日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』8話のあらすじと感想(ネタバレ)

暗闇を照らす一筋のひかり2021夏ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の8月22日(日)に日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第8話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

大規模な事故や災害、未知の感染症から住民を守るために、東京都にあらたに発足した「東京MER(mobile emergency room)」こと「走る緊急救命室」。

MERのチーフドクター・喜多見幸太役を演じるのは、「テセウスの船」「恋愛漫画家」で名演を見せた鈴木亮平です。

■第8話のあらすじ


国際テロ組織メンバーのツバキ(城田優)と喜多見(鈴木亮平)の関係を探るために動きはじめた公安の刑事・月島(稲森いずみ)。それと同時に、喜多見の過去に気づいたMERの音羽(賀来賢人)が、彼への不信感を募らせていきます。そんな中、病院での電源喪失事故が発生。現場では非常用電源が落ち、生命維持装置をつけた患者たちが危険な状態に陥ります。メンバーとの結束力が求められる状況下で、信頼関係に揺らぎが生じたMERはこの窮地を乗り切ることができるのでしょうか――。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第8話の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・主題歌・スタッフなど)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、セリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物(キャスト)

喜多見 幸太(鈴木 亮平)・・東京MERのチーフドクター。現場では指揮官として的確な指示を出し、外科手術をも迅速にこなす敏腕医師。「待っているだけでは助けられない命がある」というポリシーを胸に、自らの命を張って勇敢に人命救助にあたる。
音羽 尚(賀来 賢人)・・東京MERの医師。厚生労働省から派遣された医系技官(医師免許を持つ国家公務員)。官僚になったのは日本の医療制度の不平等を改革するため。厚労省に仕え、MER解体の計略に加担はしているが、「患者の命より大事なものはない」という医師としての信念は揺るがない。クールで感情を外に出すのが苦手。
弦巻 比奈(中条 あやみ)・・東京MERの医師。東京海浜病院の循環器科研修医で、指導医の高輪のもとで医療を学びながら、並行してMERに所属。はじめは喜多見のやり方についていけなかったが、2話での事件を機に彼のことを見直し、今はMERの仕事にやりがいを感じている。
越前 夏海(菜々緒)・・東京MERの看護師。東京海浜病院の入院患者を担当し、副看護師長も務める。3話では、娘の桃花の前で勇敢な母親の姿を見せた。MER参入のきっかけは、絵本の「ナイチンゲール」。
ホアン・ラン・ミン(フォンチー)・・東京MERの看護師。ベトナムの看護師で、経済連携協定(EPA)で来日、日本で最先端の医療を学び、祖国ベトナムで役立てたいと考えている。日本語が堪能で、ときおり的を射たことわざ・故事成語を披露する。
徳丸 元一(佐野 勇斗)・・東京MERの臨床工学技士。医療機器のスペシャリストで、人工呼吸器や人工心肺装置の保守点検を務める。
冬木 治郎(小手 伸也)・・東京MERの麻酔科医。メンバーや患者に対して常に気を配るムードメーカー。6話で、息子・壮太の前でヒーローとしての勇姿を見せ、喜多見から副チーフの称号をもらう。
千住 幹夫(要 潤)・・東京消防庁即応対処部隊(レスキュー隊)隊長。人命救助に対しての強い信念があり、自らの危険を顧みずに現場に飛び込もうとする喜多見とぶつかり合う。

駒場 卓(橋本 さとし)・・危機管理対策室室長。警察・消防と連携を取って的確な指示を出し、東京MERの活動を全面的にバックアップする。ハイパーレスキュー隊での指揮経験を持つ。
喜多見 涼香(佐藤 栞里)・・喜多見幸太の妹。東京海浜病院のNPO法人スタッフとして小児患者をケア。MERメンバーによくお手製のお菓子を振る舞う。音羽に好意を抱いている。

高輪 千晶(仲 里依紗)・・東京海浜病院の循環器外科医。国内の数少ない心臓移植を成功させた実力者。比奈の直属の指導医にあたり、彼女の教育をするとともに悩み相談も引き受ける。喜多見の婚約者であったが5年前に離婚。
赤塚 梓(石田 ゆり子)・・東京都知事で東京MERの発案者。危険と隣り合わせの医療を成し遂げられる唯一無二の逸材として、喜多見をチーフドクターに任命。厚生労働大臣の白金眞理子(渡辺真起子)と敵対関係にある。




あらすじと感想

暗闇を照らす一筋のひかり

鳴かぬ蛍が身を焦がす

東京消防庁――。

MERのメンバーに手作りクッキーを振る舞う涼香(佐藤栞里)。

ちょうどそこへ音羽(賀来賢人)が出勤してきたので、彼女は音羽にもクッキーを渡しに行きます。

仲よさげに会話する音羽と涼香。

そんな二人の様子を見て、MERのメンバーたちは「どんな関係だろ」とあれこれ噂しはじめます。

そこへ現れた警視庁公安の刑事・高松(馬場徹)。

喜多見(鈴木亮平)に「ツバキについてお話したいことがあります」と耳打ちし、彼を連れて出ていきます。

地下の駐車場――。

車の中で警視庁公安の月島(稲森いずみ)と話をする喜多見。

彼女は言います。

「世界各地で破壊行為を繰り返しているテロ組織・LP9を知っているか?その重要メンバーの一人・ツバキ。やつが日本に入国している情報がある。お前はツバキの情報を握っているんじゃないのか?

赤塚は必死に隠しているようだが、お前が中東から戻った際、アメリカ当局に何度も尋問を受けたことは分かっている。表向きは命を救うヒーローだが、お前の素顔は別にある。

もう一度だけ聞く。お前はツバキの仲間だな?」

それに対し喜多見は「俺は医者です」と答え、頑なに否定します。

揺らぐ信頼

メンバーのもとへ喜多見が戻ると、サイレン音が鳴り響き、危機管理対策室から伝達が入ります。

「都庁八王子市駒沢病院で、停電による電源喪失事故発生。現場は病棟数48の小規模病院。現在、予備電源に切り替えているが、入院患者の生命維持装置が停止するおそれがあるため、予防的医療事案と認定。東京MERの出動を要請します。」

現場に向かうERカーの車内――。

対策室から「どうやら停電の原因は大雨による送電線の寸断にあるようだ」と追加の連絡を受けるMER。

そんな中、難しい顔をした音羽が喜多見にこう詰問します。

「喜多見チーフはテロ組織と関係があるのではありませんか?一年前、喜多見チーフは、海外での医療活動をやめてからニューヨークに戻るまで空白の期間があります。

その間、何をしていたのか調べました。しかし、所属していた国際医療機関、アメリカの病院など様々な人に話を聞きましたが、誰も答えてくれません。箝口(かんこう)令が敷かれていますよね。

あなたは何らかのテロに加担していて、その期間に逮捕されていたのではありませんか?」

質問を受けても喜多見は押し黙って何も答えず、その様子に音羽は「やっぱりそうなんですね。本当のことを話してください」とさらに詰め寄ります。

そこへ電話の着信が――。

どうやら赤塚(石田ゆり子)からの電話のようで、喜多見は電話に出るために車外へと出ていきます。




守るべき秘密

「公安の人間が動いているようね。向こうはどこまで知っているの?」

そう電話で聞いてくる赤塚に、喜多見は言います。

「向こうで逮捕されたこと。俺がアメリカで尋問を受けたこと。それからツバキとの関係も全部知っているみたいです。もう時間の問題でしょう。迷惑をかける前にMERのメンバーには全部話しておくべきだと思います。」

迷いを見せる彼に、赤塚は釘をさします。

「約束したでしょ。最終審査会を通過してMERが正式承認されるまでは、絶対に秘密を守るって。MERのためよ。」

ERカーの車内――。

戻ってきた喜多見に再度質問を続ける音羽。

しかし喜多見は「今、俺が言えることは何もありません」と明言を避け、煮えきらなさを覚えた音羽は思わずこう言います。

「今までさんざんキレイごとを並べて、メンバーに危険な医療行為をさせてきてそれですか?分かりました。今後、私はあなたの命令には従わず、自分の判断で行動します。」

電源喪失事故現場

野沢病院――。

現場に到着した東京MER。天候が崩れて、外では雨が降っています。

MERメンバーが病院内へ入ると、看護師長の西原(黒田こらん)がやって来て、彼らにこう伝えます。

「非常用電源がもうすぐ切れそうで、復旧が難しいので患者を全員搬送することにしました。」

そこへ轟音(ごうおん)とともに地揺れが発生。病院の電気がすべて消えてしまいます。

すぐにライトをつけて、病院内の入院患者のもとへ向かうMERのメンバー。

停電で生命維持装置の電源が切れたことで、病室では患者たちが危険な状態にあり、それを見たMERの徳丸(佐野勇斗)は、すぐさまERカーに予備のバッテリーを取りに行きます。

その後、カルテを見ながら喜多見がメンバーに適切な指示を出していると、一人の女性(近藤洋子)が「助けてください」と病室に飛び込んできて「手術室の様子がおかしいんです」と訴えかけてきます。

女性の娘の葉月(渡辺優奈)が虫垂炎の手術を受けていると聞いた喜多見はすぐに手術室へ。

停電で開かなくなった手術室のドアをバールでこじあけて中に入ると、手術中の患者(葉月)が危険な状態に陥っていて、緊急事態だと判断した喜多見は、すぐさま彼女をストレッチャーに乗せ、ERカーへと運び出します。

虫垂炎手術

ERカーの手術室――。

手術開始。

喜多見たちによって手際よく虫垂の切除手術がおこなわれ、下がっていた血圧も上昇。容態も安定して、後は病院からの救急車の到着を待つだけとなります。

そこへ危機管理対策室の駒場(橋本さとし)から伝達。「新たな土砂崩れが発生し、病院につながる道路が寸断。すぐに救急車が向かえる状況にない」と連絡が入ります。

その後、ERカーの予備バッテリーの残量が減り、病院の裏山にある予備電源の復旧に向かおうとする徳丸。

そんな彼を制するように駒場に言います。

「そこをすぐに離れろ。新たな崩落事故が発生する可能性が高い。それと病院内の患者をすぐに上の階へ移動させてくれ。大規模な崩落事故が起きた場合、低いところにいると土砂に飲み込まれるかも知れない。ERカーの中も危険だ。建物内のなるべく高いところに避難してくれ。」

その言葉を聞いた喜多見は、患者(葉月)を病院の3階に運ぶようにメンバーに指示します。




喜多見の過去

入院患者を上の階へと避難・誘導するMERメンバー。

そんな中、喜多見が駒場の命令を無視して非常電源のある裏山に向かい、「待ってたら助けられませんから」と言って危険をかえりみずに復旧作業をしようとします。

そんな喜多見の行動に、音羽が声を荒らげます。

「いいかげんにしてください。あなたのそういうキレイごとは、もううんざりなんですよ。」

それを聞いた喜多見は、メンバーに向けてこんな話をします。

「ですよね・・。うんざりついでにちょっと聞いてもらえますか?

海外で医療活動をしていた時、銃撃を受けた一人の患者さんが逃げてきました。マリオット・ツバキさんという日系人で、彼は国際テロ組織LP9のメンバーでした。

しばらくして、ツバキさんを探しに政府の人がやって来ました。俺は『ここにはいない』と嘘をつきました。患者さんを守りたいと思ったからです。

その翌日、ツバキさんは病院を去りました。俺はテロリストをかくまった罪で逮捕され、刑務所に投獄されました。涼香や元妻、赤塚都知事の助けを受けてどうにか一年後に出所して、MERに来ました。だけど今もテロ組織とつながりがあるんじゃないかと疑われています。

世のなか的には、俺は前科ものでテロ組織の一員です。MERのために隠してました・・、って言いたいところですけど、自分のためですね。俺の過去がばれたら誰もついてきてくれないから、みんなに黙ってたんです。本当にすみませんでした。」

▶▶とうとう明かされた喜多見の過去。彼の口からテロリストのツバキに協力した本当の理由を聞いたとき、今までの喜多見の行動からしたら当然のことかなと思ってしまいました。事故を起こしたトラック運転手の命や、不法労働者の命を救ったりと、相手がどんな人間であっても、助けを求めている命は必ず救う、そんな彼の一貫したポリシーはMERのメンバーもきっと理解しているはずです。

待ってるだけでは

予備のバッテリーが切れて医療機器の電源が落ち、騒然となる病院内。

MERメンバーが必死に対応しますが、状況は悪くなる一方です。

そんな絶体絶命のピンチの中、突然、病院の電気が点灯し――。

どうやら電気が復旧したみたいで、医療機器がすべて再起動。患者たちの命は無事守られることになります。

その後、MERメンバーが、電気を復旧させてくれた喜多見に連絡をとったところ電話がつながらず、心配になった彼らは喜多見のいる場所に向かおうとします。

そこへ駒場が「崩落の危険がある、レスキュー隊の到着を待て」と彼らの行動を制止。

そんな駒場に反発するように音羽は言います。

「待ってるだけじゃ救えない命があります――。」

▶▶1話で喜多見が言ったセリフをなんと音羽が口にすることに。MERで喜多見と活動をともにする中で、次第にその心情が変化していった音羽。かつては命をかけてまで患者の命を救う必要はないと喜多見と対立していたのに、いつのまにか救うべき患者のために命がけの行動をとるようになって・・。そんな彼の変貌を象徴するかのようなこの言葉には、強く胸を打たれるものがありました。

喜多見を救うために

裏山の喜多見のもとへ駆けつけたMERメンバー。

電線に感電してその場に倒れていた喜多見を見つけ、すぐさま心肺蘇生を施します。

そこへ「その場は危険だからすぐに退避しろ」と避難命令を出す対策室長の駒場。

しかし、それでも彼らはやめずに心肺蘇生をおこない続けます。

何度繰り返しても戻らない心拍・・。そのことに苛立った音羽は、喜多見にこんな言葉をぶつけます。

「ふざけるなよ。勝手に引っ張り込んで、さんざん無茶をして、これで終わりかよ。ふざけんなよ。戻ってこいよ。」

その声に応えるように息を吹き返した喜多見――。

心拍が再開し、意識を取り戻した喜多見を見て、MERのメンバーは安堵のため息をつきます。

危機管理対策室――。

病院の患者の搬送が終わり、MERの出動結果が報告されます。

「今回の出動、軽症者2名。重症者1名。死者は・・・ゼロです。」




音羽の本音

喜多見から聞いた事実を厚労省に報告しに向かう音羽。そんな彼のもとへ涼香がやって来てこう言います。

「お兄ちゃんに言われたんです。もしも秘密がバレた時には、お前が音羽先生の味方になれって。」

「どういうことです?」

思わず聞き返す音羽。

「お兄ちゃんは言ってました。現場しか知らない自分とは違って、音羽先生は大きな視点で世の中を見てるって。MERが必要だって誰よりも分かっているし、音羽先生が厚労省の中にいれば、いつか日本中にMERを広めてくれるはずだって。」

それに対し音羽は言います。

「私は涼香さんを利用しました。公安が来たとき、あなたに鎌をかけて、高輪先生に会いに行ったのを立ち聞きしていたんです。秘密を暴くため・・。私は、あなたや喜多見チーフが思っているような人間じゃありませんよ。ただ権力が欲しいだけの官僚です。上司に媚びを売って出世したいだけです。」

「それも日本をよくするためにやって・・」

彼女のその言葉を「あなたに何が分かるんですか?」と遮る音羽。

涼香は言います。

「聞いちゃったんです。エレベーターの事故(5話)の後に、音羽先生が彩乃さんと赤ちゃんに会って話しているのを。・・あれが音羽先生の本音ですよね。お兄ちゃんの過去は事実ですから、遠慮なく報告してください。それでも私はずっと音羽先生の味方ですから。」

結ばれた絆

東京消防庁――。

いつものように早朝に出勤してMERの部屋に顔を出す喜多見。しかし、そこには誰の姿もありません。

「本当のことを話したから当然だよな・・」と一人イスに座る喜多見。

すると、外から何やら話し声が聞こえてきて、気になった喜多見は声のある場所へと向かいます。

ドアを開けると、そこにはERカーを洗車するMERのメンバーたちの姿があって――。

彼らは言います。

「お帰りなさい、喜多見チーフ。」

自分の過去を知ってもついてきてくれる、そんなメンバーたちの思いに、喜多見は思わず顔をほころばせます。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第8話は

 ここまでです。

いかがでしたでしょうか。

喜多見がテロ組織と関係があるとメンバーが知って、一時はMERの絆にヒビが入ったかのように見えましたが、それは考えすぎだったみたいです。ともに闘った仲間との絆・信頼関係は、そう簡単に壊れるものではないのでしょう。

ちなみに、厚労省に行って音羽が提出した喜多見の報告書には、「デング熱で入院したために一年の空白期間ができた」と嘘が書かれていて、MERを解体すると豪語していた音羽も、本心ではやはりMER賛成派だったみたいです。

策が尽きて、MER解体の切り札を持ち出す厚労大臣の白金(渡辺真紀子)に、診察中に胸を押さえて倒れてしまった赤塚都知事。気になるラストシーンで終わった物語は、最後に向けてどんな方向に動き出すのでしょうか。ドラマもとうとうクライマックスです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ情報

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

――TBS系 毎週日曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/
主題歌:「アカリ」GReeeeN(ZEN MUSIC / UNIVERSAL MUSIC)
(公式MV▶https://youtu.be/GOIuU0ejpzc
脚本:黒岩 勉
企画:高橋 正尚
音楽:木村 秀彬
プロデューサー:武藤 淳、渡辺 良介(大映テレビ)、八木 亜未(大映テレビ)
演出: 松木 彩、平野 俊一

▼キャスト▼


○喜多見 幸太・・鈴木 亮平
○音羽 尚  ・・賀来 賢人
○弦巻 比奈 ・・中条 あゆみ
○徳丸 元一 ・・佐野 勇斗
○冬木 治郎 ・・小手 伸也
○ホアン・ラン・ミン・・フォンチー
○越前 夏海 ・・菜々緒
○赤塚 梓  ・・石田 ゆり子
○千住 幹生 ・・要 潤
○喜多見 涼香・・佐藤 栞里
○深沢 陽斗 ・・佐藤 寛太
○久我山 秋晴・・鶴見 辰吾
○駒場 卓  ・・橋本 さとし
○白金 眞理子・・渡辺 真起子
○高輪 千秋 ・・仲 里依沙

コメント

タイトルとURLをコピーしました