【月9ドラマ】「イチケイのカラス」第7話のあらすじと感想(ネタバレあり)

弁護士バッジと検察官バッジドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の5月17日(月)にドラマ「イチケイのカラス」第7話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

「黒木華」と「竹野内豊」が主演をつとめる法廷ドラマ第7回のストーリーは以下のようなものでした。

第7話のあらすじ


12年前の事件で仁科壮介(窪塚俊介)が目撃した人物、志摩総一郎(羽場裕一)。窃盗事件の裁判で、その志摩が東丸電機の脱税に関与していたことが分かり、事件を再審議するために、入間たちは再審請求をおこなおうとするのですが・・。真実を覆い隠そうとする日高(草刈民代)をはじめとした上層部に、第一刑事部(イチケイ)が対決を挑みます。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第7話のあらすじと感想+気になる用語の解説
ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・原作など)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、なるべくセリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物

坂間 千鶴(黒木 華)・・東京地裁第三支部の第一刑事部(通称:イチケイ)に配属された裁判官。何事も合理的に考えるタイプ(いわゆる堅物)で仕事は機械的にこなす。
入間 みちお(竹野内 豊)・・常識にとらわれない型破りなスタイルで事件の真相を調べ上げるくせ者裁判官。千鶴とは対照的なゆるい性格で、ふるさと納税の返礼品を収集するのが趣味。
駒沢 義男(小日向 文世)・・第一刑事部の部長。東大法学部出身。現代の司法を立て直そうという野心から、入間に裁判官になるよう依頼。『たぬきおやじ』の愛称で呼ばれている。
石倉 文太(新田 真剣佑)・・書記官で元傍聴マニア。みちおの大ファンで、彼の話を最前列で見るために書記官の職に就いた。家はそば屋。
井出 伊織(山崎 育三郎)・・上司である城島とともに行動する第三支部の検事。冷静沈着で頭脳派の印象が強く、その美形を利用して女性を色仕掛けで落とすこともある。
城島 怜治(升 毅)・・第三支部の主任検事。井手の上司で、部長の駒沢とは司法修習時代の同期。
日高 亜紀(草刈 民代)・・日本に15人しかいない最高裁判所の裁判官の一人。通称『女帝』。千鶴と同郷で、地方研修所の教官を務めていた。
青山 瑞希(板谷 由夏)・・入間と同じ弁護士事務所の同僚だった女性弁護士。入間とは『みずき・みちお』で呼び合うほどの親しき仲で、犬のみちこの元飼い主でもある。
友坂 良一(淵上 泰史)・・栃木のいちご農園を営む元書記官。12年前の事件の公判を一部を担当した。刑事裁判官を嫌っており、冤罪の温床は、出世のために上層部の顔色をうかがう裁判官にあると考えている。




あらすじと感想

弁護士バッジと検察官バッジ

再審請求

仁科壮介の妹・仁科由貴(臼田あさ美)に、12年前の事件の再審請求を勧める千鶴(黒木華)。

しかし由貴はそれを断り、「私、信じてません」と突き返してきます。

そんな彼女に千鶴は、

「入間さんは、12年前の事件があったから裁判官になった。それは仁科さんも同じじゃないんですか?つらい経験をしたから、痛みを抱えた生徒たちの気持ちが誰よりもよく分かる。そして向き合うことができる。」

そう言って、必要書類を残してその場を辞します。

▶▶つらく苦しい経験をしたからこそ、それを活かした人生を送ることができる。また、病気・災害・不幸な出来事といった逆境が、自分を変える原動力となったり、新たな幸せを見つける手立てとなったりもする。幸と不幸は表裏の関係にあるということを私たちは知っておくべきなのかも知れませんね。

第一刑事部――。

再審請求が前向きに検討されることになり、担当弁護士として第一刑事部にやって来た青山瑞希(板谷由夏)。

実は、彼女は入間と同じ弁護士事務所の同僚で、二人は何やら親しげに『みちお、みずき』の呼び名で呼び合います。

そんな二人の様子を見て、関係をあやしむまわりの部員たち。さらに千鶴も、気が気でない様子になります。

オオカミ冤罪

マスコミへの会見――。

瑞希がマスコミに向けてこう言います。

「オオカミは人を襲うと思いますか?」

■気になるワード①『オオカミ冤罪』


オオカミが人を襲うと思われているのは、童話「赤ずきんちゃん」や「3匹のこぶた」の影響が強い。しかし、本来オオカミは警戒心が強く、人前にめったに姿をあらわすことはない。オオカミが人を襲うのは、自身の身や家族が危険にさらされた時だけ。

「冤罪を晴らすには、染み付いたイメージを払拭する必要があります。再審請求は通常、非公開でおこなわれることが多いですが、今回、我々弁護側は、公開での審議を求めます。」

▶▶瑞希の「〇〇どう思う?」が、まるで入間のセリフみたいでした。入間の弁護士事務所の人間は皆、たとえ話を引用するのが好きなのでしょうか。ちなみに今回の説話の教訓は、『深く根付いた人間の固定観念はなかなか変えられない』というものでした。




即時抗告

検察庁――。

即時抗告をおこない、再審請求を拒否しようとする次長検事の中森雅和(矢島健一)。

「今は国民は怒っているが、いつか忘れる。忘れるのが得意なのがこの国の人間だ。」

そう言って、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に即時抗告の申し立て書を出すよう命じます。

しかし、城島は命令に逆らって申し立て書を提出せず、結果、再審請求は通過。12年前の開かずの扉が開かれることになります。

■気になるワード②『即時抗告』


『抗告』とは、日本の司法制度における不服申し立ての一種で、一般的に上級裁判所になされる申し立てのことを言う。『即時抗告』では、不服申立期間が3日間と定められている。

再審 第一回公判

入間裁判長(竹野内豊)による開廷前陳述――。

「かつて私はこの事件の弁護人を務めました。私が裁判長を務めることに関して、中立性の観点から疑念を持つ人が多いと思います。もし、私の言動に疑念を抱いたら、弁護人、検察官、異議を唱えてください。それでは、開廷します。」

検察――。

「被告人・仁科壮介さんは、取り調べで一度は罪を認めたものの、裁判で一転、無実を主張。現場に来た時、すでに布施元治さんは死んでいたと。しかし、被告人の主張は採用できないとして、無期懲役の有罪判決が下されました。」

弁護人――。

「現場から立ち去った人物を見たと被告人は主張。40代後半、中肉中背の男性です。当時弁護人だった入間さんが徹底的に調べ、こちらを手に入れました。」

モニターに映し出されたドライブレコーダーの映像――。

「画像が不鮮明で、明確な照合はできませんでしたが、ある人物の可能性が浮かび上がりました。最近、法人税法で逮捕されたオメガ会計事務所所長・志摩総一郎さんです。

当時、彼は国税庁の人間で、被害者と接点がないという理由で、証人尋問が認められませんでした。ですが、志摩総一郎さんは大規模な脱税に関与し、殺された布施元治さんもそれに気づいていた。

2人には接点があった可能性があります。」

続いて入間裁判長――。

「この再審公判で、私たちには使命があります。

仁科壮介さんは無実を訴えて命を絶った。遺族はこの10年間どれだけ苦しんできたか・・。

もし万が一、かつての裁判に誤りがあったら、それをまぎれもない事実を持って正すこと。司法がおかした間違いを正せるのは司法によってのみです。」

そう言って、いつものように『あの言葉』を発します。

「職権を発動します。裁判所主動で捜査をおこないます。」

公判後――。

イチケイの部員でやるべきことの話し合いがなされます。

【やることリスト】
●志摩総一郎のアリバイの信憑性を調べる
●証拠物の再鑑定
●当時、審議に関わった裁判官・書記官から話を聞く




不自然な関係

所在尋問――。

志摩総一郎の元妻・飯田加奈子(岡まゆみ)に話を聞く千鶴たち。

確認した話をまとめると

●志摩総一郎・・「事件日は自宅にいた」と主張。
●飯田加奈子・・「夫が恐ろしい顔をして夜遅くに帰宅、手には血がついていたように見えた」と主張。
――しかし、夫婦仲が悪く、夫をはめようとした疑いがあることから、加奈子の主張は偽証とされた。

そんな中、おもむろに店に飾ってあったジャケットを試着したいと言い出した入間。

結局、そのジャケットを購入して千鶴たちは店を後にすることになります。

何かに気づいた入間が次のように話します。

「志摩総一郎が岸田の窃盗事件で傍聴に来ていた時、ジャケットを着ていたんだ。だから、本当は夫婦仲が良かった。

つまり、家族のアリバイには信憑性がなく証拠にはならないので、あえて犯人だと主張し、偽証となるように仲が悪いストーリーを用意した。で、ダメ押しで離婚。証言の信憑性は一気に高まる。」

▶▶志摩の証言とはまったく反対の主張を加奈子にさせ、それを偽証とすることで、自身(志摩)の証言の信憑性を高めようとしたということでしょうか。実際、夫婦仲は良くて、離婚後も志摩は金銭的に加奈子に援助していたみたいです。

再審 第二回公判

弁護人――。

「志摩総一郎氏のアリバイに関して、疑わしい点が出てきました。

証言をした元妻の飯田加奈子さん、彼女のお店には個人資産から経営補填がされていますが、そのお金の出どころが不透明です。

志摩総一郎氏から金銭の補助を受けている可能性があります。」

――この話を受け、加奈子の会社の財務資料の提出が命じられます。

続いて駒沢(小日向文世)から――。

「ドライブレコーダーの人物ですが、歩き方で特定できる可能性が出てきました。」

――志摩総一郎氏に、歩き方が分かる過去のデータを提出してもらうよう提案がなされます。

検察――。

「入間裁判長、駒沢裁判官、坂間裁判官をこの公判から排除する申し立てをおこないます。志摩総一郎氏を疑ってかかり、裁判の公平さを妨げる疑いがあると判断しました。裁判官に対して『忌避申し立て』をおこないます。」

■気になるワード③『忌避申し立て』


裁判官に職務執行の不正を疑わせるような理由がある場合、検察官はその裁判官を事件の審判から排除することができる。

当然ながら却下を考える千鶴ですが、入間が「これは検察が用意したストーリーだ」と説明します。

「却下されたら、高裁(最高裁判所)に即時抗告をすると決めていた。そうすれば、高裁は考えをあらためるように差し戻しをしてくる。つまり、遅かれ早かれ、僕たちは強制的にこの裁判から外される。」

▶▶相手を排除したり、それを拒否したりと、裁判所・検察の仕組みは面白いですね。三権分立のように、それぞれに権限を持たせ、互いに監視・抑制し合うことで、権力の偏在・濫用を防止しているということでしょうか。




裁判官はサラリーマン

友坂いちご園――。

元書記官・友坂良一(淵上泰史)は次のように語ります。

「この世の中で、私が最も嫌いな人種は刑事裁判官だ。冤罪事件の9割が裁判官のせいだと思っています。

上層部の意向に反した判決を下した裁判官の出世の道は閉ざされる。これは冤罪の温床です。裁判官はただのサラリーマン。だから上に睨まれることなく、賢くやっていきたいというヒラメ裁判官ばかりだ。

駒沢さん、あなたは裁く側にいた。仁科さんが命を絶ったことはあなたにも責任がある。」

沈鬱な表情で答える駒沢。

「たしかに、私に責任があります。あの判決は多数決で決まった。どうして止められなかったのか・・、悔やんでも悔やみきれない。

私に何ができるのか、ずっと考えて裁判官の仕事に向き合ってきました。一歩、いや半歩でいい、この再審請求で、私なりに微力であっても、この国の司法を裁く覚悟です。」

そう言って、友坂に頭を下げて協力をお願いします。

▶▶自身の出世のために上の者に忖度するという、企業のサラリーマンと同じ構図を持つ司法組織。人の人生・未来をも左右する国の重要機関が、地位・名誉という私利に縛られている現実に、やるせない思いを感じてしまいました。

再審 第三回公判

入間が手渡した勾引状によって日高(草刈民代)が出廷することになり、マスコミ関係者で何やら騒がしい裁判所の外。

そんな中、三回目の再審請求裁判が開廷します。

弁護人――。

「ドライブレコーダー映像の再鑑定の件ですが、志摩総一郎氏から歩き方の分かる映像の提出はありませんでした。そこで、先日のニュース映像を用いて鑑定した結果、70%前後の割合で整合性があることがわかりました。」

それに対し、「整合性が不十分で関連性がない」と異議を申し立てる検察。

入間がその異議を認め、証拠としては不採用になります。

「続いて、元妻の証言の信憑性ですが、本人が証人尋問に応じないこと。これは、志摩総一郎氏と金銭のつながりがあることを隠蔽しようとしているからだと考えられます。」

検察が「本人の証言を得ていない憶測だ」と異議を唱えますが、入間がその異議を却下。

「すべての証拠を総合的に判断して、加奈子さんの証言は偽証であると認定します」と取りまとめます。

中森検事の証人尋問――。

「当時から志摩総一郎氏は、国税庁の人間でありながら、裏で大規模な脱税に関与していた。それを検察は知った上で守ろうとしたのではありませんか?」

「バカバカしい」と笑い出す中森検事。「証拠があるなら提示してもらいたい」と、強気な発言をしてきます。

そこへ検察の井出から「裁判長、提出したい証拠があります」と声があがり、中森検事が国税庁を守ろうとした理由の判断材料ともなる資料が提示されます。

「これをもとに証人に尋問をしたい」と入間に要求する井出。

中森検事への尋問が再度おこなわれます。

中森検事への再尋問――。

「これはあなたが特捜時代に関わった内部資料です。いわば、輝かしい実績。

しかし、そのすべての情報源は国税庁査察部、二係によるものです。彼らのほとんどが退官後、オメガ会計事務所に天下りしている。

つまり、国税庁が国税庁OBの脱税を見逃し、あなたは有益な情報を得るためにそれを黙認した。」

そんな井出の投じた一石も、検察の「決定的な証拠とは言えない」という異議に退けられ、尋問はそのまま終了してしまいます。




日高の証人尋問

駒沢から――。

「ある人物の証人尋問についてお伝えします。12年前の事件の審議に途中まで加わっていた元書記官・友坂良一さんの証言です。彼の証言はこうです、

『当時日高さんは、想定された検察の求刑どおり早く審議を終わらせるように言われていた。最高裁事務総局から。日高亜紀は上の意向を汲んで判決を下した』」

ざわめきが起こる法廷内。

日高はすぐさま反論します。

「その証言は偽証ですね。彼はもともと裁判官になりたかった。でもなれず、やたらと裁判官を敵視する傾向にあった。トラブルも多く起こしていた人物です。

最高裁事務総局が指示したといいますが、具体的に誰が指示したんです?そのような事実は一切ごぜいません。

同じ裁判官として忠告します。明確な証拠に基づき審議をおこなってください。」

彼女の正当な主張に静まる法廷――。

そこへ入間が「最後に・・」と言って法壇を降り、日高と向き合ってこう語ります。

「あなたはかつて、志摩総一郎氏の証人尋問を、検察の申し出を受け入れてかたくなに認めなかった。

もし、証人尋問をおこなっていれば、真実が明らかになったかもしれない。少なくとも、疑わしきは罰せずの観点からも、無期懲役の判決を下すことはなかった。

仁科壮介さんは無実を訴え、命を絶つことはなかったんじゃないでしょうか。そして、記者の真鍋伸さんも命を落とすことはなかったんじゃないでしょうか。

仁科壮介さん、真鍋伸さんは司法によって殺された。司法の犠牲者だ。奪ったのは命だけじゃない。遺族の苦しみ、痛み、憤りを想像して見てください。

法にたずさわるものとして、宣誓どおり良心に従い、最後に答えてください。あなたは上に忖度して判決を下しましたか?」

「――私は誰にも忖度などはしておりません。証拠を持って正しい判決を下した。

今回の審理、手続きの公平性から見ても、裁判官の立場を逸脱している。検察が忌避申し立てをおこなうのも当然です。失格です。あなたは裁判官失格です。」

日高は入間に、咎めるようにしてそう言い放ちます。

▶▶真犯人は志摩に違いないというバイアスがかかり、裁判の公平性が失われていたとして、検察から忌避申し立てを受け、さらに、日高にまでも客観性に欠けると指摘されてしまった入間たち。確かに今までの裁判からすると、臆測にすぎないような陳述が多く、イチケイらしくない部分が多かったように思えます。

踏み絵

公判後――。

中森検事から事件の真実を聞き出し、その録音記録をマスコミの前で公表する日高。

彼女は話します。

「東丸電機殺人事件の被害者・布施元治さんは、仁科壮介さんと会う前、知り得た脱税事実を本人にぶつけるために志摩総一郎氏と会った。口論から布施さんを殺害したのは志摩総一郎氏です。

そして、2ヶ月前の真鍋伸さんが殺害された事件。記者である真鍋さんが、つかんだ事実を本人に突きつけ、口論から同じような事件が起きた。

中森検事は以上のことを上から伝え聞いたと。それが誰からの指示なのか、現時点では分かっておりません。そして私は、その上にいきたいという理由だけで、忖度して判決を下した。

仁科壮介さんが自殺した時、まわりから私は間違っていないと言われた。それを信じようとした。でも今回、真鍋さんの事件が起きた時、認めざるを得なかった。私が真実から目をそむけたからだと。

裁判官の職を辞し、罰を受けるべきだと決意しました。裁判官失格なのは私です。」

謝罪の言葉を述べて、マスコミに向けて頭を下げる日高。

その様子を近くで見ていた入間は、傍の千鶴にこう言います。

「踏み絵だったんだよ――。上に従順なふりをして、裁判で僕らを一蹴した。すべては中森検事から真実を引き出すためだったんだ。最高裁長官の夢を捨ててでも、真実を明らかにしたんだ。」

▶▶入間と敵対関係にあると思われていた日高でしたが、彼女も、自身の判決で一人の人間を死に追いやってしまったことを、ずっと思い悩んでいたみたいです。入間たちに対して裁判の公平さを欠いていると問題を指摘しつつ、油断した検察から真相を聞き出すという、『踏み絵』的手法を用いた日高。

 

ある意味、聡明でありながら、真実のために自らの職を辞する潔さもある、そんな彼女の人間的魅力に惹かれて千鶴は、日高についていこうと思ったのかも知れませんね。

■気になるワード④『踏み絵』


江戸時代に幕府が、キリスト教信者(キリシタン)をあぶり出すために利用した、イエス=キリストやマリア像が描かれた絵のこと。ある事柄への該当者や反対者をあぶり出すために用いる手段のことを「踏み絵」と呼ぶこともある。

■気になるワード⑤『白いカラスの置き物』


入間が最後に日高にプレゼントとした三重県のふるさと納税返礼品。白いカラスは『類いまれな人物』を意味するとともに、『はぐれ者』もあらわす。





 お疲れ様でした。

 ドラマ第7話は

 ここまでです。 

まだ7話なのに、まるでクライマックスのような構成・演出で作り込まれていた今回の物語。

特に、日高があっち側の人間ではなかったという意外な展開には驚かされてしまいました。

最後に彼女が示した、すべてを指示した目に見えない上層部の人間とはいったい誰なのでしょうか、とても気になるところです。

ちなみに次話からは、いつものように特定の事件の合議裁判を扱う内容に戻るみたいです。ドラマの恒例ともなったサプライズゲストの登場も含め、期待がかかりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ドラマ情報

「イチケイのカラス」

――フジテレビ系 毎週月曜日  夜9:00~

公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/ichikei/
原作:浅見理都

「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)

主題歌:Starlight/WGB(和楽器バンド)
脚本:浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)
音楽:服部隆之
プロデュース:後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、有賀 聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』、『初めて恋をした日に読む話』他)、橋爪駿輝(『嫌われる勇気』、『ペンション・恋は桃色』他)
編成企画:高田雄貴(『刑事ゆがみ』、『黄昏流星群』他)
演出:田中 亮(『コンフィデンスマンJP』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)、星野和成(『チーム・バチスタ』、『SUITS/スーツ2』他)、森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)、並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『モトカレマニア』他)
制作協力:ケイファクトリー
制作・著作:フジテレビ第一制作室

▼出演者▼


○入間 みちお  ・・ 竹野内 豊
○坂間 千鶴   ・・ 黒木 華
○石倉 文太   ・・ 新田 真剣佑
○井出 伊織   ・・ 山崎 育三郎
○浜谷 澪    ・・ 桜井 ユキ
○一ノ瀬 糸子  ・・ 水谷 果穂
○川添 博司   ・・ 中村 梅雀
○城島 怜治   ・・ 升 毅
○日高 亜紀   ・・ 草刈 民代
○駒沢 義男   ・・ 小日向 文世

コメント

タイトルとURLをコピーしました