【月9ドラマ】「イチケイのカラス」第9話のあらすじと感想(ネタバレあり)

バルコニーと植物ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の5月31日(月)にドラマ「イチケイのカラス」第9話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

「黒木華」と「竹野内豊」が主演をつとめる法廷ドラマ第9回のストーリーは以下のようなものでした。

第9話のあらすじ


3階バルコニーから転落して死亡した桐島優香(八木さおり)。そして、容疑者として逮捕された家政婦の高見梓(春木みさよ)。事件の審議を裁判員裁判でおこなうため、一般人の中から8人の裁判員が選ばれることになります。裁判員と裁判官の合同チーム『イチケイ』が明らかにする、被告人と被害者の間に隠された裏の真実とは――。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第9話の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・原作など)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、なるべくセリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物

坂間 千鶴(黒木 華)・・東京地裁第三支部の第一刑事部(通称:イチケイ)に配属された裁判官。何事も合理的に考えるタイプ(いわゆる堅物)で仕事は機械的にこなす。
入間 みちお(竹野内 豊)・・常識にとらわれない型破りなスタイルで事件の真相を調べ上げるくせ者裁判官。千鶴とは対照的なゆるい性格で、ふるさと納税の返礼品を収集するのが趣味。
駒沢 義男(小日向 文世)・・第一刑事部の部長。東大法学部出身。現代の司法を立て直そうという野心から、入間に裁判官になるよう依頼。『たぬきおやじ』の愛称で呼ばれている。
石倉 文太(新田 真剣佑)・・書記官で元傍聴マニア。みちおの大ファンで、彼の話を最前列で見るために書記官の職に就いた。家はそば屋。千鶴に好意を持っている。
川添 博司(中村 梅雀)・・第一刑事部の主任書記官。趣味はギター。いつも入間に振り回され、そのことに頭を悩ませている。

あらすじと感想

バルコニーと植物

裁判員の選出

裁判員等選任手続き会場――。

ワクワクした表情で会場に入る入間(竹野内豊)。

川添(中村梅雀)のあいさつを皮切りにして、駒沢(小日向文世)が審議内容を説明します。

■被告人:高見梓
■被害者:桐島優香
――今回は6名の裁判員と補充裁判員2名での審議となる。

くじによる裁判員選定――。

川添から抽選結果が発表されます。

「裁判員は、2番、5番、4番、11番、14番、22番。補充裁判員が9番、21番、以上です。」

続いて、裁判員の宣誓――。

駒沢の指示により、選ばれた8人が誓いの言葉を述べます。

「法令に従い、公平誠実に職務をおこなうことを誓います。」

さらに駒沢と千鶴(黒木華)から、次のことが説明されます。

●法廷の審議後に判決をみんなで話し合うこと。
●家族・友人に対して、審議で見聞きしたことを話してもよいが、協議内容を話してはいけないということ。

■気になるワード『裁判員制度』


平成21年5月21日から開始された、国民の中から選ばれた裁判員が刑事裁判に参加する制度。裁判員は法廷での審議に立ち会い、裁判官とともに被告人が有罪か無罪か、有罪の場合はどのような刑にするかを決める。

▶▶今回は裁判員裁判を主題にした物語になるみたいです。制度としての知識はあるものの、実際にその役割が回ってきたことがなく、現実味があまりない裁判員制度。ドラマとして描いてもらえるのは非常嬉しい限りです。




第一回公判

検察から起訴内容の説明――。

「被告人は、令和3年3月16日午後1:30頃、東京都世田谷区桐島優香方、3階バルコニーにおいて、殺意を持って桐島優香を破損している柵方向に突き飛ばして転落させ、同人を死亡させたものである。罪名および罰条。殺人、刑法第199条。」

検察に続き、「起訴事実に間違いはありませんか?」と被告人に尋ねる入間。

「私は殺していません、あれは事故です」と被告人が供述したことで、法廷に動揺が広がります。

第一回公判後――。

控えの部屋で、石倉(新田真剣佑)のお店の特上海鮮天ざるそばが裁判員に振る舞われ、その後、公判内容が検討されます。

//ーーーーーーーーーーーーー
検察からの証拠提示――。

 

ホームセキュリティカメラの映像を映し、検察は次のように説明します。

 

「3階バルコニーの柵は破損しており、もみ合った痕跡も残っていました。また、転落した被害者は即死ではなく生きており、約5分間、被告人はそれを放置し続けた。その後、やって来た配達員が救急車を呼んで彼女は緊急搬送されますが、不幸にも命を落とすことになる。」

ーーーーーーーーーーーーー//

公判内容をふまえて、駒沢が言葉を加えます。

「被害者は、多額の遺産を被告人に残すと弁護人に書面で伝えていましたが、被告人はそれを知らなかったと主張しています。

今回の裁判の争点は、計画殺人か事故かというところにあるでしょう。」

「黒だ!金を目当てにした殺人に決まっている、彼女は悪女だ。」

血気盛んに自論を主張する男性裁判員。

続けて、メガネの男性裁判員が被告人の過去の事件記事を持ち出してきます。

【記事内容】


被告人は火災事故で夫と娘を亡くす。その事故は、彼女が夫と離婚の話をしているときに起きた。

「原則的に――、」

駒沢が言葉をはさみます。

「裁判は提出された証拠のみで判断しなければならず、たとえ被告人が悪女だとしても、そういったことを判断の際の考慮に入れてはいけません。

ただし、気になる点が多い場合、議論をする価値はあると思います。」

そんな中、「被告人の主張が説得力に欠けていた」という意見があがり、その部分の公判内容を振り返ることになります。

//ーーーーーーーーーーーーー
被告人質問――。

 

被告人・高見梓(春木みさよ)は答えます。

 

「桐島さんは、バルコニーの柵が壊れているのを知らなかったんです。危ないと思って呼び止めようとしただけです。転落した彼女を助けようと思いましたが、呆然として動けませんでした。」
ーーーーーーーーーーーーー//

「助けもせずに見ていたというのが決定打だ」という声があがり、被告人がやった方に意見が集まる裁判員。

そこへ、駒沢から規則の説明がなされます。

「判決を下す際に、全員一致が得られない場合は、多数決をとります。ただし、裁判員だけの意見で被告人に不利な判断をすることはできません。裁判官一名が多数意見に賛成していることが必要です。」




第二回公判

第二回公判後――。

公判内容(検察と弁護人の証人尋問)の検討がおこなわれます。

//ーーーーーーーーーーーーー
検察側の証人① 配達員

 

「被害者は途切れがちにこう言葉を繰り返していました。『お願い、助けて、許して・・』と。」

 

検察側の証人② 救命医

 

「被害者が亡くなったと伝えたとき、被告人は安堵しているようでした。寝たきりの老人が誤飲で運ばれて来て、生死をさまようようなとき、助かると介護で疲れ切った家族は落胆します。そして、亡くなるとほっとする。個人的な感想ですが、被告人はほっとしているように私は感じました。」

 

弁護側の証人① 被害者の娘・桐島希美

 

「子どもの頃、私はずっと病院が嫌でした。心臓疾患を抱えていたんです。でも11歳の時、小児心臓移植を受けて、少しづつ普通の生活を送れるようになりました。

 

自分で走れるようになった時、高見さんがうちで働き、母と私を支えてくれたんです。幼い頃に両親が離婚して、母と私は2人で家族でした。でも、高見さんがうちに来てからは、もう1人家族が増えたようで。母と高見さんはまるで姉と妹みたいで、私にとってはおばさんのような存在でした。

 

私、思い切り走ったことがなかったんです。でも、中学の運動会で走れるようになった。その時、母は泣いていました。そして、高見さんも・・。私は高見さんのことを信じています。」

 

弁護側の証人② 同僚の家政婦

 

「被告人は家族を失って家政婦の仕事を辞めていました。でも、仕事をもう一度やり始めてから、生きる気力を取り戻したように見えました。高見さんは言ってました。『自分が桐島さんたちを支えたんじゃない、自分が支えられたんだ』って。」
ーーーーーーーーーーーーー//

検察・弁護人双方の証人の証言を思い返して、判断に迷う裁判員たち。

意見は真っ二つに分かれます。

さらに、「素人が裁判に関わる意味はあるのか・・?」と、裁判員制度そのものに疑問を持ちはじめ、しまいには「裁判官だけでやるべきだ」と言い出してしまいます。

そんな彼らをとりなすように、入間がいつもの甥っ子・・、ではなく姪っ子トークを切り出します。

「うちの姪っ子が、意味が全く正反対のことわざってどっちが正しいの?って言うんだ。」

度目の正直・・物事は三度目には良い結果になるということ。
●二度あることは度ある・・失敗は繰り返し起こる傾向があること。

●善は・・好機を逃さないためにも、善いと思ったことはすぐに実行すべきという戒め。
がば回れ・・急いで近道をするより、遠くても安全確実な道を通った方が結果的に早く目的地に着くということ。

「育ちや環境の違う人間だからこその正しさがある。どれもその立場ならではの正しさ。

みんなが思う色んな正しさから真実を見極めることが、裁判員裁判だと思うな。」

▶▶いわゆる絶対的な正しさ、正義などは存在しません。国、文化、性別、年齢、生育環境など様々な要因によって、人の価値観は変わっていくものです。だからこそ、司法に携わるものだけの目線になりがちな裁判に、一般人の感覚を取り込む裁判員裁判の制度が、重要な意味を持ってくるのだと思います。

続けて千鶴も言います。

「みなさんが判決を下すのにしんどい、きついと感じたのは被告人の心に触れたからです。

そんな被告人の気持ち、もっと知りたいと思いませんか?」

彼女の言葉に触発され、「私、被告人や被害者のことについてもっと知りたい」と意気込む裁判員たち。

結果、彼らの意見を受け、職権発動による再捜査がおこなわれることになります。




第三回公判

第三回公判後――。

裁判員と入間たちは公判内容を振り返ります。

//ーーーーーーーーーーーーー
検察の証拠再調べ――。

 

ホームセキュリティの映像に残っていた事件直前の音声が再生されます。

(許さない、やめて離して――)

 

「許さないと言っているのは被告人。やめて離してと叫んでいるのは被害者です。」

 

被告人質問――。

 

「被害者の転落時のことを話してください」という検察に、被告人は「答えたくありません」と黙秘。

 

被害者知人の証言――。

 

「事件の1ヶ月前に桐島さんと食事をしたんですが、テレビであるニュースを見て、彼女、急に過呼吸になって・・。そのニュースは長野県の山林で土砂崩れが起きたというものでした。そこから身元不明の男性の遺体が発見されたとか・・。」

 

弁護人から――。

 

「被害者が亡くなる1周間前に、ある女性が訪問していたことが分かりました。クラブを経営する女性です。身元不明の男性の所持品にはそのクラブの記念品のライターがあったそうです。」
ーーーーーーーーーーーーー//

部屋に被害者・被告人について調べられた年表ボードが運び込まれ、それを裁判員たちと入間が食い入るように眺めます。

あることに気づき声をあげる入間。

「これは偶然?それとも必然?」

彼が指し示したのものは――、

2016年5月16日
【被告人】(沙耶)死去

【被害者】(希美)小児心臓移植

そんな中、女性裁判員の1人が「裁判員を降りたい」と言い出します。

困惑する裁判員たち。

駒沢が、彼女の気持ちを汲んでこう言います。

「裁判で被告人の人生に触れると、他人事とは思えなくなります。しかし、いかなる事情があろうと、真実をもって裁かなければならない。

裁判員の意見は裁判官と同じ重みを持ちます。その重みを背負えなくなってもいいんです。」

結局、「私には覚悟を持てません」と言って女性は裁判員を辞退し、傍聴席で審議を見守ることになります。

▶▶人が人を裁くことの重み。そしてその重荷を背負い、大きな覚悟を持って判決を下さなけらばならない裁判官・裁判員の職務。それはたしかに非常につらい役目であるのでしょう。

 

かつて自分が関わった裁判で被告人を自殺に追いやってしまった駒沢も、当時の過ちをずっと後悔し続けており、裁判官であれ裁判員であれ、裁く者には、計り知れない責任がのしかかるのだということを、私たちは知っておかなければならないのだと思います。




第四回公判

再証人尋問 被害者の娘・桐島希美(松風理咲)――。

「桐島希美さん、あなたの心臓は、被告人の亡くなった娘・高見沙耶さんの心臓です。

臓器移植において、ドナーとレシピエントは個人情報の観点から素性を知らせない。ただ、希美さん、あなたは移植に救われたことに感謝して新聞に投稿しましたね。それを被告人は見たんです。

小児心臓移植は多くない。時期的に、被告人はわが子の心臓が希美さんに移植されたと気づいた。そしてあなたのお母さんに頼んで会いに来たそうです。

あなたは、この事実を知ってどう思いましたか?」

「驚きはありませんでした。高見さんは私に亡くなった娘さんのことを重ね合わせている気がしたので・・。

高見さんが黙っていたのは、ドナーとレシピエントの接触が禁じられていることもあると思います。でもきっと、娘さんの身代わりで私に近づいたと思われたくないからだと思います。

私はそれでも、高見さんを家族のように思っています。」

検察から――。

「1ヶ月前に長野県山林で見つかった身元不明の男性遺体ですが、歯型が一致したことから、男性は桐島重利さんだと判明しました。被害者の元夫であり、桐島希美さんの父親です。」

被告人質問――。

被告人(春木みさよ)は「希美さんの思いを憶測で捻じ曲げられたくありません」と口にして、真実を語りはじめます。

「あの日――、私は予定より早く桐島さんの家に来ました。彼女はこう言いました。

『あなたは希美をわが子のように愛し、希美もあなたを慕っている。あなたになら託すことができる。

桐島重利・・、希美の父親よ。私は、あの男にだまされて結婚した。気づいたら勝手に会社を作って借金して・・。

今から13年前、長野別荘に呼ばれて、彼から渡されたものを口にして私は殺されかけた。

それには小麦が分からないように使われていて、私が重度の小麦アレルギーだということを知っていた彼は、事故に見せかけて殺そうとした。まだ幼かった心臓の弱い希美も彼にとっては好都合だった。

私は希美を守るために、彼を殴りつけて別荘を出ていった。数時間後、別荘に戻ったら、桐島重利は倒れたままで、私は彼が息を引き取るまでそのまま放置した。そして遠くの山林に埋めて、失踪したように見せかけた。

捕まるわけにはいかない、私には希美がいる――、そう言い聞かせて生きてきた。でも、もう逃げられない。遺体が発見されたから・・。

当時、夫が交際していたクラブの女性が訪ねてきた。店のライターが遺体のポケットにあって、警察が来たって。その女性、お金を要求してきた。

前を向いて生きようとしている希美を苦しませたくない、あの子の笑顔を守りたい、それが私の願い。今なら真相は闇の中。だから、希美をお願い・・。』

――そう言って、優香さんは自分の自殺を事故に見せかけようとしてバルコニーに向かったんです。私は転落した彼女を見て、すぐに救急車を呼ぼうとしました。でも、彼女が『お願い、やめて・・』と言ってきて・・。

彼女は最後に私にこう言い残しました。『希美、お願い、助けて、許して・・』と。」

法壇から降りた入間は、彼女にこう伝えます。

「あなたは桐島優香さんの最後の願いを受け入れた。そして、あなたもまた、希美さんに真実を知らせなかった、もう1人のお母さんとして――。

最後にお聞きします。助けを呼ぶべきだったと思いますか?それとも死なせてあげてよかったと思いますか?」

「わかりません・・。私はどうすべきでしたか?教えてください。」

涙を流しながら、被告人は入間に尋ね返します。

▶▶事件の真相が最後にようやくはっきりとしました。殺人を否認しながら被害者の飛び降りについて被告人が黙秘を続けたのは、彼女が父親を殺害したことに苦悩して自らの命を絶ったと娘の希美に悟られないようにするためで、録音に残っていた「許さない、やめて離して」は、自殺するのを止めようとした被告人とそれを振り切った被害者のやり取り、そして、被害者が最後に残した「お願い、助けて、許して」の言葉は、希美を助けて欲しいという彼女からの願いだったようです。

 

断片的な言葉だけをとってしまったら分からなかった事件の真実。正しい判決を下すために、事件を納得できるまで調べることがいかに大切かを、あらためて感じました。

第五回公判 判決

裁判員から――。

「私はそれでも助けを呼ぶべきだったと思います。」

「オレはあなたと同じ立場なら同じ行動をとった。」

「僕は分からない・・。」

互いに思い思いの考えを、被告人に向けて述べる裁判員たち。

最後に、入間から判決が下されます。

「正しかったのか、間違っていたのか、それは、これからあなたが自ら見つけていくことだと思います。

では、真実を持って判決を言い渡します。

主文、『被告人を懲役1年に処する。この裁判が確定した日から3年間、その刑の全部の執行を猶予する。』

今回の被告人の行いは、殺人ではなく、自殺幇助と判断しました。」





 お疲れ様でした。

 ドラマ第9話は

 ここまでです。 

最後の判決時、被告人のとった行動の是非について完全に3つに分かれた裁判員の見解。それくらい、何が正しいかを決めるということは難しいことなのでしょう。

絶対的な正義がないこと、これが正しいという答えなどはないこと、しかしその中で人は、何かしらの選択をせざるをえないということ、そんな哲学的問題を問う内容だったように思います。

ちなみに、冒頭で千鶴を付け回していた人物は、集団カンニング事件の裁判で彼女に逆恨みした男性だったみたいです。人に恨みを買う裁判官の仕事はやはりちょっと怖いかも・・!?

さて、来週は最終回に向けての布石となる物語が描かれるみたいですが、いったいどんな事件が待ち受けているのでしょうか。まだまだイチケイの闘いは続くようです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 




ドラマ情報

「イチケイのカラス」

――フジテレビ系 毎週月曜日  夜9:00~

公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/ichikei/
原作:浅見理都

「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)

主題歌:Starlight/WGB(和楽器バンド)
脚本:浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)
音楽:服部隆之
プロデュース:後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、有賀 聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』、『初めて恋をした日に読む話』他)、橋爪駿輝(『嫌われる勇気』、『ペンション・恋は桃色』他)
編成企画:高田雄貴(『刑事ゆがみ』、『黄昏流星群』他)
演出:田中 亮(『コンフィデンスマンJP』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)、星野和成(『チーム・バチスタ』、『SUITS/スーツ2』他)、森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『モトカレマニア』他)
制作協力:ケイファクトリー
制作・著作:フジテレビ第一制作室

▼出演者▼


○入間 みちお  ・・ 竹野内 豊
○坂間 千鶴   ・・ 黒木 華
○石倉 文太   ・・ 新田 真剣佑
○井出 伊織   ・・ 山崎 育三郎
○浜谷 澪    ・・ 桜井 ユキ
○一ノ瀬 糸子  ・・ 水谷 果穂
○川添 博司   ・・ 中村 梅雀
○城島 怜治   ・・ 升 毅
○日高 亜紀   ・・ 草刈 民代
○駒沢 義男   ・・ 小日向 文世

コメント

タイトルとURLをコピーしました