ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』6話のあらすじと感想|ボス恋・ネタバレ

飼い主に従順な黒い犬ドラマ

 こんにちは、

 りんとちゃーです。

先日の2月16日(火)に「上白石萌音」主演のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第6話が放送されましたが、皆さまはご覧になられましたか?

今話では宝来(菜々緒)が、吸収合併の危機に立たされた音羽堂出版を守るために、MIYABIにとっては不利ともなる大口の広告掲載依頼を受けるかどうかで思い悩むことになります。

記事では、以下のことをまとめています。

登場人物の紹介(主要人物6人)

第6話のあらすじと感想(ネタバレあり)

ドラマ情報(公式サイト・スタッフ・主題歌など)

ドラマ内容のおさらいとしてお役立てください。




登場人物の紹介

はじめに、ドラマの主要な登場人物を紹介します。

鈴木 奈未(上白石 萌音)
――出版社の面接を受けるために熊本から上京。音羽堂出版編集部「MIYABI」の編集長である宝来麗子の雑用係として働くことに。

宝来 麗子(菜々緒)
――潤之介の姉。ファッションモード誌「MIYABI」創刊にあたって、パリからやってきたカリスマ編集長。クールでドライな性格。毒舌だが、仕事はプロフェッショナル級。

宝来 順之介(玉森 裕太)
――奈未が偶然出会うことになる編集長の弟。職業はカメラマン。自由奔放かつマイペースな性格なので、会話するとたまに噛み合わないことも。

中沢 涼太(間宮 祥太朗)
――「MIYABI」の編集部員で、奈未の先輩かつ指導役。夢はカルチャー誌の編集長。ひたむきに仕事に頑張る奈未に秘かに想いを寄せる。

和泉 遥(久保田 紗友)
――「MIYABI」の編集アシスタント。その仕事ぶりを宝来に高く評価され、アシスタントも卒業間近。中沢に好意を抱いている。

蓮見 理緒(倉科 カナ)
――潤之介の幼馴染みで、もと恋人。有名なバイオリニスト。腕に問題(音楽家ジストニア)を抱え、バイオリンが思うように弾けなくなってきていることを悩んでいる。




あらすじと感想

飼い主に従順なまっくろくろな犬

気まずさを感じて

宝来(菜々緒)と一緒にパーティー会場にやってきた奈未(上白石萌音)。

そこで理緒(倉科カナ)と同席するのですが、前日に、潤之介(玉森裕太)と理緒の運命の再会に居合わせたこともあってか、奈未は彼女に会わないようにと隠れてしまいます。

▶▶奈未の心の中には、「あの後2人はどうなったんだろう・・」という思いがずっとあって、彼女と会うことに気まずさを感じているみたいでした。

まっくろ黒潤

パーティーから帰ってきて家に着くと、玄関に潤之介の姿が。

どうやら理緒と再会したことを彼は何とも思っていないようで「どうして自分を避けるのか」と奈未に不満を伝えてきます。

仕方なく潤之介を家に入れることにした奈未。

夕飯のカレーを作っていると、突然彼が「風呂に入る」と言い出し、泊まる気満々の彼の行動に奈未はよからぬ想像をしてしまいます。

想像上の潤之介(男としての性質が色濃く出た、いわゆる「黒潤・黒わんこ」)は、彼女に襲いかかるようにしてこう言います。

「まっくろくろじゅんでてきたぜ。」

でも結局、現実には何も起きず、潤之介はベット脇でそのまま寝てしまいます。

▶▶このセリフの元ネタは「となりのトトロ」のあの名言でしょうか。どこか子供っぽい言い換えに、思わず笑ってしまいました。

どこかおかしな宝来

同僚の和美(秋山ゆずき)から「アシスタントをして欲しい」と頼まれた奈未は、宝来にその許可をもらいにいきます。

そこで彼女から返ってきたのは、「雑用はやらなくていいから、アシスタントやってみれば」のお言葉。

いつもとどこか様子が違う宝来に訝しさを感じた奈未は、その場に、宇賀神(ユースケ・サンタマリア)からもらうはずだった水族館のチケットがあることに気づきます。

奈未は「なるほど2人は一緒にデートに行くのか」と合点し、宝来の突然の変化の理由はそこにあるのだと勝手に納得します。

■豆知識『サメの第六感』


宝来と水族館にデートにやって来た宇賀神が事前に仕込んできたサメの雑学。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サメは、生物の微弱な電流を感じとる「第六感(シックスセンス)」を持っており、それを用いて砂の中の小さな生き物を探し出すことができます。

広告掲載の依頼

大手グローバルゼスト社の新谷(細田善彦)から、広告掲載の依頼を受けた宝来。

その条件はMIYABIにとって非常に厳しいものでしたが、音羽堂出版が現在直面している経済的状況を鑑みると、むげに断ることはできません。

音羽堂の台所事情を知った上での新谷の提案に、彼女はしぶしぶ承諾することになります。




潤之介と理緒の過去

自分の部屋に突然潤之介の荷物が届き、戸惑いを覚える奈未。

荷物の中身は、

衣服・整髪料・お茶碗・お箸・まくら・ホットプレート??

「焼肉パーティーでもするつもりなの?」と一人でつっこんでいると、誰かが家にやって来ます。

やって来たのは理緒。

どうやら前回の恋愛トークの続きをしに来たみたいです。

突然の訪問に、「潤之介が家に来ていたことがばれるとまずい」とテンパる奈未ですが、彼女は「奈未の恋人が潤之介だと言うことは知ってるよ」と軽く言い放ちます。

そして「今は彼と何の関係もないから、2人のこと応援してるよ」と付け足し、自分たちのことをきちんと理解してもらうために、理緒は潤之介との過去について奈未に語ります。

「潤之介は、幼稚園の頃から一緒に遊んでいた一歳年下の幼馴染みで、私が高校卒業後にイタリアの音大に行って、クリスマスに帰国した時に彼から告白されたの。

その後、遠距離恋愛をするんだけど、私がバイオリンに集中するようになってから連絡することが減り、自然に別れてしまったのよ。」

▶▶理緒から2人の過去を聞いた奈未は、安心するというより、むしろ不安を覚えている様子でした。

 

そこには、潤之介が理緒にまだ気があるなら自分には絶対かなわないと考える、彼女の卑屈さがあるようです。

スロー再生でもう一度

和美のアシスタントとしての仕事初日。

カメラマンとしてやってきた潤之介は、奈未と親しげに会話しているところを周囲のみんなが不思議な目で見てくるので、こう告げます。

「オレの彼女なんです。オレたち付き合ってるんです。」

▶▶はっきりと付き合っていると言ってくれない潤之介に思い悩んでいた奈未にとってこの言葉は、この上なく嬉しいものだったみたいです。スロー再生してもう一度聞きたくなる心情にかられてました。

仕事って何?

過労によって宝来が倒れたと聞いた奈未は、「自分がそばにいたら倒れずにすんだのでは?」と気に病みます。

さらに、「夢を仕事にするって何だろう?」とふと頭の中で疑問が生じ、そのもやもやした気持ちを中沢(間宮祥太朗)にぶつけます。

彼女は言いました。

「誰かのために何かをするのが仕事で、自分のやりたいこと(夢)を仕事にするのはお金をもらう趣味で・・」

それに対して、中沢は「仕事に意味を見つけてどうなる?」と言って、次のように彼女に返します。

「考え方なんて人それぞれ、答えなんて出ない。いろいろな考え方・スタイルがあって、総じて仕事だろ。」

▶▶音羽堂の危機を救うために、やりたいこと・夢を捨てて編集長の座についた宝来。編集長になるという野心や夢を叶えるためにMIYABIで働く編集部員たち ――

それぞれ考え方やとらえ方は違っていても、それが「仕事」であることにきっと変わりはないのでしょう。




守るべきもの

宝来・新谷・副編集長の半田(なだき武)の3人の打ち合わせの場に同席することになった奈未。

新谷は宝来に対して、「こちらが指定した記事を書くこと」「競合企業のモデルを使わないこと」など、次々と要求を突きつけてきます。

宝来は、それを受ければ、MIYABIらしさがなくなり、特定のファッションブランドのパンフレットのようになってしまうということを頭では理解していますが、吸収合併の危機に立たされている音羽堂を守るためには仕方がないと、苦渋の思いで相手の要求を飲むことになります。

そのことに納得がいかないのはもちろん奈未。

彼女は宝来に、「MIYABIを守るって何なの?」と自分の思っていることをありのまま伝えます。

「みんなが思うページを作れなかったらそれは守ったことにはならない。雑誌編集者の仕事のことはよくわからないけど、MIYABIを見ていると元気になる。読んでくれる読者のためにも、楽しみにしている人たちのためにも、MIYABIはMIYABIのままでいてほしいです。」

その言葉に心を動かされた宝来は、最終的に新谷の提案を断り、奈未に感謝の気持ちを伝えます。

「ありがとう。何を守るべきか、あなたに教えてもらうとはね。」

▶▶いつもなら奈未が失敗をしでかし、それに対して宝来がフォローするのですが、今回は反対に宝来がフォローされることになっていました。

 

入社した当時の奈未からは想像できないくらいの成熟したセリフに、彼女の成長を強く感じてしまいます。

理緒の本心

理緒との食事の帰り道、潤之介は彼女に「腕に何か問題があって病院に行っていたのではないの?」と追求します。

それに対し理緒は「バイオリンがいつものように上手く弾けなくなってるの・・」と隠していた悩みを打ち明け、つらさのあまり潤之介に抱きつきます。

その場を偶然通りかかった奈未はそれを目撃。言葉を失ってしまいます。

■豆知識『音楽家ジストニア』


楽器を演奏する時に指や手首がこわばる症候で、ストレスや同じ動作を長く続けることが原因で発症。例えば、バイオリン奏者の場合は、腕が思うように動かせないなどの症状が見られる。

奈未の涙、そして中沢の告白

失意の中、奈未は同僚の和泉(久保田紗友)に理緒と潤之介が隠れて会っていたことを打ち明け、話を聞いてもらいます。

そして話の最後に、涙ながらに彼女は思いを吐露します。

「自分のことを励ましていつも助けてくれる潤之介さんのことが大好きで・・、だけど私じゃないんです。潤之介さんが想っているのは、私じゃないんです・・。」

—————————–
そんなふうに奈未が泣いていることを知った中沢は、

「もっと彼女を気にかけてくれ、あんたがそんなんならオレは遠慮しないからな。」

と言って潤之介に宣戦布告します。

そして、会社に残っていた奈未に対して驚きの告白をします。

「鈴木、オレ、お前のこと好きだわ。オレなら、お前のことを泣かせない。」





 お疲れさまでした。

 ドラマ第6話は

 ここで終わりです。

もう終わった関係だと言っていたのに、実際にはまだ潤之介のことを想っていた理緒に、バイオリンが弾けなくなって苦しんでる彼女を心配してなぐさめる潤之介。

そんな潤之介の行動にショックを受ける奈未と、その奈未に自身の思いを告げた中沢。

それぞれの想いが複雑に交錯することになった物語は、今後どうなってしまうのでしょうか。

MIYABIのこれからの動向も含め、次話の展開が非常に気になるところです。

 

ドラマ情報

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
―― TBS系 毎週火曜日 夜10時から放送

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/
脚本:田辺茂範
音楽:木村秀彬
プロデューサー:松本明子
主題歌:Kis-My-Ft2「Luv Bias」(avex trax)
演出:
田中健太(『恋はつづくよどこまでも』)、石井康晴(『花より男子』シリーズ)、山本剛義(『私の家政夫ナギサさん』)

■出演者


鈴木 奈未  ・・上白石 萌音
宝来 麗子  ・・菜々緒
宝来 潤之介 ・・玉森 裕太

中沢 涼太  ・・間宮 祥太朗
和泉 遥   ・・久保田 紗友
尾芦 一太  ・・亜生(ミキ)
和田 和美  ・・秋山 ゆずき
加賀 栞   ・・太田 夢莉
半田 進   ・・なだぎ 武
日置 健也  ・・犬飼 貴丈
鈴木 真未  ・・宮崎 美子
宝来 香織  ・・高橋 ひとみ
蓮見 理緒  ・・倉科 カナ
宇賀神 慎一 ・・ユースケ・サンタマリア
高橋 麻美  ・・高橋メアリージュン

コメント

タイトルとURLをコピーしました