各月札の雑学・旧暦名

花札

【花札11月②】雨に集う柳・蛙(カエル)・ツバメの豆知識|脇役たちの大合唱

花札11月札の中でひときわ目立った「小野道風」の存在で、やや印象が薄まってしまっている植物の「柳」と動物の「蛙・燕」。記事では、彼らの生態・特徴・種類についてまとめています。3つと少し多いですが、頑張って学んでいきましょう。
花札

【花札4月】優美さと気品さを備えし植物「藤(ふじ)」|マメ科植物に学ぶマメ知識

たおやかで良い香りを放ち、木に巻きつく姿に、愛する男性を慕って離れない女性を想起させる「藤(ふじ)」。本記事では、藤の生態と特徴や名前の由来、花言葉や藤の毒性についてまとめています。皆さんもマメ科の「藤」の『マメ』知識について学んでみませんか?
花札

【花札6月】蝶(チョウ)が舞い寄るトリビアの花|伝統和柄「蝶文様」と完全変態

花札6月札で牡丹の花のそばを舞っている「蝶(チョウ)」。本記事では、チョウにまつわる雑学や、チョウの表記名の由来、日本の伝統的図柄である「蝶文様」や、「完全変態」「不完全変態」について簡単にまとめています。
花札

【花札1月】長寿と縁起を象るツルの世界|千羽の鶴に願いを込めて

花札1月札の絵柄として描かれる「ツル」。本記事では、知っているようで知らないことの多いこの「ツル」にまつわることわざ・故事成語や「千羽鶴」の由来・意味、さらには、代表的なツルである「タンチョウヅル」の生態・特徴を簡単にまとめて紹介しています。
花札

【和風月名】旧暦の月の読み方と意味・由来 一覧|昔の暦で知る季節の彩り

普段わたしたちが暦として耳にする「1月」「2月」・・という「月名」。昔は数字ではなく「和風月名」という和名を用いていました。本記事では、和風月名(旧暦の月名)の読み方・語源とそれぞれの異称について簡単にまとめています。
花札

【花札10月】秋の哀愁を感じる動植物「紅葉(もみじ)と鹿」|紅葉のメカニズムとは

花札10月札の絵柄として描かれている「紅葉(もみじ)」と「鹿」。本記事では、「もみじ」の和名・漢名の由来や「紅葉のメカニズム」、奈良公園の「鹿」や百人一首の和歌⑤番「奥山に紅葉踏み分け~」などについて簡単にまとめています。
花札

【花札8月】月に供えしススキと団子|中秋の名月を知らぬ人はうさぎがお仕置き!?

花札8月札に描かれている「ススキ」と「月」。8月札は別名「坊主」と呼ばれるように「ススキの茂った山」のイメージが強く、絵柄のモチーフとなったのは旧暦8/15の「中秋の名月」です。「月うさぎ伝説」の説話とともに、ススキと月の雑学について学んでいきましょう。
花札

【花札9月】「菊に盃(さかずき)」で汲み取る知識の雫|高貴な菊紋と重陽の節句

花札9月札に描かれている「菊」と「盃(さかずき)」。そのモチーフとなったのは、「重陽の節句」の菊酒の風習です。記事では、菊の生態と由来、天皇家の菊紋や重陽の節句などについて紹介しています。菊について楽しく学んで、その恩恵にあずかりましょう。
花札

【花札2月】「梅にうぐいす」から知る春のおとずれ|絵になる美しき取り合わせ

花札2月と言えば、「梅に鶯(うぐいす)」。本記事では、「梅にうぐいす」という言葉の意味・由来や、うぐいすの生態・梅の種類などについて簡単にまとめています。記事を読んで、春を代表する2者の雑学知識を身につけていってください。
花札

【花札5月】「菖蒲に八橋」の意味と植物の知識|いずれあやめか杜若(かきつばた)

花札5月札の「菖蒲に八橋」。実は「菖蒲」の読み方は「しょうぶ」ではなく「あやめ」で、さらに言うと絵柄のモチーフとなっているのは、八橋の近くに咲く「かきつばた」なんです。記事では、そんな各植物の特徴や見分け方について簡単にまとめています。
タイトルとURLをコピーしました