ドラマ「35歳の少女」第6話(あらすじと感想)【ネタバレあり】

ドラマ

先日の11月14日(土)に柴咲コウ・坂口健太郎主演のドラマ「35歳の少女」第6話が放送されましたが、皆さまは見られましたか?

 

今話では、望美が家族の関係を壊したことを思い悩みます。

 

なお、記事には、簡単なあらすじと感想・ドラマ情報などを掲載しています。ドラマ内容のおさらいとしてお役立てください。




「35歳の少女」第6話

家を飛び出た望美(柴咲コウ)と結人(坂口健太郎)の同棲が始まり、望美たち家族も新たな生き方を模索し始めた物語。しかし現実の社会は厳しく、彼らが子どもの頃に思い描いていたような夢を実現させるのは非常に困難で・・。

アナウンサーを夢見る望美。先生を目指す結人。グラフィックデザイナーの仕事を探す妹の愛美(橋本愛)など、今回それぞれが夢に向かって大きく動き出すことになるのですが、現実には経歴・学歴・年齢などの社会的な壁がのしかかり、なかなか思いどおりにはなりません。

また、ばらばらになってしまった家族をもう一度引き合わせようと、望美はもう一度みんなを家に集めますが、逆に口論になってしまい、さらには「望美が事故にあったことがきっかけで家族が崩壊したんだ」と妹に責められてしまいます。

「家族を幸せにするどころか、不幸にしてしまった」と思い悩む望美は、結人にこう語ります。

「時間どろぼうに時間を盗まれたと思っていたけど、本当は私がみんなの時間を盗んでたんだね」

このセリフはとても印象的で、ドラマと深く結びついている「モモの物語」とはどんな内容なのか?と気になってしまうくらいでした。

さらに、冒頭の子どもの望美がアナウンサーの夢の理由を語るシーンが後半への伏線になっているところも注目すべき点で、後半で明らかにされる望美の夢の理由の純粋さ・美しさには、心打たれるような感銘を受けてしまいました。

ちなみに、その夢の理由とは次のようなものです。

「アナウンサーになっていろんな人とあってたくさんの話を聞いて、頑張っている人や素敵な人のことを世界中に伝えるんだ。」

「そして世界中の人たちと友達になって、みんなが幸せになれる世の中にしたいんだ。」

現実の厳しさ・残酷さを実感している人にとっては、「夢物語だ」とばかばかしく思うかもしれません。

でも、誰しも子どもの頃にはこういった夢のような世界を描いていたはずです。

社会の波にもまれていく中で何かを失い、何かをあきらめてきて・・、そういった大切なことにもう一度気づきを与えてくれるこのドラマは、毎話ごとに新たな発見と感動があり、絶望的なストーリーの中につい釘いって観てしまう隠れた魅力があるように思えました。

次回予告で望美が家族に対して「私が時間を盗んだんじゃなくて、みんなが時間を無駄にしてきたんだ」と若干ひらきなおりとも取れる反論シーンが示され、次話がいっそう気になってしまったこのドラマ。

ハッピーエンドに終わるのか、それともバッドエンドになってしまうのか、予測ができないだけに今後の展開が非常に楽しみです。

 



ドラマ内で望美が何度もことばを引用する物語「モモ」。

その内容が気になった方も多いのではないでしょうか。ドラマをより深く理解するためにも、やはり一度読んでみたほうがよさそうです。

リンクを貼っておきましたのでよろしければどうぞ。
⇩⇩

【Amazon.co.jp】モモ (岩波少年文庫)


★他の記事はこちら(※1話は見逃したためにありません)★
「35歳の少女」第2話(あらすじと感想)
「35歳の少女」第3話(あらすじと感想)
「35歳の少女」第4話(あらすじと感想)
「35歳の少女」第5話(あらすじと感想)
「35歳の少女」第7話(あらすじと感想)
「35歳の少女」第8話(あらすじと感想)
★2020秋ドラマ名言・名セリフ集はこちら★
「2020秋ドラマ」の名言・名セリフ一覧
★2020秋ドラマ主題歌・BGMのオリジナルアレンジ動画はこちら★
2020秋ドラマ主題歌・BGM 木管五重奏アレンジ

ドラマ情報

『35歳の少女』(日本テレビ系 毎週土曜日 夜10時放送)

▼公式サイト▼
https://www.ntv.co.jp/shojo35/

▼脚本▼
遊川 和彦
(代表作:家政婦のミタ、過保護のカホコ、同期のサクラなど)

▼主題歌▼
「三文小説/King Gnu」
(Youtube公式MV:https://youtu.be/Y8HeOA95UzQ

▼キャスト▼
時岡 望美(柴咲 コウ)―― 子供時代(鎌田 英怜奈)
10歳の時に自転車事故に遭い植物状態に。25年後に目覚める。
広瀬 結人(坂口 健太郎)―― 子供時代(込江 大牙)
望美の幼馴染み。子どもの頃の夢であった教師になるものの、いじめ問題で教え子が自殺したことで退職。代行業をすることに。
時岡 愛美(橋本 愛)―― 子供時代(阿部 久令亜)
望美の妹。望美にはマナちゃんと呼ばれる。
子どもの頃の夢はグラフィックデザイナー。
時岡 多恵(鈴木 保奈美)
望美の母親。25年間望美を看病してきたが、
家族を顧みなかったために夫(新次)と娘(愛美)は家を出ていってしまった。
今村 進次(田中 哲司)
望美の父親。家族思いの理想のパパだったが望美が入院後、多恵と離婚。
再婚して、今は加奈と義理の息子の達也と暮らす。
今村 加奈(富田 靖子)
進次の再婚相手。多恵の事を忘れられない進次に不満を抱いている。
今村 達也(竜星 涼)
加奈の連れ子。引きこもり生活をしている。
相沢 秀男(細田 善彦)
会社の上司で愛美の元カレ。愛美と別れて今は藤子と交際している。
林田 藤子(大友 花恋)
相沢の今の恋人で愛美の同僚。




コメント

タイトルとURLをコピーしました