ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』7話のあらすじと感想|ボス恋・ネタバレ

東京スカイツリーの見える風景ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の2月23日(火)に「上白石萌音」主演のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第7話が放送されましたが、皆さまはご覧になられましたか?

潤之介(玉森裕太)が理緒(倉科カナ)を抱きしめいているところを目撃し、落ち込んでいる奈未(上白石萌音)に中沢(間宮祥太朗)がまさかの愛の告白をした前話。

今話では、奈未の家族が東京へ上京してくることになり・・。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介(主要人物6人)

第7話のあらすじと感想(ネタバレあり)

ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・主題歌など)

ドラマ内容のおさらいとしてお役立てください。




登場人物の紹介

はじめにドラマの主要な登場人物を紹介します。

鈴木 奈未(上白石 萌音)
――出版社の面接を受けるために熊本から上京。音羽堂出版編集部「MIYABI」の編集長である宝来麗子の雑用係として働くことに。

宝来 麗子(菜々緒)
――潤之介の姉。ファッションモード誌「MIYABI」創刊にあたって、パリからやってきたカリスマ編集長。クールでドライな性格。毒舌だが、仕事はプロフェッショナル級。

宝来 順之介(玉森 裕太)
――奈未が偶然出会うことになる編集長の弟。職業はカメラマン。自由奔放かつマイペースな性格なので、会話するとたまに噛み合わないことも。

中沢 涼太(間宮 祥太朗)
――「MIYABI」の編集部員で、奈未の先輩かつ指導役。夢はカルチャー誌の編集長。ひたむきに仕事に頑張る奈未に秘かに想いを寄せる。

和泉 遥(久保田 紗友)
――「MIYABI」の編集アシスタント。その仕事ぶりを宝来に高く評価され、アシスタントも卒業間近。中沢に好意を抱いている。

蓮見 理緒(倉科 カナ)
――潤之介の幼馴染みで、もと恋人。有名なバイオリニスト。腕に問題(音楽家ジストニア)を抱え、バイオリンが思うように弾けなくなってきていることを悩んでいる。




あらすじと感想

公園から見える東京スカイツリー

MIYABIの行方と恋のゆくえ

MIYABIに出社するも、昨夜の中沢(間宮祥太朗)の告白のことがあったせいで、彼と微妙に距離をとってしまう奈未(上白石萌音)。

そんな中、広告の一件を断ったことで音羽堂出版の吸収合併を防ぎきれなかった宝来(菜々緒)は、副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)から、MIYABIが残りの2号を持って終わりになることを知らされます。

それを聞いて思い悩む宝来。

そこへ奈未がやって来て「宝来製紙の広告を出せばいいのでは?」と提案してきます。

「ティッシュの広告など出せるわけ無いでしょ」と始めは強く否定する宝来ですが、あることに思い当たり「もしかしたら使えるかも・・」と考えます。

そして、あの「悪魔の微笑み」が彼女に顔に浮かび上がり ――。

▶▶「悪魔の微笑み」は1話で紹介されたように、何か大きなお金が動く時(宝来が妙案を思いついた時)にでる笑みのことです。いったい何を思いついたんでしょうか。

 

あと、別件ですが、MIYABIの吸収合併の話を盗み聞きした副編集長の半田(なだぎ武)の動揺した言動が妙に面白かったです。たとえば、奈未の「からし蓮根」の差し入れに対し、「ゼリーしか通さん」とそんな気分でないことを伝えたり、MIYABIがなくなる前の思い出づくりのために、みんなに日帰りキャンプを勧めるなど、芸人ばりのその個性的なキャラクターに何度も笑わされてしまいました。

奈未一家上京。

東京にやってきた奈未の家族。

そんな家族が偶然、マンションから女性と出てくる健ちゃん(奈未の幼馴染みの日置健也(犬飼貴丈))の姿を目撃し、彼と奈未が付き合っているのだと思いこんでいた家族は、心配してそのことを奈未に伝えます。

それを聞いた奈未は、それが潤之介のことを言っているんだと勘違い。

彼がまた理緒と会っているんだと思ってショックを受けてしまいます。

クライアントは長野の「ISOBE(磯辺)」

中沢が引き受けた取材に協力するために長野の白姫川にやってきた編集部員たち。さらに、宝来の新たな広告クライアントとの交渉で同じ場所にやってきた奈未。

クライアント先の「ISOBE(磯辺)」への到着が遅れるからそれまで場をつないでおいて、と宝来から電話を受けた奈未は、何とか間を持たせようと奮闘します。

しかし健闘むなしく、「また今度にしましょう」と社長に切り上げられてしまいます。

▶▶この時、奈未が場つなぎのために使ったのはなんと「熊本民話」。それで間を持たせようとした彼女の度胸に感心します。

ブランディング戦略

ようやく宝来が到着。

あらためて「ISOBE」社長との交渉が始まります。

社長から、「自社には有名ファッション誌に広告を掲載できるほどの資金力はないし、他のブランドとは釣り合わない」という消極的な考えを告げられた宝来は、次のようなブランディング話を持ちかけます。

「ハイブランドの人気と信頼、ISOBEの技術力、MIYABIの発信力、これらが手を組めば世界に仕掛けていくことも夢ではありません。」

さらに、これを現実化する具体的プランとして

有名ブランド「COACH」とのコラボプロジェクト

を提示します。

▶▶宝来がISOBEに来るのに時間がかかったのは、この「COACH」からの承諾を得るためだったみたいです。

 

ちなみに、ものづくりの理念が一致していることが「COACH」のプロジェクト賛同の理由だと宝来は言っていましたが、彼女の腕によるところも多かったのではないかと考えてしまいます。

 

ISOBEに駅から歩いて来るなど、彼女の仕事に対する意識は感心するくらいに高いですしね。

伝えて欲しい、本当の気持ち

ISOBEとの交渉の後、編集部員のみんなと合流することになった奈未。

そんな奈未に対して中沢がしきりに声をかけてくるので、彼女は中沢のことが好きな和泉のことをどうしても気にかけてしまいます。

そんな和泉から「みじめになるから気を遣わないでほしい」と告げられた奈未。

和泉はさらにこう続けます。

「誰が好きなのか、誰と一緒にいたいのか、ちゃんと自分の気持ちをはっきりさせなよ。」

▶▶恋に対して明確な意思がない奈未の煮えきらなさに、和泉が思わず言ってしまったようです。たしかに、告白されるばかりで、奈未から自分の本心を語ることはなかったように思えます。




宿を探して

潤之介からもらった大事なブレスレットを落としてしまった奈未。

それを聞いた中沢が奈未と一緒に探すことになるのですが、夢中になるあまり終電に乗り遅れ、どこかで泊まらなければならない事態に陥ります。

宿が一部屋しか空いていなかったので、一人で泊まれという中沢に対し、部屋が広いから離れて寝れば大丈夫と答える奈未。

それを聞いた中沢は彼女にこう言います。

「もしお前が彼女だったら、お前が他の男と泊まるのは嫌だけどな。」

▶▶これを受けて奈未は、自分が相手の立場になって考えていなかったことに思い至ったみたいでした。

 

潤之介が理緒と一緒にいることが嫌だったにも関わらず、自分が同じことをしてしまっていたということ、それに気付いて彼女は恥ずかしく感じたのでしょう。

「やさしさ」は罪悪?

奈未の家族に頼まれて東京案内をすることになった潤之介。

そんな彼が、奈未の母(宮崎美子)に対して自分の性格的な短所のことを相談します。

「誰にでもやさしいと、結局誰かを傷つけてしまうんですよね。」

それに対して奈未の母はこう答えます。

「潤之介さんが東京案内をしてくれて本当に助かったとよ。みんなに分け隔てなくやさしくすることは誰にでもできることではない。そういうところを奈未が好きになったんじゃねえの?」

▶▶理緒に対してやさしくした余り、奈未の心を傷つけてしまったこと。そのことを悩んでいた彼にとって、この言葉は救いだったのでないでしょうか。

 

否定的に考えていた自分の性格を肯定されると、人はやはり嬉しく感じるものです。

想いを伝えること

潤之介に東京案内をしてもらったことを伝えるため、奈未に電話をかけた母。

彼女は次のような馴れ初め話を奈未に語ります。

「お母さん、お父さんに片思いしとってね。小説家になるために東京に出ていくって聞いて、思わず『いかんでー!』て叫んだの。それがすべての苦労のはじまりよ。

でも、奈未が産まれて、多未が産まれて、奈未に彼氏ができて――、そん時思ったよ。あの時、自分の正直な気持ちをちゃんと伝えて本当によかったと。」

▶▶奈未に対して、自分の気持ちに正直になることの大切さを伝えたこの言葉。自分から何一つ好きという気持ちを伝えていなかった奈未にとって、強く響くものだったのではないでしょうか。

私のことだけ見てて欲しい

奈未が中沢と一緒にいると聞いて、思わず長野にかけつけた潤之介。

突然やって来た潤之介に驚いた奈未は、勇気を出して自分の正直な気持ちを彼に打ち明けます。

「独り占めしたい、私のことだけ見てて欲しい。」

その後、お互いの想いを確かめ合うことができた2人は抱きしめ合い――。

そんな2人の姿を目撃してしまった中沢。

奈未が探していたブレスレットをそっとその場に置き、静かに立ち去ります。

▶▶母親に勇気をもらったことで思い切って伝えることができた奈未のこの言葉に、「自分だけにそのやさしさをそそいで欲しい」という彼女の強い想いが詰まっているように感じました。





 お疲れさまでした。

 ドラマ第7話は

 ここで終わりです。

理緒との一件で離れてしまった2人の心が、もう一度結ばれるというラストで締めくくられた物語。

「自分の想いを正直に伝えることの大切さ」という主題をもとに描かれた今回のストーリーは、色んな意味で魅力的なところが多かったように思います。特に、奈未の母の馴れ初めの「いかんでー!」のくだりがとても印象に残っています。

潤之介に自分の想いを告げることができた奈未と、それによって恋に破れてしまった中沢。奈未に嫉妬してしまう和泉に、潤之介に甘えてしまう理緒。そんな複雑に交錯した5角関係は、今後どういう終着点を迎えることになるのでしょうか。次回放送も見逃せませんね。

 

ドラマ情報

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
―― TBS系 毎週火曜日 夜10時から放送

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/
脚本:田辺茂範
音楽:木村秀彬
プロデューサー:松本明子
主題歌:Kis-My-Ft2「Luv Bias」(avex trax)
演出:
田中健太(『恋はつづくよどこまでも』)、石井康晴(『花より男子』シリーズ)、山本剛義(『私の家政夫ナギサさん』)

■出演者


鈴木 奈未  ・・上白石 萌音
宝来 麗子  ・・菜々緒
宝来 潤之介 ・・玉森 裕太

中沢 涼太  ・・間宮 祥太朗
和泉 遥   ・・久保田 紗友
尾芦 一太  ・・亜生(ミキ)
和田 和美  ・・秋山 ゆずき
加賀 栞   ・・太田 夢莉
半田 進   ・・なだぎ 武
日置 健也  ・・犬飼 貴丈
鈴木 真未  ・・宮崎 美子
宝来 香織  ・・高橋 ひとみ
蓮見 理緒  ・・倉科 カナ
宇賀神 慎一 ・・ユースケ・サンタマリア
高橋 麻美  ・・高橋メアリージュン

コメント

タイトルとURLをコピーしました