日曜劇場『ドラゴン桜(2021)』第6話のあらすじと感想(ネタバレあり)

原稿用紙とペンドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の5月30日(日)に日曜劇場「ドラゴン桜」第6話が放送されましたが、皆さんはご覧になられましたか?

16年の月日を経て復活した名作「ドラゴン桜」。

主人公の桜木建二を再び演じるのは前作同様に阿部寛で、さらに今作では、かつての教え子の水野直美(長澤まさみ)が桜木の代わりに生徒たちを東大に導くことになります。

■第6話のあらすじ


東大受験に向けての学力アップのためにはじまった東大専科の合宿。小杉(志田彩良)と藤井(鈴鹿央士)も参加したその合宿で、特別講師として呼ばれた国語の大宰府治先生(安田顕)が教えたものは、建造物のように創り上げられた文章の『構造』を見抜く力で――。作者の言いたいことを読む力、いわゆる『読解力』を身につけるために、専科の生徒たちが3日間の短期集中特訓に挑みます。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介
第6話の詳しいあらすじと感想
ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・原作など)

ドラマを見逃した人でも物語の大まかな概略が理解できるように、なるべくセリフを交えて詳しめにまとめました。

ストーリーの把握や内容のおさらいとしてご活用ください。




登場人物

桜木 建二(阿部 寛)・・教え子の自殺未遂をきっかけに教育の世界から姿を消すが、水野に連れ戻されて龍海学園東大専科の監修を引き受けることに。
水野 直美(長澤 まさみ)・・桜木の元教え子。東大合格後に弁護士資格をとり、桜木の事務所で働く。桜木とともに龍海学園東大専科で生徒たちを東大へ導こうと使命感に燃える。
岩崎 楓(平手 友梨奈)・・龍海学園の女子生徒。バトミントン部のエースとしてオリンピックを狙える存在だったが、膝のケガが悪化してその夢をあきらめることに。代わりに、スポーツ医学を学ぼうと一念発起して東大受験を決意、東大専科に入る。
瀬戸 輝(髙橋 海人)・・龍海学園の男子生徒。姉とともに両親から継いだラーメン屋「瀬戸屋」を切り盛りする。闇金からの執拗な取り立てと嫌がらせに頭を悩ませていたところを、桜木に助けられる。4人目の東大専科メンバー。
天野 晃一郎(加藤 清史郎)・・桜木の熱弁に奮起されて東大専科にいち早く入った龍海学園の男子生徒。弟の裕太が進学校に通う優等生で、そのことを親に比較され続けたためか劣等感を抱いている。
早瀬 菜緒(南 沙良)・・龍海学園の女子生徒。今まで自分から何かに頑張ろうと思ったことはなかったが、桜木と水野の全校集会での言葉の影響を受けて頑張ることを決意。天野に続いて東大専科に入ることに。
原 健太(細田 佳央太)・・虫が大好きな龍海学園の男子生徒。発達障がいがあり、耳にした言葉はなかなか覚えられないが、一度目にしたものは忘れないという特異な能力を持つ。桜木がその才能を見抜き、専科5人目のメンバーに。
小杉 麻里(志田 彩良)・・文系成績トップの龍海学園の女子生徒。健太といつも行動をともにする。成績は優秀だが、なぜだか大学受験にまったく興味がない。
藤井 遼(鈴鹿 央士)・・東大合格候補者リストにものる龍海学園のエリート男子生徒。理系の成績がトップで、学業は優秀だが、人を見下したり先生を侮辱したりと性格の悪さが目立つ。
大宰府 治(安田 顕)・・国語の特別講師。「国語は科学、創作は建築学」というのが自論。できない生徒を見ると熱が入るが、またすぐに冷めてしまうという2面的特性を持つ。




あらすじと感想

原稿用紙とペン

走れメロス

東大専科――。

突然、生徒たちに配られた『走れメロス』のプリント。

■気になるワード『走れメロス』


学校の教科書で誰しもが読んだことのある、太宰治の同名短編小説の一編。メロスは激怒した――、ではじまるそのストーリーは、自身の処刑の代わりに友を人質にとられたメロスが、困難にも屈せずに約束を見事守り、人を信じることができない邪智暴虐の王を改心させるというもの。

桜木(阿部寛)が彼らに、「今からこれを、10分で100字以内にまとめてもらう」と課題を出し、水野も交えて文章の要約をすることになります。

10分後――。

回収した生徒たちの解答を読んだ桜木は「これはひどいなぁ・・」と感想をもらします。

彼らの解答は以下のとおり。

●健太(細田佳央太)・・「メロス」が「メロン」になっている。
●天野(加藤清史郎)・・的が外れている。
●早瀬(南沙良)・・要約ではなく感想を書いている。
●瀬戸(髙橋海人)・・字が汚すぎて読めない。
●水野(長澤まさみ)・・さすがと褒めるに値する模範解答。
●岩崎(平手友梨奈)・・一番まともな解答。

「何を抜き出してまとめればいいか分からなかった」と口にする生徒たちに、桜木は「それはお前らに読解力がないからだ」と諭します。

「読解力とは、作者が言いたいことは何なのかを理解し、簡潔にまとめる力のことだ。お前らにはその読解力が決定的に欠如している。

読解力は幼い時にどれだけ本に触れたかで決まる。親の読み聞かせや読書など、幼い頃に本を読むことを日常化してきたものほど読解力がある。そして、いまからでも十分に身につく訓練法がある。

明日の朝6時、ドラゴン桜の前に2泊3日分の荷物を持って集合だ。ついでに特別講師も呼んである。」

▶▶読解力のない子どもたちが増えているということをよく耳にしますが、実際、学校のテストなどで、問題文そのものの意味を理解できない学生が非常に多くいるそうです。

 

読解力というのは、言葉の意味を理解できない機械(AI)には持つことができないもので、人間だけが持てる唯一の特性でもあります。特にクリエイティブな仕事、コミュニケーション能力が必要な職種にとっては非常に重要な力で、逆にその力が必要ない事務職・単純労働職は、将来的に代替可能なAIに奪われていくのではないかと危惧されています。




合宿一日目

眠たげな顔でドラゴン桜の前に集まる生徒たち。そこには、健太の付き添いで一緒に来たという小杉(志田彩良)の姿もあります。

そこへ、教室の窓から顔を出した桜木が、彼らに向けて「今からドラゴン桜の周りを競歩で20周だ」と言い放ちます。

ぶつくさこぼしながら言われたとおり木の周りをまわる生徒たち。

そのまま教室へやって来ると、何食わぬ顔で席に座る藤井(鈴鹿央士)の姿が――。

※藤井は前回の試験で「負けたら合宿に参加する」と桜木と約束したので渋々参加。

全員揃ったところで桜木は、今日の予定発表だと言って、黒板に大きく文字を書きます。

その文字は――、

『自由!?』

「時間を自由に使え、何をやってもかまわない」と言い残し、桜木は教室を出ていってしまいます。

無責任とも言える桜木の言葉に唖然とし、「自習だったら合宿の意味ないじゃない」と不満を述べる生徒たち。

水野も桜木を追いかけて、「合宿のカリキュラムを組んできたのに、一体どういうつもりですか?」と抗議します。

それに対して桜木は次のように反論。

「お前はいつの時代を生きてるんだ?古き良き伝統の教育法も、時代が経てばただのゴミだ。強制と服従の時代は終わったんだ。今の子どもたちの価値観を認め、認めた上でそれを信じてやる――、大人の役割はその2つだけだ。」

競争心に火がついて

東大専科――。

なかなか集中できず、途中で投げ出す早瀬。

隣で黙々と勉強する小杉に「どうやったらそんなに集中できるの?」と尋ねます。

すると小杉に「逆にどうしてできないかがわからないんだけど・・」と真顔で返され、早瀬は赤っ恥をかいてしまいます。

気分転換に――、と言って教室の外へ出ていく早瀬。それに続くようにして、天野、瀬戸、岩崎も出ていきます。

外で時間をつぶしながら、彼らは思い思いに次のことを考えます。

●勉強できる人とできない人の決定的な違いについて――。
●自分たちと残りの3人(藤井・小杉・健太)との間にある大きな差について――。

その後、教室に再度戻って勉強をはじめる4人。

前よりも集中して勉強に取り組む彼らの変貌ぶりを見て、水野は感心してしまいます。隣の桜木は言います。

「あいつらはバカじゃなかったってことだ。東大受験では競争心に火がついていないやつは負けるんだ。あいつらもそのことに気づいたのかも知れないな。」

▶▶藤井と小杉を専科の合宿に参加させたのは、生徒の競争心をあおることが狙いだったみたいです。一見すると意味のないようなことにも、桜木には大きな目的がある――、彼のその知略高さには感服してしまいます。




東大専科合宿の晩ご飯

夕食――。

メニューは以下の3つでした。

・ポークカレー
・だし巻き卵(ほうれん草入り)
・サラダ

▶▶桜木が言うに、それぞれのメニューには意味があり、豚肉は栄養価が高くてビタミンB1に疲労回復効果が、ほうれん草と卵には、脳に良い必須アミノ酸が多く含まれるそうです。

夕食後――。

「お腹いっぱいで眠たい」と訴える生徒たち。

そんな彼らに桜木は「バカみたいに急いで腹いっぱい食うからだ」とたしなめ、続けて小杉に「急いで飯を食った場合、人間の身体はどうなると思う?」と質問します。

「血糖値が急激に上がる?」と答える小杉。

桜木は「正解だ」と告げ、詳しく説明をはじめます。

「血糖値が急激に上がると、糖をエネルギーに変えるためにインスリンが大量に分泌される。食後に強い眠気や倦怠感を感じるのはそのためだ。

血糖値の急上昇を防ぐには、脳のエネルギー効率を考えた食事をとる。そうすれば集中した勉強時間をより多く獲得できる。」

こうして、合宿一日目の夜は更けていきます――。

▶▶ご飯を食べ過ぎたらインスリンショックが起きて眠くなる、というのは社会人なら常識的に分かっている現象で、仕事ができる人ほど、糖質をとりすぎないように、お昼をサラダなどの軽い食事で済ませているみたいです。

 

効率的・生産的に勉強・仕事をするために食事に細心の注意をはらう――、欲にまかせて腹いっぱい食べるようなことはしないように心がけたいものですね。

合宿二日目

朝の6時からラジオ体操をさせられる生徒たち。

「なんで動きやすいジャージじゃなく制服なの?」と疑問をぶつけてくる彼らに対し、桜木は次のように答えます。

「これは全部、お前らに試験本番を意識させるためにやってるんだ。

朝6時、本番と同じ時刻に起床。食事を摂り試験時間に勉強し、本番前夜と同じ時間に寝る――。

日常的に試験日と同じ過ごし方をすると、試験日が特別な日じゃなくなる。それと、自分を落ち着かせるために、服装も重要なアイテムだ。

試験で100%の力を出すためには、いつもの服装いつものルーティンでいつもの力を出す。これが本番で結果を出す最良の方法だ。」

▶▶習慣の力というのはすごいもので、一度習慣化されて、日々のルーティンとして生活に組み込まれたものは、意志の力を使わずに実行することができます。

 

しかしそれを逆に言えば、習慣化されていない特別なことに対しては、余計な労力が必要になるということを示しており、今回の桜木の東大本番と同じ生活リズムを作るトレーニングは、そういった意味で非常に理にかなったものなのでしょう。




特別講師・太宰府治

国語の授業――。

桜木から特別講師が紹介されます。

「国語のスペシャリスト、太宰府治先生だ。」

「・・・。」

教室になかなか入ってこない太宰府(安田顕)。

慌てて水野がドアを開けると、そこには彼が座り込んでいて、「荷が重いな・・帰りたい・・」と陰鬱につぶやいています。

しばらくして――。

教室に入って生徒たちの解答に目を通す太宰府。

「みなさん文章の構造が分かってないですねぇ、困りましたぁ・・」と小声でつぶやいたかと思うと、突然黒板を引っ叩き、まったく別人の形相でこう言い放ちます。

「国語は科学だ!そして、創作とは建築学である。建築学を無視した創作物はすべてクソだ。そしてすぐれた文章は建築学にのっとって作られている。」

しかしその熱もすぐに冷め、またもとの状態に戻って、大宰府は次のように続けます。

「いいですか、みなさん。文章というのは言いたいことは一つなんです。その一つを伝えるために、作者は手を変え品を変え、建築学にのっとって文章を言い換えているんです。読解、すなわち要約とは、文章を頭の中で構造化することなんです。」

▶▶前作では、芥川龍三郎が特別国語講師をつとめていましたが、今作ではなんと大宰府治。しかも、役を演じた安田顕の演技が癖ありで、かなり個性的な授業になっていました。

「論説文は次の3つの関係に構造化できます。」

①同等関係
②対比関係
③因果関係

①同等関係

まずは、同等関係の例文です。

A:雨だと思っていたけど晴れた。怒られると思ったけど怒られたなかった。
B:つまり、予想外のラッキーな展開が重なったというわけだ。

「A、Bは思っていたこととは異なることが起きたという意味。詳しく言うなら、Aは具体的(絵にすることが可能)、Bは抽象的な表現で、A=B、すなわち、AとBを『つまり』でつないでいる、これが同等関係の基本構造です。」

②対比関係

次に対比関係。

A:北海道の人口密度は67(人/k㎡)だ。
B:それに対して、東京の人口密度は6309(人/k㎡)だ。生活にゆとりがなくなるのも無理はない。

「これは、主張を明確にするために反対のものを示しているわけです。」

③因果関係

最後に因果関係。

A:宿題を忘れた。だから叱られた。
B:叱られた。なぜなら宿題を忘れたからだ。

「Aは【原因】▶【結果】を、Bは【結果】▶【原因】をあらわしている文章になります。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太宰府が話した後、桜木が補足説明します。

「東大の読解問題は、この同等・対比・因果の3つの構造を意識して作られているんだ。そして、この3つの中で一番重要なのが『因果関係』、つまり『言い換え』だ。

またこれは、国語に限ったことではなく、英数理社すべてにおいて必要なことだ。つまり読解力を身につければ、全教科において格段にレベルアップできるというわけだ。東大合格のカギは『読解力』だ。」




父親の怒り

娘のことを聞きつけて、学校へと乗り込んできた小杉の父親(迫田孝也)。

「どういうことですか?」と桜木に抗議し、「娘の将来は家庭の問題。あなたたちが決めることでない。麻里は進学を希望していない。どうなんだ、麻里?」と怒鳴りながら、隣りの娘を問い詰めます。

おびえた表情で「大学には行きません・・」と答える麻里。

「無理やり言わせたら――」と言葉をはさむ水野を制し、父親は「私は親です。麻里のことは一番よく分かっている。とにかく娘を大学に行かせるつもりはない。退学させます」と言い放って、麻里を連れて部屋を出ていってしまいます。

連れて行かれた小杉のことが心配になり、「何とかならないの?」と桜木に駆け寄る生徒たち。

しかし、桜木は「明日も6時にドラゴン桜の前に集合だ。勉強しろ」と言うだけで、それ以上は何も話そうとしません。

合宿最終日

桜木は、キーワード付きの「走れメロス」のプリントを再度配り、そのキーワードの並べ替え方について生徒たちに説明します。

「まずは、①時系列順――、起こった順番に並べ替える方法だ。早瀬やってみろ。」

指名された早瀬が並べ替えに挑戦します。

【早瀬の解答】
『メロス』―『邪智暴虐の王』―『信じる』―『友』―『人質』―『あきらめる』―『約束』―『仲間』

「続いて、②主語述語法――、具体的に話がどうなったかの文章をつくる。次は藤井だ。」

今度は藤井が指名され、解答を黒板に書きます。

【藤井の解答】

『メロス』は『友』を『人質』にした。友との『約束』を『あきらめる』ことなく戻ってきた。
『邪智暴虐の王』は『信じる』ことができない。改心して『仲間』になった。

「よし正解だ。では、以上のポイントをおさえて解答をつくっていくぞ。」

桜木に言われ、生徒たちは各々に要約に挑戦していきます。

ちなみに、模範解答は以下のようになります。

『メロス』は『邪智暴虐の王』に直訴し処刑されそうになる。だが親『友』のセリヌンティウスを『人質』に3日の猶予を得る。彼は困難にも『あきらめる』ことなく『約束』通り戻る。彼と友との絆を見た王は『信じる』心に感動し、改心して『仲間』になる。

▶▶池上彰さんの勉強法で、ニュースのキーワードなどを先に抜き出して、後で自分の言葉でまとめるというものがありますが、あれはこういう理屈をもとにしていたんですね。紹介されたテクニックはあらすじの要約にも使えそうなので、ぜひ参考にしたいと思います。




自由をもとめて

退学の手続きのために再び学校にやって来た小杉の父親。

「麻里を退学させて就職させ、優秀な相手を見つけて結婚させる。女にとってそれが一番幸せなんだ。」

そう主張してくる父親に対し、桜木は「あなたに女の幸せなんて分からない」と反論。

その言葉に刺激されてか、興奮した父親は次のように言い放ちます。

「女で高学歴といったら、生意気で人を見下すようなクズみたいな人間になるんだ。だから、女に学歴なんて必要ないんだ。」

対抗して桜木も言い返します。

「学歴が必要ないと言いながら、誰よりも学歴にこだわっているのはあなたのほうじゃないですか?

そこまで学歴にこだわるのは自分が学歴で悔しい思いをしたからじゃないですか?あんたは単に、娘を自分より優位に立たせたくないだけだ。

女に学歴なんて必要ない――、そんな時代錯誤のやつってのは、自分のプライドを守るために古い考えに固執し、今の世界を見ようともしない。

そのちっぽけなプライドを守るために娘の自由を奪い、力づくで押さえこもうとしている。そういう親こそ、本当のクズ親だとオレは思うがな。」

屈辱的な言葉を受けて、さらに逆上する父親。

そんな中で、教頭の高原(及川光博)が、「家庭内暴力の疑いがある生徒には学校側から適切な対処をする必要があります」と話を持ち出し、警察沙汰にする意向があることを両親に示します。

しかしすぐにその言葉を訂正し、「実際にはそれができなくなりまして・・」と言って、昨日の夜のことを彼らに打ち明けます。
//ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日の夜――。

水野から電話を受けて、学校側が家庭内暴力を警察沙汰にしようとしていると知った小杉さんは、私たちにこう頼んできたのです。

「父がこんな風になったのは、10年前におじいちゃんが死んで、会社がつぶれて苦労したせいなんです。最初は暴力なんて振るう人じゃなかった。ある日、父が一人で泣いている姿を見たんです。だから、私が我慢すればそれでいいって・・。

こんなお父さんだけど、私にとっては世界でたった一人のお父さんだから、だからお父さんのこと警察には言わないでください。お願いします――。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー//

「親がバカだろうとクズだろうと、幼い子どもには、親を信じて生きる道しかないんだ。

あんたがどれほど未熟で弱い人間だろうと、彼女はあの時の優しかった父親のことを覚えている。あんたがどれだけ傷つけようと、あの父親がいつか戻ってくると信じてる。そんな娘の気持ちを、いつまであんたは裏切り続けるんだ。

父親ってのは大黒柱だろ。家族の幸せを願って大きく強く支えてあげる柱だろ。そんな虫の食ったようなくさった柱で、大切な家族を支えてやれてんのか?それがあんたの本当の望みなのか?

彼女はちゃんと理解しているぞ。いい父親でいたい、幸せにしたい、だからこそそれができなかったあんたの苛立ちと苦しみを・・、もう彼女を自由にしてやれ。彼女は、小杉は、あんたのことを信じてきたんだ。」

湿っぽい雰囲気の中、桜木は続けて専科の生徒たちに課題を発表するよう命じ、生徒たちは言われるまま、自分たちが作った要約文を発表していきます。

「小杉麻里は東大に行くべきだ。なぜなら、彼女の集中力は素晴らしいものがあるからだ。」(瀬戸)

「たとえば、集中力のある人は、勉強の質も仕事の質も高めることができる。」(早瀬)

「つまり、集中して勉強したり仕事している人は、より多くの知識を吸収することができる可能性が高い。」(天野)

「そして東大は、社会に役立つあらゆる知識を集中的に吸収することができる知識の総本山だ。」(藤井)

「だからこそ東大には社会で活躍できる集中力がある人が集まっている。つまり、小杉麻里こそ東大に入り、活躍の場を広げるべきだ。」(健太)

みんなの要約を聞き、涙を流す小杉。

「良い文章かは分からないけど・・でも、みんなが言いたいことは分かった。私、みんなと目指したい。みんなと東大に行きたい――。」

そう強く決意する娘の姿を見て、「すまなかった・・」と今までの自分の行為を謝る父親。

最終的に彼女の大学進学は認められることになります。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第6話は

 ここまでです。 

桜木たちの協力もあって、なんとか家庭の問題を乗り越え、東大専科に入ることができた小杉。さらに、憎まれ口を叩いていたけれど、専科の合宿に参加して居心地が良かったのか、結局、専科に入ることを希望した藤井。2人の参戦で、東大専科は7人のメンバーで再スタートを切ることになります。

ちなみに、次話では東大模試が実施されるそうで、成績が悪かったものが専科を辞めさせられるとか・・。はたして、東大専科の秀才3人以外の4人は、問題なく切り抜けることができるのでしょうか。

東大へと続く道の途中で、様々な事件や問題ごとが起こるこのドラマ。まだまだ先のストーリーに目が離せない感じです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ情報

『ドラゴン桜(2021)』

――TBS系 毎週日曜 夜9:00~
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/dragonzakura/
原作:三田 紀房『ドラゴン桜2』(コルク)
▼Amazonプライム会員は無料で読めます▼

【Amazonn.co.jp】ドラゴン桜2(1) (コルク)

脚本:オークラ、李 正美、小山 正太
音楽:木村 秀彬
プロデューサー:飯田 和孝、黎 景怡
演出: 福澤 克雄、石井 康晴、青山 貴洋

▼キャスト▼


○桜木健二 ・・ 阿部 寛
○水野直美 ・・ 長澤まさみ
○瀬戸輝  ・・ 髙橋海人(King & Prince)
○早瀬菜緒 ・・ 南 沙良
○岩崎楓  ・・ 平手友梨奈
○天野晃一郎・・ 加藤清史郎
○藤井遼  ・・ 鈴鹿央士
○小杉麻里 ・・ 志田彩良
○原健太  ・・ 細田佳央太
○小橋   ・・ 西山 潤
○岩井   ・・ 西垣 匠
○大山将大 ・・ 内村 遥
○田村梨江子・・ 山田キヌヲ
○辻圭輔  ・・ ケン(水玉れっぷう隊)
○鶴ヶ﨑  ・・ 鶴ヶ﨑好昭
○天野裕太 ・・ 深田竜生(少年忍者/ジャニーズJr.)
○坂本智之 ・・ 林 遣都
○米山圭太 ・・ 佐野勇斗
○岸本香  ・・ 早霧せいな
○奥田義明 ・・ 山崎銀之丞
○龍野恭二郎・・ 木場勝己
○龍野久美子・・ 江口のりこ
○高原浩之 ・・ 及川光博

コメント

タイトルとURLをコピーしました