『TOKYOMER/走る緊急救命室』最終回前編(10話)のあらすじと感想|ネタバレ

大学生の研究イメージ2021夏ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の9月5日(日)に日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話(最終章・前編)が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

大規模な事故や災害、未知の感染症から住民を守るために、東京都にあらたに発足した「東京MER(mobile emergency room)」こと「走る緊急救命室」。

MERのチーフドクター・喜多見幸太役を演じるのは、「テセウスの船」「恋愛漫画家」で名演を見せた鈴木亮平です。

■第10話(最終章・前編)のあらすじ


喜多見(鈴木亮平)の過去が明かされたことでマスコミの報道は過熱。病院側は喜多見にMERを休止するよう訴えます。そんな中、大学校舎に爆弾を仕掛けたという予告が入り、東京MERが出動。現場にやって来た喜多見と音羽(賀来賢人)は、爆発の起きた教室の講師・生徒たちとともに椿(城田優)の人質になってしまいます。「喜多見がテロリストと関係しているかも知れない」と不信感を募らせる生徒たち。さらに椿と繋がっている内通者の存在が示唆され、現場は緊迫した状態になって――。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第10話(最終章・前編)の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・主題歌・スタッフなど)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、セリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物(キャスト)

喜多見 幸太(鈴木 亮平)・・東京MERのチーフドクター。現場では指揮官として的確な指示を出し、外科手術をも迅速にこなす敏腕医師。「待っているだけでは助けられない命がある」というポリシーを胸に、自らの命を張って勇敢に人命救助にあたる。
音羽 尚(賀来 賢人)・・東京MERの医師。厚生労働省から派遣された医系技官(医師免許を持つ国家公務員)。官僚になったのは日本の医療制度の不平等を改革するため。厚労省に仕え、MER解体の計略に加担はしているが、「患者の命より大事なものはない」という医師としての信念は揺るがない。クールで感情を外に出すのが苦手。
弦巻 比奈(中条 あやみ)・・東京MERの医師。東京海浜病院の循環器科研修医で、指導医の高輪のもとで医療を学びながら、並行してMERに所属。はじめは喜多見のやり方についていけなかったが、2話での事件を機に彼のことを見直し、今はMERの仕事にやりがいを感じている。
越前 夏海(菜々緒)・・東京MERの看護師。東京海浜病院の入院患者を担当し、副看護師長も務める。3話では、娘の桃花の前で勇敢な母親の姿を見せた。MER参入のきっかけは、絵本の「ナイチンゲール」。
ホアン・ラン・ミン(フォンチー)・・東京MERの看護師。ベトナムの看護師で、経済連携協定(EPA)で来日、日本で最先端の医療を学び、祖国ベトナムで役立てたいと考えている。日本語が堪能で、ときおり的を射たことわざ・故事成語を披露する。
徳丸 元一(佐野 勇斗)・・東京MERの臨床工学技士。医療機器のスペシャリストで、人工呼吸器や人工心肺装置の保守点検を務める。
冬木 治郎(小手 伸也)・・東京MERの麻酔科医。メンバーや患者に対して常に気を配るムードメーカー。6話で、息子・壮太の前でヒーローとしての勇姿を見せ、喜多見から副チーフの称号をもらう。
千住 幹夫(要 潤)・・東京消防庁即応対処部隊(レスキュー隊)隊長。人命救助に対しての強い信念があり、自らの危険を顧みずに現場に飛び込もうとする喜多見とぶつかり合う。

駒場 卓(橋本 さとし)・・危機管理対策室室長。警察・消防と連携を取って的確な指示を出し、東京MERの活動を全面的にバックアップする。ハイパーレスキュー隊での指揮経験を持つ。
喜多見 涼香(佐藤 栞里)・・喜多見幸太の妹。東京海浜病院のNPO法人スタッフとして小児患者をケア。MERメンバーによくお手製のお菓子を振る舞う。音羽に好意を抱いている。

高輪 千晶(仲 里依紗)・・東京海浜病院の循環器外科医。国内の数少ない心臓移植を成功させた実力者。比奈の直属の指導医にあたり、彼女の教育をするとともに悩み相談も引き受ける。喜多見の婚約者であったが5年前に離婚。
赤塚 梓(石田 ゆり子)・・東京都知事で東京MERの発案者。危険と隣り合わせの医療を成し遂げられる唯一無二の逸材として、喜多見をチーフドクターに任命。厚生労働大臣の白金眞理子(渡辺真起子)と敵対関係にある。




あらすじと感想

大学生の研究イメージ

高まる批難

涼香(佐藤栞里)が久我山(鶴見辰吾)に話すことになった喜多見の過去。

マスコミはそれに対して根も葉もない記事を書いて世間をあおり、さらに東京海浜病院にまで取材にやって来ます。

そんな中、赤塚(石田ゆり子)の見舞い来た喜多見(鈴木亮平)は、高輪(仲里依紗)に呼び出されて病院医師による会議の場に参加。

そこで病院長から、マスコミの報道によるクレームや批難で病院職員や患者に迷惑が及んでいるから、MERを休止してほしいと頼まれます。

しかし喜多見は「それはできません」と返し、こう続けます。

「MERが解散になっても、それまでできることをしていくつもりです。病院に所属している職員に迷惑をかけるわけにはいかないから、私一人でやれることはやらせていただきます。」

見えない本心

東京消防庁――。

音羽(賀来賢人)と話をする涼香。

「怒ってますよね?」と聞いてくる涼香に対し、音羽は「余計なことをしてくれましたね。私の手柄を奪うなんて・・」と言葉を返します。

最終審査会で喜多見の過去を話してその手柄を得ようとしていたことや、久我山に「今回の件は自分から聞いたことにして欲しい」と申し出たことなどを話す音羽。

その言葉に涼香は涙目になります。

「なんでそんなこと言うんですか?音羽先生は悪くありません。私が話してしまったから・・」

遮るように音羽は言います。

「どっちだっていいじゃないですか、そんなこと。MERは解散になり、私はその手柄で新たな地位を得る。それが全てです。」

そこへサイレンが鳴り響き、危機管理対策室から伝達が入ります。

「江東区有明、関東医科大学の校舎内に爆弾を仕掛けたという書き込みが大学ホームページにあり、現在警察が調査中。予防的医療事案と認定して東京MERに出動を要請する。」

それを聞いて集まるMERのメンバーたち。

しかし喜多見は、「これ以上迷惑をかけられないから、皆さんは病院業務に戻ってください」と指示を出し、自分一人だけで現場に向かおうとします。




大学校舎爆破予告

関東医科大学――。

「MERの監督省庁として同伴します」と言ってついてきた音羽とともに現場にやって来た喜多見。

すると突然、校舎で爆発が発生。大学内は騒然とします。

爆発が起きたとされる3号館に向かう喜多見と音羽。

負傷した先生や生徒(大幡しえり)の治療にあたっていると、対策室の駒場(橋本さとし)から連絡が入ります。

「爆発予告の犯人と名乗る人物から連絡が入った。今、電話の音声をつなぐ。」

そう言って切り替わった電話から、男性の声が流れてきます。

「こんにちは、喜多見先生。椿です。先生がいる病院の近くなので、必ず来てくれると思ってました。今回は二人だけなんですね。

その教室内には私の協力者がいます。あなた方の動きは、全てリアルタイムで私のところに入ってきます。建物から出ないでください。教室の誰かが建物内から出た場合、もう一つの爆弾を爆破させます。次は確実に死者が出ますよ。」

その言葉を受け、教室から逃げようとする生徒たちを制止する喜多見。

続けて椿(城田優)は、通話を傍受している月島(稲森いずみ)を出すように要求し、本部にいて出れない月島に代わって、公安の南(三浦誠己)が通話に参加します。

「要求は何だ?」と尋ねる南に、椿は言います。

「関東医科大学は9年前、当時厚生労働大臣だった天沼夕源の強い働きかけによって設立に関わりました。その時、大学の理事長が天沼に裏金を渡したことを示す文書を内閣府で公表してください。5時までに公表されなければ新たな爆弾を使用し、確実に死者を出します。

それと、建物内には誰も近づけないでください。今、4階の教室にいる学生11名、講師1名、医師2名、合計14名を人質とします。建物内にいる他の人間は1分以内に退去させてください。」

結果、椿の指示通りに大学では避難命令が出され、爆発の起きた3号館は封鎖されることになります。

疑われたヒーロー

教室内で、負傷した講師と生徒の治療を続ける喜多見と音羽。

そんな中、ネット上の「喜多見が今回のテロの首謀者だ」という書き込みを見た生徒たちは不安を抱き、喜多見に「あなたはこの事件に関係しているんですが?テロ組織と関係あるんですか?」と問いただします。

「俺は医者です。命を救うのが仕事です。」

あくまで冷静に答える喜多見。

しかし、喜多見が椿からメールをもらっていることを知って、生徒たちは不信感をいっそう強めてしまいます。

約束の5時のタイムリミットが近づき、「政府の回答はまだですか?」と公安の南に連絡をとる喜多見。

南はこう返します。

「茶番はやめろ、喜多見幸太。お前なんだろ?内通者は。何が目的なんだ?交渉しようじゃないか。」

「私は医者です。目の前の命を守りたいだけです。」

椿とは関係ないと頑なに否定する喜多見に、南は苛立ちを覚えます。

「なら、なぜ椿はきさまを巻き込んだんだ!?」

「わかりません・・。でも一年前、椿さんは気になることを言っていました。野戦病院から椿さんが立ち去る前、俺は消毒液を入れた水筒を渡しました。『傷が化膿するかもしれないから、こまめに消毒してほしい』と言って。その時、椿さんはこう言いました。『私を助けたことを必ず後悔させます』と。」




真実を見る目

負傷した講師が緊張性気胸を起こしたため、生徒の案内のもと、準備室に処置用の医療道具を取りに来た喜多見。ところが、生徒たちに突然刃物を突きつけられ、部屋の中に閉じ込められてしまいます。

教室に戻ってきて、「あの人は信用できないから準備室に閉じ込めた」と音羽に話す生徒たち。

そんな中、講師の容態が急変。それでも喜多見を解放しようとしない生徒にしびれを切らした音羽は、思わず叫びます。

「いい加減にしろ!だったらお前らが手伝え。やれよ、できるのかよ。喜多見チーフがいればこの人は救える。くだらない噂に振り回されてないで、あの人が何をするのか、その目で見て判断しろ。」

▶▶マスコミやネット、SNSの表面的な情報に振り回されて冷静な判断力を失うという、現代の社会問題とも言える現象。何の確証もないネットの情報に流されないで、実際に目で見て、きちんと調べて考え、自分の頭で判断すること――。普段から学びを生業としている学生だからこそ正しいリテラシーを持てという音羽の言葉は、強く胸に刺さるものがありました。

音羽の言葉を聞いて、生徒の一人が駆け出し、準備室のドアを開錠。解放された喜多見はすぐさま教室に戻り、患者の治療にあたります。

懸命に負傷した講師に処置を施す二人。

ただそれを眺めるだけの生徒たちに、喜多見は言います。

「俺たちは応援されるためにやってるわけじゃない。どんなに批判されても構いません。だけど、命を救うことには手を貸してほしい。みんなの力が必要です。」

その言葉につき動かされて、喜多見に協力しようと生徒たちは次々に行動を起こしていきます。

内通者の正体

タイムリミットの5時が迫り、喜多見は「命の大切さを誰よりも知っている生徒たちを信じましょう」と言って教室からの脱出を提案。生徒たちと一緒に、裏口からの脱出を試みます。

途中、負傷して担架に乗せられていた生徒の大杉が「私なんです、椿さんと繋がっていたのは・・」と言って、喜多見に真実を告白します。

「最初の爆弾も、ただの脅しだから大したことないと言われてたんですけど、こんなことになるなんて・・。感染症が広がって、仕送りがなくなって、バイトもできなくて、大学をあきらめました。

もう何もかも嫌になっていた時に、椿さんとSNSで知り合ったんです。最初の爆弾の現場を知っていました。でも、直前で怖くなってきて、先生が危なかったのでとっさに引っ張りました。でも裏切ったら何されるか分からないし、怖くて、そのまま情報を流してしまいました。本当にごめんなさい・・。」

▶▶椿と知り合って協力してはいたものの、医者を志す身として命の重みが誰よりもよく分かり、危険をおかして先生を助けようとした大杉。さらに、犠牲者をこれ以上出さないために真実を話すことを決意した彼女の「本当はやめたかったけど、恐怖心からせざるを得なかった」という内情を思うと、強く心が痛んでしまいます。

「中島先生はあなたがいたから助かったんですよ。あなたならやり直せる、絶対に。」

そう喜多見が言葉をかけたとたん彼女は意識を失い、心停止を起こしてしまいます。

すぐさま緊急処置をおこない、生徒たちにはそのまま脱出するよう指示する喜多見。ところが出口が塞がれていて外に出ることができません。

絶体絶命かと思ったその瞬間、出口のドアが開け放たれ、外から姿を見せた警察とMERのメンバーが喜多見のもとへと駆け寄ってきます。

その後、ERカーに患者を運び込み、手術を開始するMERメンバー。

対策室長の駒場が、「病院から連絡を受けていて、批判をうけるぞ」と忠告しますが、それに臆することなく、MERの夏海(菜々緒)は誇らしげにこう言います。

「私たちは、応援されるためにやってるわけじゃないんで――。」

1名の死者

手術が無事終わり、病院に患者が搬送されたことでひと安心する喜多見。そこへ妹の涼香があらわれ、「お兄ちゃんが心配になってやって来た」と声をかけてきます。

話を交わした後、「また後でね」と言って立ち去る涼香。

その後ろ姿を見ていた喜多見は、あるものを彼女が持っていることに気づきます。

それは、かつて自分が椿に渡した水筒で――。

慌てて涼香を呼び止める喜多見。

「その水筒どうした?」

「お兄ちゃんの知り合いだって人に預かったの。」

喜多見は血相を変えて、涼香のもとへ走り出します。

「捨てろ!それを投げ捨てろ!早く!」

その言葉を聞いて、すぐに水筒を投げ捨てる涼香。

その瞬間、水筒は爆発し、喜多見と涼香は爆風で吹き飛ばされてしまいます。

よろめく身体で倒れた涼香のもとへ駆け寄る喜多見。

MERのメンバーも駆けつけ、すぐさま彼女はERカーに運び込まれます。

懸命に処置を続ける中、涼香の容態は悪化。心停止を起こした彼女に喜多見は心肺蘇生を繰り返しますが、心拍は戻ることなく、無情にも心電図はゼロを指し続けます。

「涼香、戻ってこい!ずっと一緒だっただろ。兄ちゃん、涼香がいないと何もできないって――」

心拍再開の見込みがなくなっても蘇生し続ける喜多見。

そんな彼の手を音羽が「もうこれ以上は・・」と言ってそっと止めます。

一番大切な命を守ることができなくて、その場に泣き崩れる喜多見。

対策室からの報告が哀しい現実を物語ります。

「今回の出動。重症者8名、軽症者4名、死者は・・・1名です。」





 お疲れさまでした。

 ドラマ第10話は

 ここまでです。

今回の放送で死者が一人出ると予告されていましたが、まさか喜多見の妹の涼香だったとは・・。非常に衝撃的です。ドラマの決まり文句だった「死者はゼロです」のくだりは、全てここへの伏線だったんですね。

命を救った椿が、そのお返しに大切な人の命を奪うという不条理な現実を突きつけられた喜多見。いちばん大事なものを守れなかったことに絶望する喜多見とMERの運命はどうなってしまうのでしょうか。次週最終回が、希望あるラストで締めくくられることを願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ情報

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

――TBS系 毎週日曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/
主題歌:「アカリ」GReeeeN(ZEN MUSIC / UNIVERSAL MUSIC)
(公式MV▶https://youtu.be/GOIuU0ejpzc
脚本:黒岩 勉
企画:高橋 正尚
音楽:木村 秀彬
プロデューサー:武藤 淳、渡辺 良介(大映テレビ)、八木 亜未(大映テレビ)
演出: 松木 彩、平野 俊一

▼キャスト▼


○喜多見 幸太・・鈴木 亮平
○音羽 尚  ・・賀来 賢人
○弦巻 比奈 ・・中条 あゆみ
○徳丸 元一 ・・佐野 勇斗
○冬木 治郎 ・・小手 伸也
○ホアン・ラン・ミン・・フォンチー
○越前 夏海 ・・菜々緒
○赤塚 梓  ・・石田 ゆり子
○千住 幹生 ・・要 潤
○喜多見 涼香・・佐藤 栞里
○深沢 陽斗 ・・佐藤 寛太
○久我山 秋晴・・鶴見 辰吾
○駒場 卓  ・・橋本 さとし
○白金 眞理子・・渡辺 真起子
○高輪 千秋 ・・仲 里依沙

コメント

タイトルとURLをコピーしました