【月9ドラマ】「イチケイのカラス」第11話(最終話)のあらすじと感想(ネタバレ)

木に止まるカラスのシルエットドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の6月14日(月)にドラマ「イチケイのカラス」第11話(最終話)が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

「黒木華」と「竹野内豊」が主演をつとめる法廷ドラマ最終回のストーリーは以下のようなものでした。

■第11話(最終話)のあらすじ


裁判官としての任期満了の10年目を迎えた入間みちお(竹野内豊)。問題がなければそのまま再任という中で、ゴシップ誌に入間と青山(板谷由夏)の癒着問題の記事が載り、炎上。そんな中で、自転車事故と工事現場事故の2つの事件が発生し、奇妙なつながりをみせる両事件に併合審理が適応されます。政治と司法が裏で絡み合う、いわば国を敵にまわすような事件の真相に、イチケイが果敢に切りかかります。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第11話(最終話)の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・原作など)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、なるべくセリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物

坂間 千鶴(黒木 華)・・東京地裁第三支部の第一刑事部(通称:イチケイ)に配属された裁判官。何事も合理的に考えるタイプ(いわゆる堅物)で仕事は機械的にこなす。
入間 みちお(竹野内 豊)・・常識にとらわれない型破りなスタイルで事件の真相を調べ上げるくせ者裁判官。千鶴とは対照的なゆるい性格で、ふるさと納税の返礼品を収集するのが趣味。
駒沢 義男(小日向 文世)・・第一刑事部の部長。東大法学部出身。現代の司法を立て直そうという野心から、入間に裁判官になるよう依頼。『たぬきおやじ』の愛称で呼ばれている。
石倉 文太(新田 真剣佑)・・書記官で元傍聴マニア。みちおの大ファンで、彼の話を最前列で見るために書記官の職に就いた。家はそば屋。千鶴に好意を持っている。
川添 博司(中村 梅雀)・・第一刑事部の主任書記官。趣味はギター。いつも入間に振り回され、そのことに頭を悩ませている。
井出 伊織(山崎 育三郎)・・上司である城島とともに行動する第三支部の検事。冷静沈着で頭脳派の印象が強く、その美形を利用して女性を色仕掛けで落とすこともある。
城島 怜治(升 毅)・・第三支部の主任検事。井手の上司で、部長の駒沢とは司法修習時代の同期。

あらすじと感想

木に止まるカラスのシルエット

働くレンガ職人

弁護士の青山(板谷由夏)と癒着があるとゴシップ誌で記事にされた入間(竹野内豊)。

SNSで炎上するほどに広まったその背景には、何者かの目的があると噂されます。

そんな中、千鶴(黒木華)はこんな回想をします。

(――人は嘘をつく。入間みちおはなぜ、あの時嘘をついたのか。日高さんと話があると言って彼女と会っていた入間みちお。彼は、カレー屋を開くという話を日高さんから聞いたと私に伝えた。この時、入間みちおがついた嘘は『優しい嘘』だった。)

▶▶前話の伏線的な冒頭部分。数ある嘘の中で、相手のために(ここでは千鶴のために)嘘をついた入間。ちなみに日高の本当の話というのは、裁判官の任期満了の10年目を迎えた入間に、タイミング悪く例の報道がされて、再任が大丈夫かどうか心配になったというものでした。

入間が嘘をついたことが気になって眠れず、夜中に彼の部屋を訪れる千鶴。

開いたドアから顔を出したのは、入間と見知らぬ若い女性で――。

実は、その女性は入間の姪っ子(筧美和子)で、甥っ子(武井壮)と一緒に泊まりに来ているのでした。

そこへ、入間が唐突に「今、3人で『何のために人は働くのか?』の話をしていたんだ」と言い出し、姪っ子がそれを継いで、ある童話の話をします。

■童話『3人のレンガ職人』


中世ヨーロッパの街。旅人が3人の職人に会っていく。

ここで何をしているのですか?と同じ質問をする。
●1人目の職人は「親方の命令でレンガを積んでいるのさ」と答えて不満をもらす。
●2人目の職人は「大きな壁を作っているのさ」と答えて、家族を養う仕事があることに感謝する。
●3人目の職人は「完成までに100年はかかるけど、教会の大聖堂を作っているのさ。完成すれば、多くの信者が喜ぶことになる。」そう答え、仕事に使命と誇りを持っていた。

10年後――。
●1人目は、相変わらず文句を言いながらレンガを積んでいた。
●2人目は、賃金は高いけど危険のともなう屋根の上で仕事をしていた。
●3人目は、現場監督として多くの職人を育て、出来上がった大聖堂には彼の名前がつけられた。

▶▶義務感で仕方なく仕事をする人と、家族のためにお金を稼ごうとする人、そして、仕事を生きがいにして誇りを持って働く人。それぞれが10年後に見せた、全く異なる結末。偉大な人物になれるかどうかは、きっと仕事の種類うんぬんではなく、意識の差によって決まってくるものなのでしょう。仕事への姿勢・考え方によって、自身の人生そのものが変化してしまうという童話の教訓は、とても意義深く思えました。

話の後、千鶴は入間に「日高さんは、記事のことを話したのではないですか?」と問い詰めますが、彼は「何も隠してないよ」とあくまで素知らぬふり。そのままバタンとドアを閉めてしまいます。




自転車事故・重過失事件

第一刑事部(イチケイ)にやって来た入間。

すると突然、部員のみんなから「ゴシップ記事が原因で裁判官をやめさせられる可能性があることを、どうして黙ってたんです?」と問い詰められてしまいます。

そこへ駒沢(小日向文世)が入間に言葉をかけます。

「これには政治が絡んでいるかも知れませんよ。再任を決めるのは、最高裁裁判官会議の指名により、内閣が任命します。実質的には、最高裁事務総局・香田健一郎氏。ゴシップ記事といい、何か大きな力が働いているようです。入間くんに深く関わらせたくない案件があるのかもしれませんね。」

結果、入間が現在職権発動中の事件について話し合う流れになり、入間の口から事件概要が説明されます。

■自転車事故による重過失罪


被告人:笹岡庸介(20)
――自転車競技部所属。大会に向けての深夜の練習中、坂道でスピードが出て、左側通行を守らずに角を右折。旅行帰りの家族連れに衝突し、7歳の向井藍ちゃんが大ケガを負い、現在も意識不明の重体。

 

【職権発動理由】

「左側通行は守っていたが、ライトで視界が遮られ、工事用ガードフェンスがあったために右側を通るしかなかった」という被告人の主張に対し、検察側が「工事の記録など一切ない」と示したため。

地下鉄工事・業務上過失事件

現場検証――。

現場で実際に自転車に乗って実験をする中、千鶴はあるもの(近々オープンする施設の貼り紙)を発見。

彼女は「地下鉄の工事エリアに入る事件現場で、労働基準法に違反して深夜の工事がおこなわれたのではないか」と推測を立てます。

イチケイに戻った千鶴は、自分が担当している案件についてみんなに話します。

「開発されている施設は、地下鉄の駅を一体化した日本最大級の商業施設で、ホテル・観光・ビジネスなどのコンテンジョンセンターも計画。国際交流拠点としても期待されています。

私の担当案件は、その地下鉄工事のときに起きた事件で、業務上過失致死傷罪。現在、第一回公判が終わったところです。地盤が軟弱で計画が大幅に崩れ、工事費がかさんだことで崩落事故が発生。多数の作業員がケガをし、下請けのイバタ工業の現場監督・本庄昭(40)さんが命を落としました。

責任の所在は、その本庄昭さんともう一人の現場監督、鷹和建設・青柳健作(35)さんにあるとされ、本庄昭さんは死亡により不起訴となります。

問題はそれが業務上の過失だったかという点で、本庄昭さんの母親の証言では、会社の命令で納期を間に合わせるように、違法過重労働をやらされていた。それが原因で事故がおきたのではないかと言っています。」

続けて、駒沢がそれを補足します。

「工事のプロジェクトリーダーは、代議士の安斎高臣氏です。安斎高臣氏は大物代議士・安斎康夫氏の息子、二世議員で、この工事の元請けである鷹和建設は、巨額脱税をしていた企業です。」

結果、『自転車事故による重過失傷事件』と『地下鉄工事における業務上過失事件』を併合して審理することになります。




併合審理一日目

弁護人から――。

「被告人が主張した、ライトとガードフェンスがあったという場所は、地下鉄拡張工事のための機材などを搬入する地点です。証拠映像で示されるように、深夜1時に何かしらの搬入をやっていたら、事故は避けられないものだった可能性が高いと考えられます。」

検察から青柳被告人(岡田優)へ質問――。

「なくなられた本庄昭さんの母親・本庄由美子さんは、崩落事故が起きた地下鉄工事で、違法労働があったと話しています。」

「ありえません。」

「違法労働がないのなら、納期はどうやって間に合わせようと考えたのですか?」

「人手を増やして、だから人件費がかさみ、本来やらなければならなかった地盤の補強を本庄さんがやめようと・・、過重労働が原因ではありません。」

その後、「工事に関わったイバタ工業の作業員全員の話を聞いてみたい」という入間の声で、次回20人全員に尋問がおこなわれることになります。

併合審理二日目

20人の現場作業員に対して、「違法労働はなかったですか?」と尋ねる入間。

彼らは声をそろえて、「そんなものはなかった、コンプライアンスは守られていた」と口にします。

続いて、弁護人から本庄の母親・由美子(三谷悦代)へ質問――。

「息子さんは、地下鉄工事で違法労働をおこなっていたと言っていたのですね。」

「はい、予定外の工事の遅れで、納期に間に合わせるように上から指示されたと言っておりました。」

「指示された上とは、具体的には?」

「わかりません。息子は疲れきっていました。詳しく話を聞けるような状態ではなかったんです。朝5時から家を出て、帰ってくるのは午前0時から1時頃。ずっとそれが続いていたんです。事故の直前には、頭が痛い、耳鳴りがすると言っていました。孫に聞かれたんです。『お父さんは、悪いことをしたから死んだのか?』って。孫には本当のことを知ってもらいたいんです。」

「失礼ですが、本庄さんと奥さんの離婚の原因は、奥さんのギャンブル依存だとか。そして、本庄さんが多額の借金を肩代わりした。過労による事故だと訴えれば、金銭を奪い取れるとでも考えたのではないですか?

現場で働いていたイバタ工業の作業員全員が違法労働はなかったと言っています。あったと言ってるのは、本庄由美子さん、あなたの証言だけです。」

「十分検証に値する証言だと思いますよ。」

2人の会話にそう言葉をはさみ、入間は次のように話をとりまとめます。

「争点は違法労働があったかなかったか。気になることは全部調べてみましょう。――職権を発動します。裁判所であらためて捜査をします。」




事件の再捜査

労働基準監督署・過重労働撲滅特別対策班(通称:カトク)――。

東京スクランブルシティの拡張工事で、匿名の告発はなかったかとカトク管理官の戸田順二(山崎画大)に聞く駒沢。

それに対し戸田は、「告発はあったが、調べた結果、違法労働ではないと判断しました」と答えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京スクランブルシティ事務局――。

事務員に話を聞く入間たち。

「工事の遅れに間に合わせるよう指示を出したのは誰ですか?」と質問しますが、彼らは黙り込んだままで何も答えてくれません。

そんな中、「もちろん先生ですよ――」と言って部屋に入ってきた安斎高臣の秘書・田之上幸三(篠井英介)。

彼は入間たちに対してこう言います。

「先生を法廷に呼んでも結構ですよ。しかし、ことは大事だ。疑うだけ疑っておいて、何もなかったではすまされない。あなたが相手にしているのは、ある意味国だ。よくお考えになって行動してください。結果によっては、裁判官の再任もありうると思いますから。どうか懸命なご判断を。」

▶▶安斎高臣の意向を損なわい行動をとれば、自身の地位を守ることができると入間を甘く誘惑する田之上。しかし、当の入間は自分の保身のことなどは少しも考えていないようで、唯一気にかけていたのは、国に逆らうことでイチケイのみんなに迷惑がかかってしまうかも知れないということでした。

事件の裏

居酒屋に集うイチケイ部員――。

駒沢が「過重労働の告発があったのに事実がなかったのには、裏があるかも知れない」と言って、自身で調べたことをみんなに話します。

「安斎高臣の父・安斎康夫は、建設族で厚生労働族。労働基準監督省にも顔が利く。さらに、カトクの責任者は彼と出身大学が一緒で、同じボート部の後輩。仮に違法労働があっても、なかったことにされたのかも知れません。

あと一つ、気になっていることがあります。雲隠れしている鷹和建設人事部長・原口秀夫。下請けが違法労働をやっていたなら、元請けの人事部長はその事実を把握していた可能性が高い。」

結果、彼(原口秀夫)を探し出して話を聞こうということになります。

本庄昭のマンション――。

本庄昭の息子・歩(有山実俊)に話を聞く入間。

「お父さんが頑張ってたことで、歩くんが知っていることってあるかな?」という入間の質問に対し、歩は「勇気をあげた・・」と口にし、交換日記を持ってきます。

それを読みながら入間は、歩にこうお願いします。

「一緒に戦ってくれないかな?あったことをなかったことにしないために。」




併合審理三日目

証人尋問・安斎高臣(佐々木蔵之介)――。

「プロジェクトを予定通りスタートさせるために、急ピッチで作業をするように伝えたのはあなたですね?」

検察の質問に安斎は答えます。

「はい、私です。あの施設は、日本の弱点でもある国際会議の需要にも対応し、すでに大きな会議が決まっていました。それに多国籍企業の日本法人が、海外の研究開発拠点として誘致を内定していました。

私は信念を持って指示を出しました。国民の利益、国益を守る。それが政治家です。今、日本の借金がいくらあるかご存知ですか?国が破綻したギリシャの何倍もの赤字財政。

今回のプロジェクトは、日本再生のきっかけになるはずです。何があっても予定通りやらなければならなかった。」

「犠牲が生まれたとしてもですか?」

彼の行動を非難するように、尋ねかける入間。

「誤解を恐れずに言えばイエスです。1億2千万人の国民の利益をてんびんにかけたとき、覚悟を持って選択しなければならない直面は多々あります。未来の見えていない政治家を国民は信頼しますか?

私が相手にしているのは、「個」ではなく「国民全員」です。冷徹だと思われようが、それが私の使命です。

これだけは明言しておきますが、工事を間に合わせるように指示はしましたが、違法労働をやれとは言ってない。そもそも、本当に違法労働はあったんですか?私は真実が知りたい。」

▶▶「個」の利益か、「集団」の利益か――。よく映画などで、全国民の命を守るために少数の人間の命を犠牲にするという、いわゆる究極の選択に迫られるシーンが描かれたりしますが、今回のドラマの内容も、国家の非常事態とまではいかないものの、それに近いものがあるように思えました。上部組織のトップに立つ人は、一般人とはまったく異なる目線で社会をとらえており、そこには彼らなりの正義があるのだということを、私たちは知っておくべきなのかも知れません。

それを受け入間は、もう一人の証人・本庄昭の息子の歩を法廷に呼びます。

法壇から降りて、歩を勇気づける入間。歩はしっかりとした口調で父親のことを話します。

「お父さんは、いっぱい働いていました。僕が起きる時間より早く家を出て、僕が寝る時間にはいつも家にいませんでした。夜、眠っているときに目が覚めました。お父さんは泣いていて、僕にこう言いました。

『勇気がないんだ・・。間違っていることを間違っていると言える勇気が。女の子が自転車でぶつかって大ケガをした。』

僕は、そんなお父さんに勇気をあげました。それからお父さんは言っていました。『間違っていることをちゃんと言えた』って。」

検察から――。

「カトクに告発したメール――。調べたところ、本庄昭氏が送ったメールではなかった。では、本庄氏は誰に違法労働の改善を訴えたのか?それを受けて、誰かが告発をした。その誰かがこの法廷にいると考えています。」

入間は傍聴席に近づき、次のように語ります。

「裁判は誰のためにあるのか。裁判は常に平等であり、すべての人のためにあります。司法は絶対に真実をねじ曲げない。だからこそ、人は安心して生活を送れる。

今回、笹岡庸介さんは、なぜ自転車事故を起こしてしまったのか。本庄昭さんは、なぜ命を落とさなければならなかったのか。裁かれるべき人間は誰か。

想像してください。あったことをなかったことにされたら、どれだけ人が傷つくことになるか。

想像してください。あったことをなかったことにして、どれだけの苦しみを抱えて生きていくことになるか。

想像してください。勇気を出して一歩踏み出したときに失わずにすむものを。

何のために、誰のために働くのか。少なくとも、自分の人生に誇りを持って生きていけるのではないでしょうか。

一歩踏み出す勇気。それは本庄歩くんからもらったはずです。」

「証言をしたい人はいますか?」

傍聴席で手をあげる作業員たち――。

そんな彼らを代表するように、人事部長の原口秀夫(米村亮太朗)が「私が証言します」と言って証言台にのぼります。

「カトクに違法労働を訴えたのは私です。なくなった本庄さんから直接訴えがあった。『違法労働によって予期せぬ自転車事故が起きた。それにみんな限界だ。このままだと大きな事故が起きるかも知れない』と。

本庄さんは業務上過失など犯していない。過労で事故が起きた。それを社長からの指示で私が偽装した。これが真実です。」

▶▶真実をねじ曲げられた人はもちろん、ねじ曲げた側の人もこころに傷を負うということ。自らの保身のために真実を覆い隠せば、結果的にその人は一生後悔して生きることになり、自身の誇りをも失ってしまいます。向き合うべきなのは、そんな弱い自分自身。勇気を出して踏み出すことを説いた入間の言葉には、胸に突き刺さるものがありました。




その後

公判後――。

■ニュース報道


『プロジェクトリーダーをつとめる安斎高臣氏の父・安斎康夫氏が高臣氏の秘書・田之上幸三氏に指示を出し、鷹和建設の違法労働を黙認、その隠蔽をはかっていました。また、この違法労働で自転車事故を誘発し、意識不明の重体だった向井藍ちゃんの意識が戻りました。』

それから数日後――。

結局、裁判官を辞めることになった入間。

そのことで千鶴が、事務総長の香田健一郎(石丸謙二郎)に処分取り消しのお願いをしに行くと、他のイチケイ部員もこぞってやって来て、彼に脅し文句を並べ立てます。

「処分を受けたはずの息子の隆久氏、自身の権限で復活させるのは問題ではないのですか?」

そして、声をそろえてこう言うのでした。

「入間みちおのクビは妥当か?」

「異議あり!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

熊本のとある地方裁判所――。

部屋中にあふれかえった各地の名産品・置き物に驚く2人の人物。

「新しくやって来る裁判官はいったい何マニアなの?」と不審に思いながら、東京地裁から送られてきた書類を開けると、そこには次のように書かれていて――。

『赴任する裁判官に対する取り扱い説明書』!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

熊本に赴任した入間に電話をかける千鶴。

彼女は入間に「問題行動を絶対に起こさないでください」と念を押し、「定期的に視察に行きますから」と伝えます。そんな千鶴に「そっちも約束守ってよ」と言葉を返す入間。

それを受けて千鶴は、自信を持ってこう答えます。

「はい。私はイチケイのカラスになります。」




おわりに

お疲れさまでした。今回の最終話でドラマは堂々完結です。

「弁護士」「検事」に続き、「裁判官」という職種で、司法ドラマの新たな境地を切り開いた「イチケイのカラス」。

その重厚なストーリーと、一話完結で描かれる感動的な人間ドラマもさることながら、サプライズゲストの登場や、傍聴席で入れ替わり座る芸人さん、入間の姪っこトークなど、サイドの演出にも物語を盛り上げる魅力があったように思います。

さて、熊本の新天地で再度裁判官をつとめることになった入間みちお。続きを匂わせるような結びに、名作司法ドラマ「HERO」のような続編の放送を期待してしまいますが、実際はどうなんでしょうか。そうなってくれると嬉しいですね。

ちなみに次回からは、あいだを挟んで夏クールのドラマの放送がはじまります。

また、いくつかのドラマは記事にまとめたいと思っておりますので、興味のある方は引き続きご拝読のほどお願いします。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 




ドラマ情報

「イチケイのカラス」

――フジテレビ系 毎週月曜日  夜9:00~

公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/ichikei/
原作:浅見理都

「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)

主題歌:Starlight/WGB(和楽器バンド)
▶公式MV:https://youtu.be/Wta3oRzlQ6g

脚本:浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)
音楽:服部隆之
プロデュース:後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、有賀 聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』、『初めて恋をした日に読む話』他)、橋爪駿輝(『嫌われる勇気』、『ペンション・恋は桃色』他)
編成企画:高田雄貴(『刑事ゆがみ』、『黄昏流星群』他)
演出:田中 亮(『コンフィデンスマンJP』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)、星野和成(『チーム・バチスタ』、『SUITS/スーツ2』他)、森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『モトカレマニア』他)
制作協力:ケイファクトリー
制作・著作:フジテレビ第一制作室

▼出演者▼


○入間 みちお  ・・ 竹野内 豊
○坂間 千鶴   ・・ 黒木 華
○石倉 文太   ・・ 新田 真剣佑
○井出 伊織   ・・ 山崎 育三郎
○浜谷 澪    ・・ 桜井 ユキ
○一ノ瀬 糸子  ・・ 水谷 果穂
○川添 博司   ・・ 中村 梅雀
○城島 怜治   ・・ 升 毅
○日高 亜紀   ・・ 草刈 民代
○駒沢 義男   ・・ 小日向 文世

コメント

タイトルとURLをコピーしました