日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』1話のあらすじと感想(ネタバレ)

医療のイメージ2021夏ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の7月4日(日)に日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

大規模な事故や災害、未知の感染症から住民を守るために、東京都にあらたに発足した「東京MER(mobile emergency room)」こと「走る緊急救命室」。

MERのチーフドクター・喜多見幸太役を演じるのは、「テセウスの船」「恋愛漫画家」で名演を見せた鈴木亮平です。

そんなドラマの記念すべき第1話のストーリーは以下のようなものでした。

■第1話のあらすじ


東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子)の発案によって発足した「TOKYO MER」。そのチーフドクターに任命された喜多見(鈴木亮平)とメンバー6人は、記念式典中に起きたバスとトラックの衝突事故の現場へと急行します。横転したバスに乗り込み、車両切断を進めながら野外緊急オペを行うなど、自らの危険を顧みずに行動する喜多見。彼には「待っているだけでは助けられない命がある」という、誰にもゆずれない強い信念があって――。患者の搬送を待つのでなく、自ら現場に向かう。そんな理念を掲げ、「TOKYO MER医療チーム」が尊き命を救うために、危険に立ち向かっていきます。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第1話の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・主題歌・スタッフなど)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、セリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物

喜多見 幸太(鈴木 亮平)・・TOKYO MERのチーフドクター。現場では指揮官として的確な指示を出し、外科手術をも迅速にこなす敏腕医師。「待っているだけでは助けられない命がある」というポリシーを胸に、自らの命を張って勇敢に人命救助にあたる。
音羽 尚(賀来 賢人)・・TOKYO MERの医師。厚生労働省から派遣された医系技官(医師免許を持つ国家公務員)。MERを俯瞰(ふかん)的に分析し、認可するかどうかの職務を担う。命がけで人を救おうとする喜多見の考え方には批判的。
弦巻 比奈(中条 あゆみ)・・TOKYO MERの医師。東京海浜病院の循環器科研修医で、指導医の高輪千秋(仲里依紗)のもとで医療を学びながら、並行してMERに所属。喜多見のやり方についていけなくて、MERを続けられるか不安を抱く。
越前 夏海(菜々緒)・・TOKYO MERの看護師。東京海浜病院の入院患者を担当し、副看護師長も務める。MER参加には周囲の反対があったが、本人の強い希望で兼務が決まる。
ホアン・ラン・ミン(フォンチー)・・TOKYO MERの看護師。もともとはベトナムの看護師で、経済連携協定(EPA)で来日する。
徳丸 元一(佐野 勇斗)・・TOKYO MERの臨床工学技士。医療機器のスペシャリストで、人工呼吸器や人工心肺装置の保守点検を務める。
冬木 治郎(小手 伸也)・・TOKYO MERの麻酔科医。病院内での信頼も厚く、気遣いが上手なことから、MER内のまとめ役を買って出る。
千住 幹夫(要 潤)・・東京消防庁即応対処部隊(レスキュー隊)隊長。人命救助に対しての強い信念があり、自らの危険を顧みずに現場に飛び込もうとする喜多見とぶつかり合う。
赤塚 梓(石田 ゆり子)・・東京都知事でTOKYO MERの発案者。危険と隣り合わせの医療を成し遂げられる唯一無二の逸材として、喜多見をチーフドクターに任命。厚生労働大臣の白金眞理子(渡辺真起子)と敵対関係にある。




1話のあらすじと感想(ネタバレあり)

医療のイメージ

東京MER発足

1992年 アメリカペンシルベニア州――。

鳴り響く救急車のサイレン、負傷して倒れ込む住民たち、そしてそこに、消えゆく母の命を助けるために「お医者さんはいませんか」と必死に叫ぶ一人の少年がいて・・。

東京消防局――。

体のトレーニングに余念のない喜多見(鈴木亮平)。そこへやって来た比奈(中条あゆみ)に「式典が始まりますよ」と言われ、慌てて準備に取り掛かります。

TOKYO MER発足記念式典会場――。

東京都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は、住民たちに説明をはじめます。

「近年増え続ける未曾有の災害、大規模な事件・事故、テロの脅威、そして、未知なる感染症。住民の皆さまを守るために、東京都はあらたな医療システムの実用化を目指すことになりました。

TOKYO MER、TOKYO Mobile Emergency Room。医師3名、看護師2名、麻酔科医1名、臨床工学技士1名で構成されたこの組織は、緊急医療が必要な現場に急行し、あらゆる状況に迅速に対応します。

オペ室を搭載した特殊緊急車両『ERカー』では、高度な外科手術も可能です。今回での試験運用に成功すれば、東京に、日本全国に、『走る緊急救命室』が誕生するのです。」

さらに彼女の紹介を受けて『MERのメンバー』と『ERカー』が住民たちの前に登場。梓はその前で、「MERの役割はただ一つ、現場で死者を一人も出さないことです」と言葉を加えます。

そこへ突然鳴り響くサイレンの音。

都庁危機管理室から「港区でバスとトラックの衝突事故が発生」という通報が入り、出動要請のかかったTOKYO MERのメンバーは、式典の最中ながらも『ERカー』に乗り込んで現場へと急行します。




東京MER初出動

事故現場――。

チーフドクターの喜多見は、現場を目の前に、メンバーに対して的確な指示を出していき、さらに救助にあたっていたレスキュー隊・隊長の千住(要潤)に「指示に従って欲しい」と申し出ます。

しかし千住は、彼に敵対心を見せ「救助が終わるまで引っ込んでいてください、現場の指揮権はこちらにある」と邪険に返してきます。

仕方なく千住を振り切って、安全確認を取らずに転倒したバスへと乗り込む喜多見。

車内の負傷した乗客に安心するよう言葉をかけ、「トリアージ」をおこなっていきます。

気になるワード『トリアージ』


大事故・災害などで同時に多数の負傷者が出た際に、傷病者の状態に応じて治療の優先順位を決めていくことで、「トリアージタグ」と呼ばれる、色識別できる標識を用いて優先度が振り分けられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【トリアージタグの種類】
●赤タグ・・生命の危険が迫り、今すぐ治療が必要
●黄タグ・・処置に数時間の余裕があり、入院と治療が必要
●緑タグ・・生命の危険がなく、直ちに治療は必要なし
●黒タグ・・すでに死んでしまっている、救命の見込みがない

その後のMERの救助活動は、以下のとおりです。

1人目:バス内で意識を失い、心停止してしまった少女
――心臓マッサージ、アドレナリン投与、電気ショックにより息を吹き返し、蘇生に成功する。

 

2人目:エコーによって腹腔内出血が発見された女性
――ERカーでの外科手術。喜多見の迅速なオペによって一命を取り留める。

 

3人目:運転席に挟まれて急性頭蓋内血腫を起こしたトラック運転手
――その場での緊急手術と、車両切断によって救出。

喜多見がトラック運転手に手術を施す中、事故の原因がトラック運転手の居眠り運転にあったことを知った比奈は「バスの乗客のほうを優先すべきではないか」と彼に詰め寄ります。

しかし、喜多見はそんな彼女の言葉に構わず、運転手の頭部にドリルで穴を開け、血を抜く処置を黙々と進めていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最終的に負傷者全員の搬送が終わり、緊張が解けて安堵するMERメンバー。

徳丸(佐野勇斗)の口から今回の救助結果が報告されます。

「軽症者9名、重傷者3名、死者は・・・ゼロです。」

望み通りの結果に満足げな顔の喜多見に対し、遅れて参加していた医系技官の音羽(賀来賢人)がこんな意見をします。

「喜多見チーフのやり方では続かないと思います。オペは安全で衛生的なところでするべきです。医師が死んだら他の命も共倒れになってしまう。」

それに対し喜多見は次のように返します。

「待っているだけでは助けられない命もありますから――。」

▶▶危険を冒してまで命を救うべきではないと考える音羽に対して、危険を冒すからこそ助かる命があるのだと、正反対の主張を示す喜多見。二人の考え方は、まるで水と油の関係です。ただ、患者が助かった際に、音羽が喜びの表情を見せたところから察するに、「人の命を助ける」という医師としての根幹部分においては、共に共通した考えを持っていたのかも知れません。




反省会

謎の体幹トレーニングをしている喜多見をよそ目に、ミーティングを開始する音羽。

一回目のTOKYO MERの出動結果をまとめたレポートをメンバーに配り、そこに書かれた『問題点・関係機関の反応』を読み上げます。

レポート内容は以下のとおり。

●問題点・・医師が危険を顧みずに医療行為をしたこと。
●東京消防局・・レスキュー隊への救助妨害並びに、爆発の危険のあったバス内に安全確認せず侵入するなどに被害拡大のリスクがあったと批判。
●警視庁・・現場医療を展開することによって、警察車両が現場に近づけなくなったとクレーム。
●日本医師会・・医療従事者が現場で命の危険にさらされることに懸念を表明。
●厚生労働省医政局・・危険な状況下でのオペや医療行為について国会での議論と法整備が必要と指摘。

 

【結論】
MERの活動のリスク・デメリットが大きく、今後は活動内容を縮小・制限するか、組織自体を解体するべきだと判断。

まさかの『解体』という言葉に当惑するMERメンバー。

さらに音羽は、「バス内の乗客よりトラック運転手を優先させたことに対して、ネット上で批判の声があがっている」と、付け加えて言います。

そんな音羽に向けて、喜多見はこう口にします。

「どの命が重要かなんて、俺たちには決める権利なんてないですよね。医者にできるのは、ただ目の前の命を救うことだけですよ。」

▶▶たとえ事故の原因が運転手にあったとしても、人命救助において、優劣をつけたり私情を交えたりしてはいけないということ。命の重みはみんな一緒で、被害者・加害者に関係なく、目の前の患者を救うことこそが医者の本来の使命だという喜多見の主張には、納得させられるものがありました。

その後、音羽は「今回の出動をふまえて、後日、関係機関を集めた審査会を開く予定です」とメンバーに報告。ミーティングはいったんそこで締められます。

事故の真実

審査会当日――。

現場での喜多見の判断は間違っていたと証言するように、前日に音羽に頼み込まれていた比奈。

MERが解散すれば、循環器科に専念できるということもあってか、審査会がはじまる前から迷いの表情を見せます。

そんな中、警察の人間と共に、トラック運転手の娘とされる一人の女性がやって来て、MERメンバーに「父親を助けていただきありがとうございました」と感謝の言葉を伝えます。

さらに警察の口から、事故に関する驚きの事実が述べられます。

「運転手の居眠り運転が原因だと思われていましたが、実は小学生が路上に飛び出して、それを回避しようとして起きた事故であることが分かりました。

マスコミに公表しなかったのは、あくまで事故を起こしたのは自分で、小さな子どもに責任を負わせたくないという、運転手の意思があったからです。」

審査会直前――。

事故情報のモニターを見ていた喜多見は、唐突に「今からこの現場に向かいます!」と声をあげ、審査会そっちのけで、徳丸とともに現場に向けて出動してしまいます。

まさかの喜多見の行動に唖然とするMERメンバー。

やむを得ず、喜多見抜きで審査会に出ることになります。




審査会

喜多見の現場での判断が間違っていたことを議題に上げて、声を荒らげる厚労省医政局長・久我山(鶴見辰吾)。

彼の主張に、医師会やレスキュー隊長・千住も賛同の意見を述べ、さらに医系技官の音羽も「喜多見チーフの行為は医師としてあるまじきものでした」と発言します。

それらの意見を受けて、喜多見をチーフに任命した赤塚梓に矛先が向き、周囲に説明を求められた彼女は、次のように答えます。

「喜多見幸太をチーフドクターに選んだのは、危険と隣り合わせの医療を成し遂げられる唯一の逸材だと思ったからです。

1992年、アメリカペンシルベニア州ショッピングモールで銃の乱射事件がありました。犠牲となった20名の尊い命の中に、喜多見の両親がいました。

目が覚めた時、両親は彼に覆い被さるように倒れていて、母親はまだ息があったそうです。しかし、母親は搬送されなかった。

彼は必死に『医師はいないか』と声をあげて助けを求めました。でも結局、医師は現れず、そのまま母親は息をひきとってしまって・・。

その後、アメリカで彼は医師免許を取得しました。当時彼は、記者だった私にこう言っていました。『自分は患者が搬送されてくるのを待つのではなく、助けを求めている人のところに自ら向かう医師になる』と。

彼はTOKYO MERの理念そのものなんです。ドクター喜多見幸太以外に、東京MERを任せられる逸材を私は知りません。」

▶▶冒頭の映像の伏線がここで回収されることになります。喜多見の理念である「待っているだけでは、助けられない命がある」というのは、このときの両親の死が影響していたんですね。患者が搬送されるのを待つのではなく、医師そのものが現場に向かって命を助けること。事故現場に命がけで向かおうとする彼の行動の根底には、今の医療が抱える問題に立ち向かい、両親を失った無念・悔しさを晴らしたいという、強い思いが流れているみたいです。

あらたな事故

その頃――。

喜多見が救助に向かった解体作業現場でガス爆発が発生。建物が大規模に崩落してしまいます。そしてその一報が、審査会のもとへ伝えられ、TOKYO MERに緊急の出動要請がかかります。

崩落現場でたった一人救助する喜多見。大勢の負傷者が苦しんで倒れている状況に、彼は、幼い頃にアメリカで見た当時の情景を思い出し、立ちすくんでしまいます。

そこへ「何ぼーっとしてるんだ」と後ろから声が――。

喜多見が振り向くと、なんとTOKYO MERの仲間たちが立っていました。

頼れる仲間が加わったことで救助は急ピッチで進み、さらに消防や警察、医療機関も全面的に協力。初出動のときと異なり、各機関とMERが大きな結束力を見せます。

その後、患者の治療を終えてようやく一段落と思った矢先、爆音がとどろき、不運にもあらたな爆発事故が発生してしまいます。

すぐさま現場にかけつける喜多見。彼はそこで千住から「救助にあたっていた隊員が取り残された」と伝えられます。

生きている人がいるなら医者の力が必要だから――、そう言って無謀にも爆発の危険性のある建物に入ろうとする喜多見に対し、音羽はこう言い放ちます。

「きれい事ばかり言わないでください。理想だけ追いかけられたら最高ですよ。だけど、現実はそんなに甘くない。あきらめることも必要なんじゃないですか。」

しかしそれでも彼は「俺はあきらめたくない」と言って、そのまま建物内に入っていってしまいます。

建物内――。

鉄筋が足に刺さり重症を負った隊員を発見した喜多見。

「俺にかまわず逃げてください」と言ってくる隊員に対し、「あきらめないでください」と言葉をかけ、麻酔なしで手術を施していきます。

しかしそんな中でもガスの濃度はどんどん上がっていき、喜多見は次第に意識が薄れるのを感じます。そして最後には、メスを落としてその場に倒れ込んでしまって――。

そんな喜多見を抱きかかえるうように支え、現場に救援に入ってきた音羽。

次なるガス爆発が迫る中、彼のサポートで意識を取り戻した喜多見は、音羽と協力しながら迅速に処置を施し、爆発直前に建物外へ脱出。隊員の救出に見事成功します。

結果、今回の事故でも死者数はゼロ。彼らの活躍に周囲で称賛の声があがります。

尊い命を救うために自らの危険も顧みない――、そんな最悪・最高の医療チームの物語がこうして始まるのでした。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第1話は

 ここまでです。

いかがでしたでしょうか。

初回から次々と事故が発生し、ハラハラドキドキの展開でしたね。

ドラマの性質上、事故現場のセットや演出が映画に比べたらチープになりがちですが、今回の内容では、それを感じさせないくらいに精緻にセットが作り込まれていて、迫力ある爆発の演出も相まってか、実際の現場にいるかのような臨場感がありました。

また、MERを推進する都知事の赤塚梓と、政治的な理由でそれを阻止しようとする厚生労働省サイドという、いかにも日曜劇場らしい対立構造にも面白みがあったと思います。

さて、次話はいったいどんなストーリが描かれるのでしょうか。喜多見に隠された、明かしてはいけない過去の事件というのも気になるところですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 




ドラマ情報

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』

――TBS系 毎週日曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/
主題歌:「アカリ」GReeeeN
(ZEN MUSIC / UNIVERSAL MUSIC)
脚本:黒岩 勉
企画:高橋 正尚
音楽:木村 秀彬
プロデューサー:武藤 淳、渡辺 良介(大映テレビ)、八木 亜未(大映テレビ)
演出: 松木 彩、平野 俊一

▼キャスト▼


○喜多見 幸太・・鈴木 亮平
○音羽 尚  ・・賀来 賢人
○弦巻 比奈 ・・中条 あゆみ
○徳丸 元一 ・・佐野 勇斗
○冬木 治郎 ・・小手 伸也
○ホアン・ラン・ミン・・フォンチー
○越前 夏海 ・・菜々緒
○赤塚 梓  ・・石田 ゆり子
○千住 幹生 ・・要 潤
○喜多見 涼香・・佐藤 栞里
○深沢 陽斗 ・・佐藤 寛太
○久我山 秋晴・・鶴見 辰吾
○駒場 卓  ・・橋本 さとし
○白金 眞理子・・渡辺 真起子
○高輪 千秋 ・・仲 里依沙

コメント

タイトルとURLをコピーしました