小説(重松清)

小説(重松清)

【小説】重松清のおすすめ短編作品一覧|感動し泣ける名作5選(直木賞受賞作含む)

本記事では、子どもも大人も読んでおきたい重松清のおすすめ短編小説5つを紹介しています。収録作品と内容紹介、各小説の詳しいあらすじ・感想を書いた記事リンクを載せていますので、紹介文を参考にしながら、ぜひお気に入りの一冊を見つけてください。
小説(重松清)

【小説・本】「カレーライス/重松清」のあらすじと感想|国語教科書掲載作品

新潮文庫から発売されている重松清の短編精選集「カレーライス」。その収録作品9編のあらすじと感想を簡単にまとめました。最初の「カレーライス」は、小学校6年生の国語の教科書にも掲載されている人気作品です。
小説(重松清)

【読書・本】『せんせい。/重松 清』のあらすじと感想|映画「泣くな赤鬼」原作本

映画「泣くな赤鬼」の原作でもある、重松清の短編小説『せんせい。』を読んでみました。記事では、特に気に入った作品4編のあらすじと感想(ネタバレ含む)をまとめています。
小説(重松清)

【読書感想文】小説「ビタミンF/重松清」のあらすじと感想|セッちゃんなど

重松清さんの直木賞受賞作「ビタミンF」の中の7編「ゲンコツ」「はずれくじ」「パンドラ」「セッちゃん」「なぎさホテルにて」「かさぶたまぶた」「母帰る」の簡単なあらすじと感想をまとめました。
小説(重松清)

小説「きみの町で/重松 清(新潮文庫)」のあらすじと感想|読書感想文

夏の新潮文庫100冊の一つ「きみの町で/重松清」のあらすじ・関連記事です。この本は簡単に言うと、多様な登場人物(主に子ども)をまじえて正解のない哲学問題にせまるという実験小説です。夏休みの読書感想文の参考や、内容のおさらいにお役立てください。
小説(重松清)

【読書感想文】「また次の春へ/重松 清(文春文庫)」のあらすじと感想

東日本大震災をモチーフにした連作短編小説「また次の春へ/重松清」(文春文庫)の収録作品の中の「また次の春へ」を除く6編のあらすじと感想を書きました。著者「重松清」の紹介・プロフィールも載せています。
タイトルとURLをコピーしました