ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』8話のあらすじと感想|ボス恋・ネタバレ

スキンケアのための化粧水ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の3月2日(火)に「上白石萌音」主演のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話が放送されましたが、皆さまはご覧になられましたか?

吸収合併の危機に直面した音羽堂出版。

その危機を乗り切るために、宝来(菜々緒)は「ISOBE・COACH・MIYABI」のコラボプロジェクトを企画し、一発逆転を狙おうとするのですが・・。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介(主要人物6人)

第8話のあらすじと感想(ネタバレあり)

ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・主題歌など)

ドラマ内容のおさらいとしてお役立てください。




登場人物の紹介

はじめに、ドラマの主要な登場人物を紹介します。

鈴木 奈未(上白石 萌音)
――出版社の面接を受けるために熊本から上京。音羽堂出版編集部「MIYABI」の編集長である宝来麗子の雑用係として働くことに。

宝来 麗子(菜々緒)
――潤之介の姉。ファッションモード誌「MIYABI」創刊にあたって、パリからやってきたカリスマ編集長。クールでドライな性格。毒舌だが、仕事はプロフェッショナル級。

宝来 順之介(玉森 裕太)
――奈未が偶然出会うことになる編集長の弟。職業はカメラマン。自由奔放かつマイペースな性格なので、会話するとたまに噛み合わないことも。

中沢 涼太(間宮 祥太朗)
――「MIYABI」の編集部員で、奈未の先輩かつ指導役。夢はカルチャー誌の編集長。ひたむきに仕事に頑張る奈未に秘かに想いを寄せる。

和泉 遥(久保田 紗友)
――「MIYABI」の編集アシスタント。その仕事ぶりを宝来に高く評価され、アシスタントも卒業間近。中沢に好意を抱いている。

蓮見 理緒(倉科 カナ)
――潤之介の幼馴染みで、もと恋人。有名なバイオリニスト。腕に問題(音楽家ジストニア)を抱え、バイオリンが思うように弾けなくなってきていることを悩んでいる。




あらすじと感想

スキンケア用の化粧水の入った小瓶

MIYABIのためにできること

奈未(上白石萌音)が「独り占めしたい」という自分の正直な気持ちを告げたことで、距離がぐっと縮まった奈未と潤之介(玉森裕太)の2人。

そんな中、吸収合併の危機に直面した音羽堂出版を救うために、宝来(菜々緒)は、シルクを原料に化粧品開発したISOBE(磯辺)と有名ブランドのCOACH、それにMIYABIが加わった「三者コラボ」という一発逆転のプロジェクトを企画します。

その企画の特集記事における磯辺社長の紹介文を任されることになった奈未。

はじめて記事を執筆できるということで、嬉しさのあまり家で潤之介に報告します。

▶▶このとき家にいた潤之介が、旅行雑誌の間から偶然見つけた一枚の紙片。今回の物語では、この紙が大きな伏線となっていきます。

ボスのパワハラ疑惑

ここで突然の問題発生。

ボス(宝来編集長)のパワハラ疑惑の記事が週刊誌に掲載されるかもしれないという情報がMIYABIに入ってきます。

それを聞いた編集部員たちは、「ボスの情報を流したのはいったい誰なの?」という疑念を持つとともに、「今回のコラボへ影響はない?」と心配になります。

その後、この一件を受けて、磯辺社長のもとへ謝罪に行く宝来と副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)。

そこで社長から、「音羽堂の経営状態に社員たちが不安の声をあげている」と、企画をこのまま続行することに懸念する気持ちが打ち明けられ、結果、プロジェクトは一時停止になってしまいます。

それを聞いてショックを受けるMIYABIの編集部員たち。

「情報を売った裏切り者は誰なの?」と犯人探しを始めてしまいます。

そこへ、「疑心暗鬼になってはいけない」と副編集長の半田(なだぎ武)が割って入った事で何とか場は落ち着きますが、プロジェクトが頓挫してしまったことにやはり変わりはありません。

伝えられないこと

カメラマンを辞めて父親の跡を継ぐことにした潤之介。

しかし、そのことを奈未にはまだ伝えていません。

実はそれには理由があって、「奈未がせっかく仕事に頑張っているのに、自分と仕事のどっちかを選べというのは酷ではないか」と思ったからです。

さらに、彼女の家で見つけた『彼氏ができたらやりたい10のコト』という紙片を取り出し、「こんなに喜んでくれているのにその気持ちを壊したくない」とアシスタントの尾芦(亜生)にその内情を語ります。

▶▶奈未に金沢に帰ることをなかなか言い出せない彼のもどかしさ・・。そこには、相手のことを常に気遣う彼の優しさがあるように思えました。

 

ちなみに、奈未の「10のやりたいコト」はいったい何だったのでしょうか。非常に気になるところです。

潤之介の変化

潤之介の言動が突然おかしくなり、訝しむ奈未。

彼の言動は次のように変化してしまいます。

奈未のことを呼び捨て。
自転車に乗ってきて、2人乗りしようと言い出す。
プリクラ取りにいこうと言ってくる。
会った後すぐに電話がかかってきて、ネタもないのに長電話。

▶▶明らかに、奈未の書いた「やりたいこと」を実行している感じです。願いを叶えてやりたいという気持ちは分かりますが、あまりにも唐突・・。でも、そうやって深く考えずにすぐ行動にうつせるところが彼の良さでもあります。




うそは本当にならないから

記事の件で磯辺社長のところにやってきた奈未。

宝来もその場に呼んで、社長にこう言います。

「編集長のパワハラに見える言動は、ただ、より良い雑誌をつくりたいと思ってやってることなんです。」

それを聞いた宝来が「勝手に自分の考えを話さないで」と口を挟み、さらに奈未が言い返したことで、激しい言い合いへと発展してしまいます。

そんな2人の口論を見ていた磯辺社長が、思わずこう一言。

「もういいです。わかりました。これは、雑誌に書かれていた以上ですね。――私は、あなた方を信じてみようと思います。」

なんとまさかの、社長からのOKサイン。

プロジェクトの再開が決定します。

実は、宝来に喧嘩をふっかけたのは奈未の作戦だったのです。

彼女はこう言います。

「うそは本当にならないから、うそをつかないで分かって欲しかった。」

▶▶「パワハラの事実などはない」と無理に「うそ」をつかず、わざとパワハラのようないつもの2人の言い合いを見せて、社長に分かってもらおうと奈未は考えたみたいです。

 

ちなみに、セリフ中の「うそは本当にならない」は、2話で奈未が「けん玉チャンピオン」だと「うそ」をついたときの宝来の言葉の伏線になっています。

意外な真犯人

宝来のパワハラ記事が予定通り週刊誌から発売され、落ち込むMIYABIの編集部員たち。

そんな中、領収書を取り出そうとして開けた半田の財布から、一枚の名刺が床に落ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこに書かれていた人物の肩書きは、「春文社」。

パワハラ記事が書かれた週刊誌を出版したのも・・、「春文社」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まさかの、半田が犯人だという「オチ」です。

▶▶半田の話によると、「飲み屋で意気投合して、つい編集長のことを話してしまった」とのことですが、あれだけみんなに犯人探しをやめろと言ってたのに、自分が真犯人だというのは、ほんとひどい話です。

MIYABIは存続?廃刊?

MIYABIの3号が発売。

同時にCOACHとISOBEのコラボ化粧水も発売されます。

発売当初は両者とも売り上げが伸び悩んでいましたが、有名人のフワちゃんとアンミカが化粧水をインスタにあげてくれたおかげでたちまち話題に。

化粧水が売れると同じくして、MIYABIの売り上げも一気に上がっていきます。

しかし、そんなMIYABIの最後の健闘むなしく、無慈悲にも廃刊は決定されてしまいます。

▶▶フワちゃんとアンミカという実際の有名人がドラマ内に出てきたのには驚きです。COACHなど有名ブランドが実在するものだったりと、割とリアリティにこだわっているみたいですね。

憧れるべき対象は・・

宝来に対して奈未は、「合併後も編集長のもとで働きたい」と言って次のように続けます。

「私、ずっと『ふつう・安定・人並み』が良いと思っていました。でも、編集長の姿見て、かっこいいな、すごいなぁと思ってたんです。」

それを聞いた宝来はこう返します。

「この仕事は人に夢を与える仕事。あなたが憧れるべきは私じゃない、この仕事。」

▶▶自分のもとで働くことに執着するのではなく、仕事そのものに気持ちを向けて欲しいという、宝来の強い思いを感じてしまいました。




彼氏ができたらやりたい10のコト

奈美とデートにやって来た潤之介。

彼はいきなり自分のマフラーを奈美の首にまきつけ、2人マフラーの状態にしてきます。

そういった潤之介の行動を、この前から何か変だと思っていた奈未は、潤之介のポケットの中に一枚の紙片があることに気付きます。

それは、「彼氏ができたらやりたい10のコト」という、自分が中学の時に書いた箇条書きのメモ。

そこでようやく、潤之介がこれを叶えようとしておかしな行動をとっていたということに思い至ります。

ちなみに「やりたい10のコト」とは、以下のようなものです。

①呼び捨てで呼ばれたい
②自転車で二人乗り
③さっきまで会っていたのに電話
④夜中に長電話しながら寝落ち
⑤家族に紹介されたい
⑥マフラーを2人で巻く
⑦第2ボタンが欲しい
⑧2人でプリクラ
⑨2人で手をつないでスケート
⑩???

当然のことながら、潤之介は「第2ボタン」も用意しています。

そんな彼の行動が嬉しかったのか、奈未もリストに沿って「プリクラが撮りたいこと」「スケートに行きたいこと」を潤之介に伝えます。

MIYABIの未来を託して

ZEALの麻美(高橋メアリージュン)から、「幹部会議でMIYABIは廃刊されないことが決まったよ」と伝えられた宝来。

MIYABIの存続に一安心します。

しかしそれには、宝来が編集長から外れることが条件とのこと。

それを聞いた宝来は、麻美に「私がMIYABIの編集長になったのはなぜだかわかる?」と問いかけ、こう続けます。

「発売日に並んだ雑誌を手にとった時の高揚感、胸のときめき。 ――そんな風にして夢をもらった私たちが、今、こうして出版の世界で働いている。

紙の雑誌だからこそ価値がある。MIYABIは日本から世界にモードを発信した唯一の雑誌。この業界が生き残るためには、そんなMIYABIが必要なの。そして、その道筋をつくることができた。

あとは、編集部のみんなやアシスタント、そしてあなたに託すだけ。それで私はMIYABIを去るの。」

▶▶宝来の仕事に対する真摯な思いが込められた言葉でした。本当にファッション誌のことが好きで、少しでもこの業界をより良いものにしたいと考えている彼女。そんな彼女に野心や名誉心などというものはなく、後続していくものが少しでもスタートしやすいような道づくりをしてあげること、それこそが彼女の思い描いていた理想だったのかもしれません。

 

そんな風に自分を犠牲にしてまで仕事に尽くす彼女の姿が、とても格好良く見えてしまいました。

伝えたかったこと

貸し切りのスケート場で手をつないで滑る奈未と潤之介。

おもむろに、潤之介が奈未へ花をプレゼントします。

彼はこう言います。

「奈未ちゃんが笑ってくれるなら、おばあちゃんになってでも花をプレゼントし続けるよ。」

さらに、言い出せなかった自分の思いを彼女に伝えます。

「オレの奥さんになってほしい。カメラマンを辞めて実家を継ぐことになった。だから一緒に金沢に来て欲しい。」

▶▶言えなかったことをようやく奈未に伝えることができた潤之介。しかし、金沢に行くのなら奈未はもちろん東京を離れなければなりません。仕事に生きがいを感じ始めた彼女は、これにいったいどのような答えを出すのでしょうか。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第8話は

 ここで終わりです。

今回のエピソードは、奈未の「彼氏ができたらやりたい10のコト」を見ながらもう一度内容を振り返ると、さらに楽しんでみることができそうです。

ちなみに、ドラマでは10個目のやりたいことが明かされませんでしたが、最後のシーンから予測するとしたら、『自分がおばあちゃんになるまで花をプレゼントしてもらいたい』でしょうか?あくまで想像ですが・・。

潤之介に金沢についてきて欲しいと言われた奈未。さらにMIYABIを去ることになった宝来。

ドラマもそろそろクライマックス。いったいどんな結末を迎えるのでしょうか。

 




ドラマ情報

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
―― TBS系 毎週火曜日 夜10時から放送

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/
脚本:田辺茂範
音楽:木村秀彬
プロデューサー:松本明子
主題歌:Kis-My-Ft2「Luv Bias」(avex trax)
演出:
田中健太(『恋はつづくよどこまでも』)、石井康晴(『花より男子』シリーズ)、山本剛義(『私の家政夫ナギサさん』)

■出演者


鈴木 奈未  ・・上白石 萌音
宝来 麗子  ・・菜々緒
宝来 潤之介 ・・玉森 裕太

中沢 涼太  ・・間宮 祥太朗
和泉 遥   ・・久保田 紗友
尾芦 一太  ・・亜生(ミキ)
和田 和美  ・・秋山 ゆずき
加賀 栞   ・・太田 夢莉
半田 進   ・・なだぎ 武
日置 健也  ・・犬飼 貴丈
鈴木 真未  ・・宮崎 美子
宝来 香織  ・・高橋 ひとみ
蓮見 理緒  ・・倉科 カナ
宇賀神 慎一 ・・ユースケ・サンタマリア
高橋 麻美  ・・高橋メアリージュン

コメント

タイトルとURLをコピーしました