ドラマ「姉ちゃんの恋人」第6話(あらすじと感想)【ネタバレあり】

ドラマ

こんちには。りんとちゃーです。

 

先日の12月1日(火)に有村架純主演のドラマ「姉ちゃんの恋人」第6話が放送されましたが、皆さまはご覧になられましたか?

 

今話では、恋に卑屈になっていた真人が桃子にようやく心開くことになります。

 

なお、記事には、物語の簡単なあらすじと感想・ドラマ情報などを掲載していますので、ドラマの内容のおさらいとしてお役立てください。




第6話 あらすじと感想

過去の事件のことを桃子(有村架純)に打ち明けた真人(林遣都)。しかし、その後、桃子の想いには拒絶の意を示してしまいます。桃子はそんな真人の心の闇を何とか晴らそうとするのですが・・。

周囲の人間は真人のことを必死に後押しするのですが、彼の闇は思ったより深く、なかなか恋愛そのものに前向きになってくれません。そんな彼の卑屈さにしびれを切らしてか、悟志(藤木直人)はこんなことを言います。

「人は逃げても良いときもある。でも、今は逃げたらだめだ。乗り越えるんだ。」

人生において、苦しくて逃げ出したくなるような場面に遭遇することはもちろんあります。そういうときに無理に逃げ道を塞いで自分を追い込むくらいなら逃げ出す勇気も時には必要でしょう。でも、すべてに逃げてしまっている彼の場合は逆に向き合う勇気も必要なのかもしれません。

また、今回の物語では、真人のことで思い悩む桃子を励ます、親友のみゆき(奈緒)の言葉がとても印象に残りました。それは、

「必要なんだよ。あんたには反対する人が。」

というもので、桃子の恋を応援せずにこう言ったのにはどうも理由があったみたいです。

それは、自分のことを本当に思ってくれてる人、つまり親ならきっと反対する、だからそういう人を納得させるくらいに幸せにならなくちゃいけないということでした。

なるほどなと思いました。

両親がいない桃子にとっては、自分に賛同してくれる人より、反対してくれる人のほうが貴重で大切なのでしょう。ある意味で、嫌われ役を受け持ったみゆきは、桃子にとってやはりかけがえのない親友なんだと思います。

物語は最後、桃子と真人が2人で観覧車に乗るシーンへとつながるのですが、そこで桃子は、真人に事件のことを正直なところまで話してほしいと言います。

事件が起きて何を感じ、何を思い、何を苦しんだか、自分の弱い部分まですべて打ち明けてほしいと。

そこから、彼が過去の事件に対する本音を吐露するのですが、苦しみの表情の中で次々とはきだされる彼の言葉には、聴いていられないくらいの痛ましさがありました。

怖かったこと、哀しかったこと、後悔したこと、あきらめたこと、言葉はまとまりがなく支離滅裂なのですが、でも彼の想いはすごく伝わってきました。

世界はとても残酷です。たった一つの出来事でその人の人生が終わってしまうというのはとても悲しく感じます。

だからこそ、やはり2人には幸せになってほしいです。

桃子との出会いをきっかけにして、彼がもう一度強く生きる決心をし、未来を見据えて前に進んでくれることを強く願っています。

 

★他の記事はこちら★
ドラマ「姉ちゃんの恋人」第4話(あらすじと感想)
ドラマ「姉ちゃんの恋人」第5話(あらすじと感想)
ドラマ「姉ちゃんの恋人」第7話(あらすじと感想)
ドラマ「姉ちゃんの恋人」第8話(あらすじと感想)
★2020秋ドラマ名言・名セリフ集はこちら★
「2020秋ドラマ」の名言・名セリフ一覧
★2020秋ドラマ主題歌・BGMのオリジナルアレンジ動画はこちら★
2020秋ドラマ主題歌・BGM 木管五重奏アレンジ



ドラマ情報

『姉ちゃんの恋人』 ―― 関西テレビ系 毎週火曜日 夜9時放送

【公式サイト】
https://www.ktv.jp/anekoi/

【脚本】
岡田惠和

【主題歌】
Mr.Children「Brand new planet」(トイズ・ファクトリー)

【Amazon.co.jp限定】SOUNDTRACKS 通常盤 (CD / 32Pブックレット)

【キャスト】
安達 桃子(有村 架純)
両親・彼氏なし。ホームセンターで働きながら、大好きな弟3人を養う。
明るく前向きだが、ちょっとがさつ。
吉岡 真人(林  遣都)
ホームセンターの配送部で先輩の悟志ととも働く好青年。
ときおり見せるかげりは過去の出来事が関係しているらしい。
吉岡 貴子(和久井 映見)
真人の母親。真人に早く過去から立ち直ってほしいと願っている。
浜野 みゆき(奈緒)
桃子の親友。コンビニの前で桃子とお互いのことを語り合うのが定例。
高田 悟志(藤木 直人)
真人の先輩で同じ配送部。日南子に好意を持つ。
市原 日南子(小池 栄子)
桃子と同じホームセンターで働く上司。悟志にゾッコン。
安達 和輝 (高橋 海人)
安達家の長男(大)。みゆきのことが好き。
安達 優輝 (日向 亘)
安達家の次男(中)。
安達 朝輝 (南出 凌嘉)
安達家の三男(小)。
川上 菊雄 (光石 研】
犯罪や非行に陥った人を更生し支える保護司。桃子のおじ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました