ドラマ『ラジエーションハウス2』第9話のあらすじと感想(ネタバレあり)

節分の福豆2021年

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の11月29日(月)にドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第9話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

同名漫画が原作の放射線技師医療ドラマとして人気を博した「ラジエーションハウス」の第二期となる今作。主人公を務めるのはもちろん窪田正孝で、前作メンバーに新たなメンバーを加え、個性的な登場人物とともに様々な物語が紡ぎ出されます。

■第9話(不幸な技師退職騒ぎで分裂危機!)のあらすじ


名は体を表す。一見すると幸福そうな名前の田中福男(八嶋智人)は、実は過去に3回のリストラを経験。妻の幸子(猫背椿)にも離婚を言い渡され、めぐりめぐってこの病院の技師に。そんな彼が病院内で、営業が振るわず上司に怒られ、ストレスから難聴になったという医療メーカーの山田福造(石井正則)と出会うことになります。自分の仕事に喜びと誇りを持つ山田の生き方に、次第に影響されていく田中。とるに足らない存在だと自分を卑下し、技師を辞めることすら考えていた彼が、最終的にとった選択とは――。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物(キャスト)の紹介
第9話の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・原作・主題歌・スタッフなど)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、セリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物(キャスト)

五十嵐唯織(窪田 正孝)・・医師免許を持ちながらも、幼少期の甘春杏との約束を守るために放射線技師として働くドラマの主人公。2年のアメリカ留学を終えて、再び甘春総合病院で勤務することに。天才的な読影技術を持ち、周囲が気づかぬような病原を画像から見つけ出すことができる。
甘春 杏(本田 翼)・・甘春総合病院・放射線科医。新院長就任後、外部の画像診断センターで働いていたが、唯織の帰国を受けて天春病院の医師として再就任。再びラジハのメンバーと一緒に働くことに。唯織とは幼馴染み。
広瀬 裕乃(広瀬 アリス)・・甘春総合病院・放射線技師。まだ新人だった2年前はチームで足を引っ張っていたが、今では一人前の立派な技師に。唯織に好意を持っている。
黒羽たまき(山口紗弥加)・・甘春総合病院・中堅放射線技師。勤続通算12年の大ベテラン。一人で自由に過ごすことこそが幸せという結婚観で母親・るり子と衝突する。気が強く男勝りな性格で少しドSな一面も。チームの中の頼れる姉御的存在。
小野寺俊夫(遠藤 憲一)・・甘春総合病院・放射線技師長。マイペースで適当な性格に見えるが、実は仕事熱心で部下思い。酒とギャンブルをこよなく愛す。
軒下 吾郎(浜野 謙太)・・甘春総合病院・中堅放射線技師。頭の中は「女性にいかにモテるか」でいっぱいで、彼女欲しさにマッチングアプリを愛用。チーム内ではイジられキャラだが、MRIの画像診断の技術は超一流。トレードマークは黒縁メガネ。
威能 圭(丸山 智己)・・甘春総合病院・中堅放射線技師。Ai(死亡時画像診断)のスペシャリスト。人の心をつかむのが上手く、患者受けが良い。いつも自分の前髪を気にしている。
悠木 倫(矢野 聖人)・・甘春総合病院・中堅放射線技師。ドライな性格で愛想を振りまくのが苦手。勉強熱心で、自身の技術を高めることに生きがいを感じている。

田中 福男(八嶋 智人)・・甘春総合病院・放射線技師。今作から登場するラジハの新メンバー。軒下とキャラがかぶり、いつも喧嘩ばかりしている。名前は福男だが、その人生は不幸の連続。3回のリストラと離婚を経て現在の技師に至る。

辻村駿太郎(鈴木 伸之)・・天春総合病院・整形外科医。父親が大学病院教授のいわゆるお坊ちゃま。杏のことが好きで、唯織をライバル視している。第6話の一件を受け、医師としての経験を積むために救急科への転科を決意する。
大森 渚(和久井映見)・・甘春総合病院・前院長。性格が温和で母性的な存在。ある患者の治療のために、単身渡米して心臓カテーテル技術を学ぶ。
鏑木 安富(浅野 和之)・・甘春総合病院・副院長。診療部長兼放射線科長。院長の座を狙って、かつては点数稼ぎばかりしていたが、ラジハメンバーに影響されて心を入れ替える。
灰島 将人(髙嶋 政宏)・・甘春総合病院・新院長。院長就任後、病院の合理化を徹底的に推し進め、院内の非生産的なものを全て排除してしまう。患者や医師の気持ちよりも経営・ビジネス面に主眼を置く合理主義者。




あらすじと感想

節分の福豆

名は体を表す

「ここに一つの名前がある。名付けた親はこう願ったのだろう。『わが子が幸福になりますように』と。名は体を表すと言われている。だが実際は・・。

彼はとにかく運がなかった。

新卒で入社した旅行会社。3週間後にまさかの破産でリストラ勧告。無職に。

次に勤めたお菓子メーカー。突然の不祥事・業績悪化に伴うリストラ勧告。無職に。

次に勤めたおもちゃメーカー。外資系企業による買収。やっぱりリストラ勧告。無職に。

そして、運命の相手だと思ったその女性からは・・、離婚宣告。

こうして、捨てられっぱなしの不幸な男・田中福男は、めぐりめぐってこの病院にやって来た。次こそは幸福を手に入れるために。」

田中のセールス

医師の渋谷(野間口徹)に詰め寄り、自分が考案したMRI技法を必死に売り込もうとする田中(八嶋智人)。そんな彼のMRI画像を見た渋谷は「こんなレベルじゃ、君、この仕事向いてないんじゃないの?」と辛口の言葉を返し、「もう一度基礎から勉強したほうがいいよ」と言ってラジハを出ていってしまいます。

その後、落ち込んだ田中に心配して唯織(窪田正孝)が声をかけると、今度は彼のほうが手もとのスマホを見て外に。それと入れ替わるようにして、医療メーカーABCメディカルの営業担当・山田福造(石井正則)がラジハに入って来ます。

ラジハメンバーに向けて造影剤の売り込みを始める山田。しかし、「造影剤なら十分在庫がありますから、お引取りください」とメンバーに断られ、きまり悪そうにその場を去っていきます。

ついていない二人

病院の待合でスマホを眺める田中。

届いたメールにはこう書かれていました。

「久しぶり、幸子です。元旦那のあなたには一応報告。再婚することになりました。」

続けて、幸子の近況報告の写真投稿を見ると、新しい夫との写真とともに「夫婦でフランス料理店を始めました。今度こそ幸せになります」と書き込まれていて、田中は思わず「今度こそって・・」と口に出します。

その後、仕事の休憩時間に椅子に座ってため息をついていると、隣でも同じくため息をついている人が・・。心配になって「大丈夫ですか?」と声をかけると、相手(山田福造)も同じ言葉を発し、そのことがきっかけで二人は意気投合することになります。

互いの身の上話をする山田と田中。

山田福造「営業成績が悪くて上司に怒られ、ストレスから耳が聴こえにくくなったんです。」

田中福男「会社に3回リストラされ、妻にも離婚を告げられたんだ。」

そんな中、山田が「こんなことなら実家の寿司屋を継いだほうが幸せになれたかもなぁ」と口にし、さらに「良い案があります」と言って、田中に「良かったら一緒に寿司屋で働きませんか?」と誘いをかけます。

その言葉に、寿司屋なら妻のフランス料理店に対抗できるかも知れないと踏んだのか、「ぜひやりましょう」と応える田中。

するとそこへ唯織がやって来て、山田に向けてこう話しかけます。

「山田さん、一度、脳の精密検査を受けてみませんか?もしかしたら難聴の原因はストレスではないかも知れません。」

ゴシップノート

田中の落としたノートを持ってきて、「これはいったいどういうことでしょうか?ラジエーションハウスの風紀が乱れているのではありませんか?」とメンバーたちを注意する鏑木(浅野和之)。

彼が持ってきたノートには、次のようなゴシップネタが書かれていました。

たまき▶地元じゃ元有名なヤンキー。
悠木▶自宅で飼っている唯一のおしゃべり相手はウーパールーパーで、名前はミミちゃん。
軒下▶婚活に総額300万円費やしている。
小野寺技師長▶でべそ。

そこへタイミング良く田中がラジハにやって来て、メンバーたちはノートに書かれた内容の憤懣を彼に思い切りぶつけます。

仲間の怒りの声を全身に浴びた田中。開き直ったようにこう返します。

「構いませんよ、みなさんにどう思われようが。この職場とも、もうおさらばですし。私、寿司屋をやろうと思っています。」




医療メーカーの誇り

山田から「家族のことがあるから、やはり今の仕事はやめられない」と寿司屋の話を断られた田中。今度はピザ職人を目指すと言って、レッスン動画を見ながらピザ生地を伸ばす練習に励みます。

その隣では、山田が過去に脳震とうを起こしたことを知った唯織が、MRI画像を再確認していて・・。

そこへ、子どもとフランス人男性の二人の急患患者が入ったと連絡。ラジハのメンバーはすぐさま応援に向かいます。

ちなみに、倒れたフランス人男性というのは、田中の元妻・幸子(猫背椿)の現在の夫・ボヌール(厚切りジェイソン)で、検査室で彼の顔を見た田中は驚きの声をあげます。

その後、ボヌールが造影剤アレルギーで造影CTができないことを聞いた杏(本田翼)が、メンバーに腎臓の『ASL』を行ってみてはどうかと提案。その『ASL』についての詳しい情報を知っているとされる山田に、田中が連絡を入れることになります。

■ASL法(動脈スピンラベル標識法)


「Astrial Spin Labeling」の略。血管にラジオ波を当てて、磁気的に標識(ラベリング)することで、造影剤を使用せずに血流状態を画像化できる。

電話に出た山田は「参考になる学術論文があるかも知れません。見つけてすぐに持っていきます」と返答。

彼の到着を待っている間、田中は山田の持ってきた資料に目を通します。

彼が講演会を自分の足でまわって集めたとされる資料には、一つひとつ丁寧に付箋が貼ってあって・・。

それを見ていた田中は、先日言っていた山田の言葉を思い出します。

「医療メーカーって、患者に直接関われる仕事ではありませんけど、自分が提供した情報や製品を、先生方や技師の皆さんが有効的に使ってくださることで救われる患者さんたちがいる。そのことに喜びを感じている自分がいるんです。」

▶▶患者と直接関われる医師でなくても、間接的にでも役に立つことができることにやりがいや喜び、誇りを感じている山田。ストレスがあると言いながらも、実は誰よりも仕事が好きで、自らの足で講演会をまわって資料を集め、技師や医師のために少しでも役立とうと努める――、そんな彼の誠実な姿が、田中にはとても大きく見えたみたいです。

山田の奮闘

学術論文管理センターへ資料を探しにやって来た山田。しかしセンターは、運悪く閉鎖しており・・。

そこで山田は、ASLの第一人者でもある御法川教授の家を訪問。腎臓ASLのマニュアルをコピーさせてほしいと懇願し、それを持って、急いでラジエーションハウスに向かいます。

その後、山田からマニュアルを受け取ったラジハメンバーは、すぐに検査の準備を開始。

ボヌールの検査が始まり、結果、腎臓の動脈狭窄(きょうさく)が原因で高血圧になったということが判明します。

耳の中の3つの骨

ボヌールの件が一段落し、メンバーが後片付けをする中、唯織が山田のCTを再構成するためにパソコンに向かい、画面上に出てきた結果を杏に見せます。

その画像を確認した杏。驚いた声でこう言います。

「山田さんの難聴の原因は、アブミ骨の骨折です。」

■アブミ骨


内耳に一番近い耳小骨。形が乗馬に使う「あぶみ」に似ていることからその名が付いた。ツチ骨・キヌタ骨とともに、鼓膜からの振動を内耳に伝える働きがある。

唯織が続けて言います。

「3ヶ月前に脳震とうを起こした際に、骨折したんだと思われます。それと、さっきのボヌールさんの病気。あれは放射線技師・放射線科医・医療メーカー、このどれか一つでも欠けていたら、見つけることができませんでした。

耳の中も同じなんですよ。耳の中には小さな骨が3つあります。この一つひとつがお互いにバランスを取り合い、支え合うことで我々は音を聴くことができます。どれか一つでも欠けていたらだめなんです。どんなに小さくても、とるに足らない存在に見えても、必ず意味はあるんです。」

幸せな男

病院の玄関で、「お互い小骨同士頑張りましょう」と握手をし、別れの挨拶を交わす田中と山田。

その後、田中が病院に戻ろうとすると、元妻の幸子が現れ、彼に向けてこう言います。

「夫のことありがとう。自分の幸せしか考えていないあなたには、放射線技師なんて無理だと思ってた。でも今のあなたは・・。

あなたがとても幸せそうで良かったわ。」

//ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ここに一つの名前がある。名付けた親はこう願っていたのだろう。『まわりに幸福を届ける男になりますように』と。そしてそれは、新たな『福』となる。名は体を表すと言われている。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第9話は

 ここまでです

名前の「福」とは裏腹に、不幸な人生を送り続ける田中福男と山田福造が、病院で出会うことから始まった今回のラジエーションハウス。

最終的に2人とも今の仕事をすることが一番幸せだと気付き、互いに頑張ることを誓い合うことになります。

どんなにとるに足らない人間にも大きな意味がある──。

耳の骨の例えとともに語られたその言葉の通り、私たちの社会では、いろんな立場の人間が互いに関わり、協力し合うことで、ひとつの大きなものが生み出されています。

今回の物語で山田が自分の仕事にやりがいや喜びを感じたように、私たちも、自分がとるに足らない存在だとか、必要とされていない人間だなどと決して思わず、自信と誇りを持って日々を過ごしていきたいものですね。

さて、次週からは大森が秘密にし続けていた患者のストーリーが開始。

心臓に障害を持った胎児を救うために、渡米してカテーテル技術を学んだ大森が、メンバーに協力を仰ぐラストシーンで終わりましたが、はたして、彼らの先に待ち受けているものとは・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ情報

『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』

――関西テレビ 毎週月曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/
原作:『ラジエーションハウス』

【Amazon.co.jp】ラジエーションハウス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社)
脚本:大北はるか
音楽:服部隆之
主題歌:『Remember Me/MAN WITH A MISSION』
(ソニー・ミュージックレコーズ)
▶公式MV:https://youtu.be/bCt-jPWd4QE
企画:中野利幸
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:鈴木雅之、相沢秀幸、水戸祐介

▼キャスト▼


五十嵐唯織 ・・窪田 正孝
甘春 杏  ・・本田 翼
広瀬 裕乃 ・・広瀬アリス
軒下 吾郎 ・・浜野 謙太
威能 圭  ・・丸山 智己
悠木 倫  ・・矢野 聖人
黒羽たまき ・・山口紗弥加
小野寺俊夫 ・・遠藤 憲一
辻村駿太郎 ・・鈴木 伸之
田中 福男 ・・八嶋 智人
灰島 将人 ・・髙嶋 政宏
鏑木 安富 ・・浅野 和之
大森 渚  ・・和久井映見

コメント

タイトルとURLをコピーしました