小説

小説

【小説・本】「カレーライス/重松清」のあらすじ(内容)と感想|国語教科書掲載作品

新潮文庫から発売中の重松清の新作短編精選集「カレーライス」。その収録作品9編のあらすじと感想を簡単にまとめました。最初の「カレーライス」は、小学校6年生の国語の教科書にも掲載されている人気作品です。
小説

【読書】『せんせい。/重松 清』のあらすじと感想(映画「泣くな赤鬼」原作本)

映画「泣くな赤鬼」の原作でもある、重松清の短編小説『せんせい。』を読んでみました。記事では、特に気に入った作品4編のあらすじと感想(ネタバレ含む)をまとめています。
小説

【読書】小説「ビタミンF/重松清」のあらすじと感想|セッちゃんなど

重松清さんの直木賞受賞作「ビタミンF」の中の7編「ゲンコツ」「はずれくじ」「パンドラ」「セッちゃん」「なぎさホテルにて」「かさぶたまぶた」「母帰る」の簡単なあらすじと感想をまとめました。
小説

【あらすじ・感想】短編小説「きみの町で/重松 清(新潮文庫)」を読んで

本屋に行った際、夏の新潮文庫100冊の中に大好きな作家の重松清の新刊「きみの町で」というものがあったので、早速購入して読むことにしました。記事では、物語の簡単なあらすじと感想を書いています。
小説

「また次の春へ/重松 清(文春文庫)」のあらすじと感想|豚汁・記念日 ほか

東日本大震災をモチーフにした連作短編小説「また次の春へ」のあらすじと感想を書きました。記事では、 収録作品のうち4編のあらすじと感想(ネタバレあり)と、著者「重松清」の紹介・プロフィールをまとめております。
タイトルとURLをコピーしました