ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』9話のあらすじと感想|ボス恋・ネタバレ

婚約指輪ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の3月9日(火)に「上白石萌音」主演のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第9話が放送されましたが、皆さまはご覧になられましたか?

潤之介(玉森裕太)から「一緒に金沢に来てほしい」と言われて終わった前話。

今話では、「潤之介との結婚」を選ぶか「MIYABIでの仕事・夢」を選ぶかの両者で思い悩んだ奈未(上白石萌音)が、その答えを出すことになります。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介(主要人物6人)

第9話のあらすじと感想(ネタバレあり)

ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・主題歌など)

ドラマ内容のおさらいとしてお役立てください。




登場人物の紹介

はじめに、ドラマの主要な登場人物を紹介します。

鈴木 奈未(上白石 萌音)
――出版社の面接を受けるために熊本から上京。音羽堂出版編集部「MIYABI」の編集長である宝来麗子の雑用係として働くことに。

宝来 麗子(菜々緒)
――潤之介の姉。ファッションモード誌「MIYABI」創刊にあたって、パリからやってきたカリスマ編集長。クールでドライな性格。毒舌だが、仕事はプロフェッショナル級。

宝来 順之介(玉森 裕太)
――奈未が偶然出会うことになる編集長の弟。職業はカメラマン。自由奔放かつマイペースな性格なので、会話するとたまに噛み合わないことも。

中沢 涼太(間宮 祥太朗)
――「MIYABI」の編集部員で、奈未の先輩かつ指導役。夢はカルチャー誌の編集長。ひたむきに仕事に頑張る奈未に秘かに想いを寄せる。

和泉 遥(久保田 紗友)
――「MIYABI」の編集アシスタント。その仕事ぶりを宝来に高く評価され、アシスタントも卒業間近。中沢に好意を抱いている。

蓮見 理緒(倉科 カナ)
――潤之介の幼馴染みで、もと恋人。有名なバイオリニスト。腕に問題(音楽家ジストニア)を抱え、バイオリンが思うように弾けなくなってきていることを悩んでいる。




あらすじと感想

幸せを約束する婚約指輪

プロポーズの目的

潤之介(玉森裕太)から「結婚して、一緒に金沢に来てほしい」と言われた奈未(上白石萌音)。

彼女は「はい、喜んで」と承諾してくれますが、潤之介はその即答した言葉に不安を感じてしまいます。

なぜなら、このプロポーズには、奈未が仕事を捨ててまで自分についてきてくれるか確かめる意味合いがあったからです。

「高橋麻美」新編集長

吸収合併を受けて、音羽堂出版の名称が「ファーストパブリッシング」に変わり、MIYABIの次期編集長としてZEALの高橋麻美(高橋メアリージュン)が就任。

その麻美が、MIYABIの部員たちに突然の路線変更を打ち出し、ハイブランドの付録企画を練ってこいと言い渡してきます。

それを受けて「付録なんてMIYABIらしくない考え方だ」と不満を抱くMIYABIの編集部員たち。

ちなみに、元編集長の宝来(菜々緒)は、副編集長の半田(なだぎ武)が言うに『行方不明』らしいです。

▶▶宝来は、麻美に編集長の座を任せましたが、いざ彼女が就任すると宝来との違いが目に付いてしまいます。

「人材」の大切さ

宝来の行方が気になった奈未。

副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)に居場所を尋ねます。

それに対して彼は「宝来さんの居場所は知っているが、口止めされて言えないんだ」と答え、次のように続けます。

「本当は、奈未さんにはMIYABIをやめてもらうつもりだったんだ。編集長がいないのにアシスタントは必要ないからね。でも、彼女がそれは絶対だめだと言ったんだ。

小説や新書は編集者一人がいれば出版できる。でも、雑誌は一人ではつくれない。だから、どうしたって人を育てなければならない。経営を立て直すために大切なことは『お金』ではなく『人材』だからね。」

▶▶雑誌は一人の力でできるのではなく、編集部というチームが生み出す結晶のようなもの。MIYABIという肩書きに価値があるのではなくて、MIYABIで働く編集部員一人ひとりに価値があるのでしょう。

 

宝来が奈未をやめさせなかったのは、編集者として一人前に育った彼女に仕事をずっと続けて欲しかったからかも知れません。

白黒潤(しろくろじゅん)

スーパーで理緒(倉科カナ)と出会った潤之介。

彼女は、奈未との結婚のことを祝ってくれるとともに、次のようなことをお願いしてきます。

「潤ちゃんが独身のうちに最後のお願いがあるんだけど、今度の手術、一緒に付き添って欲しいの。」

どうやら、前回に潤之介に電話で告げた「腕は腱鞘炎だったから心配ない」という言葉は嘘だったようです。

そのことを家に帰ってから奈未に告げた潤之介は、「手術の時に理緒のところに行っていい?」と彼女に同意を求めます。

それを聞いて、「潤之介の気持ちがまた理緒のほうに向くのではないか?」と不安を感じた奈未は、頭の中で『白潤(しろじゅん)・黒潤(くろじゅん)』という、対照的な潤之介像を妄想してしまいます。

■気になるワード『白黒潤』


潤之助の気持ちが理緒に向いたものが『黒潤(黒い犬の潤之介)』、奈未に向いたものが『白潤(白い犬の潤之介)』で、この両方が頭の中でミックスされた結果、ハイブリッドの『白黒潤(しろくろじゅん)』が誕生してしまったようです。

 

ちなみにこの妄想は、自分だけを見てくれると言ってくれた潤之助に「理緒の手術に付き添う」と言われて生じた、奈未の心の迷いの象徴でもあります。




備品管理部の宝来

MIYABIに置いていた備品のダンボール箱の中から、『宝来』のはんこが押された物品受領書を発見した奈未。

宝来が備品管理部で働いているのだと知った彼女は、すぐさま備品管理部に行って宝来にMIYABIに戻ってくるよう懇願します。

しかし、当然ながら彼女は聞き入れてくれません。

その後、奈未が潤之介のプロポーズにOKしたことを聞いた宝来は、次のような言葉を奈未に発します。

「仕事はやめるの?私がどうしてあなたを編集部に残したか分かる?」

▶▶奈未のことを思って編集部に残したのに、仕事より結婚を選ぶと言われて思わずこう発してしまったようです。ちなみに、奈未を残した理由については物語の後半に明かされることになります。

ボス奪還作戦

麻美が編集長を務める現状の体制に不満を抱いたMIYABI編集部員たちは、『ボス奪還作戦』を計画します。

作戦内容は次のようなものです。

作戦①『土下座作戦』


みんなでボスに土下座して、彼女の心を動かそうという作戦。

▶▶土下座したちょうどその前を荷物に遮られ、宝来に見てもらえず失敗。

作戦②『半田さんやめないで作戦』


宝来が半田がやめることを気にかけていたことを利用して、「やめる」と言い張る半田をみんなが引き止めているところを演技で披露。宝来にMIYABIに戻る気を起こさせようと考えます。

▶▶麻美からの電話で「情報漏えい元が別に見つかったからあなたは無罪放免よ」と告げられた半田が「やめる必要がなくなったわ」とみんなに報告。作戦は失敗してしまいます。

宝来麗子と父親

ストーカのように誰かがつけてくるので、怖くなって「なんね、つきまとわんといてや!」と思わず熊本弁で叫ぶ奈未。

彼女はつけていたのは実は潤之介の母親(高橋ひとみ)で、そのことを知った奈未は「勘違いしてごめんなさい」と彼女にお詫び。その後、一緒に食事する運びになります。

食事の場で潤之介の母親は、宝来と父親(宇梶剛士)の関係性について次のように語ります。

「12年前、『ファッションの勉強のためにパリに行きたい』とお父さんに自分の思いを告げた麗子は、「もったいない、2年無駄にするかもしれないんだぞ」と言われるの。

お父さんは、麗子に宝来製糸を継いでもらえると期待していて、それを裏切られたから嫌だったのね。結局、そのことがきっかけで2人は仲違いすることになったのよ。」

▶▶宝来が家を継ぐことを期待する父親と、その期待に応えたいものの自分の夢を捨てきれない宝来。お互いのことが大好きな親子なのに、譲れない想いですれ違っていることがとても悲しく思えました。




分かり合えた親子

母親との食事の後、宝来に今度の食事会に来てくれるようお願いする奈未。

しかし、当日に宝来の姿はありません。

奈未は、ボス(宝来)がMIYABIを辞めてしまったことを父親に告げ、さらに、奈未が初めて作った社内報やMIYABIの雑誌などを見せて、MIYABIの素晴らしさ・宝来の偉大さについて必死に伝えようとします。

そこへ、「別に私はすごくなんかない」とやってきた宝来。

自分がすごくない理由を次のように語ります。

「ファッション誌に10年前私は夢をもらった。あの頃の自分と同じように、雑誌から夢をもらう読者をもっとたくさんつくろうと思って、ただ目の前の事をこなしてきただけ。だからすごくなんかない。」

それからしばらくして、「雑誌をつくるっていうのも、かっこいいものだな・・」と、宝来が今まで積み上げてきたもの、やり遂げてきたことを心から認めた父親が、彼女にこう伝えます。

「麗子、父さんが悪かった。ごめんな・・。」

父親に謝られた宝来は、思わず返答します。

「私こそ、宝来製糸を継げなくて、父さんの夢かなえてあげれなくて、ごめん・・。」

▶父親の夢と自分自身の夢を天秤にかけた結果、自分の夢を選んだ宝来。そのために大好きな父親とぶつかり合うことになった彼女の内心は、とてもつらいものだっただろうなと想像してしまいます。

 

自分の夢は絶対に捨ててはだめ。そういった強い信念が根底にあるからこそ、仕事に夢を持ち出した奈未を編集部にのこしたのでしょう。

婚約指輪を受け取って

思い出のベンチにやってきた奈未と潤之介の2人。

潤之介は「何があっても信じていいよというお守り」として婚約指輪を奈未に渡し、「不安なことがあったらちゃんと言って欲しい」と続けます。

▶▶潤之介の心の中には、「自分との結婚のために奈未が仕事を無理してやめようとしているのではないか」という思いがずっとあるようでした。

編集者になる夢

潤之介が手術に付きそうことを同意してくれた奈未に、お礼を言う理緒。

「最近仕事が楽しくなってきた」と近況報告する奈未に対して、理緒は「奈未ちゃんは、編集者になるのが夢になったのかもね」と言います。

さらに、仕事をどうするべきか悩んでいる奈未に対して次のように伝えます。

「潤之介は自分の夢にフタをしているの。宝来製糸を継がないといけないからね。もし、奈未ちゃんまで夢にフタをしてしまったら潤之介はきっと悲しむ。

仕事・夢に未練があるなら、中途半端だと思っているなら、潤之介を余計に傷つけることになるよ。優しい人だから・・。」

▶▶第1話で潤之介が奈未に言った「夢ってなきゃいけないの?」という言葉は、家を継ぐために夢を捨てなければならないことを自分自身に納得させる、彼の「言い訳」だったのかもしれません。

 

「奈未ちゃんには夢を絶対にあきらめてほしくない」と思う潤之介に対して、果たして奈未はどういった答えを出すのでしょうか。

返された婚約指輪

星の見える屋上で2人――。

奈未は潤之介に

「ベンチで偶然出会ってこうやって好きになり、一緒に同じ時間を過ごすことができて本当に良かったです。」

と素直な気持ちを伝えます。

そんな彼女の心の中には、ある思いがめぐります。

(ずっと彼と一緒にいたいけど、MIYABIでも仕事を続けていたい。彼の思いに応えたいけど応えられない・・。中途半端な気持ち、未練がある状態で結婚をしたら、きっと彼を傷つけることになってしまう・・。)

そう考えた奈未は、涙ながらに婚約指輪をそっと潤之介に返します。

彼女から指輪を受け取った潤之介。

「奈未ちゃん、元気でね。」

と必死に笑顔をつくって彼女を送り出します。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第9話は

 ここで終わりです。

最終回手前にしてまさかの展開。奈未と潤之介の恋の行方はどうなってしまうのでしょうか?また、辞めてしまった宝来はMIYABIに戻ってきてくれるのでしょうか?

次話でこのドラマもとうとう最後。グランドフィナーレに幸せな結末が見れることを、心から願っております。

 




ドラマ情報

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
―― TBS系 毎週火曜日 夜10時から放送

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/
脚本:田辺茂範
音楽:木村秀彬
プロデューサー:松本明子
主題歌:Kis-My-Ft2「Luv Bias」(avex trax)
演出:
田中健太(『恋はつづくよどこまでも』)、石井康晴(『花より男子』シリーズ)、山本剛義(『私の家政夫ナギサさん』)

■出演者


鈴木 奈未  ・・上白石 萌音
宝来 麗子  ・・菜々緒
宝来 潤之介 ・・玉森 裕太

中沢 涼太  ・・間宮 祥太朗
和泉 遥   ・・久保田 紗友
尾芦 一太  ・・亜生(ミキ)
和田 和美  ・・秋山 ゆずき
加賀 栞   ・・太田 夢莉
半田 進   ・・なだぎ 武
日置 健也  ・・犬飼 貴丈
鈴木 真未  ・・宮崎 美子
宝来 香織  ・・高橋 ひとみ
蓮見 理緒  ・・倉科 カナ
宇賀神 慎一 ・・ユースケ・サンタマリア
高橋 麻美  ・・高橋メアリージュン

コメント

タイトルとURLをコピーしました