備えての行事が催されます。記事では、そんな6月の行事の由来・歴史について簡単にまとめています。
暦・年中行事

【暦の基礎】「二十四節気・五節句・雑節」で知る季節の移ろい|先人たちの生きる知恵

四季の移ろいや風物詩を伝えてくれる「暦・カレンダー」。記事では、季節の推移の目安となる「二十四節気」「五節句」「雑節」の3つの「暦日」についてまとめています。現在につながる先人たちの知恵を学んで、日々の暮らしを豊かなものにしていきましょう。
花札

【花札11月②】雨に集う柳・蛙(カエル)・燕(ツバメ)の豆知識|脇役たちの大合唱

花札11月札に描かれた植物の「柳」と動物の「蛙」「燕」は、中央でひと際目立つ「小野道風」よりも印象が薄い存在ですが、脇役となった彼らにも、小野道風と同様に知らないことがたくさんあります。記事では、それら動植物の生態や特徴についてまとめています。
花札

【花札2月】「梅に鶯(うぐいす)」が告げる春のおとずれ|絵になる美しき取り合わせ

花札2月の絵柄と言えば「梅に鶯(うぐいす)」です。記事では、「梅に鶯」の言葉の由来やうぐいすの生態、梅の種類・歴史などについてまとめています。季節を彩る日本の美しい風物詩を学んで、春の訪れをその身に感じましょう。
花札

【花札一覧】各月に描かれた絵柄の意味|季節を彩る動物・植物の名前と種類

花札の絵札に描かれている動物や植物には、いったいどんな意味や由来があるのでしょうか?記事では、花札の絵柄に関する雑学と、旧暦の月名(和風月名)の読み方・語源について、月ごとにまとめて紹介しています。