ドラマ

ドラマ

【2021秋ドラマ】『ラジエーションハウス2』名言集|セリフで振り返る名シーン

2021秋ドラマ、『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』の名言・名セリフ集です。ドラマ情報(基本情報と登場人物)と各話ごとの名言・セリフを一覧にしてまとめました。気になるワード(医療用語など)も載せています。
2021秋ドラマ

ドラマ『ラジエーションハウス2』第2話のあらすじと感想(ネタバレあり)

10/11放送「ラジエーションハウスⅡ」第2話のあらすじと感想記事です。陸上の競技試合中にてんかん発作を起こし病院に運ばれた少年・走太。検査の結果、原因が脳の運動野にあることが分かり、手術でそこを取り除けば、歩けなくなる可能性が出てきて――。
2021秋ドラマ

ドラマ『ラジエーションハウス2』第1話のあらすじと感想(ネタバレあり)

10/4放送「ラジエーションハウスⅡ」第1話のあらすじと感想記事です。五十嵐唯織(いおり)が渡米してから2年。天春(あまかす)病院では新院長に灰島将人が就任。彼の合理化経営を受け、居場所を失ったラジエーションハウスの技師たちはばらばらになってしまって・・。
ドラマ

ドラマ『彼女はキレイだった(かのキレ)』最終回のあらすじと感想(ネタバレあり)

9/14放送「彼女はキレイだった」最終話のあらすじと感想です。自分の正体をばらしMOSTを去る樋口。編集部から総務部に戻る愛。自分の店を開くために大学院を目指す梨沙。それぞれが踏み出した新たな道はどんなゴールにたどり着くのでしょうか――。
ドラマ

『TOKYOMER/走る緊急救命室』最終回(11話)のあらすじと感想|ネタバレ

9/12放送、日曜劇場「東京MER」最終話のあらすじ・感想記事です。都庁で連続爆発テロが発生。最終審査会の直前、MERのメンバーたちは喜多見の意思を継ぎリーダー不在のまま出動します。MER最後の闘いの果てに待ち受けるものは──。緊急救命医療ドラマ、感動のラストです。
ドラマ

ドラマ『彼女はキレイだった(かのキレ)』第9話のあらすじと感想(ネタバレあり)

9/7放送「彼女はキレイだった」9話のあらすじと感想記事です。打倒ルナの企画案として歌手のARISAへの独占インタビューが決定。しかし、脱税が発覚して雑誌掲載は見送り。代理インタビュー候補選びに部員たちは頭を悩ませて――。
ドラマ

『TOKYOMER/走る緊急救命室』最終回前編(10話)のあらすじと感想|ネタバレ

9/5放送、日曜劇場「東京MER」10話(最終章・前編)のあらすじ・感想記事です。喜多見の過去が明かされたことでマスコミの報道は過熱。病院側は喜多見にMERを休止するよう訴えます。そんな中、関東医科大学校舎に爆弾を仕掛けたという予告が入って――。
ドラマ

ドラマ『彼女はキレイだった(かのキレ)』第8話のあらすじと感想(ネタバレあり)

8/31放送「彼女はキレイだった」8話のあらすじと感想記事です。MOSTの廃刊の話が部員たちに露呈。宗介は岡島から「どうして黙っていたんですか」とは強い批難を受けます。親友の梨沙との関係に思い悩む愛と、部員の信頼を失い仕事に行き詰まる宗介。二人がとった行動は――。
ドラマ

日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』9話のあらすじと感想(ネタバレ)

8/29放送、日曜劇場「東京MER」9話のあらすじ・感想記事です。パルナ大使館で事故が発生し、地下の作業員を救助するために敷地内に入ろうする東京MER。しかし、「大使の許可なしに入れることはできない」と門の前で突き返されてしまい――。
ドラマ

ドラマ『彼女はキレイだった(かのキレ)』第7話のあらすじと感想(ネタバレあり)

8/24放送「彼女はキレイだった」7話のあらすじと感想記事です。宗介の家の前で梨沙の姿を見てしまった愛。彼女の行動の真意を考えては混乱するなかで、宗介が今まで以上に積極的にアプローチしてきて、愛は戸惑いを覚えてしまいます。
タイトルとURLをコピーしました